[PR]

日別キーワード

第80位  唐津 - 2019年01月09日


関連するイメージは見つかりませんでした



唐津
『唐津市』より : 唐津(からつ、たんじん) 唐津(からつ) 地名 唐津市 - 佐賀県の市。1932年に市制施行。2005年に周辺の町村との新設合併に伴い廃止、同日に同名の市を新設。市内で「唐津」と言われる場合、下記の唐津町・唐津村にあたる地域か、もしくは2004年まで存在した旧唐津市を指す。 唐津町 - 佐賀県東松浦郡に存在した町。1932年市制施行により唐津市になる。 唐津村 - 佐賀県東松浦郡に存在した村。1931年に唐津町に合併された。現唐津市。 北海道松前郡松前町にある地名。 焼物 唐津物 - 九州北部で作られ、唐津港から出荷された陶磁器の総称。昔は陶磁器全般について東日本で瀬戸物、西日本で唐津物と言われていたが、現在はあまり使われている呼称ではない。 唐津焼 - 江戸時代に唐津藩だった地域を生産地とする陶器。上記の「唐津物」とは異なり、他地域で焼かれた陶磁器を含まない。 船 唐津 (砲艦) - 日本海軍の砲艦。 人名 日本人の姓。詳しくは下の関連項目を参照。 (Wikipedia:唐津)

唐津市
唐津市(からつし)は、佐賀県の北西に位置し玄界灘に面する市。 旧東松浦郡。中心市街地は唐津藩の城下町が前身。唐津神社の秋季例大祭である唐津くんちや特別名勝の虹の松原、呼子朝市などで有名で、広大な面積に多数の観光資源を有する。 2005年に周辺の東松浦郡呼子町、鎮西町、肥前町、相知町、厳木町、浜玉町、北波多村と合併(新設合併)して新たに唐津市となった。また、2006年に七山村を編入した。 経済圏である唐津都市圏は唐津市及び玄海町で約13万人強の人口を擁しており大部分を唐津市が占めるが、近隣の福岡都市圏、佐賀都市圏方面に通勤・通学する市民も多い(旧浜玉町域は福岡都市圏の5%通勤通学圏、旧厳木町域は佐賀都市圏の10%通勤通学圏である)。 地理 地形 市域は松浦川・玉島川による平野部(唐津平野)と、上場(うわば)と呼ばれる丘陵性の玄武岩台地からなり、東は背振山地、西は伊万里湾、南は杵島山地、北は玄界灘(唐津湾)に面し、唐津湾には松浦川が注ぐ。 (Wikipedia:唐津市)

唐津町
『唐津市』より : 唐津市(からつし)は、佐賀県の北西に位置し玄界灘に面する市。 旧東松浦郡。中心市街地は唐津藩の城下町が前身。唐津神社の秋季例大祭である唐津くんちや特別名勝の虹の松原、呼子朝市などで有名で、広大な面積に多数の観光資源を有する。 2005年に周辺の東松浦郡呼子町、鎮西町、肥前町、相知町、厳木町、浜玉町、北波多村と合併(新設合併)して新たに唐津市となった。また、2006年に七山村を編入した。 経済圏である唐津都市圏は唐津市及び玄海町で約13万人強の人口を擁しており大部分を唐津市が占めるが、近隣の福岡都市圏、佐賀都市圏方面に通勤・通学する市民も多い(旧浜玉町域は福岡都市圏の5%通勤通学圏、旧厳木町域は佐賀都市圏の10%通勤通学圏である)。 地理 地形 市域は松浦川・玉島川による平野部(唐津平野)と、上場(うわば)と呼ばれる丘陵性の玄武岩台地からなり、東は背振山地、西は伊万里湾、南は杵島山地、北は玄界灘(唐津湾)に面し、唐津湾には松浦川が注ぐ。 (Wikipedia:唐津町)

唐津くんち
唐津くんち(からつくんち)は、佐賀県唐津市にある唐津神社の秋季例大祭である。 乾漆で製作された巨大な曳山(ひきやま)が、笛・太鼓・鐘(かね)の囃子にあわせた曳子(ひきこ)たちの「エンヤ、エンヤ」「ヨイサ、ヨイサ」の掛け声とともに、唐津市内の旧城下町を練り歩く。 祭り期間中の人出は延べ50万人を超える(唐津市の統計による)。昭和33年(1958年)に曳山14台が佐賀県の重要有形民俗文化財に、さらに昭和55年(1980年)には「唐津くんちの曳山行事」が国の重要無形民俗文化財に指定された。豪華な漆の工芸品の曳山は、現代の制作費に換算すると1~2億円に上るといわれている。 祭りの由来と遍歴 唐津神社の神職を務める戸川家の口碑によると、神輿の御神幸は寛文年間(1661年-1672年)に始まったとされる。今日の神幸行列のように曳山がこの祭りに登場するのは、一番曳山(いちばんやま)の「赤獅子(あかじし)」が文政2年(1819年)に奉納されてからのことである。 (Wikipedia:唐津くんち)

唐津線
唐津線(からつせん)は、佐賀県佐賀市の久保田駅から同県唐津市の西唐津駅に至る九州旅客鉄道(JR九州)の鉄道路線(地方交通線)である。 久保田駅で長崎本線から分岐し、多久駅・唐津駅を経て西唐津駅まで伸びており、佐賀県の県庁所在地である佐賀市と、多久市や唐津市といった佐賀県北西部地域を結ぶ地域輸送路線である。 筑紫平野から笹原峠を越え、厳木川・松浦川に沿って走っている。唐津炭田などから採掘された石炭を唐津港へ運ぶために建設された。 唐津駅 - 西唐津駅間はIC乗車カード「SUGOCA」の利用エリアに含まれている。なお唐津線の運行上の起点である長崎本線佐賀駅はSUGOCAの利用エリア内であるが、佐賀駅 - 久保田駅 - 唐津駅間は通過も含めてSUGOCAの利用は一切認められていない。 路線データ 管轄(事業種別):九州旅客鉄道(第一種鉄道事業者) 路線距離(営業キロ):42.5km 軌間:1067mm 駅数:13(起終点駅含む) 唐津線所属駅に限定した場合、起点の久保田駅(長崎本線所属)が除外され、12駅となる。 (Wikipedia:唐津線)

唐津藩
唐津藩(からつはん)は、肥前国唐津を支配した藩。居城は唐津城(佐賀県唐津市)。 藩史 寺沢広高は豊臣秀吉に仕え、1592年の文禄の役では肥前名護屋城の普請役、後方兵站の責任者を務めて功績を挙げたことにより、1593年に秀吉から名護屋を含む上松浦郡一帯およそ8万3000石を与えられ、長崎奉行に任じられた。慶長の役には朝鮮に渡海して活躍している。1600年の関ヶ原の戦いでは東軍に与して功績を挙げたことから、戦後に肥後国天草一郡およそ4万石を加増され、都合12万3000石を領する大名となって栄華を極めた。しかし広高の死後、その跡を継いだ寺沢堅高のとき、島原の乱が起こるとその乱が天草にも飛び火し(堅高は松倉勝家ほどではないが、やはり領民に厳しい政治を敷いていた)、戦後にそれを幕府から咎められて天草4万石を没収される。堅高はほどなくして心労により自殺し、堅高には嗣子がなかったため寺沢家は改易となった。 その後、播磨国明石藩より大久保忠隣の孫の大久保忠職が8万3000石で入る。その跡を継いだ大久保忠朝は、1674年に庄屋が領内を転勤する「転村庄屋制度」を創設、以後この制度は幕末まで続けられた。 (Wikipedia:唐津藩)

唐津城
唐津城(からつじょう)は、佐賀県唐津市東城内にあった日本の城である。別名は、舞鶴城(まいづるじょう)。 唐津市街の北部に位置し、松浦川が唐津湾に注ぐ河口の左岸、満島山に位置する。唐津湾に突き出た満島山上に本丸が配され、その西側に二の丸、三の丸が配された連郭式の平山城である。北面は唐津湾に面するため、海城ともいわれ、萩城とともに現在も直接海にそびえる石垣がみられる。松浦川の右岸には虹の松原(国の特別名勝)が広がり、満島山を中心に鶴が翼を広げたように見えることから舞鶴城とも呼ばれる。 江戸時代初期の慶長7年(1602年)から慶長13年(1608年)にかけて築城され、江戸時代を通じて唐津藩の藩庁となった。 廃城後、本丸は舞鶴公園となり、二の丸御殿跡に早稲田佐賀中学校・高等学校があり、その他二の丸・三の丸跡は市街化している。現存する遺構としては石垣、堀があり、模擬天守、復興の櫓や門が建てられ、石垣・堀が復元されている。麓から舞鶴公園上段広場までは高低差が34mあるため、斜行エレベーター(但し有料。 (Wikipedia:唐津城)

唐津焼
唐津焼(からつやき)は、近世初期以来、現在の佐賀県東部・長崎県北部で焼造された陶器の総称。日常雑器から茶器までさまざまな器種があり、作風・技法も多岐にわたる。茶碗は古くから「一楽二萩三唐津」と称されて名高い。分派の武雄古唐津焼と共に、日本の伝統的工芸品に指定されている。 唐津焼は、近世初頭から肥前国(現在の佐賀県および長崎県)に散在する諸窯で生産された陶器の総称である。唐津焼の名称は、製品が唐津の港から積み出されたことに由来するともいわれるが、定かではない。古唐津の窯跡は、現行の唐津市域のみならず佐賀県武雄市・伊万里市・有田町、長崎県佐世保市・平戸市などを含む広範囲に分布している。唐津市南部の旧・北波多村、旧相知町の区域には初期の古唐津の窯跡が残っているが、2005年の市町村合併以前の旧・唐津市の区域には古唐津の窯跡はほとんど残っていない。 伊万里、唐津などの肥前の陶磁器は、文禄元年から慶長3年(1592年から1598年)に至る豊臣秀吉による朝鮮半島への出兵,いわゆる文禄・慶長の役(壬申倭乱)の際に、朝鮮半島から同行してきた陶工たちが祖国の技術を伝え、開窯したというのが通説になっていた。 (Wikipedia:唐津焼)

唐津ケーブルテレビジョン
株式会社唐津ケーブルテレビジョン(からつけーぶるてれびじょん)は、佐賀県唐津市に本社があるケーブルテレビ局である。1964年4月に唐津商工会議所で有線テレビ施設「協同組合唐津ケーブルテレビジョン」を設立、1966年8月に全国唯一の生協法人となり業務拡張をはかる。2001年2月には「株式会社唐津ケーブルテレビジョン」へと変更した。 愛称 ぴ~ぷる 本社所在地 佐賀県唐津市東大島町3番11号 サービスエリア 佐賀県唐津市(呼子町・鎮西町地域を除く) 唐津ケーブルテレビジョンの自社整備は市街地であり、それ以外の地域・旧東松浦郡の地域については、合併前の自治体または合併後の唐津市がケーブルテレビ施設(唐津市有線テレビジョン)を整備し運営しており、BS・CS放送、インターネットのみ唐津ケーブルテレビジョンが提供している。 (Wikipedia:唐津ケーブルテレビジョン)

唐津鉄道事業部唐津運輸センター
『唐津鉄道事業部』より : 唐津鉄道事業部(からつてつどうじぎょうぶ)は、佐賀県唐津市の西唐津駅構内にある九州旅客鉄道(JR九州)の事業部の一つであり、本社鉄道事業本部の直轄。 管轄路線 ※管轄境界駅については、唐津鉄道事業部が管理を担当する駅を記載している。 筑肥線(全線) 唐津線(全線。但し、久保田駅は本社佐賀鉄道部の管轄。) 1991年6月1日:唐津鉄道事業部発足。 2001年4月1日:北部九州地域本社設立により、本社直轄から北部九州地域本社管轄に変更。 2010年4月1日:再度本社直轄に戻る。 2011年4月1日:検修部門を唐津車両センターに分離。 唐津運輸センター 唐津鉄道事業部唐津運輸センター(からつてつどうじぎょうぶからつうんゆセンター)は、唐津線西唐津駅付近にある九州旅客鉄道(JR九州)本社管轄の乗務員基地である。佐賀県唐津市西唐津1丁目6162番2号に所在する。 唐津車両センター 唐津鉄道事業部唐津車両センター(からつてつどうじぎょうぶからつしゃりょうセンター)は、唐津線西唐津駅付近にある九州旅客鉄道(JR九州)本社管轄の車両基地である。 (Wikipedia:唐津鉄道事業部唐津運輸センター)

唐津運輸区
『唐津鉄道事業部』より : 唐津鉄道事業部(からつてつどうじぎょうぶ)は、佐賀県唐津市の西唐津駅構内にある九州旅客鉄道(JR九州)の事業部の一つであり、本社鉄道事業本部の直轄。 管轄路線 ※管轄境界駅については、唐津鉄道事業部が管理を担当する駅を記載している。 筑肥線(全線) 唐津線(全線。但し、久保田駅は本社佐賀鉄道部の管轄。) 1991年6月1日:唐津鉄道事業部発足。 2001年4月1日:北部九州地域本社設立により、本社直轄から北部九州地域本社管轄に変更。 2010年4月1日:再度本社直轄に戻る。 2011年4月1日:検修部門を唐津車両センターに分離。 唐津運輸センター 唐津鉄道事業部唐津運輸センター(からつてつどうじぎょうぶからつうんゆセンター)は、唐津線西唐津駅付近にある九州旅客鉄道(JR九州)本社管轄の乗務員基地である。佐賀県唐津市西唐津1丁目6162番2号に所在する。 唐津車両センター 唐津鉄道事業部唐津車両センター(からつてつどうじぎょうぶからつしゃりょうセンター)は、唐津線西唐津駅付近にある九州旅客鉄道(JR九州)本社管轄の車両基地である。 (Wikipedia:唐津運輸区)

唐津鉄道事業部
唐津鉄道事業部(からつてつどうじぎょうぶ)は、佐賀県唐津市の西唐津駅構内にある九州旅客鉄道(JR九州)の事業部の一つであり、本社鉄道事業本部の直轄。 管轄路線 ※管轄境界駅については、唐津鉄道事業部が管理を担当する駅を記載している。 筑肥線(全線) 唐津線(全線。但し、久保田駅は本社佐賀鉄道部の管轄。) 1991年6月1日:唐津鉄道事業部発足。 2001年4月1日:北部九州地域本社設立により、本社直轄から北部九州地域本社管轄に変更。 2010年4月1日:再度本社直轄に戻る。 2011年4月1日:検修部門を唐津車両センターに分離。 唐津運輸センター 唐津鉄道事業部唐津運輸センター(からつてつどうじぎょうぶからつうんゆセンター)は、唐津線西唐津駅付近にある九州旅客鉄道(JR九州)本社管轄の乗務員基地である。佐賀県唐津市西唐津1丁目6162番2号に所在する。 唐津車両センター 唐津鉄道事業部唐津車両センター(からつてつどうじぎょうぶからつしゃりょうセンター)は、唐津線西唐津駅付近にある九州旅客鉄道(JR九州)本社管轄の車両基地である。 (Wikipedia:唐津鉄道事業部)

唐津新聞社
有限会社唐津新聞社(からつしんぶんしゃ)は、佐賀県唐津市千代田町に所在するチラシ広告の企画・制作・配布を行なう広告会社である。戦後長く、2008年1月1日付で廃刊になるまで、日刊地域紙(夕刊)唐津新聞を発行していたため、元新聞社でもある。 唐津東松浦地域のローカル情報を中心とした地域新聞、唐津新聞(夕刊)を発行していた。発行エリアは唐津市(一部を除く) (郵送:旧東松浦郡(現在一部が唐津市と合併)・県内外)。廃刊直前の公称発行部数は約5000部。 唐津新聞の廃刊後も会社は存続しており、現在は、集合チラシの企画・制作・配布が主な事業である。 1946年 2月14日- 唐津新聞 創刊 1946年 6月ころ- 日刊(週5-6回刊)化 2008年 1月1日- 廃刊 地域活動 1953年から始まった九州最古の花火大会「九州花火大会(唐津市松浦川河川敷で開催)」を2007年まで主催しており、それ以外にも地域活動を積極的に行っていた。 (Wikipedia:唐津新聞社)

唐津新聞
『唐津新聞社』より : 有限会社唐津新聞社(からつしんぶんしゃ)は、佐賀県唐津市千代田町に所在するチラシ広告の企画・制作・配布を行なう広告会社である。戦後長く、2008年1月1日付で廃刊になるまで、日刊地域紙(夕刊)唐津新聞を発行していたため、元新聞社でもある。 唐津東松浦地域のローカル情報を中心とした地域新聞、唐津新聞(夕刊)を発行していた。発行エリアは唐津市(一部を除く) (郵送:旧東松浦郡(現在一部が唐津市と合併)・県内外)。廃刊直前の公称発行部数は約5000部。 唐津新聞の廃刊後も会社は存続しており、現在は、集合チラシの企画・制作・配布が主な事業である。 1946年 2月14日- 唐津新聞 創刊 1946年 6月ころ- 日刊(週5-6回刊)化 2008年 1月1日- 廃刊 地域活動 1953年から始まった九州最古の花火大会「九州花火大会(唐津市松浦川河川敷で開催)」を2007年まで主催しており、それ以外にも地域活動を積極的に行っていた。 (Wikipedia:唐津新聞)

唐津東高等学校
『佐賀県立唐津東中学校・高等学校』より : 佐賀県立唐津東中学校・高等学校(さがけんりつからつひがしちゅうがっこう・こうとうがっこう, Saga Prefectural Karatsu-Higashi Junior High School and Senior High School)は、佐賀県唐津市鏡新開1番地に所在する県立中学校・高等学校。併設型中高一貫校。略称は「東校」、「東高」、「東中」。「鶴城(かくじょう)」の別名で呼ばれることもある。 高等学校の設置学科 普通科 旧制中学校が前身の県立普通科校。校地はかつて舞鶴公園に隣接する唐津城二の丸御殿跡地にあったが、2007年に現在地(松浦川東岸、東唐津駅付近)に移転している。 校歌は下村湖人(旧制唐津中学第六代校長)作詞、諸井三郎作曲。他に旧制中学時代の校歌が2つある。 制服は男子は一般的な黒色の詰襟学生服(中高でボタンが異なる)。女子は紺色のセーラー服(胸元に中学はリボン、高校はスカーフ。夏服は中学は白色、高校は水色)。 沿革 前史 1823年(文政6年) - 唐津藩第16代藩主小笠原長昌が藩校志道館を設立。 (Wikipedia:唐津東高等学校)

唐津湾
唐津湾(からつわん)は、玄界灘の南、佐賀県唐津市と福岡県糸島郡二丈町、志摩町に囲まれた湾である。日本百景に選定されている。
佐賀県告示(環境基本法に基づく公共用水域が該当する水質汚濁に係る環境基準の水域類型の指定)によれば、「福岡県糸島郡志摩町仏埼と同町姫島 (福岡県) 姫島東端を結ぶ線、同島西端と佐賀県唐津市荒埼を結ぶ線、同市兜鼻と同市女瀬鼻を結ぶ線及び陸岸により囲まれた海域」と定義されている。
(荒埼、兜鼻は、それぞれ神集島の地名である)
湾内には、佐賀県側に神集島、高島 (佐賀県) 高島、鳥島 (佐賀県) 鳥島が、福岡県側に姫島 (福岡県) 姫島がある。
湾には、佐賀県側で佐志川、松浦川、玉島川などが注いでいる。
佐賀県側では鏡山 (佐賀県) 鏡山から、また高島 (佐賀県) 高島から唐津城や虹の松原の景観が、福岡県側では九州旅客鉄道筑肥線(唐津駅から筑前深江駅の間)、二丈浜玉有料道路吉井インター付近からの景観が良好である。
(Wikipedia:唐津湾)

唐津郡
郡内を西海岸高速道路が通る。
山:峨嵋山
河川:揷橋川
湖沼:揷橋湖
牙山市、瑞山市、礼山郡
1995年6月27日 - 郡守選、金洛聖が当選。
1998年6月4日 - 郡守選、金洛聖が再選。
2002年6月13日 - 郡守選、金洛聖が三選。
2004年6月5日 - 郡守選、閔宗基が当選。
2006年5月31日 - 郡守選、閔宗基が再選。
郡守:閔宗基
スノホミッシュ郡 (ワシントン州) スノホミッシュ郡(アメリカ合衆国 ワシントン州)
(提携時期不明)
バーゲン郡 (ニュージャージー州) バーゲン郡(アメリカ合衆国 ニュージャージー州)
2000年12月1日友好親善交流協定締結
鉄嶺 鉄嶺市(中華人民共和国 遼寧省)
2002年8月28日友好親善交流協定締結
汪清県(中華人民共和国 吉林省延辺朝鮮族自治州)
(Wikipedia:唐津郡)

唐津道路
西九州自動車道(にしきゅうしゅうじどうしゃどう、英語: NISHI-KYUSHU EXPRESSWAY)は、福岡県福岡市から佐賀県唐津市・長崎県佐世保市などを経由し、佐賀県武雄市で長崎自動車道に接続する延長約150kmの高速道路(国土交通大臣指定に基づく高規格幹線道路(一般国道の自動車専用道路))である。全線が国道497号に指定されている。一般的に西九州道(にしきゅうしゅうどう)とも略される。 通過市町村 福岡県 福岡市(西区) - 糸島市 佐賀県 唐津市 - 伊万里市 長崎県 松浦市 - 佐世保市 - 北松浦郡佐々町 - 佐世保市 - 東彼杵郡波佐見町 佐賀県 武雄市 国道497号 国道497号標識 一般国道の路線を指定する政令および一般国道の指定区間を指定する政令に基づく一般国道497号の概要は以下の通り。 (Wikipedia:唐津道路)

唐津市文化体育館
『体育の森公園』より : 体育の森公園(たいいくのもりこうえん)は、日本の佐賀県唐津市にある多目的スポーツ複合施設である。 位置と交通 住所は唐津市和多田大土井1番。松浦川の西岸にある。 最寄り鉄道駅は筑肥線和多田駅。国道202号唐津バイパス大土井交差点そば。 施設 唐津市文化体育館 体育の森公園の中心的施設。室内競技場は屋内スポーツ大会の会場となる他、普段は地元の高校生らが部活の練習で使用している。文体(ぶんたい)という略称で呼ばれることがある。 文化施設としての機能をあわせ持つ。選挙の時は開票所となる。 体育施設 多目的室内競技場 柔道場 剣道場 弓道場 男女別トレーニング室平成19年度全国高等学校総合体育大会では弓道とバスケットボールの会場となった。トレーニング室はカビやサビがひどく、設備が老朽化しており、ウェイトプレートは全部合わせても150kgに満たない。室内は指導員が常駐せず防犯カメラで監視するのみであり、ダンベルの止め金具が壊れているなど、安全面での問題がある。 (Wikipedia:唐津市文化体育館)

唐津市陸上競技場
『体育の森公園』より : 体育の森公園(たいいくのもりこうえん)は、日本の佐賀県唐津市にある多目的スポーツ複合施設である。 位置と交通 住所は唐津市和多田大土井1番。松浦川の西岸にある。 最寄り鉄道駅は筑肥線和多田駅。国道202号唐津バイパス大土井交差点そば。 施設 唐津市文化体育館 体育の森公園の中心的施設。室内競技場は屋内スポーツ大会の会場となる他、普段は地元の高校生らが部活の練習で使用している。文体(ぶんたい)という略称で呼ばれることがある。 文化施設としての機能をあわせ持つ。選挙の時は開票所となる。 体育施設 多目的室内競技場 柔道場 剣道場 弓道場 男女別トレーニング室平成19年度全国高等学校総合体育大会では弓道とバスケットボールの会場となった。トレーニング室はカビやサビがひどく、設備が老朽化しており、ウェイトプレートは全部合わせても150kgに満たない。室内は指導員が常駐せず防犯カメラで監視するのみであり、ダンベルの止め金具が壊れているなど、安全面での問題がある。 (Wikipedia:唐津市陸上競技場)


唐津 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

唐津 - アマゾン検索


「唐津」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す