[PR]

日別キーワード

第42位  ガレット・デ・ロワ - 2019年01月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



ガレット・デ・ロワ
ガレット・デ・ロワ(仏: galette des rois)は、公現祭の日に食べるフランスの菓子である。ここでは公現祭に食べる各地の類似した菓子についても述べる。 フランスの地方ごとに少しずつ異なるが、最も一般的なものは紙の王冠がのった折りパイにフランジパーヌ(アーモンドクリーム)が入ったパイ菓子で、中にフェーヴ(fève、ソラマメの意)と呼ばれる陶製の小さな人形が一つ入っている。公現節(1月6日)に家族で切り分けて食べ、フェーヴが当たった人は王冠を被り、祝福を受け、幸運が1年間継続するといわれる。名称の「ロワ」(王たち)とはフランス語で「ロワ・マージュ」(rois mages)と呼ばれる東方の三博士のことである。 ロワール川以南ではブリオッシュ生地で作るガトー・デ・ロワ(gâteau des rois)またはブリオッシュ・デ・ロワが好まれる。プロヴァンスやラングドックのガトー・デ・ロワはロワイヨームと呼ばれ、レモンピールで香りをつけた王冠の形をしている。 (Wikipedia:ガレット・デ・ロワ)


ガレット・デ・ロワ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ガレット・デ・ロワ - アマゾン検索


「ガレット・デ・ロワ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す