[PR]

日別キーワード

第7位  ポケットモンスター - 2019年01月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



ポケットモンスター
ポケットモンスター(POCKET MONSTERS)は、株式会社ポケモン(発売当初は任天堂)から発売されているゲームソフトシリーズの名称であると同時に同作品に登場する架空の生物の総称であり、それらを題材にしたアニメを始めとするメディアミックス作品群を指す。略称はポケモン(Pokémon)。「モンスターボールに入るとポケットに入るから、ポケモン」という愛称が付けられている。 1996年2月27日にゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑』が発売された。開発元はゲームフリーク。コンセプトメーカーにしてディレクターを務めたのは、同社代表取締役でもある田尻智。この作品が小学生を中心に、口コミから火が点き大ヒットとなり、以降も多くの続編が発売されている(詳しくは「ポケットモンスター(ゲーム)」を参照)。ゲーム本編作品だけでなく、派生作品や関連作品が数多く発売されている(『ポケモン不思議のダンジョン』、『ポケットピカチュウ』など)。 ポケモンはゲームのみならず、アニメ化、キャラクター商品化、カードゲーム化 、アーケードゲーム化され、日本国外でも人気を得ている。 (Wikipedia:ポケットモンスター)

ポケットモンスターSPECIALの登場人物
ポケットモンスターSPECIALの登場人物では、漫画『ポケットモンスターSPECIAL』に登場するキャラクターを紹介する。
ポケットモンスター (ゲーム) ゲーム版に登場する人物についてはポケットモンスターの登場人物を、ポケットモンスター (アニメ) アニメ版に登場する人物についてはアニメ版ポケットモンスターの登場人物を参照。
各主人公はGB・GBA・DSのゲームシリーズ本編のバージョン名がそのまま名前となっている(ただし、イエローは「ピカチュウバージョン」のため、例外)。全員が「ポケモン図鑑」を持っており、作中では「図鑑所有者」と呼ばれている。現在はカントー地方に4人、ジョウト地方に3人、ホウエン地方に3人、シンオウ地方に3人、計13人存在する。また、それぞれの地方の所有者の1人はポケモンにニックネームをつけていない。
(Wikipedia:ポケットモンスターSPECIALの登場人物)

ポケットモンスターSPECIAL
『ポケットモンスターSPECIAL』(ポケットモンスタースペシャル)は、ゲームソフト『ポケットモンスター』シリーズを題材とする漫画作品。通称ポケSP・ポケスペ。シナリオ担当者は日下秀憲。作画担当者は真斗(1 - 9巻)・山本サトシ(10巻以降)。 なお、2014年より「通常の単行本」(通巻版)と、それに先駆けて別レーベルで発売される「新章の先行版」の2形態でリリースされているが(詳細は後述)、本記事における「○巻」や「単行本」という用語は特記のない限り通巻版のものを指す。 1997年4月から小学館の学年別学習雑誌『小学四年生』で連載開始。以降、2009年度までは『小学四年生』 - 『小学六年生』(2005年 - 2008年度までは『小学三年生』 - 『小学五年生』)の3誌で縦断連載され、『小学五年生』・『小学六年生』休刊後の2010年度からは、新たに『コロコロイチバン!』と『ポケモンファン』で連載開始。 (Wikipedia:ポケットモンスターSPECIAL)

ポケットモンスタースペシャル
『ポケットモンスターSPECIAL』より : 『ポケットモンスターSPECIAL』(ポケットモンスタースペシャル)は、ゲームソフト『ポケットモンスター』シリーズを題材とする漫画作品。通称ポケSP・ポケスペ。シナリオ担当者は日下秀憲。作画担当者は真斗(1 - 9巻)・山本サトシ(10巻以降)。 なお、2014年より「通常の単行本」(通巻版)と、それに先駆けて別レーベルで発売される「新章の先行版」の2形態でリリースされているが(詳細は後述)、本記事における「○巻」や「単行本」という用語は特記のない限り通巻版のものを指す。 1997年4月から小学館の学年別学習雑誌『小学四年生』で連載開始。以降、2009年度までは『小学四年生』 - 『小学六年生』(2005年 - 2008年度までは『小学三年生』 - 『小学五年生』)の3誌で縦断連載され、『小学五年生』・『小学六年生』休刊後の2010年度からは、新たに『コロコロイチバン!』と『ポケモンファン』で連載開始。 (Wikipedia:ポケットモンスタースペシャル)

ポケットモンスター (アニメ)の登場人物
ポケットモンスター (アニメ)の登場人物(ぽけっともんすたー (あにめ)のとうじょうじんぶつ)は、テレビ東京系列他にて放映されているアニメ版『ポケットモンスター (アニメ) ポケットモンスター』及び『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』『ポケットモンスター ダイヤモンドパール』に登場する架空の人物の説明の一覧である。なおポケモンそのものの概要については「ポケモン一覧」より各ポケモンの項目を、ゲーム版ポケットモンスターに登場する人物は「ポケットモンスターの登場人物一覧」を参照。
(海外版名:Ash Ketchum、声優:松本梨香)
:このアニメの主人公で、ポケモンマスターを目指して旅をする10歳の少年。マサラタウンの出身で、ハナコの一人息子。父親に関しては全く不明だが第2話のハナコの発言からポケモントレーナーではあった模様。負けず嫌いで、褒められると調子に乗る性格。よく無茶をしすぎるのでピカチュウにまで心配されている。物凄い超人的運動神経の持ち主。寝坊したことでピカチュウと出会い、初めは僻み合っていたが、オニスズメの大群に襲われたことで親友となった。様々なリーグでの入賞やオレンジリーグウィナーズカップ名誉トレーナーなどの数々の実績を打ち立てている。名前の由来は、ポケモンシリーズのディレクター、『田尻智』からきている。現在の手持ちはピカチュウ、エイパム。当初は1000枚のはがきをおくって当てた大切な帽子をかぶっていたが、ホウエン地方に行く際に、帽子を新しいものに変えてしまった。ジョウトリーグ終了後、ピカチュウ以外の手持ちのポケモンを全て博士に預ってもらい、ホウエン地方へ旅立った。現在はカントー地方でバトルフロンティアに挑戦し、見事制覇した。恋愛に関しては呆れるほど鈍感で、恋愛感情を持ったことも無ければ(ただカスミのことをひやかされた時に赤くなっていたのでまんざらもったことがないわけではなさそうではあるが)、女の子達にも全くモテない(好意を寄せられても本人が少しも気付かない)が、ポケモンには結構モテる。ライバルが数多く存在する。ホウエンリーグでマサムネに影響を受け、作戦よりも気合と根性を重視したガチンコ勝負を好む傾向が強くなった。カスミ、ハルカと、ヒロインキャラとは、出会う際に必ず自転車を壊してしまうという妙なジンクスがある。
(Wikipedia:ポケットモンスター (アニメ)の登場人物)

ポケットモンスターの登場人物
ポケットモンスターの登場人物は、『ポケットモンスター』シリーズに登場する登場人物の一覧。なお、本項目では原則としてゲームシリーズに則って解説する。
この項では『ポケットモンスター 赤・緑 ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』および『ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン』における登場人物の解説をおこなう。
: マサラタウンに住む少年(少女:『ファイアレッド・リーフグリーン』のみ登場)。基本的に喋る事はないが、ヤマブキシティのモノマネ娘の家でモノマネをされた時だけ喋り、一人称も「僕」(「私」)だと確認できる(サント・アンヌ号のボーイの話を聞く限りでは、元々無口な性格のようである)。名前はプレイヤーが自由に決めることができるが、デフォルト名として用意されているのは『赤』では「レッド」「サトシ」「ジャック」、『緑』では「グリーン」「シゲル」「ジョン」、『青』では「ブルー」「ツネカズ」「ジャン」、『ピカチュウ』では「イエロー」「サトシ」「ジャック」。
(Wikipedia:ポケットモンスターの登場人物)

ポケットモンスター (ゲーム)
この項目では、株式会社ポケモン(設立以前は任天堂)から発売されているロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』の本編シリーズについて記述する。カードゲーム、アニメ、スピオンオフのゲームを含む『ポケモン』全般については、ポケットモンスターを参照すること。 1996年2月27日に1作目のゲームボーイ用『ポケットモンスター 赤・緑』が発売され、世界市場におけるシリーズの総売上本数は本編であるRPGシリーズ(DS用『ブラック・ホワイト』までの17作品)の合算で1億5700万本以上にもなり、この記録はRPGとしては世界一である。派生シリーズも含めた場合は2008年現在で1億9000万本以上となる。 ポケットモンスターシリーズは、「ポケットモンスター」(通称ポケモン)と呼ばれる架空の生き物が登場する世界を舞台としている。プレイヤーはこのポケモンを、捕獲(ゲーム内では「つかまえる」と表現)して育成し、他のポケモンと戦わせる(ポケモンバトル)。他のコンピュータRPGのように主人公自らが成長するのではなく、ポケモンが成長する点に大きな特徴がある。 (Wikipedia:ポケットモンスター (ゲーム))

ポケットモンスターのゲームシステム
『ポケットモンスター (ゲーム)』より : ポケットモンスター (Pokémon) は、ポケモン (株式会社) 株式会社ポケモン(ポケモン社設立以前は任天堂)より発売されているコンピュータRPG ロールプレイングゲーム(RPG)のシリーズである。第1作目の『ポケットモンスター 赤・緑』は、ゲームボーイ用ソフトとして1996年2月27日に発売された。
本項目では、第1作目に連なり、俗に「本編」とも呼ばれる携帯型ゲーム機用のRPGシリーズ及び、それらと通信プレイで連動するテレビゲーム用のゲームソフトについて扱う。具体的には以下の作品群である。
ゲームボーイ用:ポケットモンスター 赤・緑 ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ
(Wikipedia:ポケットモンスターのゲームシステム)

ポケットモンスターアドバンスジェネレーション
『ポケットモンスター (アニメ)』より : 『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』は、ゲームソフト『ポケットモンスターシリーズ』を原作とするテレビアニメ。テレビ東京と系列局では2002年(平成14年)11月21日から2006年(平成18年)9月14日まで、『ポケットモンスター』の続編として放送された。全192話。「ポケモンAG」「AG」などと略されることがある。 ゲームボーイアドバンス専用ソフト『ポケットモンスター ルビー・サファイア』の発売日にスタートし、それに合わせ登場人物などを一部変更してスタートしたシリーズである。無印最終回でサトシとピカチュウがホウエン地方に着く直前から物語が始まり、無印最終回の出来事はAG1話での出来事に繋がっている。この事から無印最終回はAG1話へのプロローグとなっている。一部の話では過去の事が語られている。 舞台やキャラクターは『ルビー・サファイア』以降のものが中心に登場しており、前シリーズよりも原作寄りの要素が強くなっている。新キャラクターのハルカは『ルビー・サファイア』の女の子用主人公がモデルであり、ハルカの弟・マサトもゲーム内のキャラクターを基にしている。 (Wikipedia:ポケットモンスターアドバンスジェネレーション)

ポケットモンスター アドバンスジェネレーション
『ポケットモンスター (アニメ)』より : 『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』は、ゲームソフト『ポケットモンスターシリーズ』を原作とするテレビアニメ。テレビ東京と系列局では2002年(平成14年)11月21日から2006年(平成18年)9月14日まで、『ポケットモンスター』の続編として放送された。全192話。「ポケモンAG」「AG」などと略されることがある。 ゲームボーイアドバンス専用ソフト『ポケットモンスター ルビー・サファイア』の発売日にスタートし、それに合わせ登場人物などを一部変更してスタートしたシリーズである。無印最終回でサトシとピカチュウがホウエン地方に着く直前から物語が始まり、無印最終回の出来事はAG1話での出来事に繋がっている。この事から無印最終回はAG1話へのプロローグとなっている。一部の話では過去の事が語られている。 舞台やキャラクターは『ルビー・サファイア』以降のものが中心に登場しており、前シリーズよりも原作寄りの要素が強くなっている。新キャラクターのハルカは『ルビー・サファイア』の女の子用主人公がモデルであり、ハルカの弟・マサトもゲーム内のキャラクターを基にしている。 (Wikipedia:ポケットモンスター アドバンスジェネレーション)

ポケットモンスター (アニメ)
『ポケットモンスター』は、株式会社ポケモン と任天堂より発売されているゲームソフト『ポケットモンスター』シリーズを原作とするテレビアニメ。 沿革 「ポケモンマスター」を目指す少年・サトシと、相棒のピカチュウをはじめとしたポケモンの成長を描いた物語とキャラクター性に焦点を当て、ゲーム版『ポケットモンスター 赤・緑』の発売から1年あまり経った1997年(平成9年)4月1日から、テレビ東京系列で放送を開始した。 開始当初はセル画で制作されていたが、2002年(平成14年) より、デジタル制作に移行した。ただし、主題歌の映像などはそれ以前からデジタル化していた。『アドバンスジェネレーション』の後期からはポケモンの技などにCGが使用されるようになった。 地上デジタルテレビ放送の開始後も長らく標準画質(画面比4:3)での制作が続いていたが、2009年(平成21年)4月2日放送 分からハイビジョン制作に移行した。 (Wikipedia:ポケットモンスター (アニメ))

ポケットモンスターAG
『ポケットモンスター (アニメ)』より : 『ポケットモンスター アドバンスジェネレーション』は、ゲームソフト『ポケットモンスターシリーズ』を原作とするテレビアニメ。テレビ東京と系列局では2002年(平成14年)11月21日から2006年(平成18年)9月14日まで、『ポケットモンスター』の続編として放送された。全192話。「ポケモンAG」「AG」などと略されることがある。 ゲームボーイアドバンス専用ソフト『ポケットモンスター ルビー・サファイア』の発売日にスタートし、それに合わせ登場人物などを一部変更してスタートしたシリーズである。無印最終回でサトシとピカチュウがホウエン地方に着く直前から物語が始まり、無印最終回の出来事はAG1話での出来事に繋がっている。この事から無印最終回はAG1話へのプロローグとなっている。一部の話では過去の事が語られている。 舞台やキャラクターは『ルビー・サファイア』以降のものが中心に登場しており、前シリーズよりも原作寄りの要素が強くなっている。新キャラクターのハルカは『ルビー・サファイア』の女の子用主人公がモデルであり、ハルカの弟・マサトもゲーム内のキャラクターを基にしている。 (Wikipedia:ポケットモンスターAG)

ポケットモンスターの技一覧 (さ-の)
コンピュータゲーム『ポケットモンスター』シリーズにおいて、ポケモンが使用する技の一覧。
この項目に記した物理技と特殊技の区別は『ダイヤモンド・パール』以降の設定であり、それより前の作品ではタイプごとに分けられている。
:エスパータイプの特殊技。光線を発して攻撃。たまに相手を「こんらん」状態にする。
:エスパータイプの特殊技。使用したポケモンのレベルに1/2から3/2の係数を掛けたランダムなダメージを相手に与える。
:エスパータイプの物理技。相手の急所に当たりやすい。
:エスパータイプの特殊技。たまに相手の「とくぼう」を1段階下げる。『赤・緑』では、時々相手の「とくしゅ」を1段階下げる。
:自分の状態異常を相手に移す。自分の状態異常は回復する。相手がすでに状態異常となっている場合は失敗する。
(Wikipedia:ポケットモンスターの技一覧 (さ-の))

ポケットモンスターの技一覧 (は-わ)
コンピュータゲーム『ポケットモンスター』シリーズにおいて、ポケモンが使用する技の一覧。
この項目に記した物理技と特殊技の区別は『ダイヤモンド・パール』以降の設定であり、それより前の作品ではタイプごとに分けられている。
:自分と相手の能力変化を入れ替える。マナフィのみが覚える。
:くさタイプの特殊技。威力は高いが、使用した次のターンは行動不能となる。覚えるのはフシギバナ・メガニウム・ジュカイン・ドダイトスのみで、特殊な方法でしか覚えさせられない。また、『ポケモンXD』では条件を満たすことでこのわざを覚えたチコリータをもらうことができる。
:みずタイプの特殊技。威力は高いが、使用した次のターンは行動不能となる。覚えるのはカメックス・オーダイル・ラグラージ・エンペルトのみで、特殊な方法でしか覚えさせられない。また、『ポケモンXD』では条件を満たすことでこのわざを覚えたワニノコをもらうことができる。
(Wikipedia:ポケットモンスターの技一覧 (は-わ))

ポケットモンスターの技一覧 (あ-こ)
コンピュータゲーム『ポケットモンスター』シリーズにおいて、ポケモンが使用する技の一覧。
この項目に記した物理技と特殊技の区別は『ダイヤモンド・パール』以降の設定であり、それより前の作品ではタイプごとに分けられている。
:かくとうタイプの物理技。力いっぱい相手を殴りつける。使用後、自分の「すばやさ」が1段階下がる。
:はがねタイプの物理技。硬化させた尻尾を叩きつける。時々相手の「ぼうぎょ」を1段階下げる。威力は高めだが命中率はやや低い。尾を持つポケモンの多くがわざマシンで覚えられる。
:はがねタイプの物理技。硬化させた頭で攻撃する。時々相手をひるませる。
:こおりタイプの物理技。5ターンの間、外れるまで攻撃を繰り返す。命中するたび威力が上がっていく。この技を使用する前に「まるくなる」を使っている場合、威力が2倍になる。アニメでは氷の球を吐く技、漫画などでは自分の体を凍結させて相手にぶつかる技として描かれている。
(Wikipedia:ポケットモンスターの技一覧 (あ-こ))

ポケットモンスター ダイヤモンド&パール
(Wikipedia:ポケットモンスター ダイヤモンド&パール)

ポケットモンスター ルビー
『ポケットモンスター ルビー・サファイア』より : 『ポケットモンスター ルビー・サファイア』は、2002年11月21日に株式会社ポケモンから発売されたゲームボーイアドバンス用ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター ルビー』と『ポケットモンスター サファイア』の総称である。この項目では、『ポケットモンスター ルビー』と『ポケットモンスター サファイア』および、2004年9月16日に発売されたこれらの新バージョンである『ポケットモンスター エメラルド』を扱う。 本作のリメイクについては、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』を参照すること。 『ポケットモンスター ルビー』と『ポケットモンスター サファイア』は、ポケットモンスターシリーズ完全新作の3作目。パッケージのポケモンは、『ルビー』がグラードン、『サファイア』がカイオーガ。今作からプラットフォームがゲームボーイ (GB) の後継機であるゲームボーイアドバンス (GBA) になり、その性能を生かしたこれまでよりもクオリティの高いグラフィックやサウンドが特徴。 (Wikipedia:ポケットモンスター ルビー)

ポケットモンスター サファイア
『ポケットモンスター ルビー・サファイア』より : 『ポケットモンスター ルビー・サファイア』は、2002年11月21日に株式会社ポケモンから発売されたゲームボーイアドバンス用ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター ルビー』と『ポケットモンスター サファイア』の総称である。この項目では、『ポケットモンスター ルビー』と『ポケットモンスター サファイア』および、2004年9月16日に発売されたこれらの新バージョンである『ポケットモンスター エメラルド』を扱う。 本作のリメイクについては、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』を参照すること。 『ポケットモンスター ルビー』と『ポケットモンスター サファイア』は、ポケットモンスターシリーズ完全新作の3作目。パッケージのポケモンは、『ルビー』がグラードン、『サファイア』がカイオーガ。今作からプラットフォームがゲームボーイ (GB) の後継機であるゲームボーイアドバンス (GBA) になり、その性能を生かしたこれまでよりもクオリティの高いグラフィックやサウンドが特徴。 (Wikipedia:ポケットモンスター サファイア)

ポケットモンスター ルビー・サファイア
『ポケットモンスター ルビー・サファイア』は、2002年11月21日に株式会社ポケモンから発売されたゲームボーイアドバンス用ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター ルビー』と『ポケットモンスター サファイア』の総称である。この項目では、『ポケットモンスター ルビー』と『ポケットモンスター サファイア』および、2004年9月16日に発売されたこれらの新バージョンである『ポケットモンスター エメラルド』を扱う。 本作のリメイクについては、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』を参照すること。 『ポケットモンスター ルビー』と『ポケットモンスター サファイア』は、ポケットモンスターシリーズ完全新作の3作目。パッケージのポケモンは、『ルビー』がグラードン、『サファイア』がカイオーガ。今作からプラットフォームがゲームボーイ (GB) の後継機であるゲームボーイアドバンス (GBA) になり、その性能を生かしたこれまでよりもクオリティの高いグラフィックやサウンドが特徴。 (Wikipedia:ポケットモンスター ルビー・サファイア)

ポケットモンスター エメラルド
『ポケットモンスター ルビー・サファイア』より : 『ポケットモンスター ルビー・サファイア』は、2002年11月21日に株式会社ポケモンから発売されたゲームボーイアドバンス用ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター ルビー』と『ポケットモンスター サファイア』の総称である。この項目では、『ポケットモンスター ルビー』と『ポケットモンスター サファイア』および、2004年9月16日に発売されたこれらの新バージョンである『ポケットモンスター エメラルド』を扱う。 本作のリメイクについては、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』を参照すること。 『ポケットモンスター ルビー』と『ポケットモンスター サファイア』は、ポケットモンスターシリーズ完全新作の3作目。パッケージのポケモンは、『ルビー』がグラードン、『サファイア』がカイオーガ。今作からプラットフォームがゲームボーイ (GB) の後継機であるゲームボーイアドバンス (GBA) になり、その性能を生かしたこれまでよりもクオリティの高いグラフィックやサウンドが特徴。 (Wikipedia:ポケットモンスター エメラルド)


ポケットモンスター - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ポケットモンスター - アマゾン検索


「ポケットモンスター」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す