[PR]

日別キーワード

第18位  人民元 - 2019年01月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



人民元
人民元(じんみんげん)は、中華人民共和国の中央銀行である中国人民銀行が発行している通貨である人民币(人民幣、じんみんへい、Rénmínbì、レンミンビィ)のことである。略号はRMB、またはISO 4217での通貨コードのCNY。通貨数量の前に¥(円記号)を用いる。なお、香港とマカオでは、それぞれ独自の通貨単位である香港ドルおよびマカオ・パタカが発行されている。 実際に発行・流通する紙幣には、「圆」と単位表記されている。「圆」には、発音が同じ「yuán」で画数の少ない「元」をあてるのが習慣となっているため、「人民元」と呼ばれる。 また中国語では、貨幣の単位を話し言葉と書き言葉とで使い分け、口語では「元」を「块(塊):クァイ」と呼ぶ。「塊」はもともと銀塊が通貨として使われたことに由来する。 「元」の補助単位は「角」、「分」が使われ、1元=10角=100分である。「角」は、口語では「毛」であり、少ない数量を示す「毫」が「毛」と略されたものである。広東語では今も毫と呼び、香港とマカオでは公式通貨単位となっている。 (Wikipedia:人民元)

人民元改革
人民元改革(じんみんげんかいかく)とは、中国の通貨である人民元を2005年7月より管理フロート制(管理変動相場制)へ移行し、同時に通貨バスケット制を導入した事をいう。変動相場制を採り入れる事で通貨の価値が事実上上がるとの観測から、人民元切り上げとも呼ばれる。 2005年7月21日に中国人民銀行により発表され、同日午後7時より実施された人民元の切り上げは、温家宝首相が2005年3月の全国人民代表大会の閉幕後の記者会見において「いつ、どんなやり方をするかは意表をつく事になる。」と明言していたものであった。また、温家宝首相は2005年6月に天津で開催されたアジア欧州会合(ASEM)財務相会議において、中国自身によって決断する「主体性」、為替の乱高下防止のための「制御可能性」、改革を徐々に進める「漸進性」、という人民元改革の3原則を表明しており、それに合致する形での改革に至った。 (Wikipedia:人民元改革)

人民元切り上げ
『人民元改革』より : 人民元改革(じんみんげんかいかく)とは、中国の通貨である人民元を2005年7月より管理フロート制(管理変動相場制)へ移行し、同時に通貨バスケット制を導入した事をいう。変動相場制を採り入れる事で通貨の価値が事実上上がるとの観測から、人民元切り上げとも呼ばれる。 2005年7月21日に中国人民銀行により発表され、同日午後7時より実施された人民元の切り上げは、温家宝首相が2005年3月の全国人民代表大会の閉幕後の記者会見において「いつ、どんなやり方をするかは意表をつく事になる。」と明言していたものであった。また、温家宝首相は2005年6月に天津で開催されたアジア欧州会合(ASEM)財務相会議において、中国自身によって決断する「主体性」、為替の乱高下防止のための「制御可能性」、改革を徐々に進める「漸進性」、という人民元改革の3原則を表明しており、それに合致する形での改革に至った。 (Wikipedia:人民元切り上げ)


人民元 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

人民元 - アマゾン検索


「人民元」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す