[PR]

日別キーワード

第56位  マルセル・デュシャン - 2019年01月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



マルセル・デュシャン
マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp、1887年7月28日 - 1968年10月2日)は、フランス生まれの美術家。20世紀美術に決定的な影響を残した。画家として出発したが、油彩画の制作は1910年代前半に放棄した。チェスの名手としても知られた。ローズ・セラヴィ(Rrose Sélavy)という名義を使ったこともある。2人の兄、ジャック・ヴィヨン(Jacques Villon, 1875年 - 1963年)とレイモン・デュシャン=ヴィヨン(Raymond Duchamp-Villon, 1876年 - 1919年)も美術家。1955年にアメリカに帰化した。 概論 デュシャンはニューヨーク・ダダの中心的人物と見なされ、20世紀の美術に最も影響を与えた作家の一人と言われる。コンセプチュアル・アート、オプ・アートなど現代美術の先駆けとも見なされる作品を手がけた。 デュシャンが他の巨匠たちと異なるのは、30歳代半ば以降の後半生にはほとんど作品らしい作品を残していないことである。 (Wikipedia:マルセル・デュシャン)


マルセル・デュシャン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

マルセル・デュシャン - アマゾン検索


「マルセル・デュシャン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す