[PR]

日別キーワード

第84位  中村獅童 - 2019年01月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



中村獅童
中村 獅童(なかむら しどう)は、歌舞伎役者の名跡の一つ。初代の屋号は播磨屋、当代2代目は萬屋。初代の定紋は揚羽蝶、当代2代目は桐蝶。 名の由来は、初代の父3代目中村時蔵の俳名から。 初代 中村獅童 - 三代目中村時蔵の三男。1929-2008。歌舞伎役者は早々に廃業し、映画プロデューサーに転向。 二代目 中村獅童 - 初代の長男。1972- 。当代。 (Wikipedia:中村獅童)

中村獅童 (2代目)
二代目 中村 獅童(にだいめ なかむら しどう、1972年(昭和47年)9月14日 - )は、歌舞伎役者、日本の俳優・声優。本名、小川 幹弘(おがわ みきひろ)。乙女座。血液型はO型。身長177cm。体重63kg。足のサイズ26.5cm。日本大学藝術学部演劇学科中退。2013年4月より京都文教大学客員教授。母親が社長を務める中村獅童事務所所属。 歌舞伎の名門・小川家(旧播磨屋、現・萬屋)に生まれる。父は元歌舞伎役者の初代中村獅童(本名・小川三喜雄)。結婚10年目で待望の長男誕生であった。 おおらかにスケール大きく育つようにと、母・陽子は幼い獅童に北海道の雄大な景色を見せたり、アングラやストリップなどの多種多様な舞台を鑑賞させるなどしたという。 6歳の6月より日本舞踊を始め、獅童自ら舞台に出たいと祖母に直訴。1981年、8歳で歌舞伎座にて初舞台を踏む(萬屋3人(歌六・時蔵・歌昇)の襲名興行。『妹背山婦女庭訓』)。当初から二代目中村獅童を名乗る。「獅童」は父・三喜雄の歌舞伎役者時代の名跡で、祖父三代目中村時蔵の俳号に由来する。 (Wikipedia:中村獅童 (2代目))

中村獅童 (2代目)
二代目 中村 獅童(にだいめ なかむら しどう、1972年(昭和47年)9月14日 - )は、歌舞伎役者、日本の俳優・声優。本名、小川 幹弘(おがわ みきひろ)。乙女座。血液型はO型。身長177cm。体重63kg。足のサイズ26.5cm。日本大学藝術学部演劇学科中退。2013年4月より京都文教大学客員教授。母親が社長を務める中村獅童事務所所属。 歌舞伎の名門・小川家(旧播磨屋、現・萬屋)に生まれる。父は元歌舞伎役者の初代中村獅童(本名・小川三喜雄)。結婚10年目で待望の長男誕生であった。 おおらかにスケール大きく育つようにと、母・陽子は幼い獅童に北海道の雄大な景色を見せたり、アングラやストリップなどの多種多様な舞台を鑑賞させるなどしたという。 6歳の6月より日本舞踊を始め、獅童自ら舞台に出たいと祖母に直訴。1981年、8歳で歌舞伎座にて初舞台を踏む(萬屋3人(歌六・時蔵・歌昇)の襲名興行。『妹背山婦女庭訓』)。当初から二代目中村獅童を名乗る。「獅童」は父・三喜雄の歌舞伎役者時代の名跡で、祖父三代目中村時蔵の俳号に由来する。 (Wikipedia:中村獅童 (2代目))

中村獅童 (初代)
初代 中村獅童(しょだい なかむら しどう、1929年(昭和4年)9月28日 - 2008年(平成20年)10月11日)は、歌舞伎役者、映画プロデューサー。 三代目中村時蔵の三男として東京府東京市に誕生。本名は小川 三喜雄(おがわ みきお)。 兄に二代目中村歌昇と四代目中村時蔵がおり、弟に萬屋錦之介と中村嘉葎雄がいる。 かつては中村獅童を名乗る歌舞伎役者だった。しかし、先輩役者から弟の芸をなじられて腹に据えかね、被っていたかつらをポーンと投げつけ、歌舞伎役者を辞めてしまった。その後、舞台を退き、銀行員を経て東映プロデューサーとして、弟の萬屋錦之介と中村嘉葎雄をバックアップした。 長男の幹弘は長じて歌舞伎役者となり、自らの旧名跡を襲名させて二代目中村獅童とした。東映を退職した後、息子のために有限会社中村獅童事務所を設立し、会長として采配を振った。 2008年(平成20年)10月11日、胃癌のため東京都内の自宅で死去。79歳没。 脚注 外部リンク 小川三喜雄 - 文化庁日本映画情報システム。 (Wikipedia:中村獅童 (初代))


中村獅童 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

中村獅童 - アマゾン検索


「中村獅童」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す