[PR]

日別キーワード

第38位  オウム真理教 - 2019年01月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



オウム真理教
オウム真理教(おうむしんりきょう)は、かつて存在した麻原彰晃を開祖とする日本の仏教系(原始仏教、チベット仏教)の(新興)宗教団体。一般市民に向けて世界で初めてサリンという化学兵器を利用して大量殺戮を行ったことで世界を震撼させたテロリズム行為を行った組織である。「オウム(AUM)」とは、サンスクリット語またはパーリ語の呪文「唵」のことで「ア・ウ・ム」の3文字に分解できる。これは宇宙の創造・維持・破壊を表しており、その意味は「すべては無常である」である、すなわちすべては変化するものであるということを表している。また麻原自身の解説によれば「真理」の意味は、釈迦やイエス・キリストが人間が実践しなければならないものはこうであるという教えを説いたものであるが、その教えの根本であるものを「真理」と呼ぶ。また真理と密接に関係のあるものが科学であるという。 1996年(平成8年)1月に宗教法人としての法人格を失ったが活動を継続。2000年(平成12年)2月には破産に伴い消滅した。同時に、新たな宗教団体アレフが設立され、教義や信者の一部が引き継がれた。 (Wikipedia:オウム真理教)

オウム真理教事件
『オウム真理教』より : オウム真理教事件(オウムしんりきょうじけん)とは、1980年代末期から1990年代中期にかけてオウム真理教が起こした事件の総称である。 オウム真理教の教祖である麻原彰晃(本名:松本智津夫)が救済の名の下に日本を支配して、自らその王になることを空想し、それを現実化する過程で、外国での軍事訓練や軍事ヘリの調達、自動小銃の密造や化学兵器の生産を行い武装化し、教団と敵対する人物の殺害や無差別テロを実行した。 一連の事件で29人が死亡し(殺人26名、逮捕監禁致死1名、殺人未遂2名)負傷者は6000人を超えた。 特に注目される事件として、教団と対立する弁護士とその家族を殺害した1989年11月の坂本堤弁護士一家殺害事件、教団松本支部立ち退きを求める訴訟を担当する判事の殺害を目的としてサリンを散布し計7人の死者と数百人の負傷者を出した1994年6月27日の松本サリン事件、教団への捜査の攪乱と首都圏の混乱を目的に5両の地下鉄車両にサリンを散布して計12人の死者と数千人の負傷者を出した1995年3月20日の地下鉄サリン事件が挙げられる。 (Wikipedia:オウム真理教事件)

オウム真理教の音楽
オウム真理教の音楽では、オウム真理教が制作した音楽について、詳細に解説する。
オウム真理教は、麻原彰晃自身が音楽が好きであったことや石井紳一郎等の音楽教育を受けた幹部が居たこともあり幅広い音楽活動を行っており、非常に多数の宗教曲を製作していた。また、この一環としてロシアにオーケストラ「キーレーン」を所有しており、演奏会も開催された。
製作された曲は、テープなどに録音し信者や一般人に配布や販売が行われ、主に教義のために使用された。教団の内部でしか使われない曲も多い。
信者によって構成されたロック (音楽) ロックバンド (音楽) バンド「完全解脱」が存在していた。
オウム真理教は、教義や宣伝の為に、非常に多数の「宗教歌」を製作していたことも有名で、オウムソングとして知られている。真理党が出馬した当時選挙活動時に使用されたり、オウム真理教放送で使用されたこと、また多くのマスメディアでも取り上げられたことで有名になった。
(Wikipedia:オウム真理教の音楽)

オウム真理教放送
オウム真理教放送(オウムしんりきょうほうそう)あるいはエウアンゲリオン・テス・バシレイアス(古典ギリシア語:ΕΥΑΓΓΕΛΙΟΝ ΤΗΣ ΒΑΣΙΛΕΙΑΣ, εὐαγγέλιον τῆς βασιλείας, euangelion tēs basileias)は、1992年4月1日から1995年3月23日まで放送されたオウム真理教のラジオ番組放送局である。 放送開始の経緯 そもそも、ロシアの国営放送局の国際放送機関である「ロシアの声」(当時はモスクワ放送)の送信機を保持するロシア通信省が、所有する送信機の無償貸し出しを開始したことから、日本では放送規制の問題で放送できないオウム真理教の関連番組を専門に扱うことを目的として、1992年4月1日から「エウアンゲリオン・テス・バシレイアス」という番組題で放送開始した。 (Wikipedia:オウム真理教放送)

オウム真理教のアニメ
オウム真理教のアニメ(おうむしんりきょうのあにめ)では、オウム真理教が制作したアニメについて解説する。
オウム真理教は『超越世界』と題したアニメを制作している。
オウム真理教はアニメ・漫画ファン層への布教を目的として、1991年に「MAT(マンガ・アニメ・チーム)」というスタジオを設ける。オウム出版から漫画を出版するかたわら、OVAも制作した。
『あなたもなれるかも? 未来を開く転輪聖王』(1巻・2巻、オウム出版)などの漫画単行本は、広く販売・配布された。それに比べてアニメの場合は内部関係者・信者向けの意味合いが濃く、一連の事件発覚前にはあまり知られていなかった。
アニメには、青山吉伸弁護士・上祐史浩・石井久子・飯田エリ子も登場する。麻原彰晃の声を演じているのは、麻原自身である。また、麻原がナレーターを務めることもあった。
(Wikipedia:オウム真理教のアニメ)

オウム真理教男性信者殺害事件
オウム真理教男性信者殺害事件(-しんりきょうだんせいしんじゃさつがいじけん)とは、1989年2月10日に発生したオウム真理教信者による殺人事件。
事件の被害者となった男性信者はオウム出版の責任者であった岡崎一明の下で営業させられていたが、1988年9月22日のオウム真理教在家信者死亡事件を目の当たりにし、オウムのやり方に疑問を持ち、責任者の岡崎一明に不満を述べた。岡崎は男性信者の不満を麻原に報告すると、麻原彰晃は男性信者を富士山独房に監禁し、両手両足を縛らせたが、益々反発して教壇から脱会する旨を主張。麻原は脱会させると、オウム信者死亡事故が露見される恐れがあり、宗教法人取得を目指す教団にとって痛手になると考え、殺害するしかないと決意。1989年2月深夜、サティアンビル4階の図書館に岡崎、早川紀代秀・村井秀夫・岡崎一明・新実智光・大内利裕の5人を集め、「ポアするしかないな」といって、男性信者の殺害を命じ、殺害された。
(Wikipedia:オウム真理教男性信者殺害事件)

オウム真理教男性現役信者リンチ殺人事件
男性現役信者リンチ殺人事件(だんせいげんえきしんじゃリンチさつじんじけん)は、オウム真理教による一連の凶悪犯罪の1つ。1994年7月10日に発生した。
井戸から毒が検出されたため、オウムの井戸に毒を入れられたと言った麻原彰晃の命令で、林郁夫らによるナルコチェックで、信者がスパイかどうか調べられた。ナルコチェックは完璧なものではないが、それで怪しいとされた現役信者が疑われ、麻原の命令を受けた新実智光、杉本繁郎、中村昇ら信者のリンチを受けて死亡した。
オウム真理教事件
平成時代の殺人事件
1994年の日本
(Wikipedia:オウム真理教男性現役信者リンチ殺人事件)


オウム真理教 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

オウム真理教 - アマゾン検索


「オウム真理教」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す