[PR]

日別キーワード

第43位  キネマ旬報 - 2019年01月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



キネマ旬報
『キネマ旬報』(キネマじゅんぽう)は、キネマ旬報社が発行する映画雑誌である。1919年7月創刊。毎月5日・20日刊行。通称「キネ旬」。 1919年7月に東京高等工業学校(現・東京工業大学)の田中三郎ら学生4人が、アート紙4ページ、毎月1日、11日、21日発行の外国映画専門誌として発刊。1923年9月に発生した関東大震災により社屋が壊滅したが、兵庫県芦屋市や西宮市香櫨園などの阪神間に編集拠点を移して刊行を続けた。このため出版業を通じて阪神間モダニズムの一翼を担うことになる。 1940年12月をもって戦時統制を理由に終刊。しかし1946年3月に「再建」し、1950年10月に復刊。以降毎月2回(5日・20日)発行の体裁で現在に至る。 巻末の新作映画紹介は詳細なスタッフ、キャスト表に加え大部分はストーリーの結末まで記されており、刊行期間の長さと相まって巨大なデータベースとなっている。1990年代にSSコミュニケーションズとNECアベニューの提携で集中電子化が行われ、CD-ROM販売されたこともあるが、現在は一部がGooなどでネットワーク提供されている。 (Wikipedia:キネマ旬報)

キネマ旬報ベストテン
『キネマ旬報』より : 『キネマ旬報』(キネマじゅんぽう)は、キネマ旬報社が発行する映画雑誌である。1919年7月創刊。毎月5日・20日刊行。通称「キネ旬」。 1919年7月に東京高等工業学校(現・東京工業大学)の田中三郎ら学生4人が、アート紙4ページ、毎月1日、11日、21日発行の外国映画専門誌として発刊。1923年9月に発生した関東大震災により社屋が壊滅したが、兵庫県芦屋市や西宮市香櫨園などの阪神間に編集拠点を移して刊行を続けた。このため出版業を通じて阪神間モダニズムの一翼を担うことになる。 1940年12月をもって戦時統制を理由に終刊。しかし1946年3月に「再建」し、1950年10月に復刊。以降毎月2回(5日・20日)発行の体裁で現在に至る。 巻末の新作映画紹介は詳細なスタッフ、キャスト表に加え大部分はストーリーの結末まで記されており、刊行期間の長さと相まって巨大なデータベースとなっている。1990年代にSSコミュニケーションズとNECアベニューの提携で集中電子化が行われ、CD-ROM販売されたこともあるが、現在は一部がGooなどでネットワーク提供されている。 (Wikipedia:キネマ旬報ベストテン)

キネマ旬報社
株式会社キネマ旬報社(キネマじゅんぽうしゃ)は、日本の出版社。『キネマ旬報』をはじめとして、数々の映画業界関連、映像エンタテインメント関連の雑誌・ムック・書籍を発行している。 2008年1月、親会社で業界誌『ビデオ・インサイダー・ジャパン』、『DVDナビゲーター』を発行するフットノート(映画配給会社ギャガ・コミュニケーションズの出版事業部が前身/沿革を参照)と合併した。 沿革 1919年 - 『キネマ旬報』創刊。 1923年 - キネマ旬報社創立。 1987年 - ギャガ・コミュニケーションズ出版事業部発足。『ビデオ・インサイダー・ジャパン』発刊。 1991年 - キネマ旬報社の全株式をセゾングループが取得し、同グループ傘下の「SSコミュニケーションズ」の子会社となる。 1997年11月 - 株式会社カミングスーン・ティービー設立。 2000年6月 - ギャガ・コミュニケーションズ出版事業部分社化、株式会社ギャガ・パブリッシング設立。 2000年9月 - ギャガ・パブリッシング、『DVDナビゲーター』発刊。 (Wikipedia:キネマ旬報社)

キネマ旬報ベスト・テン
『』より : (Wikipedia:キネマ旬報ベスト・テン)


キネマ旬報 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

キネマ旬報 - アマゾン検索


「キネマ旬報」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す