[PR]

日別キーワード

第11位  筑波大学 - 2019年01月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



筑波大学
筑波大学(つくばだいがく、英語: University of Tsukuba)は、茨城県つくば市天王台一丁目1番1号に本部を置く日本の国立大学である。1973年に設置された。大学の略称は特にないが、筑波(つくば)、筑波大(つくばだい)、波大(ばだい)、筑大(つくだい)などと呼ばれている。 大学全体 1872年(明治5年)に日本で最初に設立された師範学校を創基とする東京師範学校(のち東京教育大学)を前身とする大学で、昌平坂学問所(昌平黌)を一部引き継ぐ形で設立された経緯もあり、その創立は日本で最も古い大学群の一つとなる。キャンパスが狭隘で分散していたので1963年(昭和38年)8月27日に閣議決定された筑波研究学園都市への移転が議論されたが、教授会間の意見のズレ・学生運動による入試中止があり、大学改革議論の中で、1973年(昭和48年)10月に新構想大学として東京教育大学を母体に発足した。 (Wikipedia:筑波大学)

筑波大学附属駒場高校
『筑波大学附属駒場中学校・高等学校』より : 筑波大学附属駒場中学校・高等学校(つくばだいがくふぞくこまばちゅうがっこう・こうとうがっこう、Junior and Senior High School at Komaba, University of Tsukuba)は、東京都世田谷区池尻四丁目にある国立中学校・高等学校。中高一貫制男子校。通称は「筑駒」(つくこま)。 入試難易度は首都圏の中高一貫校の中でトップとされる。 1947年(昭和22年)に、旧制東京農業教育専門学校の附属(新制)中学校として設立された国立の進学校。その後、1952年に東京教育大学附属駒場中学校・高等学校(通称は「教駒」)と改称した。国立の中学校・高等学校では唯一の男子校でもある。筑波大学の附属校であるが、同大学への特別な内部進学枠は有していない。1学年の生徒数は中学120名、高校160名である。 「駒場の自由」「六年間の自由空間」といった言葉で語られる自由な校風で知られる。中・高共に制服のない私服校である。また、伝統としてかつて駒場農学校のあった場所で、水田における稲作実習を実施している。 (Wikipedia:筑波大学附属駒場高校)

筑波大学附属駒場中学校・高等学校
筑波大学附属駒場中学校・高等学校(つくばだいがくふぞくこまばちゅうがっこう・こうとうがっこう、Junior and Senior High School at Komaba, University of Tsukuba)は、東京都世田谷区池尻四丁目にある国立中学校・高等学校。中高一貫制男子校。通称は「筑駒」(つくこま)。 入試難易度は首都圏の中高一貫校の中でトップとされる。 1947年(昭和22年)に、旧制東京農業教育専門学校の附属(新制)中学校として設立された国立の進学校。その後、1952年に東京教育大学附属駒場中学校・高等学校(通称は「教駒」)と改称した。国立の中学校・高等学校では唯一の男子校でもある。筑波大学の附属校であるが、同大学への特別な内部進学枠は有していない。1学年の生徒数は中学120名、高校160名である。 「駒場の自由」「六年間の自由空間」といった言葉で語られる自由な校風で知られる。中・高共に制服のない私服校である。また、伝統としてかつて駒場農学校のあった場所で、水田における稲作実習を実施している。 (Wikipedia:筑波大学附属駒場中学校・高等学校)

筑波大学附属駒場高等学校
『筑波大学附属駒場中学校・高等学校』より : 筑波大学附属駒場中学校・高等学校(つくばだいがくふぞくこまばちゅうがっこう・こうとうがっこう、Junior and Senior High School at Komaba, University of Tsukuba)は、東京都世田谷区池尻四丁目にある国立中学校・高等学校。中高一貫制男子校。通称は「筑駒」(つくこま)。 入試難易度は首都圏の中高一貫校の中でトップとされる。 1947年(昭和22年)に、旧制東京農業教育専門学校の附属(新制)中学校として設立された国立の進学校。その後、1952年に東京教育大学附属駒場中学校・高等学校(通称は「教駒」)と改称した。国立の中学校・高等学校では唯一の男子校でもある。筑波大学の附属校であるが、同大学への特別な内部進学枠は有していない。1学年の生徒数は中学120名、高校160名である。 「駒場の自由」「六年間の自由空間」といった言葉で語られる自由な校風で知られる。中・高共に制服のない私服校である。また、伝統としてかつて駒場農学校のあった場所で、水田における稲作実習を実施している。 (Wikipedia:筑波大学附属駒場高等学校)

筑波大学附属駒場中学校
『筑波大学附属駒場中学校・高等学校』より : 筑波大学附属駒場中学校・高等学校(つくばだいがくふぞくこまばちゅうがっこう・こうとうがっこう、Junior and Senior High School at Komaba, University of Tsukuba)は、東京都世田谷区池尻四丁目にある国立中学校・高等学校。中高一貫制男子校。通称は「筑駒」(つくこま)。 入試難易度は首都圏の中高一貫校の中でトップとされる。 1947年(昭和22年)に、旧制東京農業教育専門学校の附属(新制)中学校として設立された国立の進学校。その後、1952年に東京教育大学附属駒場中学校・高等学校(通称は「教駒」)と改称した。国立の中学校・高等学校では唯一の男子校でもある。筑波大学の附属校であるが、同大学への特別な内部進学枠は有していない。1学年の生徒数は中学120名、高校160名である。 「駒場の自由」「六年間の自由空間」といった言葉で語られる自由な校風で知られる。中・高共に制服のない私服校である。また、伝統としてかつて駒場農学校のあった場所で、水田における稲作実習を実施している。 (Wikipedia:筑波大学附属駒場中学校)

筑波大学附属駒場
『筑波大学附属駒場中学校・高等学校』より : 筑波大学附属駒場中学校・高等学校(つくばだいがくふぞくこまばちゅうがっこう・こうとうがっこう、Junior and Senior High School at Komaba, University of Tsukuba)は、東京都世田谷区池尻四丁目にある国立中学校・高等学校。中高一貫制男子校。通称は「筑駒」(つくこま)。 入試難易度は首都圏の中高一貫校の中でトップとされる。 1947年(昭和22年)に、旧制東京農業教育専門学校の附属(新制)中学校として設立された国立の進学校。その後、1952年に東京教育大学附属駒場中学校・高等学校(通称は「教駒」)と改称した。国立の中学校・高等学校では唯一の男子校でもある。筑波大学の附属校であるが、同大学への特別な内部進学枠は有していない。1学年の生徒数は中学120名、高校160名である。 「駒場の自由」「六年間の自由空間」といった言葉で語られる自由な校風で知られる。中・高共に制服のない私服校である。また、伝統としてかつて駒場農学校のあった場所で、水田における稲作実習を実施している。 (Wikipedia:筑波大学附属駒場)

筑波大学の人物一覧
筑波大学の人物一覧は筑波大学に関係する人物の一覧記事。
前身である東京教育大学に関係する人物については、東京教育大学の人物一覧参照。
中井直正 - 電波天文学、筑波大学教授
田崎明 - 物理学者、筑波大学名誉教授
藤田光孝 - 物理学者
徳丸克巳 - 物理有機化学、筑波大学名誉教授
大饗茂 - 有機硫黄化学、筑波大学名誉教授
安藤亘 - 有機構造化学、筑波大学名誉教授
白川英樹 - 高分子化学、筑波大学名誉教授
細見彰 - 有機合成化学、有機化学、筑波大学名誉教授
安成哲三 - 気象学者。
宮本信也 - 発達行動小児科学
小川園子 - 行動神経内分泌学
米澤茂 - 教育哲学(西洋古代思想) 教授
清水一彦 - 教育制度 教授、管理職病
樋口直宏 - 授業分析 准教授
(Wikipedia:筑波大学の人物一覧)

筑波大学附属高等学校
『筑波大学附属中学校・高等学校』より : 筑波大学附属中学校・高等学校(つくばだいがくふぞくちゅうがっこう・こうとうがっこう、Junior and Senior High School at Otsuka, University of Tsukuba)は、東京都文京区大塚一丁目にある国立中学校・高等学校。通称は「筑附(つくふ)」、「附属(ふぞく)」。 1888年(明治21年)に高等師範学校(官立)の尋常中学科として江戸幕府直轄の昌平黌跡に設立されて以来、120年以上の歴史を有する国立の進学校。旧制中学校であった戦時中には特別科学学級が設置された。 1950年より男女共学となり、現在は中学校、高校ともに外部からの入学を受け入れているが、完全な中高一貫ではなく、中学から高校へは、内部連絡入試(一般入試とは異なる)を経て、男女それぞれ上位80%が進学できる。1学年の生徒数は中学205名、高校240名である。なお、中学では学年の3分の2程度、高校では3分の1程度が附属小学校からの内部進学者である。また、筑波大学の附属校であるが、同大学への特別な内部進学枠は存在しない。 (Wikipedia:筑波大学附属高等学校)

筑波大学附属中学校・高等学校
筑波大学附属中学校・高等学校(つくばだいがくふぞくちゅうがっこう・こうとうがっこう、Junior and Senior High School at Otsuka, University of Tsukuba)は、東京都文京区大塚一丁目にある国立中学校・高等学校。通称は「筑附(つくふ)」、「附属(ふぞく)」。 1888年(明治21年)に高等師範学校(官立)の尋常中学科として江戸幕府直轄の昌平黌跡に設立されて以来、120年以上の歴史を有する国立の進学校。旧制中学校であった戦時中には特別科学学級が設置された。 1950年より男女共学となり、現在は中学校、高校ともに外部からの入学を受け入れているが、完全な中高一貫ではなく、中学から高校へは、内部連絡入試(一般入試とは異なる)を経て、男女それぞれ上位80%が進学できる。1学年の生徒数は中学205名、高校240名である。なお、中学では学年の3分の2程度、高校では3分の1程度が附属小学校からの内部進学者である。また、筑波大学の附属校であるが、同大学への特別な内部進学枠は存在しない。 (Wikipedia:筑波大学附属中学校・高等学校)

筑波大学附属中学校
『筑波大学附属中学校・高等学校』より : 筑波大学附属中学校・高等学校(つくばだいがくふぞくちゅうがっこう・こうとうがっこう、Junior and Senior High School at Otsuka, University of Tsukuba)は、東京都文京区大塚一丁目にある国立中学校・高等学校。通称は「筑附(つくふ)」、「附属(ふぞく)」。 1888年(明治21年)に高等師範学校(官立)の尋常中学科として江戸幕府直轄の昌平黌跡に設立されて以来、120年以上の歴史を有する国立の進学校。旧制中学校であった戦時中には特別科学学級が設置された。 1950年より男女共学となり、現在は中学校、高校ともに外部からの入学を受け入れているが、完全な中高一貫ではなく、中学から高校へは、内部連絡入試(一般入試とは異なる)を経て、男女それぞれ上位80%が進学できる。1学年の生徒数は中学205名、高校240名である。なお、中学では学年の3分の2程度、高校では3分の1程度が附属小学校からの内部進学者である。また、筑波大学の附属校であるが、同大学への特別な内部進学枠は存在しない。 (Wikipedia:筑波大学附属中学校)

筑波大学附属桐が丘特別支援学校
校名=筑波大学附属桐が丘特別支援学校
過去校名=東京教育大学教育学部附属養護学校東京教育大学教育学部附属桐が丘養護学校東京教育大学附属桐が丘養護学校筑波大学附属桐が丘養護学校国立大学法人筑波大学附属桐が丘養護学校
国公私立=国立学校
設置者=筑波大学
設立年月日=1958年4月1日
創立記念日=
共学・別学=男女共学
学期=3学期制
郵便番号=173-0037
所在地=東京都板橋区小茂根2丁目2番12号
電話番号=03-3958-0181
FAX番号=03-3958-3901
筑波大学附属桐が丘特別支援学校(つくばだいがくふぞくきりがおかとくべつしえんがっこう、Special Needs Education School for the Physically Challenged, University of Tsukuba)は、筑波大学附属の特別支援学校。国立では唯一の肢体不自由者特別支援学校。東京都板橋区小茂根に所在している。
(Wikipedia:筑波大学附属桐が丘特別支援学校)

筑波大学附属坂戸高等学校
筑波大学附属坂戸高等学校(つくばだいがくふぞくさかどこうとうがっこう、Senior High School at Sakado, University of Tsukuba)は、埼玉県坂戸市千代田一丁目にある国立高等学校。筑波大学の附属校である。 埼玉県内では唯一の国立高等学校(国立大学法人が設置する大学の附属高等学校)である。1994年に全国で初めて総合学科を開設した(学科名は総合科学科)。略称は筑坂、筑波、国坂など。独自の英語名称として "University of Tsukuba Senior High School at Sakado" とその略称 "UTSS" が用いられる場合がある。男女共学。比較的に女子の割合が高い。登校の際は制服着用。2003年度から3年間文部科学省研究開発学校に指定、2005年度にはIT人材育成プロジェクト研究指定校に指定、2007年度から3年間サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト (SPP) 指定校に指定、2014年度から5年間スーパーグローバルハイスクール (SGH) 指定校に指定されている。 (Wikipedia:筑波大学附属坂戸高等学校)

筑波大学附属聴覚特別支援学校
校名=筑波大学附属聴覚特別支援学校
過去校名=楽善会訓盲院東京盲唖学校東京聾唖学校東京教育大学附属聾学校筑波大学附属聾学校
国公私立=国立学校
学校種別=特別支援学校
設置者=国立大学法人筑波大学
設立年月日=1875年5月22日
創立記念日=5月22日
創立者=楽善会
共学・別学=男女共学
学期=2学期制
学校コード=
E-mail=
郵便番号=272-8560
所在地=千葉県市川市国府台2-2-1
電話番号=047-371-4135
FAX番号=
E-mail=
筑波大学聴覚特別支援学校(つくばだいがくふぞくちょうかくとくべつしえんがっこう、Special Needs Education School for the Deaf, University of Tsukuba)とは、千葉県市川市国府台 (市川市) 国府台二丁目に所在している、筑波大学の附属特別支援学校(聾学校)。学校長は筑波大学の教授を兼任している。
(Wikipedia:筑波大学附属聴覚特別支援学校)

筑波大学附属桐が丘養護学校
筑波大学附属桐が丘特別支援学校(つくばだいがくふぞくきりがおかとくべつしえんがっこう、Special Needs Education School for the Physically Challenged, University of Tsukuba)は、東京都板橋区小茂根二丁目にある国立特別支援学校。筑波大学の附属学校で、国立では唯一の肢体不自由者特別支援学校でもある。 主に自宅からの通学生が所属する「本校」(所在地:東京都板橋区小茂根2-1-12)と、隣接する心身障害児総合医療療育センター内の肢体不自由児施設「整肢療護園」に入院する児童・生徒が所属する「施設併設学級」(所在地:東京都板橋区小茂根一丁目1番10号)の2つのキャンパスを有する。 学力試験による入学選考が行われる。 学区による入学制限はない。都内全域のほか、千葉県、神奈川県、埼玉県に在住する児童生徒が通学することもある。 肢体不自由の児童生徒に対しての有効な教育方法を検討・実践し、毎年、2月には肢体不自由教育実践研究協議会,8月には自立活動実践セミナーを開催している。 (Wikipedia:筑波大学附属桐が丘養護学校)

筑波大学附属聾学校
筑波大学聴覚特別支援学校(つくばだいがくふぞくちょうかくとくべつしえんがっこう、Special Needs Education School for the Deaf, University of Tsukuba)は、千葉県市川市国府台二丁目にある国立特別支援学校(聾学校)。筑波大学の附属学校で、学校長は筑波大学の教授を兼任している。 日本の国立聾学校は1つだけである。幼稚部、小学部、中学部、高等部普通科、高等部専攻科(ビジネス情報科、造形芸術科、歯科技工科)がある。また、造形芸術科、歯科技工科は全国の聾学校では1つだけである。寄宿舎を設置している。 聴覚障害者の間では「附属」または「附属聾学校」と略し、一方で「聴覚特別支援学校」と改名されたことに抵抗を持つ人もいる。。 沿革 1866年 - 福沢諭吉が「西洋事情」で、外国の盲聾唖教育を紹介した。 1871年 - 山尾庸三(工学頭)が盲唖学校創設の建白書を太政官に提出。 1875年 - 楽善会(らくぜんかい)が結成される。楽善会は、日本に聾学校や盲学校を作ろうという目的を持った者の集まり。 (Wikipedia:筑波大学附属聾学校)

筑波大学付属聾学校
『筑波大学附属聾学校』より : 筑波大学聴覚特別支援学校(つくばだいがくふぞくちょうかくとくべつしえんがっこう、Special Needs Education School for the Deaf, University of Tsukuba)は、千葉県市川市国府台二丁目にある国立特別支援学校(聾学校)。筑波大学の附属学校で、学校長は筑波大学の教授を兼任している。 日本の国立聾学校は1つだけである。幼稚部、小学部、中学部、高等部普通科、高等部専攻科(ビジネス情報科、造形芸術科、歯科技工科)がある。また、造形芸術科、歯科技工科は全国の聾学校では1つだけである。寄宿舎を設置している。 聴覚障害者の間では「附属」または「附属聾学校」と略し、一方で「聴覚特別支援学校」と改名されたことに抵抗を持つ人もいる。。 沿革 1866年 - 福沢諭吉が「西洋事情」で、外国の盲聾唖教育を紹介した。 1871年 - 山尾庸三(工学頭)が盲唖学校創設の建白書を太政官に提出。 1875年 - 楽善会(らくぜんかい)が結成される。楽善会は、日本に聾学校や盲学校を作ろうという目的を持った者の集まり。 (Wikipedia:筑波大学付属聾学校)

筑波大学附属視覚特別支援学校
校名=筑波大学附属視覚特別支援学校
過去校名=楽善会訓盲院東京盲唖学校東京盲学校東京教育大学附属盲学校筑波大学附属盲学校
国公私立=国立学校
学校種別=特別支援学校
設置者=国立大学法人筑波大学
設立年月日=1876年3月
創立記念日=
創立者=楽善会
共学・別学=男女共学
学期=2学期制
学校コード=
E-mail=
郵便番号=112-8684
所在地=東京都文京区目白台3ー27ー6
電話番号=03-3943-5421
FAX番号=03-3943-5410
E-mail=
筑波大学附属視覚特別支援学校(つくばだいがくふぞく しかくとくべつしえんがっこう、Special Needs Education School for the Visually Impaired, University of Tsukuba)は、東京都文京区目白台にある、筑波大学附属の国立学校 国立特別支援学校(盲学校)。
(Wikipedia:筑波大学附属視覚特別支援学校)

筑波大学医療技術短期大学部
筑波大学医療技術短期大学部(つくばだいがくいりょうぎじゅつたんきだいがくぶ、英語: College of Medical Technology and Nursing, University of Tsukuba)は、茨城県つくば市天王台1-1-1に本部を置いていた日本の国立大学である。1979年に設置された。大学の略称は医短。学生募集は2002年度まで、2006年廃止。現在は筑波大学医学群看護学類・医療科学類となっている。 大学全体 筑波大学医療技術短期大学部は1979年、筑波大学医学学群に併設された日本の国立短期大学。2つの学科を擁しており、修業年限は3年制をとっていた。 建学の精神(校訓・理念・学是) 筑波大学を参照。 教育および研究 筑波大学医療技術短期大学部は看護と臨床検査技師の養成を執り行っていた。臨床実習は主に筑波大学附属病院にて行われていた。 学風および特色 筑波大学に付設されるという形式をとって設立されたため、筑波大学に「学群・学類制」を設置することを定めた国立学校設置法第2章の2が適用されず、「学科制」を採用していた。 (Wikipedia:筑波大学医療技術短期大学部)

筑波大学附属盲学校
筑波大学附属視覚特別支援学校(つくばだいがくふぞく しかくとくべつしえんがっこう、Special Needs Education School for the Visually Impaired, University of Tsukuba)は、東京都文京区目白台3丁目にある、筑波大学附属の国立特別支援学校(盲学校)。なお、日本における国立の視覚特別支援学校(盲学校)は当校1校のみである。 学校施設の特色 校舎は鉄筋4階建てで、階段は4箇所。 このほか、敷地内には寄宿舎、体育館、プール、グラウンドなどがある。 指導科構成 幼稚部 小学部 中学部 高等部・普通科 高等部・音楽科 高等部専攻科・鍼灸手技療法科 高等部専攻科・鍼灸手技療法研修科 高等部専攻科・理学療法科 高等部専攻科・音楽科幼稚部、小学部の児童は、寄宿舎に入ることができないため、全員が通学生である。 (Wikipedia:筑波大学附属盲学校)

筑波大学学生新聞会
筑波大学学生新聞会(つくばだいがくがくせいしんぶんかい)は、筑波大学の学生新聞。創刊年は不明。
2003年11月現在、195号を数える。
日本の学生新聞 つくはたいかくかくせいしんふんかい
(Wikipedia:筑波大学学生新聞会)


筑波大学 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

筑波大学 - アマゾン検索


「筑波大学」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す