[PR]

日別キーワード

第96位  師範学校 - 2019年01月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



師範学校
日本における師範学校(-しはんがっこう、英語: normal school)とは、教員を養成する学校であり、戦前の日本および日本の植民地に存在した、初等・中等学校教員の養成(師範教育)を目的とした中等・高等教育機関とされ、教員養成機関のひとつ。 1872年(明治5年)9月からの約1年間、「師範学校」は東京に設置された日本初の教員養成機関(後の東京高等師範学校。東京教育大学を経た現在の筑波大学の前身)の固有名称であった。これが1873年(明治6年)8月に他の6大学区での官立師範学校設立に伴い「東京師範学校」と改称したため、以降「師範学校」は教員養成機関の総称となった。 終了までの年限は高等小学校卒業後4年(後に5年)、中等教育課程(旧制中学校等)修了者は1年(後に2年)。 師範学校は、卒業後教職に就くことを前提に授業料がかからないのみならず生活も保障されたので、優秀でも貧しい家の子弟への救済策の役割も果たしていた。 (Wikipedia:師範学校)

師範学校令
師範学校令(しはんがっこうれい、明治19年4月10日勅令第15号)とは1886年(明治19年)4月10日に公布された勅令であり、いわゆる「学校令」の一つである。教員を養成する学校(師範学校)に関して定めている。 公布 1886年(明治19年)4月10日(明治19年勅令第13号) 総理大臣:伊藤博文(第1次伊藤内閣)/文部大臣:森有礼 同日に小学校令(明治19年勅令第14号)・中学校令(明治19年勅令第15号)も公布された。ポイント師範学校を高等師範学校と尋常師範学校の2種類に分ける。 高等師範学校 東京に1箇所設置しなければならない。 これに伴い、東京師範学校が東京高等師範学校(筑波大学の前身)となり、東京女子師範学校が東京高等師範学校の女子師範学科となる。なお、師範学校令公布の4年後1890年(明治23年)に女子師範学科は分離し「女子高等師範学校」(お茶の水女子大学の前身)として独立した。 経費は国庫から支払われる。 生徒は卒業後、原則として尋常師範学校の校長および教員に任命される。 尋常師範学校 各府県に1箇所設置しなければならない。 (Wikipedia:師範学校令)


師範学校 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

師範学校 - アマゾン検索


「師範学校」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す