[PR]

日別キーワード

第94位  風と共に去りぬ - 2019年01月08日


関連するイメージは見つかりませんでした



風と共に去りぬ
『風と共に去りぬ』(かぜとともにさりぬ、英語: Gone With the Wind)は、マーガレット・ミッチェルの長編時代小説。題名は南北戦争という「風」と共に、当時絶頂にあったアメリカ南部白人たちの貴族文化社会が消え「去った」事を意味する。 南北戦争下のジョージア州アトランタ市を背景に、アイルランド系移民の父と、アメリカ南部のフランス系名家出身の母を持つ気性の激しい南部の女、スカーレット・オハラの半生を、彼女を取り巻く人々ともども、壮大に描いた作品である。十年近い歳月を費やして執筆され、1936年6月30日に出版、翌年ピューリッツァー賞を受賞した。 初刊から大ベストセラーとなったが、ミッチェルの作品はこれのみで、他に出版は行わなかった。生前から続編の希望はあったが、ミッチェルが病弱であった為、本作の執筆と完成だけでも膨大な年月を要し、同時に海賊版に対する対応に追われたこともあって、本作以降の創作意欲を喪失してしまったからである。 (Wikipedia:風と共に去りぬ)

風と共に去りぬ (宝塚歌劇)
『風と共に去りぬ』(かぜとともにさりぬ)は、宝塚歌劇団のミュージカル作品。植田紳爾脚本・演出。原作はマーガレット・ミッチェルの小説『風と共に去りぬ』(原題:Gone with the Wind)。 1977年初演。初演時に人気を博して以降、繰り返し再演されている宝塚歌劇の看板演目のひとつ。5組すべてによって上演されており、2014年11月16日の12時公演にて、観客動員数300万人を突破。『ベルサイユのばら』に次ぐヒット作である。 ミュージカル版「風と共に去りぬ」としては、既に宝塚歌劇団と同系列の東宝により1970年「スカーレット」が上演されていたが、歌劇団では1974年の「ベルサイユのばら」(通称「ベルばら」)の大当たりを受けて、宝塚版「風と共に去りぬ」上演を企画する。 改めて上演権を取得、東宝版とは異なる脚本・楽曲を新たに書きおろして“「ベルばら」に続くヒット作に”との期待のもと初演された。 1977年初演当時、それまで宝塚歌劇では、老人役など脇役がヒゲを付けることはあっても、二枚目男役スターがヒゲを付けることは無かった。 (Wikipedia:風と共に去りぬ (宝塚歌劇))

風と共に去りぬ (映画)
『風と共に去りぬ』(かぜとともにさりぬ、原題: Gone with the Wind)とは、1939年に製作されたアメリカ映画。監督はヴィクター・フレミング。主演はヴィヴィアン・リーとクラーク・ゲーブル。日本での初公開は戦後の1952年。 1936年6月に出版されたマーガレット・ミッチェル原作の『風と共に去りぬ』が世界的ベストセラーとなり、早くも出版の翌月に映画製作者のデヴィッド・O・セルズニックが映画化権を獲得し、その後3年の歳月と当時の金額で390万ドルの製作費をかけて全編で3時間42分という大長編映画を完成させ、1939年12月15日にワールドプレミエとして初公開して空前の大ヒットとなった映画である。 (Wikipedia:風と共に去りぬ (映画))


風と共に去りぬ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

風と共に去りぬ - アマゾン検索


「風と共に去りぬ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す