[PR]

日別キーワード

第51位  バーレーン - 2019年01月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



バーレーン
バーレーン王国 مملكة البحرين 国の標語:なし 国歌:Bahrainona (我らのバーレーン) バーレーンの位置 バーレーン王国(バーレーンおうこく、アラビア語: مملكة البحرين‎, ラテン文字: Mamlakat al-Baḥrayn)、通称バーレーンは、中東・西アジアの国家。首都はマナーマ。ペルシア湾のバーレーン島を主島として大小33の島(ムハッラク島など)から成る君主制の島国である。 王家のハリーファ家はクウェートのサバーハ家やサウジアラビアのサウード家と同じくアナイザ族出身でスンナ派であるが、1782年以前はシーア派以外の宗派を認めていなかったサファヴィー朝やアフシャール朝の支配下にあった経緯もあり、国民の大多数をシーア派がしめる。 1994年以後、シーア派による反政府運動が激化し、2001年2月に行われた国民投票によって首長制から王制へ移行した。 国名 正式名称はアラビア語で مملكة البحرين(ラテン文字: Ar-Mamlakat al-Baḥrayn.oga Mamlakat al-Baḥrayn マムラカトゥ・アル=バフライン)、通称、البحرين‎(Ar-Bahrain-1.oga al-Baḥrayn アル=バフライン)。 (Wikipedia:バーレーン)

バーレーン王国
『バーレーン』より : バーレーン王国 مملكة البحرين 国の標語:なし 国歌:Bahrainona (我らのバーレーン) バーレーンの位置 バーレーン王国(バーレーンおうこく、アラビア語: مملكة البحرين‎, ラテン文字: Mamlakat al-Baḥrayn)、通称バーレーンは、中東・西アジアの国家。首都はマナーマ。ペルシア湾のバーレーン島を主島として大小33の島(ムハッラク島など)から成る君主制の島国である。 王家のハリーファ家はクウェートのサバーハ家やサウジアラビアのサウード家と同じくアナイザ族出身でスンナ派であるが、1782年以前はシーア派以外の宗派を認めていなかったサファヴィー朝やアフシャール朝の支配下にあった経緯もあり、国民の大多数をシーア派がしめる。 1994年以後、シーア派による反政府運動が激化し、2001年2月に行われた国民投票によって首長制から王制へ移行した。 国名 正式名称はアラビア語で مملكة البحرين(ラテン文字: Ar-Mamlakat al-Baḥrayn.oga Mamlakat al-Baḥrayn マムラカトゥ・アル=バフライン)、通称、البحرين‎(Ar-Bahrain-1.oga al-Baḥrayn アル=バフライン)。 (Wikipedia:バーレーン王国)

バーレーン国
『バーレーン』より : バーレーン王国 مملكة البحرين 国の標語:なし 国歌:Bahrainona (我らのバーレーン) バーレーンの位置 バーレーン王国(バーレーンおうこく、アラビア語: مملكة البحرين‎, ラテン文字: Mamlakat al-Baḥrayn)、通称バーレーンは、中東・西アジアの国家。首都はマナーマ。ペルシア湾のバーレーン島を主島として大小33の島(ムハッラク島など)から成る君主制の島国である。 王家のハリーファ家はクウェートのサバーハ家やサウジアラビアのサウード家と同じくアナイザ族出身でスンナ派であるが、1782年以前はシーア派以外の宗派を認めていなかったサファヴィー朝やアフシャール朝の支配下にあった経緯もあり、国民の大多数をシーア派がしめる。 1994年以後、シーア派による反政府運動が激化し、2001年2月に行われた国民投票によって首長制から王制へ移行した。 国名 正式名称はアラビア語で مملكة البحرين(ラテン文字: Ar-Mamlakat al-Baḥrayn.oga Mamlakat al-Baḥrayn マムラカトゥ・アル=バフライン)、通称、البحرين‎(Ar-Bahrain-1.oga al-Baḥrayn アル=バフライン)。 (Wikipedia:バーレーン国)

バーレーン国際空港
バーレーン国際空港 (IATA: BAH, ICAO: OBBI)(英語: Bahrain International Airport、アラビア語: مطار البحرين الدولي‎, maṭār al-Baḥrayn al-dwalī)は、バーレーンの最北端にある島のムハッラクにある国際空港である。首都マナーマの約7km北東に位置する。ナショナル・キャリアであるガルフ・エアのハブ空港であり、かつてはバーレーン・エア(現存せず)のハブでもあった。 2010年、バーレーン国際空港はスカイトラックスによる2010年世界の空港アワード (2010 World Airport Awards) において中東部門で第1位を獲得した。 最初の定期商業便がバーレーンに就航したのは1932年であり、ロンドン発デリー行きの便(ハンドレページ H.P.42の「ハンニバル」号による運航)であった。H.P.42 は乗客を24人しか輸送できず、ロンドン発の便は毎時100マイルで飛行するため数日かかった。 (Wikipedia:バーレーン国際空港)

バーレーングランプリ
バーレーングランプリ(バーレーンGP, 英: Bahrain Grand Prix, 亜: جائزة البحرين الكبرى‎)はバーレーン王国南部のサクヒールにあるバーレーンインターナショナルサーキットで行われているF1世界選手権のレースの1つ。 中東地域における初のF1開催として、2004年よりシーズンカレンダーに加わった。当初は、シーズン終盤の時期に開催される予定だったが、イスラム教の断食月ラマダーンと重なることを避けるため、シーズン序盤開催となった。そのため、2003年まで3月後半から4月初めに開催されることの多かったブラジルGPがシーズン終盤開催に変更となった。イスラム教では飲酒が禁じられているため、表彰式の後のシャンパンファイトではシャンパンではなく、ノンアルコールのローズウォーターが用いられた。 2006年は、過去10年連続で開幕戦として開催されてきたオーストラリアGPが、2006年コモンウェルスゲームズ(英連邦大会)開催の関係で4月に移動したことから、バーレーンGPが開幕戦となった。 (Wikipedia:バーレーングランプリ)

バーレーン・グランプリ
『バーレーングランプリ』より : バーレーングランプリ(バーレーンGP, 英: Bahrain Grand Prix, 亜: جائزة البحرين الكبرى‎)はバーレーン王国南部のサクヒールにあるバーレーンインターナショナルサーキットで行われているF1世界選手権のレースの1つ。 中東地域における初のF1開催として、2004年よりシーズンカレンダーに加わった。当初は、シーズン終盤の時期に開催される予定だったが、イスラム教の断食月ラマダーンと重なることを避けるため、シーズン序盤開催となった。そのため、2003年まで3月後半から4月初めに開催されることの多かったブラジルGPがシーズン終盤開催に変更となった。イスラム教では飲酒が禁じられているため、表彰式の後のシャンパンファイトではシャンパンではなく、ノンアルコールのローズウォーターが用いられた。 2006年は、過去10年連続で開幕戦として開催されてきたオーストラリアGPが、2006年コモンウェルスゲームズ(英連邦大会)開催の関係で4月に移動したことから、バーレーンGPが開幕戦となった。 (Wikipedia:バーレーン・グランプリ)

バーレーン・インターナショナル・サーキット
Name バーレーン・インターナショナル・サーキット
Location バーレーン・サキール
Time グリニッジ標準時 GMT +3
Events フォーミュラ1 F1, GP2, GP2アジア, V8スーパーカー, フォーミュラ3 F3, GTフェスティバル, ドラッグレース
Layout1 Image:Circuit Bahrain.svg 180px
Length_km 5.412
Length_mi 3.37
Turns 15
Record_time 1:30.252
Record_team スクーデリア・フェラーリ フェラーリ
Record_year 2004年
バーレーン・インターナショナル・サーキット(”Bahrain International Circuit”)は、バーレーン南部サキールにあるサーキット。首都マナーマから車で約1時間。2004年からフォーミュラ1 F1バーレーングランプリが行われている。中東で初めてF1が開催された場所でもある。サーキットは砂漠の真ん中にあり、暑さと砂に悩まされる。決勝レースで使われるコースの全長は5411m。
(Wikipedia:バーレーン・インターナショナル・サーキット)

バーレーンの国旗
バーレーンの国旗(アラビア語 علم البحرين)は、赤・白に塗り分けられた二色旗である。 赤は伝統的にペルシャ湾各国で使用されている色で、竿側に白を使用。赤と白は頂点が5つあるジグザグ線で分けられる。5つの頂点はイスラム教の五行を表している。 バーレーンの最古の国旗は単純に赤一色のものであったが、19世紀に近隣諸国との和平を示すため白が追加され、ジグザグ線は他国との区別をするため追加された。従来、ジグザグ線の頂点は8つだったが、2002年に新憲法が制定され、国名がバーレーン国からバーレーン王国に改称されたのに伴い現行の5つに変更された。 ジグザグ線が省略され、直線で表現されることもある。 関連項目 国旗の一覧 カタールの国旗。 (Wikipedia:バーレーンの国旗)

バーレーンインターナショナルサーキット
座標: 北緯26度1分57秒 東経50度30分38秒 / 北緯26.03250度 東経50.51056度 / 26.03250; 50.51056 バーレーン・インターナショナル・サーキット(英語:Bahrain International Circuit)は、バーレーン南部サヒールにあるサーキット。2004年からF1バーレーングランプリが行われている。中東で初めてF1が開催された場所でもある。 首都マナーマから車で約1時間。サーキットは砂漠の真ん中にあり、暑さと砂に悩まされる。設計はヘルマン・ティルケが担当した。 コースは複数のレイアウトで使用できるようデザインされている。F1では2009年まで5,411mのコースが使われていたが、2010年より従来の第4コーナーと第5コーナーの間を延長した6,299mのレイアウトに変更された。しかし変更後のコースがドライバー、観客ともに不評であった。のちに2011年より元の5.411mのコースに戻されて開催されることが発表された。 コースレイアウト 脚注 関連項目 モータースポーツ サーキットの一覧 外部リンク Bahrain International Circuit: The Home of Motorsport in the Middle East。 (Wikipedia:バーレーンインターナショナルサーキット)

バーレーンの真珠採取業
バーレーンの真珠採取業(バーレーンのしんじゅさいしゅぎょう)は、一説には紀元前2000年頃にまで遡るとも言われるバーレーン古来の基幹的地場産業であった。石油発見以前のペルシア湾一帯は天然真珠の一大産地となっており、わけてもバーレーン近海の真珠は高品質と評価されていた。しかし、日本の真珠養殖業の発展や世界恐慌の影響によって壊滅的な打撃を受け、1930年代以降、急速に衰退していった。 バーレーンのムハッラク島には往時を偲ばせる建造物群が並ぶ「バーレーン真珠採取の道」(Bahrain pearling trail) が残されており、それらの建造物の一部と関連する漁場などが、「バーレーン要塞 - ディルムンの古代の港と首都」に続く同国2件目の世界遺産として、2012年6月30日にUNESCOの世界遺産リストに登録された。 (Wikipedia:バーレーンの真珠採取業)


バーレーン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

バーレーン - アマゾン検索


「バーレーン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す