[PR]

日別キーワード

第45位  クリケット - 2019年01月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



クリケット
クリケット(英: cricket、英語発音: [ˈkrikit] )は、フィールド上1チーム11名の2チームによって半径70メートルほどの広大なフィールド(クリケットではオーヴァル:oval と呼ばれる)で行われるバットとボールを用いるスポーツである。 解説 クリケットの試合を行うフィールドの中央には長さ22ヤードの長方形のピッチがある。一方のチームは打ち (bat)、出来るだけ多くのラン(点)を得ようと試み、もう一方のチームはボールを投げ (bowl) ・守備を行い (field)、打者(バッツマン)をアウトにし相手チームの得点を抑えようと試みる。得点(ラン)は打者がボールをバットで打ち、ピッチの反対側の端に走り、アウトになることなくクリースに触れることで加算される。イニングが終わると攻撃と守備を交代する。 クリケットは全面芝のフィールドでプレイされ、試合中にはティータイムもある。その優雅な雰囲気から、別名「紳士のスポーツ」といわれる。イギリスでは上流階級がたしなむスポーツとされており、イートンなどの名門校の体育ではクリケットは必修種目とされている。 (Wikipedia:クリケット)

クリケット・ワールドカップ
ICCクリケット・ワールドカップ(ICC Cricket World Cup)は、国際クリケット評議会(ICC)が主催する、ナショナルチームによるクリケットの世界選手権である。試合形式はワン・デイ・インターナショナル(ODI)。 1975年に第1回大会が行われて以来、4年に1度開催されている。2015年の第11回大会には14チームが参加し、オーストラリアが優勝した。最多優勝はオーストラリアの5度である。 参加資格 ワン・デイ・インターナショナル公式参加資格(ODIステータス)を永久的に持つナショナルチーム10か国は、予選を免除され本大会から出場する。そのほか、予選を勝ち抜いた国々がワールドカップに参加出来る。 予選免除国は以下の通り。()内はODIステータス取得年: オーストラリアの旗 オーストラリア(1971年) イングランドの旗 イングランド(1971年) ニュージーランドの旗 ニュージーランド(1973年) パキスタンの旗 パキスタン(1973年) 西インド諸島の旗 西インド諸島(1973年) インドの旗 インド(1974年) スリランカの旗 スリランカ(1975年) ジンバブエの旗 ジンバブエ(1983年) バングラデシュの旗 バングラデシュ(1986年) 南アフリカ共和国の旗 南アフリカ共和国(1991年)このうち2015年大会まで全10大会に出場したのは、イングランド、オーストラリア、ニュージーランド、西インド諸島、インド、パキスタン、スリランカの7か国である。 (Wikipedia:クリケット・ワールドカップ)

クリケット (曖昧さ回避)
クリケット(英: cricket) クリケット - 半径100メートルほどの広大なフィールドで行われる野球に似た球技。 ヴァルカン・クリケット - 腕時計の商品名。 コオロギ クリケット (ダーツ) - ダーツのゲーム。 アダルトゲームのブランドのMarron作品オンリーの同人誌即売会。 アメリカ合衆国の携帯電話事業者。 (Wikipedia:クリケット (曖昧さ回避))


クリケット - 関連ブログ

データが取得できませんでした

クリケット - アマゾン検索


「クリケット」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す