[PR]

日別キーワード

第15位  ウズラ - 2019年01月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



ウズラ
ウズラ(鶉、Coturnix japonica)は、鳥綱キジ目キジ科ウズラ属に分類される鳥類。 分布 日本(主に本州中部以北)、モンゴル東部、朝鮮半島、シベリア南部、中華人民共和国北東部などで繁殖し、冬季になると日本(本州中部以南)、中華人民共和国南部、東南アジアなどへ南下し越冬する。 紀元前3,000年前のエジプトの壁画に描かれたウズラと本種が似ていることから、エジプトから大陸伝いに東方に渡り海を越えたものが本種の由来とする説もある。 形態 全長20センチメートル。翼長9.1-10.4センチメートル。上面の羽衣は淡褐色。 繁殖期のオスは顔や喉、体側面の羽衣が赤褐色。冬季になると羽衣が淡色がかる。希に全体が白色羽毛で散在的に野性型羽毛をもつ個体が生じるが、劣性遺伝により発現するとされている。 分類 以前はヨーロッパウズラ(旧和名ウズラ)の亜種とされていたが、独立種として分割された。 生態 草原、農耕地などに生息する。秋季から冬季にかけて5-50羽の小規模から中規模の群れを形成することもある。 (Wikipedia:ウズラ)

ウズラチメドリ亜科 (Sibley)
ウズラチメドリ亜科(Cinclosomatinae)は、鳥類の分類名のひとつ。
スズメ目 (Sibley) スズメ目 :en:Passeriformes Passeriformes
スズメ亜目 (Sibley) スズメ亜目 :en:Passeri Passeri
カラス小目 (Sibley) カラス小目 :en:Corvida Corvida
カラス上科 (Sibley) カラス上科 Corvoidea
カラス科 (Sibley) カラス科 :en:Corvidae Corvidae
ウズラツグミ亜科 (Sibley) ウズラツグミ亜科 w:Cinclosomatinae Cinclosomatinae
”Androphobus viridis”, w:Papuan Whipbird, セミドリチメドリ
”Psophodes olivaceus”, w:Eastern Whipbird, ムナグロシラヒゲドリ
”Psophodes nigrogularis”, w:Western Whipbird, シラヒゲドリ
”Psophodes occidentalis”, w:Chiming Wedgebill, ニシカンムリハシリチメドリ
”Psophodes cristatus”, w:Chirruping Wedgebill, カンムリハシリチメドリ
”Cinclosoma punctatum”, w:Spotted Quail-thrush, ウズラチメドリ
(Wikipedia:ウズラチメドリ亜科 (Sibley))

ウズラツグミ亜科 (Sibley)
ウズラチメドリ科(ウズラチメドリか、学名 Cinclosomatidae)は、鳥類スズメ目の科である。 系統と分類 しばしばシラヒゲドリ科 Psophodidae に含められ、また古くはクイナチメドリ科 Eupetidae やハシリチメドリ科 Orthonychidae に含められたが、系統的には異なる (Norman et al. 2009)。 伝統的には Deignan (1964) によりハシリチメドリ科(またはヒタキ科ハシリチメドリ亜科 Orthonychinae)に含められてきたが、Sibley & Ahlquist (1985) などに基づき、シラヒゲドリ科と共に分離された。またしばしば、クロチメドリ属 Melampitta・ズアオチメドリ Ifrita・クイナチメドリ Eupetes も共に分離された。なお、ハシリチメドリ科はこれら以外にはハシリチメドリ属 Orthonyx のみであり、実態はこれらが分離されたというよりは「ハシリチメドリ属が分離され科名が変わった」に近い。 (Wikipedia:ウズラツグミ亜科 (Sibley))

ウズラツグミ亜科 (Sibley)
ウズラチメドリ科(ウズラチメドリか、学名 Cinclosomatidae)は、鳥類スズメ目の科である。 系統と分類 しばしばシラヒゲドリ科 Psophodidae に含められ、また古くはクイナチメドリ科 Eupetidae やハシリチメドリ科 Orthonychidae に含められたが、系統的には異なる (Norman et al. 2009)。 伝統的には Deignan (1964) によりハシリチメドリ科(またはヒタキ科ハシリチメドリ亜科 Orthonychinae)に含められてきたが、Sibley & Ahlquist (1985) などに基づき、シラヒゲドリ科と共に分離された。またしばしば、クロチメドリ属 Melampitta・ズアオチメドリ Ifrita・クイナチメドリ Eupetes も共に分離された。なお、ハシリチメドリ科はこれら以外にはハシリチメドリ属 Orthonyx のみであり、実態はこれらが分離されたというよりは「ハシリチメドリ属が分離され科名が変わった」に近い。 (Wikipedia:ウズラツグミ亜科 (Sibley))

ウズラシギ
ウズラシギ(鶉鴫、学名:Calidris acuminata)は、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種である。 形態 成鳥で全長20cm程度、翼長は15cm程度となる。 名前の由来は、ウズラぐらいの大きさであることから。 分布 ユーラシア大陸北東部のツンドラ地帯で繁殖し、冬期はニューギニアからオーストラリアへ渡りをおこない越冬する。 日本へは春と秋に渡りの途中の旅鳥として飛来する。群れにはならず1羽か数羽の小群で行動するが、100羽程度の群が観察された記録もある。 生態 海岸近くの水田、ハス田、入江、川岸の水たまりなどにいる。 水中や水際で貝類や甲殻類、昆虫類を捕食する。 Sibley分類体系上の位置 関連項目 日本の野鳥一覧。 (Wikipedia:ウズラシギ)

ウズラチメドリ科
『』より : (Wikipedia:ウズラチメドリ科)


ウズラ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ウズラ - アマゾン検索


「ウズラ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す