[PR]

日別キーワード

第98位  戦争 - 2019年01月06日


関連するイメージは見つかりませんでした



戦争
戦争(せんそう)とは、おもに内政問題あるいは外交問題の武力解決であり、国家による政治の一手段である。広義には内戦や反乱も含む(戦争一覧)。 戦争とは軍事力を用いて様々な政治目的を達成しようとする行為(行為説)、または用いた結果生じる国家間の対立状態である(状態説)。一般に、国家もしくはそれに準ずる集団が、自衛や利益の確保を目的に武力を行使し、戦闘を起こす事。戦争は太古から続く人類の営みの側面であり、最も原始的かつ暴力的な紛争解決手段であると言える。 政治だけでなく、経済、地理、文化、技術など広範にわたる人間の活動が密接に関わっており、その歴史的な影響は非常に大きい。近代以降の戦争は陸海空軍等の軍隊のみの武力戦だけでなく、一般国民を広く巻き込む総力戦の様相を呈することもあり、外交戦、宣伝戦、謀略戦、経済戦、貿易戦、補給戦、技術戦、精神戦などの闘争を本質的に包括しており、相互に関係している。 (Wikipedia:戦争)

戦争放棄
『日本国憲法第9条』より : 不戦条約(ふせんじょうやく、戦争抛棄ニ関スル条約)は、第一次世界大戦後に締結された多国間条約で、国際紛争を解決する手段として、締約国相互での戦争を放棄し、紛争は平和的手段により解決することを規定した条約。パリ不戦条約とも。 1928年(昭和3年)8月27日にアメリカ合衆国、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、日本といった当時の列強諸国をはじめとする15か国が署名し、その後、ソビエト連邦など63か国が署名した。フランスのパリで締結されたためにパリ条約(協定)(Pact of Paris)あるいはパリ不戦条約と呼ぶこともあり、また最初フランスとアメリカの協議から始まり、多国間協議に広がったことから、アメリカの国務長官フランク・ケロッグと、フランスの外務大臣アリスティード・ブリアン両名の名にちなんでケロッグ=ブリアン条約(協定)(Kellogg-Briand Pact)とも言う。 (Wikipedia:戦争放棄)

戦争犯罪
戦争犯罪(せんそうはんざい)とは、戦時国際法に違反する罪のことで交戦法規違反をさす。 通常は戦闘員や司令官(交戦者)、あるいは非戦闘員の個人の犯罪行為を対象とし、交戦規則を逸脱する罪が問われる。国際軍事裁判所条例制定に関わる議論のなかでこの概念は拡張されており、国家犯罪(国際的懸念事項)としての平和に対する罪や人道に対する罪が創設された。 戦時反逆罪は戦争法規を犯して敵対行為を働く罪であり、戦時重罪犯、戦時刑法犯として国際法の保護の対象とされない。敵国軍人や占領地住民の違法な敵対行為は戦時反逆罪として軍の処分に委ねられ、軍法会議にかけることなく、軍が自ら定立した刑罰法規で処断し得る(軍律)。軍律及び軍律会議は国際慣習法上認められて来たものでありハーグ陸戦法規第三款42条以下は占領地における軍律・軍律会議を認めたと解されている。軍律や軍律会議は軍事行動であり戦争行為に含まれる。 経緯 かつて戦争犯罪と定義されていたのは、捕虜の虐待を禁じた「ジュネーブ条約」や、非人道的兵器の使用を禁じた「ハーグ陸戦条約」など、戦時において守られなければならないとされる国際法(戦時国際法)違反行為のみであった。 (Wikipedia:戦争犯罪)

戦争犯罪人
『戦争犯罪』より : 戦争犯罪(せんそうはんざい)とは、戦時国際法に違反する罪のことで交戦法規違反をさす。 通常は戦闘員や司令官(交戦者)、あるいは非戦闘員の個人の犯罪行為を対象とし、交戦規則を逸脱する罪が問われる。国際軍事裁判所条例制定に関わる議論のなかでこの概念は拡張されており、国家犯罪(国際的懸念事項)としての平和に対する罪や人道に対する罪が創設された。 戦時反逆罪は戦争法規を犯して敵対行為を働く罪であり、戦時重罪犯、戦時刑法犯として国際法の保護の対象とされない。敵国軍人や占領地住民の違法な敵対行為は戦時反逆罪として軍の処分に委ねられ、軍法会議にかけることなく、軍が自ら定立した刑罰法規で処断し得る(軍律)。軍律及び軍律会議は国際慣習法上認められて来たものでありハーグ陸戦法規第三款42条以下は占領地における軍律・軍律会議を認めたと解されている。軍律や軍律会議は軍事行動であり戦争行為に含まれる。 経緯 かつて戦争犯罪と定義されていたのは、捕虜の虐待を禁じた「ジュネーブ条約」や、非人道的兵器の使用を禁じた「ハーグ陸戦条約」など、戦時において守られなければならないとされる国際法(戦時国際法)違反行為のみであった。 (Wikipedia:戦争犯罪人)

戦争映画
戦争映画(せんそうえいが)は映画の一種で、歴史上の戦争を題材としたものを指す。 実際にあった戦闘を再現するアクションによる興奮を描くものが人気を集めてきた。近年は圧倒的多数がアメリカ製であり、アメリカが関係した20世紀以降の近代戦争が題材となっている。ほとんどの場合、扱われる戦争は過去に実際にあったものか、それに似せたものである。国家間の戦争ではなく内乱や民族紛争を扱った場合でも戦争映画と呼ばれることが多い。ただし、軍人または元軍人の主人公が単身、または少人数で架空の戦闘行為を行う場合は、アクション映画と呼ばれることが多いが、戦争映画との境界は曖昧である。また、未来の戦争を題材としたものはSF映画と呼ばれる。日本の近代以前の歴史上の戦争を題材とした場合は通常時代劇と呼ばれる。 戦闘以外の題材では、軍隊の訓練や内部抗争、戦争に至る政治的経緯や戦後の軍事裁判、戦場・占領地での様々な物語、戦争中の国内(銃後)の戦争への姿勢、戦後の国民の戦争への思いを題材としたものなどがあげられる。 (Wikipedia:戦争映画)

戦争一覧
戦争一覧(せんそういちらん)は、世界史上の主な戦争の年代別の一覧である。 日本国内で行われた内戦については日本の合戦一覧を参照。 戦闘の一覧については戦闘一覧を参照。 国内の勢力同士の戦争である内戦、反乱、独立戦争については下記にもあわせて掲載する。 当事者間の権力や階級の差が大きい戦争は反乱一覧を参照。 当事者間の権力や階級の差が小さい戦争は内戦一覧を参照。 地域の独立を志向した戦争は独立戦争一覧を参照。 紀元前 Category:紀元前の戦争 を参照 紀元前1285年頃 カデシュの戦い (古代エジプトとヒッタイト) 紀元前12世紀頃 トロイア戦争 紀元前770年 - 紀元前403年 春秋時代 - Category:春秋戦国の戦闘 紀元前492年 - 紀元前449年 ペルシア戦争 紀元前431年 - 紀元前404年 ペロポネソス戦争 紀元前395年 - 紀元前387年 コリントス戦争 紀元前403年 - 紀元前221年 戦国時代 (中国) 紀元前334年 - 紀元前323年 アレクサンドロス大王の東征 紀元前4世紀 ディアドコイ戦争 紀元前343年 - 紀元前290年 サムニウム戦争 紀元前264年 - 紀元前146年 ポエニ戦争 - Category:ポエニ戦争 - Category:ポエニ戦争の戦闘 紀元前264年 - 紀元前241年 第一次ポエニ戦争 紀元前218年 - 紀元前201年 第二次ポエニ戦争 紀元前149年 - 紀元前146年 第三次ポエニ戦争 紀元前229年 - 紀元前219年 イリュリア戦争 紀元前215年 - 紀元前148年 マケドニア戦争 紀元前215年 - 紀元前205年 第一次マケドニア戦争 紀元前200年 - 紀元前196年 第二次マケドニア戦争 紀元前171年 - 紀元前168年 第三次マケドニア戦争 紀元前150年 - 紀元前148年 第四次マケドニア戦争 紀元前206年 - 紀元前202年 楚漢戦争 紀元前192年 - 紀元前188年 シリア戦争 紀元前181年 - 紀元前179年 第一次ケルティベリア戦争 紀元前165年 - 紀元前142年 マカバイ戦争 紀元前153年 - 紀元前133年 ヌマンティア戦争(第二次ケルティベリア戦争) 紀元前155年 - 紀元前140年 ルシタニア戦争 紀元前113年 - 紀元前101年 キンブリ・テウトニ戦争 紀元前111年 - 紀元前105年 ユグルタ戦争 紀元前91年 - 紀元前88年 同盟市戦争 紀元前88年 - 紀元前63年 ミトリダテス戦争 紀元前88年 - 紀元前84年 第一次ミトリダテス戦争 紀元前83年 - 紀元前81年 第二次ミトリダテス戦争 紀元前74年 - 紀元前63年 第三次ミトリダテス戦争 紀元前73年 - 紀元前71年 スパルタクスの反乱 紀元前49年 - 紀元前45年 ローマ内戦 紀元前44年 - 紀元前30年 ローマの内乱 紀元前58年 - 407年 ゲルマニア戦争(全35次) 紀元前58年 - 紀元前50年 ガリア戦争 - Category:ガリア戦争 紀元1年~500年 Category:1-5世紀の戦争 を参照 66年~70年 - ユダヤ戦争 68年 - 四皇帝の年 101年~106年 - ダキア戦争 220年~280年 - 三国時代 (中国)・Category:三国時代 (中国)の戦闘 291年~306年 - 八王の乱 304年~439年 - 五胡十六国時代 501年~1000年 Category:6-10世紀の戦争 を参照 533年~534年 - ヴァンダル戦争 535年~554年 - ゴート戦争 663年 - 白村江の戦い・Category:白村江の戦い 663年~651年 - イスラーム教徒のペルシア征服 718年~1492年 - レコンキスタ 722年~804年 - ザクセン戦争 751年 - タラス河畔の戦い 907年~960年 - 五代十国時代 1001年~1500年 Category:11-15世紀の戦争 を参照 1019年 - 刀伊の入寇 1066年 - ノルマン・コンクエスト 1096年~1291年 - 十字軍・Category:十字軍 1096年~1099年 - 第1回十字軍 1147年~1149年 - 第2回十字軍 1187年~1191年 - 第3回十字軍 1202年~1204年 - 第4回十字軍 1217年~1221年 - 第5回十字軍 1228年 - 第6回十字軍 1248年~1254年 - 第7回十字軍 1270年 - 第8回十字軍 1271年~1291年 - 第9回十字軍 1205年~1209年 - 西夏遠征(第一次〜第三次) 1211年~1215年 - 第一次対金戦争 1218年 - 第四次西夏遠征 1219年~1222年 - チンギス・カンの西征 1218年 - 第五次西夏遠征 1230年~1234年 - 第二次対金戦争 1235年~1241年 - 第一次モンゴル・南宋戦争 1236年~1241年 - バトゥの西征 1240年~1241年 - モンゴルのポーランド侵攻 1253年~1259年 - 第二次モンゴル・南宋戦争 1253年~1254年 - 雲南・大理遠征 1253年~1260年 - フレグの西征 1260年~1264年 - モンゴル帝国帝位継承戦争(アリクブケの乱) 1268年~1279年 - 第三次モンゴル・南宋戦争 13世紀半ば〜14世紀初頭 - モンゴルの樺太侵攻 1274年~1281年 - 元寇(文永・弘安の役) 1296年~1333年 - スコットランド独立戦争 1314年~1429年 - 三山時代 1337年~1453年 - 百年戦争・Category:百年戦争・Category:百年戦争の戦闘 1419年 - 応永の外寇 1453年 - コンスタンティノープルの陥落 1453年 - 志魯・布里の乱 1455年~1485年 - 薔薇戦争・Category:薔薇戦争・Category:薔薇戦争の戦闘 1501年~1600年 Category:16世紀の戦争 を参照 1508年~1516年 - カンブレー同盟戦争 1521年~1559年 - イタリア戦争(広義では1494年以降の戦役もイタリア戦争に含める) 1524年~1525年 - ドイツ農民戦争 1546年~1547年 - シュマルカルデン戦争 1558年~1583年 - リヴォニア戦争 1562年~1598年 - ユグノー戦争・Category:ユグノー戦争 1563年~1570年 - 北方七年戦争 1568年~1648年 - 八十年戦争 1585年~1604年 - 英西戦争 1592年~1598年 - 文禄・慶長の役・Category:文禄・慶長の役・Category:文禄・慶長の役の戦闘 1601年~1700年 Category:17世紀の戦争 を参照 1605年~1618年 - ロシア・ポーランド戦争 (1605年-1618年) 1609年 - 琉球侵攻 1611年~1613年 - カルマル戦争 1618年~1648年 - 三十年戦争・Category:三十年戦争・Category:三十年戦争の戦闘 1619年 - サルフの戦い 1621年~1629年 - スウェーデン・ポーランド戦争 1622年~1890年 - インディアン戦争・Category:インディアン戦争 1624年 - 丁卯の役(後金の第1次朝鮮侵攻) 1636年 - 丙子の役(後金の第2次朝鮮侵攻) 1638年~1660年 - 三王国戦争(清教徒革命)・Category:清教徒革命の戦闘 1639年~1640年 - 主教戦争 1640年~1649年 - アイルランド同盟戦争 1641年~1649年 - イングランド内戦 1643年~1645年 - トルステンソン戦争 1648年~1653年 - フロンドの乱 1652年~1654年 - 第一次英蘭戦争 1654年~1667年 - ロシア・ポーランド戦争 (1654年-1667年)(大洪水時代) 1655年~1660年 - 北方戦争 1655年~1659年 - スウェーデン・ポーランド戦争 1657年~1660年 - スウェーデン・デンマーク戦争 1665年~1667年 - 第二次英蘭戦争 1667年~1668年 - ネーデルラント継承戦争 1672年~1678年 - オランダ侵略戦争 1672年~1674年 - 第三次英蘭戦争 1675年~1679年 - スコーネ戦争 1681年~1707年 - デカン戦争 1683年~1699年 - 大トルコ戦争 1688年~1697年 - 大同盟戦争(ファルツ継承戦争) 1689年~1763年 - 北米植民地戦争 - Category:北米植民地戦争 1689年~1697年 - ウィリアム王戦争(北米植民地戦争) 1700年~1721年 - 大北方戦争 - Category:大北方戦争 1701年~1800年 Category:18世紀の戦争 を参照 1701年~1714年 - スペイン継承戦争 1702年~1713年 - アン女王戦争(北米植民地戦争) 1733年~1735年 - ポーランド継承戦争 1740年~1748年 - オーストリア継承戦争 1739年~1748年 - ジェンキンスの耳の戦争 1744年~1748年 - ジョージ王戦争(北米植民地戦争) 1744年~1748年 - 第一次カーナティック戦争(インドでの英仏戦争) 1750年~1754年 - 第二次カーナティック戦争 1756年~1763年 - 七年戦争・Category:七年戦争 1754年~1763年 - フレンチ・インディアン戦争(北米植民地戦争) 1758年~1763年 - 第三次カーナティック戦争 1767年~1799年 - マイソール戦争(第一次~第四次) 1768年~1774年 - 第一次露土戦争 1775年~1783年 - アメリカ独立戦争・Category:アメリカ独立戦争・Category:アメリカ独立戦争の戦闘 1775年~1817年 - マラーター戦争(第一次~第三次) 1787年~1790年 - 第二次露土戦争 1788年~1790年 - 第一次ロシア・スウェーデン戦争 1792年~1802年 - フランス革命戦争 1798年 - アイルランド反乱 (1798年) 1801年~1900年 Category:19世紀の戦争 を参照 1801年~1805年 - 第一次バーバリ戦争 1803年~1815年 - ナポレオン戦争・Category:ナポレオン戦争・Category:ナポレオン戦争の戦闘 1807年~1814年 - スペイン独立戦争 1804年~1813年 - 第一次イラン・ロシア戦争 1808年~1809年 - 第二次ロシア・スウェーデン戦争 1809年~1825年 - ボリビア独立戦争 1810年~1821年 - メキシコ独立戦争 1812年~1814年 - 米英戦争(1812年戦争) 1814年~1816年 - グルカ戦争(ネパール戦争) 1815年 - 第二次バーバリ戦争 1820年~1823年 - スペイン内戦 (1820年-1823年)(スペイン立憲革命) 1821年~1829年 - ギリシャ独立戦争 1824年~1826年 - 第一次英緬戦争(ビルマ戦争) 1825年~1828年 - アルゼンチン・ブラジル戦争 1826年~1828年 - 第二次イラン・ロシア戦争 1836年~1839年 - ペルー・ボリビア戦争 1838年~1842年 - 第一次アフガン戦争 1839年~1851年 - 大戦争 1840年~1842年 - 阿片戦争(アヘン戦争) 1843年~1852年 - ロサス戦争 1843年~1872年 - マオリ戦争 1845年~1848年 - シク戦争(第一次・第二次) 1846年~1848年 - 米墨戦争 1848年~1850年 - 第一次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争 1850年~1865年 - 太平天国の乱 1852年~1853年 - 第二次英緬戦争 1853年~1856年 - クリミア戦争 1856年~1860年 - アロー戦争(第二次阿片戦争) 1857年~1858年 - セポイの反乱(第一次インド独立戦争) 1858年~1861年 - リソルジメント(イタリア統一戦争)・Category:リソルジメント 1859年~1863年 - 連邦戦争 1861年~1865年 - 南北戦争・Category:南北戦争・Category:南北戦争の戦闘 1863年-薩英戦争 1864年 - 第二次シュレースヴィヒ=ホルシュタイン戦争 1864年~1870年 - 三国同盟戦争(パラグアイ戦争) 1866年 - 普墺戦争 1868年~1878年 - 第一次キューバ独立戦争 (十年戦争) 1870年~1871年 - 普仏戦争 1877年~1878年 - 露土戦争 1878年~1881年 - 第二次アフガン戦争 1879年 - ズールー戦争 1879年~1884年 - 太平洋戦争(硝石戦争) 1880年~1881年 - 第一次ボーア戦争 1880年~1899年 - マフディー戦争 1884年~1885年 - 清仏戦争 1885年~1886年 - 第三次英緬戦争 1889年~1896年 - 第一次エチオピア戦争 1894年-甲午農民戦争 1894年~1895年 - 日清戦争・Category:日清戦争 1895年~1898年 - 第二次キューバ独立戦争 (キューバ独立戦争) 1896年 - イギリス・ザンジバル戦争 1897年 - 希土戦争 (1897年) 1898年 - 米西戦争 1899年~1903年 - 千日戦争 1899年~1913年 - 米比戦争 1899年~1901年 - 義和団の乱(義和団の変、北清事変、義和団事件) 1899年~1902年 - 第二次ボーア戦争(ボーア戦争) 1901年~2000年 Category:20世紀の戦争 を参照 世界大戦時代 1904年~1905年 - 日露戦争・Category:日露戦争・Category:日露戦争の戦闘 1911年~1912年 - 伊土戦争 1912年 - 第一次バルカン戦争 1913年 - 第二次バルカン戦争 1914年~1918年 - 第一次世界大戦・Category:第一次世界大戦・Category:第一次世界大戦の戦い・Category:第一次世界大戦の海戦 1918年~1919年 - ハンガリー・ルーマニア戦争 1918年~1920年 - ロシア内戦(ロシア革命・対ソ干渉戦争・シベリア出兵) 1919年~1922年 - アイルランド独立戦争 1919年~1922年 - 希土戦争 (1919年-1922年)(小アジア戦争) 1919年 - 第三次アフガン戦争(アフガニスタン独立戦争) 1920年 - ポーランド・ソビエト戦争 1921年 - コト紛争 1922年~1923年 - アイルランド内戦 1926年~1949年 - 国共内戦 1931年~1933年 - 満州事変(十五年戦争) 1932年~1938年 - チャコ戦争 1935年~1936年 - 第二次エチオピア戦争 1936年~1939年 - スペイン内戦 1937年~1945年 - 日中戦争(支那事変)・Category:日中戦争 1938年 - 張鼓峰事件 1939年 - ノモンハン事件 1939年~1945年 - 第二次世界大戦・Category:第二次世界大戦・Category:第二次世界大戦の作戦と戦い・Category:第二次世界大戦の海戦 1939年~1940年 - 冬戦争(ソ芬戦争) 1941年~1944年 - 継続戦争(第二次ソ芬戦争) 1941年~1945年 - 独ソ戦 1941年~1945年 - 太平洋戦争(大東亜戦争、アジア・太平洋戦争)・Category:太平洋戦争・Category:太平洋戦争の作戦と戦い・Category:太平洋戦争の海戦・Category:太平洋戦争の戦略爆撃 東西冷戦時代 1945年~1989年 - 冷戦・Category:冷戦 1945年~1949年 - インドネシア独立戦争 1945年~1954年 - 第一次インドシナ戦争 1946年~1949年 - ギリシャ内戦 1948年~1971年 - 印パ戦争(第一次~第三次) 1948年~1973年 - 中東戦争・Category:イスラエル・アラブ戦争 1948年 - 第一次中東戦争 1956年 - 第二次中東戦争 1967年 - 第三次中東戦争 1973年 - 第四次中東戦争 1948年~(継続) - パレスチナ紛争 1948年~(継続) - ミャンマー紛争 1949年~(継続) - 東トルキスタン紛争 1950年~1951年 - チベット紛争 1950年~1953年(事実上) - 朝鮮戦争・Category:朝鮮戦争 1954年~1962年 - アルジェリア戦争 1955年~1972年 - 第一次スーダン内戦 1956年 - ハンガリー動乱 1959年 - チベット動乱 1959年~1962年 - 中印国境紛争 1959年~1975年 - ラオス内戦 1960年~1965年 - コンゴ動乱 1960年~1996年 - グアテマラ内戦 1960年~1975年 - ベトナム戦争(第二次インドシナ戦争)・Category:ベトナム戦争 1961年 - キューバ危機 1961年 - クウェート出兵 1961年 - ゴア紛争 1961年~1962年 - 西イリアン紛争 1962年~1969年 - 北イエメン内戦 1962年~1963年 - ベネズエラの反乱 1963年~1968年 - アルジェリア・モロッコ国境紛争 1963年~1964年 - キプロス内戦 1963年~1966年 - マレーシア紛争(インドネシアのボルネオ介入) 1964年~(継続) - コロンビア紛争 1965年 - ドミニカ共和国内戦 1965年~1979年 - 南ローデシア紛争 1965年~1984年 - チャド内戦 1967年~1970年 - ビアフラ戦争 1968年 - プラハの春(チェコ事件、ソ連のチェコ介入) 1969年 - 中ソ国境紛争 1969年 - サッカー戦争 1969年~1998年 - 北アイルランド紛争 1969年~(継続) - フィリピン紛争 1970年 - ヨルダン内戦(黒い九月事件) 1971年~1992年 - カンボジア内戦 1971年~(継続) - カシミール紛争 1974年 - キプロス紛争 1975年~1989年 - ナミビア独立戦争 1975年~1990年 - レバノン内戦 1975年 - インドネシアの東ティモール侵攻 1975年~2002年 - アンゴラ内戦 1977年~1979年 - ウガンダ・タンザニア戦争 1978年~1988年 - オガデン戦争 1979年~(継続) - 西サハラ紛争 1979年 - 中越戦争 1979年~1989年 - ソビエト連邦のアフガニスタン侵攻 1979年~1990年 - ニカラグア内戦 1980年~1992年 - エルサルバドル内戦 1980年~1988年 - イラン・イラク戦争 1980年~(継続) - ペルー紛争 1982年 - フォークランド紛争(マルビーナス戦争) 1983年~2004年 - 第二次スーダン内戦 1983年 - グレナダ侵攻 1983年~2002年 - スリランカ内戦 1984年 - 中越国境紛争 1986年~1987年 - トヨタ戦争 1987年~(継続) - ブルンジ内戦 1988年~(継続) - ナゴルノ・カラバフ紛争 1989年~2001年 - アフガニスタン内戦 1989年~1992年 - 第一次南オセチア紛争 1989年 - パナマ侵攻 冷戦後 1989年~1990年 - エチオピア内戦 1989年~1996年 - リベリア内戦 1990年~1994年 - ルワンダ紛争 1990年~1991年 - 湾岸戦争・Category:湾岸戦争 1991年~2001年 - シエラレオネ紛争 1991年~2000年 - ユーゴスラビア紛争 1991年 - 十日間戦争(スロベニア独立戦争) 1991年~1995年 - クロアチア戦争 1992年~1995年 - ボスニア紛争 1999年~2000年 - コソボ紛争 2001年 - マケドニア紛争 1991年~2001年 - ジブチ内戦 1991年~(継続) - ソマリア内戦 1991年~(継続) - カザマンス紛争 1992年~(継続) - オセチア・イングーシ紛争 1992年~1994年 - アブハジア紛争 1992年~(継続) - アルジェリア紛争 1994年 - イエメン内戦 1994年~1996年 - 第一次チェチェン紛争 1995年~1998年 - ハニーシュ群島紛争 1996年〜1998年 - 第一次コンゴ戦争 1998年~2000年 - エチオピア・エリトリア国境紛争 1998年~2002年 - 第二次コンゴ戦争 1998年~2001年 - ポソ宗教戦争 1999年~2009年 - 第二次チェチェン紛争 1999年 - 東ティモール紛争 1999年 - カルギル紛争 2000年~(継続) - インドネシア紛争 2001年~ Category:21世紀の戦争 を参照 2001年~(継続) - アメリカのアフガニスタン侵攻(対テロ戦争) 2001年~(継続) - パキスタン紛争 2002年~2003年 - コートジボワール内戦 2003年 - リベリア内戦 2003年~2010年 - イラク戦争・Category:イラク戦争 2003年~(継続) - ダルフール紛争 2004年~(継続) - サリン紛争 2004年~(継続) - タイ紛争 2003年~(継続) - ワジリスタン紛争 2006年 - 東ティモール内乱 2006年 - イスラエルのガザ侵攻・レバノン侵攻 2006年 - エチオピアのソマリア侵攻 2006年~2009年 - スリランカ内戦 2008年 - 第二次南オセチア紛争(グルジア紛争) 2008年~2009年 - イスラエルのガザ紛争 2011年~(継続) - シリア内戦。 (Wikipedia:戦争一覧)

戦争論 (小林よしのり)
『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』より : 『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』(しんゴーマニズムせんげんスペシャル せんそうろん)は、小林よしのりによる日本の漫画作品。1995年9月より、雑誌『SAPIO』(小学館)に連載されている『新・ゴーマニズム宣言』の別冊版という体裁を取っている。 全3巻構成で、いずれも世代を超えて大きな反響・論争を呼んだベストセラー。内容は主に大東亜戦争(太平洋戦争)。戦争とは何か、国家とは何か。作者一流の圧倒的な迫力と説得力もあり、主に保守陣営に多大な支持を受けた反面、上杉聰や宮台真司、宮崎哲弥、吉本隆明、さらにはニューヨークタイムズ紙やル・モンド紙等、日本国外のメディアに至るまで、数多くの陣営から「歴史の書き換え」として批判された(なお『戦争論2』までは保守陣営全体に評価を受けていたが、親米派は『戦争論2』の第一章に否定的となり、続く『戦争論3』にも否定の構えを取る。 (Wikipedia:戦争論 (小林よしのり))

戦争と平和
『戦争と平和』(せんそうとへいわ、露: Война и мир)は、帝政ロシア末期の小説家レフ・トルストイの大河歴史小説。1865年から1869年にかけて雑誌『ロシア報知』(露: Русскій Вѣстникъ)で発表されたものである。サマセット・モームは『世界の十大小説』の一つに挙げている。 19世紀前半のナポレオンによるロシア遠征とその失敗、アウステルリッツの戦いやボロディノの戦いなどの歴史的背景を精緻に描写しながら、1805年から1813年にかけてあるロシア貴族の3つの一族の興亡をピエール・ベズーホフとナターシャの恋と新しい時代への目覚めを点描しながら綴った群像小説である。また登場人物の一人「ピエール・ベズーホフ」が、著者の分身と見られ、彼の没落していくロシア貴族から、大地の上で強く生き続けるロシアの農民の生き様への傾倒へと続く魂の遍歴は、著者の心の動きの反映とも言われる。 (Wikipedia:戦争と平和)

戦争捕虜
『捕虜』より : 捕虜(ほりょ, Prisoner of war, POW)とは、武力紛争(戦争、内戦等)において敵の権力内に陥った者をさす。近代以前では、民間人を捕らえた場合でも捕虜と呼んだが、現在では捕虜待遇を与えられるための資格要件は戦時国際法により「紛争当事国の軍隊の構成員及びその軍隊の一部をなす民兵隊又は義勇隊の構成員」等定められている。 第二次世界大戦以前では、公式には俘虜(ふりょ)と呼ばれた。 なお、古代中国においては、中国に攻め込んできた野蛮人(虜)を捕らえる事を捕虜と称した(例:「捕虜将軍」)。 近代国際法確立前 近代国際法が確立する前まで、かつては捕虜は捕らえた国が自由に処分しうるものであった。 捕虜は、それを勢力下に入れた勢力によって随意に扱いを受け、奴隷にされたり殺されたりした。一方、能力を認められた者は厚遇して迎え入れられることもあった。中世ヨーロッパでは相手国や領主に対し捕虜と引き換えに身代金を要求する事がよく行われた。ただし李陵(前漢の将軍)など敵方から名誉ある扱いを受ける例もあった。これは奴隷でも学のある者が重用されることがあったのと同様の現象と言える。 (Wikipedia:戦争捕虜)

戦争と人間
『戦争と人間』(せんそうとにんげん)は、1970年(昭和45年)から1973年(昭和48年)にかけて公開された3部作の日本映画である。日活製作。監督は山本薩夫。 五味川純平の同名大河小説『戦争と人間』の映画化作品で、日本映画としては同じく五味川の小説を映画化した『人間の條件』の9時間31分に次ぐ9時間23分の長さを誇る、日活製作による戦争大河超大作である。 スタッフ 監督:山本薩夫 企画:大塚和、武田靖、宮古とく子 原作:五味川純平 脚本:山田信夫(全部)、武田敦(第二部) 撮影:姫田真佐久 音楽:佐藤勝 美術:横尾嘉良(全部)、深民浩(第一・二部)、大村武(第三部) 照明:岩木保夫(第一・二部)、熊谷秀夫(第三部) 録音:古山恒夫 編集:丹治睦夫(第一・二部)、鈴木晄(第三部) 史料考証:澤地久枝(第一・二部) キャスト 伍代由介:滝沢修 伍代喬介:芦田伸介 伍代英介:高橋悦史 伍代由紀子:浅丘ルリ子 伍代俊介:中村勘九郎(第一部)→北大路欣也(第二部・第三部) 伍代順子:佐藤萬理(第一部)→吉永小百合(第二部・第三部) 柘植進太郎:高橋英樹 灰山浩一:江原真二郎 お滝:水戸光子 武居弘通:波多野憲 鴫田駒次郎:三國連太郎(第一部・第二部) 高畠正典:高橋幸治(第一部・第二部) 標耕平:吉田次昭(第一部)→山本圭(第二部・第三部) 服部達夫:加藤剛(第一部・第二部) 大塩雷太:福崎和宏(第一部)→辻萬長(第二部) 梅谷邦:廣田治美(第一部)→和泉雅子(第二部) 梅谷庄吉:山田禅二(第一部・第二部) 鴻珊子:岸田今日子(第一部・第二部) 白永祥:山本学(第一部・第二部) 徐在林:地井武男(第一部・第二部) 陣内志郎:南原宏治(第一部・第二部) 趙瑞芳:栗原小巻(第一部・第二部) 趙大福:龍岡晋(第一部・第二部) 趙延年:岩崎信忠(第一部・第二部) 石原莞爾中佐→大佐:山内明(第一部・第二部) 板垣征四郎大佐→少将→中将:藤岡重慶 ナレーター:鈴木瑞穂 第一部 篠崎書記官:石原裕次郎 矢次憔夫:二谷英明 矢次僚子:三条泰子 不破学医師:田村高廣 高畠素子:松原智恵子 大頭目:丹波哲郎 標拓郎:伊藤孝雄 佐川少佐(参謀本部員):青木義朗 市来善兵衛:清水将夫 市来真吾:簗正昭 河本大作大佐(関東軍高級参謀):中谷一郎 村岡長太郎関東軍司令官:小山源喜 劉:大滝秀治 大塩巡査:福山象三 森島守人総領事代理:滝田裕介 田伏ふさ(旅館女将):関京子 梅谷庄吉の妻:新井麗子 真木信三郎:杉江広太郎 花谷大尉(関東軍作戦参謀):佐藤京一 荒木五郎(特務機関員):井上昭文 山川(拓郎の仲間):梅野泰靖 戸越ユキ:吉永倫子 李(抗日遊撃隊):坂口芳貞 建川美次陸軍武官:大塚弘 張作霖:落合義雄 小島巡査:長弘 若い女中(伍代家):秋とも子 陸軍学校教官:渡辺晃三 呉(張作霖幕僚):寄山弘 常(張作霖幕僚):島村謙次 関東軍参謀:垂水悟郎 関東軍将校:北九州男、高橋明 満州浪人(壮士風の男):河野弘 満州青年連盟の男:浜田晃 大頭目の手下:榎木兵衛、晴海勇三 屋台の客(失業者):福原秀雄 中国の大道芸人:青木富夫 旅館の女中:高山千草 伍代家のパーティーの客:伊丹慶治 その他:桂小かん,大橋芳江、隅田和世、若原初子ほか 第二部 狩野市郎:西村晃 狩野温子:佐久間良子 全明福:木村夏江 戸越ユキ:吉永倫子 朴:井川比佐志 イワーノフ:大月ウルフ 相沢三郎中佐:玉川伊佐男 梁思生:前田昌明 島津:斉藤真 李(抗日遊撃隊):坂口芳貞 武藤章中佐(関東軍作戦課長):藤田啓而 満州航空運行部長:相原巨典 張学良国民党政府副司令:久野征四郎 防人会の男:後藤陽吉、久遠利三 伍代本社総務部長:弘松三郎 甘栗売り:石津康彦 車夫:高原駿雄 特高課長:高城淳一 特高刑事:草薙幸二郎、内田稔、玉村駿太郎、高橋明 看守:牧野義介 佐官将校:深江章喜 女衒:浅若芳太郎 工場の男:桂小かん、浜口竜哉 抗日遊撃隊の男:榎木兵衛 芸者:五月由美(ノンクレジット) その他:中津川衛、木島一郎、雪丘恵介、千賀拓夫、晴海勇三、鈴村益代ほか 第三部 雨宮公一郎:加藤嘉 苫:夏純子 苫の父:藤原釜足 苫の母:田中筆子 田島編集長:鈴木瑞穂 佐藤賢了中佐(軍務課員):吉原正皓 辻政信中佐(関東軍参謀):山本麟一 岩畔豪雄大佐:長弘 稲田正純中佐:高橋明 東條英機中将(陸軍次官):井上正彦 植田謙吉大将:荻原実次郎 磯谷廉介中将:和沢昌治 矢野音二郎少将:岡林三郎(ノンクレジット) 寺田大佐:神部作蔵(ノンクレジット) 服部卓四郎中佐:百良雄(ノンクレジット) 片倉衷中佐:手塚実(ノンクレジット) 島貫武治少佐:石井弘三(ノンクレジット) 小松原師団長:陶隆(ノンクレジット) 荻洲軍司令官:久遠利三 従軍看護婦:二條朱美 女給:絵沢萌子 女子学生:片桐夕子 伍代満州支社長秘書:山科ゆり 女工:高山千草 将校:加地健太郎 関東軍参謀:渡部猛 東京の憲兵:田村貫、上田耕一 憲兵:柄沢英二 サイドカーの少佐:原田清人 古参上等兵:井上博一、清水幹生 初年兵:粟津號 辻参謀関東軍の従卒:畠山麦 星野二郎:小林尚臣 伍代満州支社員:三上剛 特高刑事:下川辰平 その他:西島悌四郎、笠井一彦、倉田地三、田村錦人、市川亜矢子ほか 作品解説 物語は、1928年(昭和3年)の張作霖爆殺事件前夜から1939年(昭和14年)のノモンハン事件までを背景に、様々の層の人間の生き様から死に様までを描いている。 (Wikipedia:戦争と人間)

戦争を知らない子供たち (楽曲)
Name 戦争を知らない子供たち
Artist ジローズ
Album
A-side
B-side
Released 1971年2月5日
Format シングル
Recorded
Genre フォークソング フォーク
Length
Label EMIミュージック・ジャパン 東芝音楽工業
Writer
Producer
Certification
Chart position *11位(オリコンチャート オリコン)
Last single
This single 戦争を知らない子供たち(1972年)
Next single 青春のわかれ道(1972年)
(Wikipedia:戦争を知らない子供たち (楽曲))

戦争論 (クラウゼヴィッツ)
『戦争論』(せんそうろん、”Vom Kriege”)はプロイセンの陸軍将校・軍事理論家、カール・フィーリプ・ゴットリープ・フォン・クラウゼヴィッツの著書。未完であったが、死後、夫人マリーが遺稿を編集して出版した。
近代国民国家における戦争の本質を鋭く突いた古典的名著として、普遍的な価値をもつ書籍として知られる。『戦争論』は、ドイツ観念論的な思考形態に影響を受けており、そのことが同時代の他の戦争について触れた書籍とは一線を画している。これが、現在においても広く読まれるに足る論理的土台となっている。
「戦争とは他の手段をもってする政治の継続である」という言は、クラウゼヴィッツの主張として引用されるが、かの主張はクラウゼヴィッツの主張の本質の一端を突いてはいるものの、必ずしもあらゆる戦争の本質について述べているものではない。ここで注意しなくてはならないのは、この書籍が始まったばかりの国民国家時代における戦争の原初的形態が現れ始めた時期に描かれたものであり、この時期に表出した「戦争」現象を描き出したものが、『戦争論』である。そのため、本書の叙述では、同時代的な軍事問題についての叙述を多く含み、それ以前の戦争、戦史研究を広範な社会全体と関連させて論じることにより、戦争そのものの本質を描き出そうとしている。現在、重要視されるのは、第一章と第八章であり、戦争の本質についての分析は、出版から170年近く経った現在でも高く評価されている。「孫子」と対比されることが多いが、抽象性、観念論的な概念的な理解を中心とするクラウゼヴィッツの手法が、現在の政治学、安全保障、軍事、戦争研究においても幅広くその価値を認められる原因であり、その点「兵法書」のたぐいである孫子とは大きく異なる。
(Wikipedia:戦争論 (クラウゼヴィッツ))

戦争レクイエム
『戦争レクイエム』(せんそうレクイエム、War Requiem)は、ベンジャミン・ブリテンの作曲したレクイエム(死者のためのミサ曲)である。ブリテンの代表作として筆頭に上げられる。戦後最大のレクイエムで彼の集大成とも言えるこの作品は、単に第二次世界大戦の犠牲者のためのレクイエムではなく、かと言って通常の教会音楽でもない。 ブリテンはこの曲のスコア冒頭に次のような、詩人ウィルフレッド・オーウェンの一節を書き記している。 私の主題は戦争であり、戦争の悲しみである。詩はその悲しみの中にある。詩人の為しうる全てとは、警告を与えることにある。 この文は「戦争レクイエム」の持つ性格を端的に現しているだけでなく、戦争を二度と繰り返さない為の作者の深い祈りがこもっている。ブリテン自身平和主義者で第二次世界大戦の兵役を拒否してアメリカに滞在したために、戦後イギリスに戻っても英国王室から「サー」の称号を貰えなかった唯一の著名なイギリスの作曲家である。 (Wikipedia:戦争レクイエム)

戦争の犬たち
『戦争の犬たち』(”The Dogs of War”、1974年)はイギリスの作家フレデリック・フォーサイスの軍事、経済小説で、プラチナ鉱山の利権を狙ってアフリカの小国にクーデターをしかける資産家と傭兵達の陰謀を描いている。
題材となったクーデターは、フレデリック・フォーサイス フォーサイスの項目で述べているように、彼が参画した赤道ギニア共和国に対する実際のクーデターに基づいているといわれている。作品中に出てくる将軍はビアフラ共和国のオジェク将軍がモデルであり、ジャーナリスト時代にビアフラ戦争の取材を行い『ビアフラ物語』を執筆したフォーサイスはビアフラに同情的であった。
タイトルの「戦争の犬たち」は原題(Dogs of War)の直訳だが、これはシェークスピアの作品『ジュリアス・シーザー (シェイクスピア) ジュリアス・シーザー』の中の「戦争の犬を解き放て(let slip the dogs of War)」の台詞を引用したもので、日本語の語感からくる「金のために資産家の犬として働く戦争屋」のようなニュアンスはなく、むしろ作品中において傭兵は好意的に描かれている(優れた猟犬というようなイメージであろう)。
(Wikipedia:戦争の犬たち)

戦争のはらわた
『戦争のはらわた』(原題: Cross of Iron)は、1977年に制作されたイギリス・西ドイツ合作の戦争映画。サム・ペキンパー監督作品、上映時間133分。 原題の『Cross of Iron』は、ドイツ軍の鉄十字勲章のことである。 ペキンパー作品の特徴であるバイオレンス描写とスローモーション撮影は、観客はおろか映画制作者にも衝撃を与えた。日本公開時のキャッチコピーは「戦争は最高のバイオレンスだ」。 また、視点がドイツ軍側になっていることも、それまでの連合軍側視点中心の戦争映画と一線を画する。 ストーリー 第二次世界大戦の東部戦線、クリミア半島東隣のタマン半島でソビエト軍と対峙しているドイツ軍のクバン橋頭堡。そこに西部戦線のフランスから、シュトランスキー大尉が志願して着任してきた。プロイセン貴族であるシュトランスキーは名誉欲が強い男で、鉄十字勲章に執着していた。そんな彼は、上司であるブラント大佐や同僚のキーゼル大尉らの信任の厚い小隊長、シュタイナー軍曹とソ連軍少年兵捕虜の扱いや行方不明となった部下の捜索をめぐり対立し、うとましく思う。 (Wikipedia:戦争のはらわた)

戦争賠償金
戦争賠償(せんそうばいしょう、戦時賠償とも)は、戦争で生じた損害の賠償として、ある国が他の国へ金品や資産を提供すること。 多くの場合賠償金の形を取る。通常、戦争賠償が支払われるのは敗戦国から戦勝国に対してのみであり、逆の例は少ない。賠償する対象は戦勝国の費やした戦費も含まれ、戦争法規違反には限らない。よく似た概念語として「戦後補償」があるが、一般に戦争賠償は国家間、戦後補償は国家対個人の賠償・補償を指す場合に使われる。 第二次世界大戦を例にとるならば、日本の場合は国家間の戦争賠償、ドイツの場合は国家対個人の戦後補償にも応じている(ただしドイツの公式な立場は「個人が戦争で受けた被害を自国政府以外に請求することはできない」というものであり、ドイツ国民以外の戦争被害の請求は認めていない)。ドイツの個人に対する賠償の場合は、敗戦国であっても戦勝国に対し自国民が受けた被害(戦勝国内や独立国内に遺棄されたインフラや資産など)に対する賠償を請求し実際に賠償がなされたことがあり、この点は敗戦国にのみ負担が偏るという賠償に対する批判に類しない。 (Wikipedia:戦争賠償金)

戦争画
田中日佐夫の分類によると戦争画とは、次の4つに分類できるという。
戦争自体、またその前後や個々の事物の情景を描いたもの
題材となる戦争があった後の時代に描かれた「歴史画」ともいえるもの
戦争につながる神話・伝説や象徴的事物を描いたもの
戦争に対する画家個人の思いや考えを描いたもの
1937年の日中戦争勃発後、1938年4月には「支那事変海軍従軍画家スケッチ展」が開催。同年6月には陸軍省が大日本陸軍従軍画家協会を結成、陸海軍省は戦地へ従軍画家を派遣する。現地部隊とともに行動する従軍画家には鶴田吾郎、小磯良平、藤田嗣治、宮本三郎、中村研一、山田新一ら多くの画家がいた。同年7月「支那事変勃発一周年記念陸軍従軍画家スケッチ展」が開催される。
(Wikipedia:戦争画)

戦争漫画
戦争漫画(せんそうまんが)は、戦争を主な題材とした漫画のこと。実際にあった戦争を題材にし、ある程度の史実性を盛り込んだものは戦記漫画(せんきまんが)と呼ばれる。1960年代には第二次世界大戦をモチーフにした戦記漫画がブームになった。 未来世界や異世界、宇宙を舞台とした戦争などはSFやファンタジーに分類されるため、戦争漫画と呼ばれることはない。また、実在の人物や偉人の生涯を描いた作品は、歴史漫画に分類されるが、戦略や戦術を中心に描かれた作品である場合、戦争漫画と呼ばれることもある。また、架空の戦争を描いた作品は架空戦記漫画と呼ばれる。史実に基づいた戦争漫画であっても、作者なりの新しい解釈やフィクション要素を取り入れた作品も存在する。特に「三国志」、「織田信長を中心とした戦国時代」、「第二次世界大戦」というテーマを扱った漫画は非常に多く、それぞれの作者によって様々な視点で描かれる。 年代での特徴 古代・中世の戦争を舞台とした作品の場合、攻城戦や野戦が舞台になるケースが多い。 (Wikipedia:戦争漫画)

戦争法
『戦時国際法』より : 戦争法(せんそうほう) 戦争に関する国際法。「戦時国際法」、「武力紛争法」、あるいは「国際人道法」とも。 日本における「戦争法案」の議論において、特定の平和安全法制に反対する立場から、その法案、ないし、成立後の法に言及する表現。 脚注 ==。 (Wikipedia:戦争法)

戦争法規
『戦時国際法』より : 戦時国際法(せんじこくさいほう、Jus in Bello、英: Law of War)は、戦争状態においてもあらゆる軍事組織が遵守するべき義務を明文化した国際法であり、狭義には交戦法規を指す。戦争法、戦時法とも言う。ただし現代では国際連合憲章により法的には「戦争」が存在しないため、武力紛争法、国際人道法(英: International humanitarian law, IHL)とも呼ばれる。ここでは戦時国際法という用語を用いる。戦時国際法は、戦時のみに適用されるわけではなく、宣戦布告のされていない状態での軍事衝突であっても、あらゆる軍事組織に対し適用されるものである。 武力行使に訴える権利および手続を規制する国際法をユス・アド・ベルム(jus ad bellum 開戦法規、法的規制)、武力紛争において当事国の行動を規制する国際法をユス・イン・ベロ(jus in bello 交戦法規、武力紛争法規)と呼ぶ。 (Wikipedia:戦争法規)


戦争 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

戦争 - アマゾン検索


「戦争」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す