[PR]

日別キーワード

第54位  ソクラテス - 2019年01月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



ソクラテス
ソクラテス(希:Σωκράτης、紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日)は、古代ギリシアの哲学者である。長母音を発音するならソークラテース。妻は、悪妻として知られる、クサンティッペ。 ソクラテス自身は著述を行っていないので、その思想は弟子の哲学者プラトンやクセノポン、アリストテレスなどの著作を通じ知られる。 生涯 生い立ち 父は彫刻家ないし石工のソプロニスコス、母は助産婦のパイナレテとされる。アテナイに生まれ、生涯のほとんどをアテナイに暮らした。彼はペロポネソス戦争において、アテナイの植民地における反乱鎮圧としてのポテイダイア攻囲戦、ボイオティア連邦との大会戦デリオンの戦いで重装歩兵として従軍した(アルキビアデスは騎兵として参加、当時の回想が『饗宴』に書かれている)。青年期には自然科学に興味を持ったとの説もあるが、晩年は倫理や徳を追求する哲学者としての生活に専念した。 思想形成 プラトンの『ソクラテスの弁明』においてソクラテスが語ったところによると、彼独特の思想・スタイルが形成されるに至った直接のきっかけは、彼の弟子のカイレフォンが、デルポイにあるアポロンの神託所において、巫女に「ソクラテス以上の賢者はあるか」と尋ねてみたところ、「ソクラテス以上の賢者は一人もない」と答えられたことにある。 (Wikipedia:ソクラテス)

ソクラテスの思い出
ソクラテスの思い出(Memorabilia、Apomnemoneumata、Recollections、Memoirsなど)は、クセノポンによるソクラテスに関する根本文献で、その哲学活動のもっとも長い記述がある。 成立 師ソクラテスの弁明に対する擁護をするのではなく、その抵抗を説明しているクセノポンによるソクラテスの弁明や、プラトンによるソクラテスの弁明より以前に書かれたソクラテスに関する弁明の書である。レウクトラの戦いでスパルタが敗北したことが仮定されている記述があることから、完成したのは早くとも紀元前371年であると考えられる。 内容 形式的に大きく4つの部に分けられ、最初の第一部においてソクラテスへの非難に対する直接的な弁明を行う。この節では、広く流布していたソクラテスへの形式的な非難に関する議論をするのみならず、ソクラテスへの政治的な非難に対しても弁明を行っている。そこには、クセノポンやプラトンによる『ソクラテスの弁明』においては取り上げられていない、ソクラテスがアルキビアデスやクリティアスを堕落させたという非難や、若者に民主主義を軽蔑させたという非難が含まれている。 (Wikipedia:ソクラテスの思い出)

ソクラテス以前の哲学者
ソクラテス以前の哲学者(ソクラテスいぜんのてつがくしゃ)は、ソクラテス以前の初期ギリシア(紀元前6世紀から前4世紀)の哲学者のことである。 しかしソクラテス以前には「哲学」という概念はなく、彼らを哲学者と表記するには異議が多いため、しばしば独語を用いてフォアゾクラティカーVorsokratiker ともいう。 代表的人物 タレス アナクシマンドロス ピタゴラス ヘラクレイトス パルメニデス、クセノパネス、そしてその他エレア派の哲学者たち レウキッポスとデモクリトス(原子論者) プロタゴラスとソフィストデモクリトスとソフィストはソクラテスと同時代人であるが慣例としてソクラテス以前の哲学者に含める。 活動期と地域 活動期は紀元前7世紀末から前5世紀までおよそ2世紀に渡り、場所はイオニアからマグナ・グレキア(大ギリシャ)に及ぶ。バルカン半島の南端ヘラスの地に南下してきたドーリス族によって、この地に先住していたアカイア族が押し出され、エーゲ海の対岸のイオニアや、マグナ・グレキアに移住していき、その地で初期のギリシア文化が形成された。 (Wikipedia:ソクラテス以前の哲学者)

ソクラテス以前
『ソクラテス以前の哲学者』より : ソクラテス以前の哲学者(ソクラテスいぜんのてつがくしゃ)は、ソクラテス以前の初期ギリシア(紀元前6世紀から前4世紀)の哲学者のことである。 しかしソクラテス以前には「哲学」という概念はなく、彼らを哲学者と表記するには異議が多いため、しばしば独語を用いてフォアゾクラティカーVorsokratiker ともいう。 代表的人物 タレス アナクシマンドロス ピタゴラス ヘラクレイトス パルメニデス、クセノパネス、そしてその他エレア派の哲学者たち レウキッポスとデモクリトス(原子論者) プロタゴラスとソフィストデモクリトスとソフィストはソクラテスと同時代人であるが慣例としてソクラテス以前の哲学者に含める。 活動期と地域 活動期は紀元前7世紀末から前5世紀までおよそ2世紀に渡り、場所はイオニアからマグナ・グレキア(大ギリシャ)に及ぶ。バルカン半島の南端ヘラスの地に南下してきたドーリス族によって、この地に先住していたアカイア族が押し出され、エーゲ海の対岸のイオニアや、マグナ・グレキアに移住していき、その地で初期のギリシア文化が形成された。 (Wikipedia:ソクラテス以前)

ソクラテス (サッカー選手)
ソクラテス・ブラジレイロ・サンパイオ・ジ・ソウザ・ヴィエイラ・ジ・オリヴェイラ(ポルトガル語: Sócrates Brasileiro Sampaio de Souza Vieira de Oliveira、 1954年2月19日 - 2011年12月4日)は、ブラジル出身の元サッカー選手。元ブラジル代表。1983年には南米年間最優秀選手賞に選出され、2004年にはペレによってFIFA 100に選出された。実弟のライーもサッカー選手であり、ブラジル代表として1994 FIFAワールドカップで優勝した。 父親がギリシャ哲学の崇拝者であったためにソクラテスと名付けられた。プロサッカー選手としては珍しく医師免許を持ち、ドトール(ポルトガル語: Doutor、医師の意味)の愛称で呼ばれた。 クラブ ベレンに生まれた。16歳でボタフォゴ-SPの下部組織に入団したが、下部組織入団の翌年にサンパウロ大学のリベイラオプレト医学校に入学し、サッカーより学業を優先して練習にはほとんど参加しなかった。 (Wikipedia:ソクラテス (サッカー選手))

ソクラテスの弁明
『ソクラテスの弁明』(ソクラテスのべんめい、古希: Ἀπολογία Σωκράτους、羅: Apologia Socratis、英: Apology of Socrates)は、プラトンが著した初期対話篇。単に、『弁明』(古希: Ἀπολογία、羅: Apologia、英: Apology)とも。 歴史的背景 ペロポネソス戦争でアテナイがスパルタに敗北後の紀元前404年、アテナイでは親スパルタの三十人政権が成立し恐怖政治が行われた。三十人政権は一年程度の短期間で崩壊したが、代わって国の主導権を奪還した民主派勢力の中には、ペロポネソス戦争敗戦や三十人政権の惨禍を招いた原因・責任追及の一環として、ソフィスト・哲学者等の「異分子」を糾弾・排除する動きがあった。 ペロポネソス戦争において致命的な働きをしたアルキビアデスや、三十人政権の主導者であったクリティアス等と付き合いがあり、彼らを教育した師であるとみなされていたソクラテスも、その糾弾・排除対象の一人とされた。 (Wikipedia:ソクラテスの弁明)


ソクラテス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ソクラテス - アマゾン検索


「ソクラテス」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す