[PR]

日別キーワード

第59位  阪急電車 - 2019年01月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



阪急電車
『阪急電鉄』より : 阪急電車(はんきゅうでんしゃ) 阪急電鉄が運転する電車。もしくは阪急電鉄の別名。 有川浩の連作短編小説集。以下の派生作品がある。いずれも「阪急電車 (小説)」を参照。 2008年に配信を開始したウェブコミック。 2011年に東宝系列で上映された映画。 2011年に関西テレビ放送で放送されたスピンオフドラマ。 (Wikipedia:阪急電車)

阪急電車 (小説)
『阪急電車』(はんきゅうでんしゃ)は、日本の小説家・有川浩の連作短編小説集。イラストは徒花スクモ。 映画版および漫画版についても本項で説明する。 作品概要 阪急今津線は、兵庫県宝塚市の阪急宝塚駅から兵庫県西宮市の西宮北口駅を経て阪急今津駅までを結ぶ。阪急神戸本線との接続駅であり運転系統が分割される西宮北口駅から宝塚駅までは、所要わずか14分のミニ路線である。この作品は、その宝塚 - 西宮北口間の8つの駅を舞台とし、その乗客が織り成す様々なエピソードを、1往復に当たる全16話で描写する。 幻冬舎の隔月刊の文芸雑誌『papyrus』にて全6回連載され、2008年1月22日に幻冬舎から単行本が刊行された。2010年8月5日には幻冬舎文庫版が発刊された。 それまでの有川の作品は、近未来、軍事、怪獣関係の設定を用いたものが多く存在するが、本作品では実世界を舞台にしている。高知県出身の作者は、大学時代に今津線の沿線に下宿していたが故、今津線が一番思い入れのある路線であるとのこと。 (Wikipedia:阪急電車 (小説))


阪急電車 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

阪急電車 - アマゾン検索


「阪急電車」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す