[PR]

日別キーワード

第99位  糸井重里 - 2019年01月07日


関連するイメージは見つかりませんでした



糸井重里
糸井 重里(いとい しげさと、1948年11月10日 - )は、日本のコピーライター、エッセイスト、タレント、作詞家。株式会社東京糸井重里事務所代表取締役社長。フィールズ株式会社社外取締役。妻は女優の樋口可南子。愛犬はジャック・ラッセル・テリアのブイヨン、日本モノポリー協会会長。血液型はA型。 生い立ち 群馬県前橋市出身。生誕後に両親はすぐに離婚し、司法書士であった父親の元に引き取られ祖母に育てられる。その後、実母と再会したのは1981年だという。小学校3年の時に父親が再婚。幼少時から漫画好きで、漫画家に憧れていた。中学時代は北杜夫に熱中した。 群馬県立前橋高等学校に入学。高校に入ると文学青年の友達ができ、アングラ文学などに目覚める。また、バンカラを気取って一本歯の下駄で学校に通った。高校1年の時にバンドを組みたくなり、お金を稼ぐためにオルガンやピアノのセールスマンの下請けとなり10台売ったという。また、文化祭の企画で「ハプニング」的なことをやりたくなり、江戸川乱歩の「赤い部屋」を再現したり、ベトナムの僧侶の焼身自殺を真似たりした。 (Wikipedia:糸井重里)

糸井重里のバス釣りNo.1
『糸井重里のバス釣りNo.1』(いといしげさとのバスつりナンバーワン)は、バス釣りをテーマとした任天堂のゲームソフトのシリーズである。開発はHAL研究所が担当。 バス釣り好きで有名なコピーライターの糸井重里(発売当時、HAL研究所の取締役監査役)が監修を務めた。窓口の広いキャラクターと、釣り独特の感覚を巧みに再現しているのが特徴。しかし実際の釣り同様に時間がかかるゲーム性であることや、発売ハードのユーザー層に上手くセールスできなかったことから、バス釣りブーム(1999年頃)前後に発売されながらも、NINTENDO64版は一時期ワゴンセールの定番となっていた(任天堂が生産本数を読み違えたという声もある)。 シリーズ作品 糸井重里のバス釣りNo.1(スーパーファミコン、1997年2月21日発売) 糸井重里のバス釣りNo.1 決定版!(NINTENDO64、2000年3月31日発売) TVCM 糸井重里のバス釣りNo.1 決定版!(藤井隆が出演した。 (Wikipedia:糸井重里のバス釣りNo.1)


糸井重里 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

糸井重里 - アマゾン検索


「糸井重里」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す