[PR]

日別キーワード

第60位  レ・ミゼラブル - 2019年01月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



レ・ミゼラブル
『レ・ミゼラブル』(フランス語: Les Misérables)は、ヴィクトル・ユーゴーが1862年に執筆したロマン主義フランス文学の大河小説。 原題 Les Misérables は、「悲惨な人々」「哀れな人々」を意味する。 1本のパンを盗んだために19年間もの監獄生活を送ることになったジャン・ヴァルジャンの生涯を描く作品である。作品中ではナポレオン1世没落直後の1815年からルイ18世・シャルル10世の復古王政時代、七月革命後のルイ・フィリップ王の七月王政時代の最中の1833年までの18年間を描いており、さらに随所でフランス革命、ナポレオンの第一帝政時代と百日天下、二月革命とその後勃発した六月暴動の回想・記憶が挿入される。当時のフランスを取り巻く社会情勢や民衆の生活も、物語の背景として詳しく記載されている。 日本では始め、森田思軒が一部を「哀史」の題名で訳したが完訳には至らず、黒岩涙香による翻案が『噫無情』(ああむじょう)の題で1902年(明治35年)10月8日から1903年(明治36年)8月22日まで『萬朝報』に連載され、これによってユーゴーの名が広く知れわたることになった。 (Wikipedia:レ・ミゼラブル)

レ・ミゼラブル (ミュージカル)
『レ・ミゼラブル』(Les Misérables)は、ヴィクトル・ユーゴーの同名小説を原作としたミュージカルである。 この項では、1980年に上演された同名ミュージカルを改訂する形で、1985年10月28日、ロンドンで初演されたミュージカルを指す。 日欧米でレミゼ、と略されることがある。 オリジナル クリエイティブ スタッフ 製作:キャメロン・マッキントッシュ、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC) 作詞:アラン・ブーブリル(en) 作曲:クロード=ミシェル・シェーンベルク 原作:ヴィクトル・ユゴー 作曲:クロード=ミシェル・シェーンベルク 作詞:ハーバート・クレッツマー(en) 潤色・演出:ジョン・ケアード、トレバー・ナン(en) 受賞 1987年度トニー賞:8部門(作品賞/助演男優賞/助演女優賞/演出賞/台本賞/作詞・作曲賞/舞台美術賞/照明賞) 構成 プロローグ・第1幕・第2幕の3幕構成で、休憩は第1幕・第2幕の間に1回。 (Wikipedia:レ・ミゼラブル (ミュージカル))

レ・ミゼラブル (2012年の映画)
『レ・ミゼラブル』(原題: Les Misérables)は、2012年12月21日公開の、イギリス、ワーキング・タイトル・フィルムズ製作のミュージカル映画。 ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作として1980年代にロンドンで上演され、以後、ブロードウェイを含む世界各地でロングランされていた同名のミュージカルの映画化作品である。 ストーリー この映画の原作は小説そのものではなく、小説を基にしてできたミュージカル版である。そのため、映画のストーリーは下記の小説版「あらすじ」とは細部で異なる(予告編での「完全映画化」という売り文句は、ミュージカル作品の完全映画化という意味で、原作の完全映画化という意味ではない)。 キャスト 主要人物 ジャン・バルジャン:ヒュー・ジャックマン 司教:コルム・ウィルキンソン ジャベール:ラッセル・クロウ ファンティーヌ:アン・ハサウェイ コゼット:アマンダ・サイフリッド(幼少期:イザベル・アレン) マリウス・ポンメルシー:エディ・レッドメイン テナルディエ一家 テナルディエ:サシャ・バロン・コーエン テナルディエ夫人:ヘレナ・ボナム=カーター エポニーヌ:サマンサ・バークス(幼少期:ナタリア・エンジェル・ウォレス) ガブローシュ:ダニエル・ハトルストーン ABCの友 アンジョルラス:アーロン・トヴェイト コンブフェール:キリアン・ドネリー クールフェラック:フラ・フィー ジャン・プルーヴェール:アリスター・ブラマー フイイー:ガブリエル・ヴィック バオレル:イワン・ルイス ジョリー:ヒュー・スキナー レーグル・ド・モー:スチュアート・ニール グランテール:ジョージ・ブラグデン テナルディエ・ギャング バベ:イアン・ピリー クラクスー:ジュリアン・ブリーチ モンパルナス:マーク・ピカリング ブリュジョン:アダム・ピアース その他 バティスティーヌ嬢:ジョージー・グレン マグロワール夫人:ヘザー・チェイセン シャンマティユ:ジェームス・シモンズ コシュパーユ:アンドリュー・ヘイヴィル フォーシュルヴァン:スティーブン・テート バマタボワ:バーティ・カーヴェル 工場長:マイケル・ジブソン 女工:アリス・ファーン 売春婦:フランシス・ラッフェル ジルノルマン:パトリック・ゴッドフリー マブーフ:マイク・サーン フランス兵 / 秘密警察官:ジョシュ・ウィチャード バリケードの市民:ポール・レナード 上流階級の紳士:ジーノ・ピッチャーノ 国民衛兵士官:ハドリー・フレイザー ミュージカル版と重なるキャスト ジャン・バルジャン:コルム・ウィルキンソン(本作では司教役) エポニーヌ:フランシス・ラッフェル(本作では売春婦) アンジョルラス:キリアン・ドネリー(本作ではコンブフェール役) ジャベール、マリウス:ハドリー・フレイザー(本作では国民衛兵士官役) テナルディエ:スティーブン・テート(本作ではフォーシュルヴァン役) ミュージカルナンバー 製作 企画 1988年、アラン・パーカーが『レ・ミゼラブル』のミュージカルの映画を監督すると考えられていた。 (Wikipedia:レ・ミゼラブル (2012年の映画))

レ・ミゼラブル (曖昧さ回避)
削除提案中
このページはWikipedia:削除の方針#削除依頼 削除の手続きに従って、削除が提案されています。
この項目を作成された方へ: 項目はまだ削除されていません。どうか怒らないでください。その代わり、議論に参加し、この項目がWikipedia:削除の方針 削除の方針に該当する編集かどうか検討してください。
削除依頼中の記事
レ・ミゼラブル
ヴィクトル・ユーゴーによって1862年に書かれた小説。レ・ミゼラブル。
小説のレ・ミゼラブルに基づいて作られた映画、テレビ映画。
小説のレ・ミゼラブルに基づいて作られたミュージカルは、レ・ミゼラブル (ミュージカル)。
小説のレ・ミゼラブルを基づいて作られたストレートプレイの舞台。
(Wikipedia:レ・ミゼラブル (曖昧さ回避))

レ・ミゼラブル (1998年の映画)
『レ・ミゼラブル』(原題: Les Misérables)は、1998年のアメリカ映画である。原作はヴィクトル・ユーゴーの同名小説。本作ではジャン・バルジャンとジャベールの関係に焦点が絞られている。そのため、ジャベール警部の身投げと共に映画は幕を閉じる。 ストーリー 囚人のジャン・バルジャンは、窃盗の罪で19年間に及ぶ重労働を課された後に保釈されたが、行く先々で宿泊を断られ、屋外で寝ていたところを司教の館に迎え入れられる。しかし、バルジャンは、夜中にそこで銀の食器を盗み、憲兵に捕まってしまう。翌朝、彼を捕らえた憲兵たちに、司教は「銀器は私が与えたものだ」と伝え、銀の燭台も与えてしまう。司教の慈悲を知り、バルジャンは邪悪な魂から解放される。 キャスト スタッフ 監督:ビレ・アウグスト 脚本:ラファエル・イグレシアス 製作:サラ・ラドクリフ、ジェームズ・ゴーマン 原作:ヴィクトル・ユーゴー 出典 外部リンク レ・ミゼラブル - allcinema レ・ミゼラブル - KINENOTE Les Misérables - AllMovie(英語) Les Misérables - インターネット・ムービー・データベース(英語) Les Miserables - TCM Movie Database(英語) Les Miserables - Rotten Tomatoes(英語)。 (Wikipedia:レ・ミゼラブル (1998年の映画))

レ・ミゼラブル 少女コゼット
『レ・ミゼラブル 少女コゼット』(レ・ミゼラブル しょうじょコゼット)は、「世界名作劇場」シリーズ通算第24作として2007年1月7日から12月30日まで放映されていたテレビアニメ。 毎週日曜19:30 - 20:00にフジテレビ系BSデジタル放送BSフジで放映された。全52話。原作は『レ・ミゼラブル』(ヴィクトル・ユーゴー)。「世界名作劇場」としては1997年の『家なき子レミ』以来、約10年ぶりの新作。 舞台は19世紀前半のフランス。設定年代はシリーズ中最も古い年代に入り、同時期の年代を扱ったと思しき作品に『家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ』『南の虹のルーシー』がある。また、本編内の時間経過が15年(最終話での後日談を含めれば20年近く)と非常に長い。 なお、1980年代から世界名作劇場のスポンサーを務めたハウス食品 が冠スポンサーだが、バンダイとインデックスミュージックを加えた複数社提供である。 ストーリー 舞台はフランス革命以降、いまだ混乱のなかにある19世紀前半のフランス。 (Wikipedia:レ・ミゼラブル 少女コゼット)

レ・ミゼラブル 少女コゼット
『レ・ミゼラブル 少女コゼット』(レ・ミゼラブル しょうじょコゼット)は、「世界名作劇場」シリーズ通算第24作として2007年1月7日から12月30日まで放映されていたテレビアニメ。 毎週日曜19:30 - 20:00にフジテレビ系BSデジタル放送BSフジで放映された。全52話。原作は『レ・ミゼラブル』(ヴィクトル・ユーゴー)。「世界名作劇場」としては1997年の『家なき子レミ』以来、約10年ぶりの新作。 舞台は19世紀前半のフランス。設定年代はシリーズ中最も古い年代に入り、同時期の年代を扱ったと思しき作品に『家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ』『南の虹のルーシー』がある。また、本編内の時間経過が15年(最終話での後日談を含めれば20年近く)と非常に長い。 なお、1980年代から世界名作劇場のスポンサーを務めたハウス食品 が冠スポンサーだが、バンダイとインデックスミュージックを加えた複数社提供である。 ストーリー 舞台はフランス革命以降、いまだ混乱のなかにある19世紀前半のフランス。 (Wikipedia:レ・ミゼラブル 少女コゼット)

レ・ミゼラブル 少女コゼット
『』より : 『レ・ミゼラブル 少女コゼット』(レ・ミゼラブル しょうじょコゼット)は、「世界名作劇場」シリーズ通算第24作として2007年1月7日から12月30日まで放映されていたテレビアニメ。 毎週日曜19:30 - 20:00にフジテレビ系BSデジタル放送BSフジで放映された。全52話。原作は『レ・ミゼラブル』(ヴィクトル・ユーゴー)。「世界名作劇場」としては1997年の『家なき子レミ』以来、約10年ぶりの新作。 舞台は19世紀前半のフランス。設定年代はシリーズ中最も古い年代に入り、同時期の年代を扱ったと思しき作品に『家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ』『南の虹のルーシー』がある。また、本編内の時間経過が15年(最終話での後日談を含めれば20年近く)と非常に長い。 なお、1980年代から世界名作劇場のスポンサーを務めたハウス食品 が冠スポンサーだが、バンダイとインデックスミュージックを加えた複数社提供である。 ストーリー 舞台はフランス革命以降、いまだ混乱のなかにある19世紀前半のフランス。 (Wikipedia:レ・ミゼラブル 少女コゼット)


レ・ミゼラブル - 関連ブログ

データが取得できませんでした

レ・ミゼラブル - アマゾン検索


「レ・ミゼラブル」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す