[PR]

日別キーワード

第57位  黒龍 - 2019年01月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



黒龍
『黒龍 (神格)』より : 黒竜(こくりゅう、拼音: hēilóng ヘイロン)は、中国や日本の神話に登場する竜の一種。名前通り全身の鱗が黒く、前足が2本しかない東洋の竜として描かれる事が多い。驪竜 (りりょう) とも呼ばれ、これは顎の下に貴重な珠を持っているともされる。多くの竜は、神聖なる存在として描かれる事が多いが、黒竜の場合は、そのイメージから災いをもたらす邪悪の化身として描かれる事が多く、白竜等の竜とは敵対関係にあったと言われている。 黒竜は、光を苦手としている為、普段は光が照らされる事すら無い深い海底で孤独に棲みついており、光の無い新月の夜のみ、その姿を海底から現す。この事からも、黒竜は海、又は闇を司る存在としても描かれている事が多く、海に住む魚達を乱獲する者達には罰を与え、海底に引きずり込むと言われている。 一部の地域では、黒竜を他の竜同様に、神聖な存在として祀ってもいる。五行思想においては、黒は北と同じく水に対応するので、黒竜を玄武と同様、『北方を守護する神聖な竜』としている異説がある。 (Wikipedia:黒龍)

黒龍江省
黒竜江省(こくりゅうこうしょう、中国語:黑龙江省、拼音:Hēilóngjiāng Shěng、英語:Heilongjiang)は、中華人民共和国の行政区分の一つ。省都はハルビン市。吉林省の北、内モンゴル自治区の東に位置する。中国の最北東部に位置し、北部はアムール川(黒竜江)をはさんでロシアと国境を接している。 地理 北はアムール川を隔ててロシア連邦極東連邦管区のハバロフスク地方、アムール州、ユダヤ自治州と接し、東はウスリー川を隔ててロシア極東連邦管区の沿海地方と接する。南は中国の吉林省、西は内モンゴル自治区のフルンボイル市と接す。 人口の90%超が漢族でその他に満洲族、モンゴル族、朝鮮族などが住む。 中国の重要な食糧生産基地のひとつでもあり、良質な黒豆(黒大豆)、大豆、小豆が栽培されている。 先秦時期には、粛慎(勿吉)、穢狛(濊貊)、東胡の三大民族系統の先住民がおり、粛慎は漢代には挹娄、魏晋には勿吉、隋唐には靺鞨、金代には女真と称し、清代になって満洲の名が起こった。 (Wikipedia:黒龍江省)

黒龍江
『アムール川』より : アムール川(アムールがわ、Амурアムール、ラテン文字転写の例:Amur、黒竜江 拼音: Hēilóngjiāng こくりゅうこう)は、ユーラシア大陸の北東部を流れる川である。中国では別に黒河、黒水などとも呼ばれる。上流部の支流を含めた全長4,368kmは世界8位、流域面積は185万5500km²で世界10位である。 地理 アムール川はモンゴル高原東部のロシアと中国との国境にあるシルカ川とアルグン川の合流点から生じ、中流部は中国黒竜江省とロシア極東地方との間の境界となっている。ロシアのハバロフスク付近で北東に流れを変えロシア領内に入り、オホーツク海のアムール・リマン(en:Amur Liman)に注ぐ。リマン(en)とは川の河口を指し、リマン海流は日本海を流れる海流である。オホーツク海の流氷は、アムール川からの流水により塩分濃度が薄くなったことによって凝固点が高くなった海水が氷結して形成される。 流域の都市 アムール川はロシア側のアムール州・ユダヤ自治州・ハバロフスク地方と中国側の黒竜江省との国境を成しており、川沿いの主要な都市としてはロシアのブラゴヴェシチェンスク、ハバロフスク、コムソモリスク・ナ・アムーレ、ニコラエフスク・ナ・アムーレ、中国側の黒河市・同江市などがある。 (Wikipedia:黒龍江)

黒龍 (神格)
黒龍(こくりゅう)は、中国又は日本の神話や空想に登場する龍の一種。名前通り全身の鱗が黒く、前足が2本しかない東洋の龍として描かれる事が多い。驪龍(りりょう)とも呼ばれ、これは顎の下に貴重な珠を持っているとも。多くの龍は、神聖なる存在として描かれる事が多いが、黒龍の場合は災いをもたらす邪悪の化身として描かれる事が多く、白龍等の龍とは敵対関係にあったと言われている。
黒龍は、光を苦手としている為、普段は光が照らされる事すら無い深い海底で孤独に棲みついており、光の無い新月の夜のみ、その姿を海底から現す。この事からも、黒龍は海、又は闇を司る存在としても描かれている事が多く、海に住む魚達を乱獲する者達には罰を与え、海底に引きずり込むと言われている。
(Wikipedia:黒龍 (神格))


黒龍 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

黒龍 - アマゾン検索


「黒龍」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す