[PR]

日別キーワード

第9位  古代エジプト - 2019年01月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



古代エジプト
古代エジプト(こだいエジプト)は、古代のエジプトに対する呼称。具体的には紀元前3000年頃に始まった第1王朝から紀元前332年にアレクサンドロス大王によって滅ぼされるまでの時代を指す。 古い時代から砂漠が広がっていたため、ナイル川流域分の面積だけが居住に適しており、主な活動はその中で行われた。ナイル川の上流は谷合でありナイル川1本だけが流れ、下流はデルタ地帯(ナイル川デルタ)が広がっている。最初に上流地域(上エジプト)と下流地域(下エジプト)でそれぞれ違った文化が発展した後に統一されたため、ファラオ(王)の称号の中に「上下エジプト王」という部分が残り、古代エジプト人も自国のことを「二つの国」と呼んでいた。 ナイル川は毎年氾濫を起こし、肥えた土を下流に広げたことがエジプトの繁栄のもとだといわれる。ナイル川の氾濫を正確に予測する必要から天文観測が行われ、太陽暦が作られた。太陽とシリウス星が同時に昇る頃、ナイル川は氾濫したという。また、氾濫が収まった後に農地を元通り配分するため、測量術、幾何学、天文学が発達した。 (Wikipedia:古代エジプト)

古代エジプト文明
『古代エジプト』より : 古代エジプト(こだいエジプト)は、古代のエジプトに対する呼称。具体的には紀元前3000年頃に始まった第1王朝から紀元前332年にアレクサンドロス大王によって滅ぼされるまでの時代を指す。 古い時代から砂漠が広がっていたため、ナイル川流域分の面積だけが居住に適しており、主な活動はその中で行われた。ナイル川の上流は谷合でありナイル川1本だけが流れ、下流はデルタ地帯(ナイル川デルタ)が広がっている。最初に上流地域(上エジプト)と下流地域(下エジプト)でそれぞれ違った文化が発展した後に統一されたため、ファラオ(王)の称号の中に「上下エジプト王」という部分が残り、古代エジプト人も自国のことを「二つの国」と呼んでいた。 ナイル川は毎年氾濫を起こし、肥えた土を下流に広げたことがエジプトの繁栄のもとだといわれる。ナイル川の氾濫を正確に予測する必要から天文観測が行われ、太陽暦が作られた。太陽とシリウス星が同時に昇る頃、ナイル川は氾濫したという。また、氾濫が収まった後に農地を元通り配分するため、測量術、幾何学、天文学が発達した。 (Wikipedia:古代エジプト文明)

古代エジプトのグライダー
古代エジプトのグライダー (こだいエジプトのグライダー、Saqqara Bird)とは、BC200年前後のプトレマイオス朝時代(したがって、時代区分から言えば「古代エジプト」ではない)の墳墓から発掘された、15センチほどの木製品のことである。 カリル・メシハ(Khalil Messiha)という医学博士がこれを飛行機だと主張し、同様の模型を作成して飛ばしたところ、かなりの距離を滑空することが判明したと言う。軽量のいちじくの木で作られていることから、模型を小型飛行機の大きさに拡大しても十分に飛行が可能であるとも言われている。このためオーパーツであると主張する者もいる。 だが、この模型を自由飛行型模型飛行機(フリーフライト、操縦機構を持たない)として見た場合、主翼と垂直尾翼は備えているといえるが、水平尾翼に相当する部分がないため、ピッチ安定が極めて不充分であり、また主翼には上反角が付いていないため、ロール安定性にも乏しい。 (Wikipedia:古代エジプトのグライダー)

古代エジプトの服飾
古代エジプトの服飾とは、紀元前3200年から紀元前341年までの現在のエジプト周辺にあたる地域での服装を指す。 世界最古の紡ぎ器はエジプトのファユム湖畔(en)で発見されたもので、少なくとも紀元前5000年頃からエジプトには糸を紡ぐ技術があったことが判る。 この紡ぎ器は円盤の上に紡錘を設置して回しながら糸を撚ったものである。 共に発掘された亜麻の布の残骸から、当時の布はおそらく樹に経糸を吊るし手で横糸を編み込んだものと考えられている。 そして、現存最古の織物とされる亜麻の棺覆い、現存最古の衣服とされるタルカンで発掘された第一王朝の優美な亜麻のチュニックなどもエジプト文明の栄華を今に伝える便である。 古代エジプトでは紀元前3世紀ごろからナイル川流域でリネンが生産、輸出されていた。 新王国時代の始めごろ、小アジアから初めて木綿が輸入されて、ナイル川流域で栽培されるようになり、現在まで名産品となっている。 酷暑のエジプトでは薄手のリネンが主な衣服で、作りは簡単なものが多かった。 男子は腰布、女子は胸から足首までを覆う筒型のワンピースを着用し、神官や貴族、そして王族の服装は衣服の材質や形状よりもその身分や職業に応じた特別な装飾品を身につけることで庶民と区別された。 (Wikipedia:古代エジプトの服飾)

古代エジプト医学
この項目では、古代エジプトの医学、すなわち紀元前33世紀ごろからアケメネス朝の侵略(紀元前523年)に至るまでの古代エジプトで広く行われていた医学について解説する。エジプト医学は時代を考えるときわめて発展しており、単純な非侵襲性の外科手術・接骨・広範な薬局方などが含まれていた。古代エジプトの治療法は現代文化の中では「まじない」や怪しげな成分などでイメージされることも多いが、生物医学上のエジプト研究によって、かなりの治療法は効果的であり、また既知の処方のうち67%が1973年のイギリス薬局方に適合していたことが示された。古代エジプトの医学書には、診察・診断・予後・処置のそれぞれについて理性的で適切な記述もしばしば書かれている。 情報源 19世紀まで、古代エジプト医学に関する情報源は新しい年代の書物であった。ホメロスは、紀元前800年ごろにオデュッセイアの中で「エジプトの人々は、あらゆる人間の中で最も医学にすぐれている」、また「エジプト人たちは、他のどんな技術よりも医学にすぐれている」と記している。 (Wikipedia:古代エジプト医学)


古代エジプト - 関連ブログ

データが取得できませんでした

古代エジプト - アマゾン検索


「古代エジプト」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す