[PR]

日別キーワード

第30位  ThinkPad - 2019年01月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



ThinkPad
『シンクパッド』より : ThinkPad(シンクパッド)は、1992年にIBMによって開発・販売され、2005年以降からはレノボによって開発・販売されているノートパソコン。 「Think」はIBMのトーマス・J・ワトソン・シニアによる社内標語で、世界中のIBMで使用されている。日本IBMの椎名武雄は著書でこの標語のエピソードを紹介している。IBM社員はしばしば表紙に「Think」と印字されたノート帳(ノートパッド)を使用したため、その連想から「ThinkPad」のネーミングが生まれたと言われている。 ハードウェア つや消し黒の筐体を基調に、赤いトラックポイントをアクセントとして配する重厚なデザインが外観的特徴である。このデザインを決めたのはIBMのデザイン顧問であったリヒャルト・ザッパーであり、その過程での実質的な中心人物は、神奈川県にあるIBM大和事業所にいた山崎和彦である。 IBMはかつてはタイプライターのメーカーでもあり、携帯性を重視するノートパソコンにおいてもキーボードに関しては安易な妥協には頑固に拒否し続けてきた。 (Wikipedia:ThinkPad)

ThinkPad X
ThinkPad Xシリーズ(シンクパッド エックス -)は、レノボ(元はIBM)のノートパソコン、ThinkPadブランドの一シリーズ。
ThinkPad Xシリーズは『パワーモバイル』をコンセプトとしており、携帯性を重視しながらも、高性能を維持したシリーズである。
基となった系統(前モデル)は2シリーズあり、一回り大きなThinkPad 570シリーズと小さなThinkPad 240シリーズの後継と位置づけされている。
ThinkPad 240/ ThinkPad s s30 が携帯性あるいはバッテリー持続性を最重視しているのに対し、Xシリーズはそれらより一回り大きくなり(12.1インチ画面のB5ファイルサイズ)、携帯性は若干後退している。また、バッテリー持続性よりも性能バランスを重視している。
1スピンドルノートPCであり、フロッピーディスクドライブとCD-ROMドライブは基本的にオプションとなっている。Universal Serial Bus USB接続の外付けドライブ または 専用のウルトラベースを用いる。ウルトラベースは前モデルのThinkPad 570シリーズから搭載され、本体に収まりきらないドライブ類やレガシーデバイスをドッキングベースに収めるという発想で、Xシリーズはそのコンセプトを受け継いでいる。
(Wikipedia:ThinkPad X)

ThinkPad 220
ThinkPad220(シンクパッド - )は、1993年にIBMから発売されたノートパソコン、ThinkPadシリーズの一つである。 当時としては画期的な小型サイズで、サブノートというジャンルの草分けとなった。
ThinkPad220は、ノート型のパーソナルコンピュータのひとつで、CPUはintel386SL 16MHz、モノクロの640X480ドット液晶ディスプレイに80Mバイトのハードディスクドライブを標準装備していた。これは、この時代においても標準を下回るスペックであったが、A5ファイルサイズ、重さ1kgは、当時の一般的なノートパソコンの半分に近かった。また、フロッピーディスクドライブは外づけであったが標準装備しており、さらにRS-232 RS-232Cポート、プリンタ(パラレル)ポート、外部マウス/キーボードコネクタを標準サイズで持っていた。メモリは標準で2Mバイト、6Mバイトまで増設可能だった。保証のない8Mバイトメモリによる増設も報告されている。
(Wikipedia:ThinkPad 220)

ThinkPad R
ThinkPad Rシリーズ(シンクパッド アール - )はレノボ(IBM)社のノートパソコン、ThinkPadブランドの一シリーズ。
ThinkPad RシリーズはThinkPadの中でも低価格・エントリーモデルとして発売された。しかし、R5X系統以降はスタンダードモデルとされている。基本的には14.1インチまたは15インチの液晶ディスプレイでA4サイズ筐体の2スピンドルノートパソコンである。R30ではマザーボードにインテル互換チップセットを用いたり、現在に至るまで大半のモデルでチップセット内蔵グラフィックを用いるなど、コストダウンを主眼においている。
ThinkPad R3X系統は、それまでThinkPadシリーズであまり力の入れていなかった低価格・スタンダードというジャンルの機種として発売された。(ThinkPad 130の後継機種と見なせる。)
(Wikipedia:ThinkPad R)

ThinkPad T
File:ThinkPad T400 Model7417.jpg thumb right 250px ThinkPad T400(14.1V型WXGA+モデル)
ThinkPad Tシリーズ(シンクパッド - )は、レノボ(元はIBM)のノートパソコン、ThinkPadブランドの一シリーズ。
派生モデルである、ThinkPad Wシリーズについても解説する。
ThinkPad Tシリーズは、かつての名機ThinkPad 600シリーズの後継機種であり、ThinkPadシリーズの最上位モデルとして位置付けられている。G, Aシリーズの高性能とXシリーズの携帯性がミックスされているためThinkPadの傑作とも言われ、2009年現在A4ノートの中では融通の利くモデルのため人気が高い。
2スピンドルノートPCであり、当初からフロッピーディスクドライブは割り切って省いている。その分を筐体の薄型化や他のデバイスの端子にあてており、重量をバッテリー込みで2kg強に抑えている (14.1インチ液晶モデル)。
(Wikipedia:ThinkPad T)

ThinkPad s
ThinkPad sシリーズ(シンクパッド エス -)は、かつてIBM (現在はレノボ)から発売された「サブノート」サイズのノートパソコン、ThinkPadブランドの1シリーズ (「s」は小文字である)。
10.4インチ液晶を採用し、バッテリ持続時間も(当時としては)長く、携帯性を最優先とするニーズを狙った製品であったが、マーケティング的には成功とは言えず、Xシリーズに統合され、現在ではsシリーズは消滅している。
ThinkPad sシリーズは『リアルモバイル』をコンセプトとしており、携帯性・バッテリー運用時間を重視したシリーズである。ThinkPad 240シリーズの後継と位置づけされた。
本機の一番の特徴は、さらにコンパクトになった筐体両側からせり出した耳状の突起である。本体側はフルサイズキーが配置されたキーボードが収まり、液晶ベゼル側は無線LANアンテナが収まっている(無線LANモデルのみ)。
(Wikipedia:ThinkPad s)

ThinkPad 240
ThinkPad 240(しんくぱっど-)は、IBMのノートパソコン。ThinkPadブランドのシリーズの中の一つ。 当モデルから派生したi Series 1124も便宜上、本項に記載する。 B5サイズ1スピンドル、10.4インチ液晶ディスプレイのノートパソコンである。IBMが規定したリアルモバイルというカテゴリに含まれる。 1999年にThinkPad 235 および ThinkPad 535 の後継機種として発売された。 それら前モデルは、小さい上面投影面積に対して厚みが大きい、いわゆる「弁当箱」スタイルであったのに対し、240シリーズは上面投影面積が一回り大きくなった代わりに薄くなった。また、ボトムケースが斜めに切り落とされ、薄さが強調されるとともに持ち運ぶ際に手にかかりやすいように配慮されている。 (斜めに切り落とされた部分の残りは空きスペースであり、筐体を落した際にマザーボードへのダメージを防ぐクラッシャブルスペースとしての役割がある。 (Wikipedia:ThinkPad 240)

ThinkPad 235
ThinkPad 235(しんくぱっど-)は、IBMのノートパソコン。ThinkPadブランドのシリーズの中の一つ。 仕事や家でのメイン使用ではない、自分が楽しむ為といった嗜好性が主体のサブノートパソコンとして創世記を代表するノートパソコン。 1998年7月25日発売。 リコーとIBMとの共同出資による会社であるライオス・システムが開発した、いわゆるチャンドラ2のIBM版である。前モデルのチャンドラはThinkPad 535シリーズとの競合等の理由でThinkPadとして発売されることはなかったが、本モデルはライオス・システムやそのOEM先としてのフロンティア神代(RT166mini)、日立(FLORA Prius note 210)、エプソンダイレクト(Endevor TK-300)や日本オフィス・システム(NP-40N)からの先行発売が好評だったこと等を受け、IBMからもThinkPad 235として発売されるに至った。 (Wikipedia:ThinkPad 235)

ThinkPad 560
ThinkPad 560(しんくぱっど-)は、IBMのノートパソコン。シンクパッド ThinkPadブランドのシリーズの中の一つ。
1996年に発売。1997年に560E、560Xが、1998年には560Zが発売。
A4サイズでありながら、重量はわずか1.9kg。
ThinkPad 570シリーズは、本機の後継機にあたる。
サイズ 297(W)×222(D)×31(H) mm、重量 1.9kg。
A4サイズ1スピンドル、12.1インチ液晶画面で、フロッピーディスクドライブ(付属品)は専用コネクタによる外付けで、外付けCD-ROMドライブはオプションである。
シリアルポート、パラレルポート、外部ディスプレイ端子、マイク入力、ヘッドホン/スピーカー出力、マウスポート、PCカードスロットは全機種共通で搭載。560X、560ZのPCカードスロットはCardBusに対応。Universal Serial Bus USBポートは560X、560Zで搭載。
(Wikipedia:ThinkPad 560)

ThinkPad Z
ThinkPad Zシリーズ(シンクパッド ゼット-)とは、レノボのノートパソコン、ThinkPadブランドの一シリーズである。現在ではこのシリーズの機種は販売されていない。
Zシリーズは、IBMのPC部門がレノボに売却されてから初めての新シリーズである。従来のThinkPadシリーズには無かったワイド液晶画面を搭載し、上位モデルにはチタン チタニウム合金を使用したシャンパンゴールドカラーの背面パネルを採用するなど斬新な機種で話題になった。
Zシリーズは、それまでのThinkPadとは各仕様で変化をみせた機種である。例えば、それまでのThinkPadのキーボード (コンピュータ) キーボードにはWindowsキーは付かないのが伝統であったが、この機種以降、Windowsキーが設けられた。 また、ワイド液晶を始めて採用した。これらの特徴は一時期はZシリーズのみの特徴であったが、2007年にT61/ T61pがワイド液晶画面となったため、Zシリーズの存在意義も薄れたためか、Zシリーズのラインナップは後継機を出されず、ThinkPad T Tシリーズに統合された形となっている。
(Wikipedia:ThinkPad Z)

ThinkPad 600
Thinkpad 600(シンクパッド-)は、IBMのノートパソコン。ThinkPadブランドのシリーズの一つ。 概要・特徴 1998年から2000年にかけて販売された、13.3インチXGA液晶ディスプレイを搭載したA4サイズの2スピンドルノートパソコン。 可搬性を考慮して重量は2.5kg以内に収まっている。 ThinkPadシリーズの特徴である黒いボディに赤いトラックポイントをこの機種も受け継いでいる。また、フロッピーディスクドライブ、CDーROMドライブなどのデバイスを自由に交換できるウルトラスリムベイが搭載されている。これにはユーザーが自分のニーズに合わせて好きなデバイスを選べるという利点があり、この機構は後のThinkPadシリーズでもウルトラベイ2000およびウルトラベイ・スリムなどとして使用されている。 専用FDDは、ウルトラスリムベイに内蔵できるほかに、専用の外付けベイに装着できる。 ボディは軽量かつ剛性をもたせるため、マグネシウム合金が初めて採用された。なお、全体にThinkPad X2xおよびTシリーズのようなラバー状の手触り感がある塗装が施されたことも特徴であったが、初期のモデルは、塗装が剥がれやすく、特に手のひらの汗と摩擦を受けるパームレスト部分(特にスピーカー穴の格子がある部分)がポロポロに剥離するトラブルがあった。 (Wikipedia:ThinkPad 600)

ThinkPad 235
ThinkPad 235(しんくぱっど-)は、IBMのノートパソコン。ThinkPadブランドのシリーズの中の一つ。 仕事や家でのメイン使用ではない、自分が楽しむ為といった嗜好性が主体のサブノートパソコンとして創世記を代表するノートパソコン。 1998年7月25日発売。 リコーとIBMとの共同出資による会社であるライオス・システムが開発した、いわゆるチャンドラ2のIBM版である。前モデルのチャンドラはThinkPad 535シリーズとの競合等の理由でThinkPadとして発売されることはなかったが、本モデルはライオス・システムやそのOEM先としてのフロンティア神代(RT166mini)、日立(FLORA Prius note 210)、エプソンダイレクト(Endevor TK-300)や日本オフィス・システム(NP-40N)からの先行発売が好評だったこと等を受け、IBMからもThinkPad 235として発売されるに至った。 (Wikipedia:ThinkPad 235)

ThinkPad Xシリーズ
『』より : (Wikipedia:ThinkPad Xシリーズ)


ThinkPad - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ThinkPad - アマゾン検索


「ThinkPad」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す