[PR]

日別キーワード

第60位  山田錦 - 2019年01月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



山田錦
山田錦(やまだにしき)は、イネ(稲)の品種の一つ。主に日本酒醸造に用いられており、酒造好適米の代表ともいわれる。 1923年(大正12年)に兵庫県明石市の兵庫県立農事試験場(現:兵庫県立農林水産技術総合センター(加西市))で山田穂と短稈渡船を人工交配させて誕生し、1928年(昭和3年)に兵庫県加東郡社町(現:加東市)の酒造米生産地(現:酒米試験地)で産地適応性の試験が行われた。1936年(昭和11年)に「山田錦」と名付けられ、兵庫県の奨励品種になった。その後、全国でも栽培されているが、全国の生産量8割を兵庫県産が占める。特に、三木市や加東市の一部は特A地区に指定されており、「酒米買うなら土地を買え」と言われるぐらいこの地区産のものが珍重されている(ただし、この地区指定は栽培地域の歴史的経緯に基づくものであり、必ずしも生産される米の品質を反映しているわけではない。 (Wikipedia:山田錦)


山田錦 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

山田錦 - アマゾン検索


「山田錦」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す