[PR]

日別キーワード

第64位  日本国憲法の改正手続に関する法律 - 2019年01月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



日本国憲法の改正手続に関する法律
日本国憲法の改正手続に関する法律(にほんこくけんぽうのかいせいてつづきにかんするほうりつ、平成19年5月18日法律第51号)は、日本国憲法第96条に基づき、憲法の改正に必要な手続きである国民投票に関して規定する日本の法律。国民投票法と一般に呼称され、他に憲法改正手続法・改憲手続法などの略称がある。 日本国憲法第96条第1項は、憲法の改正のためには、「各議院の総議員の3分の2以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする」旨を規定しており、憲法を改正するためには、国会における決議のみならず、国民への提案とその承認の手続を必要とする旨が憲法上規定されている。ところが、具体的な手続については憲法上規定されておらず、改正を実現するためには法律により国民投票等に関する規定を具体的に定める必要があると考えられた。本法はその規定に関するものである。 初期の議論 日本国憲法は、1947年(昭和22年)の施行以来、1度も改正されていない。 (Wikipedia:日本国憲法の改正手続に関する法律)


日本国憲法の改正手続に関する法律 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

日本国憲法の改正手続に関する法律 - アマゾン検索


「日本国憲法の改正手続に関する法律」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す