[PR]

日別キーワード

第54位  鎌倉幕府 - 2019年01月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



鎌倉幕府
鎌倉幕府(かまくらばくふ)は、源頼朝を旗頭として、北条時政、北条義時ら坂東武士が鎌倉(現在の神奈川県鎌倉市)に創設した武家政権(幕府)である。頼朝の死後、御家人の権力闘争によって頼朝の嫡流は断絶し、その後は、北条義時の嫡流(得宗家)が鎌倉幕府の支配者となった。 得宗家の専制支配が絶頂期を迎える中、執権北条守時の妹赤橋登子の婿足利尊氏が突如裏切り、六波羅探題を攻め落とす。これが発端となり、短期間で鎌倉幕府は滅亡した。 足利尊氏が開いた室町幕府では、赤橋登子の産んだ足利義詮が室町幕府2代将軍となり、北条家の血脈は室町幕府にも受け継がれた。 鎌倉幕府は、1192年(建久3年)に源頼朝が征夷大将軍(以下、将軍)に任官して始まったとされているが、2006年頃から、頼朝の権力・統治機構はそれ以前から存続しているので実質的な成立は1192年より前の1185年とする新説が、マスメディアを中心に紹介され始めた。 (Wikipedia:鎌倉幕府)

鎌倉幕府の執権一覧
鎌倉幕府の執権一覧(かまくらばくふのしっけんいちらん)は、鎌倉幕府における執権の一覧。 執権職は北条氏が独占し、世襲した。当初から大きな勢力を持っていたが、三代将軍源実朝暗殺後はほとんど幕府の実権を掌握し、政務を執った。しかしながら将軍職は公家や皇族を京から迎える形で名目的存在としてあり、北条氏は形式的服従を貫いていた。→鎌倉将軍一覧参照。 北条氏の嫡流は「得宗家」と称され、得宗家の当主またはその後継者が幼少の時には北条氏の庶流から執権が任じられた。元弘の乱の最終段階(鎌倉の戦い・東勝寺合戦)において、13代基時・14代高時(得宗家)・15代貞顕・16代守時の4名の執権(及び経験者)が鎌倉幕府とともに滅ぼされることになった。 一覧 脚注 関連項目 鎌倉幕府の連署一覧 北条氏 得宗家 極楽寺流 政村流 宗政流 大仏流 金沢流 赤橋流 北条政子 - 初代将軍・源頼朝の正室。 (Wikipedia:鎌倉幕府の執権一覧)

鎌倉幕府の連署一覧
鎌倉幕府の連署一覧(かまくらばくふのれんしょいちらん)は、鎌倉幕府における連署の一覧。連署職は北条氏が独占し、世襲した。
代!!姓名!!官職!!生没年!!在職期間!!北条氏出身
初代 北条時房 修理権大夫 1175年-1240年 1225年-1240年 北条氏 (時房流) 時房流
二代 北条重時 陸奥守 1198年-1261年 1247年-1256年 北条氏 (極楽寺流) 極楽寺流
三代 北条政村 左京権大夫 1205年-1273年 1256年-1264年 北条氏 (政村流) 政村流
四代 北条時宗 相模守 1251年-1284年 1264年-1268年 得宗 得宗家
五代 北条政村 左京権大夫 1205年-1273年 1268年-1273年 政村流
六代 北条義政 武蔵守 1242年-1281年 1273年-1277年 北条氏 (塩田流) 塩田流
七代 北条業時 陸奥守 1241年-1287年 1283年-1287年 極楽寺流
八代 北条宣時 陸奥守 1238年-1323年 1287年-1301年 北条氏 (大仏流) 大仏流
(Wikipedia:鎌倉幕府の連署一覧)


鎌倉幕府 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

鎌倉幕府 - アマゾン検索


「鎌倉幕府」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す