[PR]

日別キーワード

第1位  どろろ - 2019年01月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



どろろ
『どろろ』は、手塚治虫による日本の少年漫画作品である。またそれを原作としたTVアニメ、実写映画、小説やそれらに出てくる登場人物の名前のこと。 戦国時代の北陸や能登半島を舞台に妖怪から自分の身体を取り返す旅をする少年・百鬼丸と、泥棒の子供・どろろ。この2人の妖怪との戦いや、乱世の時代の人々との事件を描く。 1967年8月27日号より『週刊少年サンデー』(小学館)で連載が始まるが、暗く、陰惨な内容が読者に受け入れられず、単行本では『無常岬の巻』にあたる話の1968年7月21日号の回で打ち切りとなる。テレビアニメ化に伴い掲載誌を替えて1969年、『冒険王』(秋田書店)で昭和44年5月号から10月号まで連載。5月号とその別冊付録、6月号に設定を一新した新たな内容の序盤が掲載され、続いて新作が連載され10月号で一応の完結をみるが、こちらもストーリーとしては中途までとなり、きちんとした物語の完結には至らなかった。 (Wikipedia:どろろ)

どろろと百鬼丸
『どろろ』より : 『どろろ』は、手塚治虫による日本の少年漫画作品である。またそれを原作としたTVアニメ、実写映画、小説やそれらに出てくる登場人物の名前のこと。 戦国時代の北陸や能登半島を舞台に妖怪から自分の身体を取り返す旅をする少年・百鬼丸と、泥棒の子供・どろろ。この2人の妖怪との戦いや、乱世の時代の人々との事件を描く。 1967年8月27日号より『週刊少年サンデー』(小学館)で連載が始まるが、暗く、陰惨な内容が読者に受け入れられず、単行本では『無常岬の巻』にあたる話の1968年7月21日号の回で打ち切りとなる。テレビアニメ化に伴い掲載誌を替えて1969年、『冒険王』(秋田書店)で昭和44年5月号から10月号まで連載。5月号とその別冊付録、6月号に設定を一新した新たな内容の序盤が掲載され、続いて新作が連載され10月号で一応の完結をみるが、こちらもストーリーとしては中途までとなり、きちんとした物語の完結には至らなかった。 (Wikipedia:どろろと百鬼丸)

どろろん艶靡ちゃん
『ドロロンえん魔くん』より : 『ドロロンえん魔くん』(ドロロンえんまくん)は、永井豪とダイナミックプロの日本の漫画作品。 本項では、これを原典として製作された複数のスピンアウト漫画作品および他メディア作品についても解説する。 『週刊少年サンデー』にて、1973年(昭和48年)9月30日号より1974年(昭和49年)3月31日号まで連載。並行して1973年10月4日から1974年3月28日までフジテレビ系列で毎週木曜日19時00分から19時30分に東映動画製作のテレビアニメ版全25話が放送された。合わせて永井豪本人が描く『小学三年生』をはじめ小学館の学年別学習雑誌、よいこ、小学館BOOK、小学館の幼稚園など10誌に石川賢、小山田つとむ、はまだよしみ、真樹村正らによるコミカライズが連載された。 同じジャンルの「ゲゲゲの鬼太郎」などとは毛色の違うユニークな創作妖怪も多数登場したが、中でもギャグ色の強い「電気あんま」「でたよう」のようなおちゃらけ系妖怪以外にも「デビルマン」を彷彿とさせる異形の敵も登場し、強敵としてたびたび妖怪パトロールを苦しめる展開もあった。 (Wikipedia:どろろん艶靡ちゃん)

どろろんぱっ!
『どろろんぱっ!』とは、室山まゆみの漫画作品。小学館『ぴょんぴょん』に連載された。てんとう虫コミックスのレーベルより全5巻。また、それを原作としたテレビアニメ。 ストーリー 死んでから100年以上も人間界に漂う「小野小町」という幽霊少女が、ある家庭に住み着き騒動を起こすギャグ作品。他の幽霊や妖怪も登場するホラーコメディ的な展開、終盤では非常にシリアスな展開もある。 キャラクター 小野 小町(おの こまち)(声:白石冬美) 100年前に死んで成仏しないままあんこの家に居候しているおばけ、心霊学上では浮遊霊に属する。お気楽かつ脳天気な性格でどこか憎めない。幽霊としては、一応壁抜けやラップ音、ポルターガイスト現象を起こす事が出来るが、どれも大した事が無いので「のーなしおばけ」と呼ばれる。明治時代の生まれだけあって、意外にも手先は器用で料理も上手い。弱点はあんこの数珠や藻奈寛じーさんのお札。劇中ではあんこ、アンジーと共に三バカトリオと呼ばれている。原作では自分とは違って時と共に成長し変わっていくあんこの姿に寂しさを感じ、彼女が中学生の時に世界中を回ってから成仏することを決心し家を出て行った。 (Wikipedia:どろろんぱっ!)

どろろ (映画)
『どろろ』は、2007年1月27日公開の日本映画、手塚治虫の漫画どろろの実写映画版である。製作は「どろろ」製作委員会。制作プロダクションはツインズジャパン。配給は東宝。ヨーロッパ、アジア、アメリカを含む24カ国で配給された。 第七回(2007年度)日本映画テレビ技術協会映像技術賞ではVFX、劇映画部門を受賞した。 原作は室町時代後期から戦国時代前期を舞台にしていたが、本作は架空の異世界を舞台にし所々に現代的な物品が盛り込まれ、ジャパニーズ・ファンタジーとも言うべき内容となっている。 興行で大ヒットとなり、『2』『3』の続編製作が決定と公告された。2007年当時の一部報道では、総製作費はプロデューサーの独断で当初見積を大幅に超過した第1作の20億円を上回り、第2、3作を合わせて計60億円となると報じられ、第2作は2009年公開を目指し作業中だと報じられていたが、実現することは無かった。 (Wikipedia:どろろ (映画))

どろろ (映画)
『どろろ』は、2007年1月27日公開の日本映画、手塚治虫の漫画どろろの実写映画版である。製作は「どろろ」製作委員会。制作プロダクションはツインズジャパン。配給は東宝。ヨーロッパ、アジア、アメリカを含む24カ国で配給された。 第七回(2007年度)日本映画テレビ技術協会映像技術賞ではVFX、劇映画部門を受賞した。 原作は室町時代後期から戦国時代前期を舞台にしていたが、本作は架空の異世界を舞台にし所々に現代的な物品が盛り込まれ、ジャパニーズ・ファンタジーとも言うべき内容となっている。 興行で大ヒットとなり、『2』『3』の続編製作が決定と公告された。2007年当時の一部報道では、総製作費はプロデューサーの独断で当初見積を大幅に超過した第1作の20億円を上回り、第2、3作を合わせて計60億円となると報じられ、第2作は2009年公開を目指し作業中だと報じられていたが、実現することは無かった。 (Wikipedia:どろろ (映画))


どろろ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

どろろ - アマゾン検索


「どろろ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す