[PR]

日別キーワード

第37位  サイバーパンク - 2019年01月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



サイバーパンク
サイバーパンク(Cyberpunk)とは、1980年代に成立・流行したサイエンス・フィクションのサブジャンル、もしくは特定の運動、思想をさす。 代表的作家としては、ウィリアム・ギブスンがあげられる。 「サイバーパンク」という単語自体は、1980年代にブルース・ベスキ作の未成年の技術者集団を描いた短編のタイトルとして出現したが、その後の1985年にSF誌の編集者であり評論家であったガードナー・ドゾワによって、作風を指す新語として用いられ、SF界における思想、運動、スタイルをさす言葉となった。従来のハードコアSFや、スペースオペラ、サイエンスファンタジーなどに対するカウンターとしての思想、運動であり、それらを体現する小説に盛り込まれた要素・スタイルを抽出し、これをサイバーパンクと呼ぶ。 典型的なサイバーパンク作品では、人体や意識を機械的ないし生物工学的に拡張し、それらのギミックが普遍化した世界・社会において個人や集団がより大規模な構造(ネットワーク)に接続ないし取り込まれた状況(または取り込まれてゆく過程)などの描写を主題のひとつの軸とした。 (Wikipedia:サイバーパンク)


サイバーパンク - 関連ブログ

データが取得できませんでした

サイバーパンク - アマゾン検索


「サイバーパンク」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す