[PR]

日別キーワード

第1位  文部科学省 - 2019年01月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



文部科学省
文部科学省(もんぶかがくしょう、英語: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, 略称:MEXT、文科省)は、日本の行政機関の一つ。 教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術、スポーツおよび文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うことを任務とする(文部科学省設置法3条)。 中央合同庁舎第7号館東館に所在している。2004年(平成16年)1月から2008年(平成20年)1月までの期間、新庁舎への建替えのため丸の内の旧三菱重工ビルを仮庁舎とした(現在はみずほフィナンシャルグループの本社として使用されている)。 上記の文部科学省設置法第3条に示された任務を達成するため、文部科学省は、教育、科学技術、学術、文化、および健常者スポーツ(障害者スポーツは厚生労働省の管轄)の振興に関する事項をつかさどる。 (Wikipedia:文部科学省)

文部科学省検定済教科書
『教科用図書』より : 文部科学省検定済教科書(もんぶかがくしょう けんていずみきょうかしょ)とは、学校教育のうち、初等教育の課程、中等教育の課程(高等専門学校の課程を除く)に用いられる、文部科学大臣の検定を経た図書のことである。 学校教育法(昭和22年法律第26号)においては、次のように定められている。 (小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校の小学部、特別支援学校の中学部、特別支援学校の高等部)においては、文部科学大臣の検定を経た教科用図書又は文部科学省が著作の名義を有する教科用図書を使用しなければならない。 前項の教科用図書以外の図書その他の教材で、有益適切なものは、これを使用することができる。 第1項の検定の申請に係る教科用図書に関し調査審議させるための審議会等(国家行政組織法(昭和23年法律第120号)第8条に規定する機関をいう。以下同じ。)については、政令で定める。(旧第21条・新34条、旧第40条・新49条、旧第51条・新62条、旧第51条の9・新70条、旧第76条・新82条) このうち、「文部科学大臣の検定を経た教科用図書」は、「文部科学省検定済教科書」と、学校教育法に基づく「教科用図書検定規則」(平成元年文部省令第20号)において記載し、「教科書の発行に関する臨時措置法」(昭和23年法律第132号)に基づく「教科書の発行に関する臨時措置法施行規則」(昭和23年文部省令第15号)において表示することとされている。 (Wikipedia:文部科学省検定済教科書)

文部科学省著作教科書
『教科用図書』より : 教科用図書(きょうかようとしょ)は、日本の学校教育法に基づいて、初等教育・中等教育において主たる教材として使用される図書のことである。「教科書」とも呼ばれるが、「教科書」には「教科書に準ずるもの」として「地図」が含まれること(この場合の「地図」は、「教科書」として法令上みなされている)、また、一部に「教科書以外の教科用図書」(この場合の図書は「教科書」とはされていない)が使用されていることに留意を要する。 教科用図書については、元々、学校で教科を教えるために用いられたことから、教科書とも呼ばれることが多い。 初等教育・中等教育の学校では、文部科学省(旧文部省)が公示する「教科用図書検定基準」に合致した教科用図書を使用しなければならない。なお、教科用図書検定基準においては、学習指導要領に準拠することが示唆されている。教科用図書には、文部科学省の教科用図書検定に合格した「文部科学省検定済教科書」(いわゆる検定済教科書)や「文部科学省著作教科書」、あるいはそのどちらにも属さない「教科書以外の教育用図書」(学校教育法第107条に基づく教科用図書)がある。 (Wikipedia:文部科学省著作教科書)

文部科学省スーパーサイエンスハイスクール
『スーパーサイエンスハイスクール』より : スーパーサイエンスハイスクールとは文部科学省が科学技術や理科・数学教育を重点的に行う高校を指定する制度のことである。SSHと略記される。2002年(平成14年)度に構造改革特別要求として約7億円の予算が配分され、開始された。 2007年(平成19年)度予算では約14億4443万円、2010年(平成22年)度予算では約20億6500万円、2011年(平成23年)度予算では約24億400万円が配分されており、増額傾向にある。 目的 目的は「高等学校及び中高一貫教育校における理科・数学に重点を置いたカリキュラムの開発、大学や研究機関等との効果的な連携方策についての研究を推進し、将来有為な科学技術系人材の育成に資する」とされている。 なお、第二次世界大戦末期にも同様の目的を持った「特別科学学級」という制度が存在した。 年度ごとの指定校数は以下の通り。 2002年(平成14年)度 - 26校 2003年(平成15年)度 - 26校 2004年(平成16年)度 - 20校 2005年(平成17年)度 - 22校(2002年(平成14年)度指定校の新規指定10校含む) 2006年(平成18年)度 - 31校(2003年(平成15年)度指定校の新規指定12校含む) 2007年(平成19年)度 - 31校(2002年(平成14年)度~2004年(平成16年)度指定校の新規指定18校含む) 2008年(平成20年)度 - 13校(2003年(平成15年)度~2004年(平成16年)度指定校の新規指定5校含む) 2009年(平成21年)度 - 9校(2006年(平成18年)度指定校の新規指定2校含む) 2010年(平成22年)度 - 36校 2011年(平成23年)度 - 38校(2006年(平成18年)度指定校の新規指定18校含む) 2012年(平成24年)度 - 73校(2007年(平成19年)度指定校の新規指定38校含む) 2013年(平成25年)度 - 43校 2014年(平成26年)度 - 9校 2015年(平成27年)度 - 25校2014年(平成26年)度現在204校が指定されている。 (Wikipedia:文部科学省スーパーサイエンスハイスクール)

文部科学省 (日本)
『文部科学省』より : 文部科学省(もんぶかがくしょう、英語: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, 略称:MEXT、文科省)は、日本の行政機関の一つ。 教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術、スポーツおよび文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うことを任務とする(文部科学省設置法3条)。 中央合同庁舎第7号館東館に所在している。2004年(平成16年)1月から2008年(平成20年)1月までの期間、新庁舎への建替えのため丸の内の旧三菱重工ビルを仮庁舎とした(現在はみずほフィナンシャルグループの本社として使用されている)。 上記の文部科学省設置法第3条に示された任務を達成するため、文部科学省は、教育、科学技術、学術、文化、および健常者スポーツ(障害者スポーツは厚生労働省の管轄)の振興に関する事項をつかさどる。 (Wikipedia:文部科学省 (日本))

文部科学省設置法
文部科学省設置法(もんぶかがくしょうせっちほう)は、文部科学省の設置並びに任務及びこれを達成するため必要となる明確な範囲の所掌事務を定めるとともに、その所掌する行政事務を能率的に遂行するため必要な組織を定めることを目的として制定された法律である。 構成 第一章 総則(第1条) 第二章 文部科学省の設置並びに任務及び所掌事務 第一節 文部科学省の設置(第2条) 第二節 文部科学省の任務及び所掌事務(第3条・第4条) 第三章 本省に置かれる職及び機関 第一節 特別な職(第5条) 第二節 審議会等 第一款 設置(第6条) 第二款 科学技術・学術審議会(第7条) 第三款 国立大学法人評価委員会(第8条) 第三節 特別の機関(第9条―第12条) 第四章 外局 第一節 設置(第13条) 第二節 スポーツ庁(第14条―第16条) 第三節 文化庁 第一款 任務及び所掌事務(第17条―第19条) 第二款 審議会等(第20条―第22条) 第三款 特別の機関(第23条) 第五章 雑則(第24条) 附則 関連項目 文部科学省 スポーツ庁 文化庁。 (Wikipedia:文部科学省設置法)


文部科学省 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ウズベキスタン - 2019年01月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



ウズベキスタン
ウズベキスタン共和国 Oʻzbekiston RespublikasiЎзбекистон Республикаси 国の標語:Oʻzbekiston kelajagi buyuk davlat(ウズベク語:ウズベキスタン、偉大な未来を持つ国) 国歌:ウズベキスタン共和国国歌 ウズベキスタンの位置 ウズベキスタン共和国(ウズベキスタンきょうわこく、ウズベク語: Oʻzbekiston Respublikasi)、通称ウズベキスタンは、中央アジアに位置する旧ソビエト連邦の共和国。 (Wikipedia:ウズベキスタン)

ウズベキスタン共和国
『ウズベキスタン』より : ウズベキスタン共和国 Oʻzbekiston RespublikasiЎзбекистон Республикаси 国の標語:Oʻzbekiston kelajagi buyuk davlat(ウズベク語:ウズベキスタン、偉大な未来を持つ国) 国歌:ウズベキスタン共和国国歌 ウズベキスタンの位置 ウズベキスタン共和国(ウズベキスタンきょうわこく、ウズベク語: Oʻzbekiston Respublikasi)、通称ウズベキスタンは、中央アジアに位置する旧ソビエト連邦の共和国。 (Wikipedia:ウズベキスタン共和国)

ウズベキスタン共和国国歌
ウズベキスタン共和国国歌(ウズベキスタンきょうわこくこっか、O‘zbekiston Respublikasining Madhiyasi)は、ウズベキスタンの国歌。下記に歌詞と曲を掲載する。
:Serquyosh, hur o‘lkam, elga baxt, najot,
:Sen o‘zing do‘stlarga yo‘ldosh, mehribon, mehribon!
:Yashnagay to abad ilmu fan, ijod,
:Shuhrating porlasin toki bor jahon!
::Oltin bu vodiylar - jon O‘zbekiston,
::Ajdodlar mardona ruhi senga yor!
::Ulug‘ xalq qudrati jo‘sh urgan zamon,
::Olamni mahliyo aylagan diyor!
:Bag‘ri keng o‘zbekning o‘chmas iymoni,
:Erkin, yosh avlodlar senga zo‘r qanot, zo‘r qanot!
:Istiqlol mash’ali, tinchlik posboni,
:Haqsevar, ona yurt, mangu bo‘l obod!
::Oltin bu vodiylar - jon O‘zbekiston,
::Ajdodlar mardona ruhi senga yor!
::Ulug‘ xalq qudrati jo‘sh urgan zamon,
::Olamni mahliyo aylagan diyor!
:日の光に照らされた魅力あふれる私の国よ。人々に幸せと助けを
(Wikipedia:ウズベキスタン共和国国歌)

ウズベキスタンの国旗
ウズベキスタンの国旗、1991年11月8日に制定された。 上の空色の帯は、青天と純水の象徴である。この色は、かつてティムールも自軍の旗に選んでいる。白色は、平和と純粋さの象徴である。下の緑色は、天恵の自然の具現である。各色の間には、赤色の細い帯が走り、生命力を象徴している。 上部の空色の帯状には、晴天を象徴する三日月と12個の星が描かれている。三日月は、イスラムとウズベク人の伝統に基づいている。12個の星が選ばれたのは、12という数字が完全性の象徴だと考えられているからである。 歴史的な旗 関連項目 国旗の一覧 ウズベキスタンの国章 参考文献 外部リンク ==。 (Wikipedia:ウズベキスタンの国旗)

ウズベキスタン航空
ウズベキスタン航空 (ウズベク語 : O‘zbekiston havo yo‘llari、ロシア語 : Узбекские Авиалинии、英語 : Uzbekistan Airways) は、ウズベキスタンのタシュケントを本拠地としている航空会社である。 沿革 ソビエト連邦崩壊後、ウズベキスタンのイスラム・カリモフ大統領は国立航空会社の設立を命じ、1992年1月28日にウズベキスタン航空が設立された。当初、国内の空港及び交通インフラの整備を意図とし、その後国際線業界での競争力の向上を目指した。それはこの航空会社の初フライトがタシュケント〜ロンドン線とされたことからも特徴づけられた。 国内線は過去アエロフロートに所属していた航空機を使用し開始された。国際線優先政策により、1993年よりエアバス機をリース。現在国際線航路ではエアバス機とボーイング機を混在して使用している。 現在ではタシュケントから国内外50都市を結ぶサービスを提供しており、国際空港5カ所を含む11カ所の空港を所有。 (Wikipedia:ウズベキスタン航空)

ウズベキスタンの政党
ウズベキスタンの政党(ウズベキスタンのせいとう)では、ウズベキスタンの政党について述べる。 大統領の権限が強力なウズベキスタンでは、議会および政党の権力は脆弱であり、その活動は活発ではない。 1991年の独立後しばらくは、ビルリク、エルクなどの野党勢力が活動していたが、1992年ごろから反対派勢力に対する抑圧が強まり、指導者の逮捕、野党の活動禁止などの弾圧が行われた。現在は、旧ウズベキスタン共産党から改組されたウズベキスタン人民民主党を中心とする諸政党がイスラム・カリモフ大統領の支持勢力として議会を支配している。カリモフ大統領はウズベキスタンの独立以来、自己献身・国民民主党に所属していたが、2007年にウズベキスタン自由民主党に移った。 最高会議に議席を有する政党 2004年に実施された総選挙では以下の5政党のみが選挙参加資格を認められた[1]。 ウズベキスタン人民民主党 (O'zbekiston Xalq Demokratik Partiyasi) - 1991年11月15日にウズベキスタン共産党から再編。 (Wikipedia:ウズベキスタンの政党)

ウズベキスタンの首相
ウズベキスタンの首相(うずべきすたんのしゅしょう)では、ウズベク・ソビエト社会主義共和国(1924年 - 1991年)の人民委員会議議長及び閣僚会議議長と、ウズベキスタン独立後の首相について記す。 45px ウズベク・ソビエト社会主義共和国 人民委員会議議長 ファイズッラ・ホジャエフ(1925年2月17日 - 1937年6月17日) アブドゥッラー・カリモフ(1937年7月26日 - 1937年10月1日) スルタン・セギズバエフ(1937年10月2日 - 1938年7月) アブドゥジャバル・アブドゥラフマノフ(1938年7月23日 - 1946年3月15日) 閣僚会議議長 アブドゥジャバル・アブドゥラフマノフ(1946年3月15日 - 1950年8月21日) アブドゥラザク・マフリャノフ(1950年8月21日 - 1951年3月18日) ヌリトディン・ムヒトディノフ(1951年3月18日 - 1953年4月7日) ウスマン・ユスポフ(1953年4月7日 - 1954年12月18日) ヌリトディン・ムヒトディノフ(1954年12月18日 - 1955年12月22日) サビル・カマロフ(1955年12月22日 - 1957年12月30日) マンスル・ミルザフメドフ(1957年12月30日 - 1959年3月16日) アリフ・アリモフ(1959年3月16日 - 1961年9月27日) ラフマンクル・クルバノフ(1961年9月27日 - 1971年2月25日) ナルマハンマディ・フダイベルディエフ(1971年2月25日 - 1984年12月3日) ガイラト・カディロフ(1984年12月3日 - 1989年10月21日) ミラフマト・ミルカシモフ(1989年10月21日 - 1990年3月24日) シュクルッラ・ミルサイドフ(1990年3月24日 - 1990年11月1日) 45px ウズベキスタン共和国 1991年にウズベキスタンがソビエト連邦から独立すると、大統領を補佐する役職として副大統領が置かれたが、1992年1月8日に副大統領の役職が廃止され、代わって首相職が新設された。 (Wikipedia:ウズベキスタンの首相)


ウズベキスタン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ディープラーニング - 2019年01月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



ディープラーニング
ディープラーニング、深層学習(英: deep learning)とは、多層構造のニューラルネットワーク(ディープニューラルネットワーク、英: deep neural network)の機械学習の事。汎用的なAI、いわゆる強いAIの実現が期待されている。概念・手法は1980年前後からあったが、2010年代に画像認識などから急速に盛り上がり、三度目の人工知能ブームと言われる。第三次ブーム以後は、機械学習は単なる流行を超えて社会インフラとして広く定着して行った。コグニティブコンピューティングの核となる技術でもある。 ディープラーニングは、ニューラルネットワークの多層化、特に3層以上のものに対し、1990年代に進められた脳、特に視覚野の研究や、「たった一つの学習理論(英語: One Learning Theory)」、ブルーノ・オルスホーゼンによるスパース・コーディング理論を基にしたアルゴリズムが実装されたものを指す。 (Wikipedia:ディープラーニング)


ディープラーニング - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  寒い朝 - 2019年01月12日


関連するイメージは見つかりませんでした




寒い朝 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  機動戦士ガンダム - 2019年01月12日


関連するイメージは見つかりませんでした



機動戦士ガンダム
『機動戦士ガンダム』(きどうせんしガンダム、MOBILE SUIT GUNDAM)は、日本サンライズ制作の日本のロボットアニメ。テレビシリーズアニメとして1979年から名古屋テレビほかで放映された。 『無敵超人ザンボット3』、『無敵鋼人ダイターン3』に続く日本サンライズのオリジナル作品第3作(ロボット第1期3部作の3作目)として、富野喜幸を監督に据え、玩具メーカーのクローバーをメインスポンサーとして企画・制作された。対象年齢を従来より引き上げた、ロボットものとしては最初のジュブナイルアニメである。 ロボットアクション以上に、主人公の社会的成長が物語の主軸に据えられている。また、戦争を舞台としたリアリティに富んだ人間ドラマと、ロボットを「モビルスーツ」と呼ばれる兵器の一種として扱う設定を導入したことで、1980年代初頭から半ばにかけての、後に“リアルロボットもの”と称されることになる一連のロボットアニメ変革の先駆けとなった。 (Wikipedia:機動戦士ガンダム)

機動戦士ガンダムSEED ASTRAYの登場人物
機動戦士ガンダムSEED ASTRAYの登場人物(きどうせんしガンダムシード アストレイのとうじょうじんぶつ)では、アニメ『機動戦士ガンダムSEED』の公式外伝『機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズ』の『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY(B及びR含む)』、『機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY』、『機動戦士ガンダムSEED C.E.73 Δ ASTRAY』、『機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS』、『機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY R』、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY B』、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY 天空の皇女』に登場する架空の人物を列挙する。 (Wikipedia:機動戦士ガンダムSEED ASTRAYの登場人物)

機動戦士ガンダムSEEDの登場人物
機動戦士ガンダムSEEDの登場人物(きどうせんしガンダムシードのとうじょうじんぶつ)では、アニメ『機動戦士ガンダムSEED』に登場する架空の人物を列挙する。 地球連合軍 アークエンジェル隊 = キラ・ヤマト = 声 - 保志総一朗 『機動戦士ガンダムSEED』の主人公。元は中立国オーブのコロニー・ヘリオポリスで平和な学生生活を過ごす工業カレッジの学生だったが、ふとしたことからストライクのパイロットとして地球・プラント間の戦争に巻き込まれることとなる。 目次へ移動する = マリュー・ラミアス = 声 - 三石琴乃 地球連合軍の新造戦艦アークエンジェルの艦長。 目次へ移動する = ムウ・ラ・フラガ = 声 - 子安武人 地球連合軍所属のMA・戦闘機パイロット。 目次へ移動する = ナタル・バジルール = 声 - 桑島法子 地球連合軍の新造戦艦アークエンジェルの副長。 目次へ移動する = フレイ・アルスター = 声 - 桑島法子 キラの通うカレッジの一期後輩。 (Wikipedia:機動戦士ガンダムSEEDの登場人物)

機動戦士ガンダムの登場人物 ジオン公国軍
機動戦士ガンダムの登場人物 ジオン公国軍(きどうせんしガンダムのとうじょうじんぶつ ジオンこうこくぐん)は、テレビアニメおよびアニメーション映画『機動戦士ガンダム』に登場する架空の人物のうち、ジオン公国軍の軍人および軍属、またはジオン公国の政治家など、主にジオンに関わる非民間人の内、あ行からさ行の人物を列挙する。 民間人に関しては機動戦士ガンダムの登場人物 民間人を、地球連邦軍に所属している人物は機動戦士ガンダムの登場人物 地球連邦軍を参照。また、特に説明が必要な人物は各人の項目を、ザビ家に属する人物に関してはザビ家を、黒い三連星に関しては黒い三連星を参照。 個別記事のある人物 クスコ・アル クラウレ・ハモン シャア・アズナブル シャリア・ブル 上記の人物は各人の項目を参照。 ガルマ・ザビ キシリア・ザビ ギレン・ザビ サスロ・ザビ ゼナ・ザビ 上記の人物はザビ家を参照。 オルテガ ガイア 上記の人物は黒い三連星を参照。 カラハ キャリオカ コーカ・ラサ ゴダール コノリー 上記の人物はマッドアングラー隊を参照。 (Wikipedia:機動戦士ガンダムの登場人物 ジオン公国軍)

機動戦士ガンダムの登場人物 ジオン公国軍 (あ行-さ行)
機動戦士ガンダムの登場人物 ジオン公国軍(きどうせんしガンダムのとうじょうじんぶつ ジオンこうこくぐん)は、テレビアニメ及びアニメーション映画『機動戦士ガンダム』に登場する架空の人物のうち、ジオン公国 ジオン公国軍の軍人及び軍属、またはジオン公国の政治家など、主にジオンに関わる非民間人の内あ行からさ行の人物を列挙する。
民間人に関しては機動戦士ガンダムの登場人物 民間人を、地球連邦軍に所属している人物は機動戦士ガンダムの登場人物 地球連邦軍を参照。また、特に説明が必要な人物は各人の項目を、ザビ家に属する人物に関してはザビ家を、黒い三連星に関しては黒い三連星を参照。
:上記の人物は各人の項目を参照。
:上記の人物はザビ家を参照。
(Wikipedia:機動戦士ガンダムの登場人物 ジオン公国軍 (あ行-さ行))

機動戦士ガンダムALIVE
タイトル=機動戦士ガンダムALIVE
サイズ=
説明=
ジャンル=
タイトル=
作者=高山瑞穂皆川ゆか
作画=
出版社=講談社
掲載誌=コミックボンボン
レーベル=
発売日=
開始=2006年11月
終了=2007年12月
冊数=
話数=
『機動戦士ガンダムALIVE』(きどうせんしガンダムアライブ)は、講談社『コミックボンボン』2006年11月号より2007年12月号まで連載されたガンダムシリーズの漫画作品。また、これとは別に2006年10月6日発売の「ガンダムマガジン」に掲載された、プロローグ的作品『機動戦士ガンダムALIVE エピソード0(ゼロ)』も存在する。
作者は高山瑞穂(漫画原作者 シナリオ担当は皆川ゆか)。
『コミックボンボン』休刊により長らく未完状態だったが、『テレビマガジン』まんが増刊『テレまんがヒーローズ』に掲載、それに加筆を施した最終巻(5巻)が2008年12月に発売。しかし、掲載誌休刊の影響を受けた事で、打ち切りに近い形で物語が完結したため、描写不足の感も否めない。
(Wikipedia:機動戦士ガンダムALIVE)

機動戦士ガンダムUC
『機動戦士ガンダムUC』(きどうせんしガンダムユニコーン、MOBILE SUIT GUNDAM UNICORN)は、福井晴敏による日本の小説。角川書店『ガンダムエース』誌上にて2007年2月号から2009年8月号まで連載された。また、これをストーリー原案とした同名のアニメ作品が制作されている。 アニメ『機動戦士ガンダム』を始めとした「宇宙世紀」を舞台とする作品で、アニメーション映画作品『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』から3年後の宇宙世紀0096年が主な舞台となっている。物語は宇宙世紀元年から始まり、その年に起こった宇宙世紀誕生や、一年戦争の発端にも関わるラプラス事件が物語の中核となっている。なお、時系列的に『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』に近い年代にあたるため、登場人物やメカニックの設定にもその内容が多く反映されている他、『機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』から発展させた設定も多い。 (Wikipedia:機動戦士ガンダムUC)

機動戦士ガンダムΖΖの登場人物
機動戦士ガンダムΖΖの登場人物(きどうせんしガンダムダブルゼータのとうじょうじんぶつ)は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』に登場する、架空の人物を列挙する。特に説明が必要な人物は各人の項目を参照。 なお、前作『機動戦士Ζガンダム』から引き続き登場する人物は、機動戦士Ζガンダムの登場人物または各人の項目を参照。 エゥーゴ(カラバ・アナハイム出向スタッフ含む) ここには、反地球連邦政府組織エゥーゴに所属する人物を挙げる。なお、カラバ籍で登場したのは事実上一人のためこちらに含める。 ジュドーと仲間たち ジュドー・アーシタ - 本作の主人公。サイド1のスペースコロニー「シャングリラ」で生活していた少年。シャングリラに寄港したエゥーゴの巡洋艦アーガマからΖガンダムを奪って売り払おうと仲間たちと共にアーガマに侵入するが、成り行きで同艦のクルーとなる。 イーノ・アッバーブ エル・ビアンノ ビーチャ・オーレグ モンド・アガケ ルー・ルカ = リィナ・アーシタ = (Leina Ashta, U.C.0077年3月3日 - ?) 声 - 岡本麻弥 / 仙台エリ(『GUNDAM EVOLVE../10』) 本作の主人公であるジュドー・アーシタの妹で本作のヒロインの一人。 (Wikipedia:機動戦士ガンダムΖΖの登場人物)

機動戦士ガンダムMSV
『モビルスーツバリエーション』より : モビルスーツバリエーション (MOBILE SUIT VARIATION: MSV) は、バンダイのプラモデルや講談社等の複数のメディアで展開されたガンダムシリーズのメカニックデザイン企画である。その後、本作アニメに登場したモビルスーツなどに対する先行試作機、局地対応型、専用機(パーソナルカスタム機)などのバリエーションの総称となった。なお、「モビルスーツバリエーション」という言葉が長すぎるため、略称のMSV(エムエスブイ)を用いることが多い。 なお本項では、続編企画として予定されていたMS-X(ペズン計画)についても併せて記述する。 シリーズとしての『モビルスーツバリエーション』 (MSV) という言葉は時と場合によって指す範囲が異なるが、おおむね以下の通りである。 バンダイのプラモデルシリーズとしての『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション』。 複数のメディアによる連載や資料集で展開されたメカニックデザイン企画としての『モビルスーツバリエーション』。 (Wikipedia:機動戦士ガンダムMSV)

機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション
『モビルスーツバリエーション』より : モビルスーツバリエーション (MOBILE SUIT VARIATION: MSV) は、バンダイのプラモデルや講談社等の複数のメディアで展開されたガンダムシリーズのメカニックデザイン企画である。その後、本作アニメに登場したモビルスーツなどに対する先行試作機、局地対応型、専用機(パーソナルカスタム機)などのバリエーションの総称となった。なお、「モビルスーツバリエーション」という言葉が長すぎるため、略称のMSV(エムエスブイ)を用いることが多い。 なお本項では、続編企画として予定されていたMS-X(ペズン計画)についても併せて記述する。 シリーズとしての『モビルスーツバリエーション』 (MSV) という言葉は時と場合によって指す範囲が異なるが、おおむね以下の通りである。 バンダイのプラモデルシリーズとしての『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション』。 複数のメディアによる連載や資料集で展開されたメカニックデザイン企画としての『モビルスーツバリエーション』。 (Wikipedia:機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション)

機動戦士ガンダムモビルスーツバリエーション
『モビルスーツバリエーション』より : モビルスーツバリエーション (MOBILE SUIT VARIATION: MSV) は、バンダイのプラモデルや講談社等の複数のメディアで展開されたガンダムシリーズのメカニックデザイン企画である。その後、本作アニメに登場したモビルスーツなどに対する先行試作機、局地対応型、専用機(パーソナルカスタム機)などのバリエーションの総称となった。なお、「モビルスーツバリエーション」という言葉が長すぎるため、略称のMSV(エムエスブイ)を用いることが多い。 なお本項では、続編企画として予定されていたMS-X(ペズン計画)についても併せて記述する。 シリーズとしての『モビルスーツバリエーション』 (MSV) という言葉は時と場合によって指す範囲が異なるが、おおむね以下の通りである。 バンダイのプラモデルシリーズとしての『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション』。 複数のメディアによる連載や資料集で展開されたメカニックデザイン企画としての『モビルスーツバリエーション』。 (Wikipedia:機動戦士ガンダムモビルスーツバリエーション)

機動戦士ガンダムMSX
『モビルスーツバリエーション』より : モビルスーツバリエーション (MOBILE SUIT VARIATION: MSV) は、バンダイのプラモデルや講談社等の複数のメディアで展開されたガンダムシリーズのメカニックデザイン企画である。その後、本作アニメに登場したモビルスーツなどに対する先行試作機、局地対応型、専用機(パーソナルカスタム機)などのバリエーションの総称となった。なお、「モビルスーツバリエーション」という言葉が長すぎるため、略称のMSV(エムエスブイ)を用いることが多い。 なお本項では、続編企画として予定されていたMS-X(ペズン計画)についても併せて記述する。 シリーズとしての『モビルスーツバリエーション』 (MSV) という言葉は時と場合によって指す範囲が異なるが、おおむね以下の通りである。 バンダイのプラモデルシリーズとしての『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション』。 複数のメディアによる連載や資料集で展開されたメカニックデザイン企画としての『モビルスーツバリエーション』。 (Wikipedia:機動戦士ガンダムMSX)

機動戦士ガンダムMS-X
『モビルスーツバリエーション』より : モビルスーツバリエーション (MOBILE SUIT VARIATION: MSV) は、バンダイのプラモデルや講談社等の複数のメディアで展開されたガンダムシリーズのメカニックデザイン企画である。その後、本作アニメに登場したモビルスーツなどに対する先行試作機、局地対応型、専用機(パーソナルカスタム機)などのバリエーションの総称となった。なお、「モビルスーツバリエーション」という言葉が長すぎるため、略称のMSV(エムエスブイ)を用いることが多い。 なお本項では、続編企画として予定されていたMS-X(ペズン計画)についても併せて記述する。 シリーズとしての『モビルスーツバリエーション』 (MSV) という言葉は時と場合によって指す範囲が異なるが、おおむね以下の通りである。 バンダイのプラモデルシリーズとしての『機動戦士ガンダム モビルスーツバリエーション』。 複数のメディアによる連載や資料集で展開されたメカニックデザイン企画としての『モビルスーツバリエーション』。 (Wikipedia:機動戦士ガンダムMS-X)

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYの登場人物
機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYの登場人物(きどうせんしガンダムダブルオーエイティースリースターダストメモリーのとうじょうじんぶつ)では、OVA『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』及びこれに付随した作品に登場する、架空の人物を列挙する。 特に説明が必要な人物は各人の項目を参照。 地球連邦軍 以下の人物の詳細は各項目を参照。 コウ・ウラキ エイパー・シナプス ジャミトフ・ハイマン バスク・オム 不死身の第四小隊 サウス・バニング アルファ・A・ベイト チャップ・アデル ベルナルド・モンシア アクラム・ハリダ Aclam Halidda 声 - 田原アルノ(OVA)、中村大樹(劇場版) アルビオンの航法士で階級は中尉。 (Wikipedia:機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYの登場人物)

機動戦士ガンダム スピリッツオブジオン
『機動戦士ガンダム スピリッツオブジオン』(きどうせんしガンダム スピリッツオブジオン)は、バンプレストより発売されたガンダムシリーズを題材とした、一連のアーケードゲームである。
『機動戦士ガンダム スピリッツオブジオン 〜修羅の双星〜』(~しゅらのそうせい)が、2006年12月下旬に発売された。
2007年9月21日には、続編の『機動戦士ガンダム スピリッツオブジオン 〜戦士の記憶〜』(~せんしのきおく)が、全国のゲームセンターで稼動した。
テレビシリーズ『機動戦士ガンダム』で敵役として登場したジオン公国軍のモビルスーツ・ザクIIに搭乗する二人のパイロットを主人公として、一年戦争を戦い抜くガンシューティングゲームである。
筐体に備えられたガンコントローラーはザクの武装である「ザクマシンガン」を模したものとなっており、これを画面へ向けて攻撃態勢、離して回避行動と再装填(リロード)をしながら地球連邦軍を倒していく。
(Wikipedia:機動戦士ガンダム スピリッツオブジオン)

機動戦士ガンダム 第08MS小隊の登場人物
機動戦士ガンダム 第08MS小隊の登場人物(きどうせんしガンダム だいゼロはちエムエスしょうたいのとうじょうじんぶつ)では、OVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』に登場する、架空の人物を列挙する。名前を五十音順にし、キャラクターの説明を参照する。 地球連邦軍 アリス・ミラー 声 - 高島雅羅 登場:『ミラーズ・リポート』 劇中の設定年齢:29歳地球連邦軍情報部所属の女性将校で、階級は少佐。ヒマラヤ山脈で救助されスパイ嫌疑の掛けられたシロー・アマダの軍歴調査のため、極東方面軍コジマ大隊基地を訪れた。 着任当初はシローに手錠を嵌めた部下のジェイコブを叱責したり軍上層部の見解に批判的な意見を吐くなど、さもシローの味方であるかのような好意的態度を見せていたが、それは彼女の罠だった。差し入れたコーヒーと吹きかけるタバコの煙に混入した自白剤の投与によって、アイナと難を逃れた山中での経緯を証言としてテープに録音した彼女は態度を一変させ、シローをスパイと決めつけるが如き口調で詰め寄る。 (Wikipedia:機動戦士ガンダム 第08MS小隊の登場人物)

機動戦士ガンダムF91の登場人物
機動戦士ガンダムF91の登場人物(きどうせんしガンダムエフきゅうじゅういちのとうじょうじんぶつ)は、アニメーション映画『機動戦士ガンダムF91』に登場する、架空の人物を列挙する。 また、特に説明が必要な人物は各人の項目を参照。 地球連邦軍(民間人、レジスタンス含む) ここには、地球連邦軍及びレジスタンスに所属する人物を挙げる。 以下の人物の詳細は各項目を参照。 シーブック・アノー セシリー・フェアチャイルド アーサー・ユング 声 - 松野太紀 フロンティア総合学園機械科の生徒で、シーブック・アノーの友人。16歳。明るい性格で、仲間内ではムードメーカー的な存在だったようだ。クロスボーン・バンガード襲撃当日に行われていた学園祭では、シシカバブーの露店「マハラジャ」を切り盛りしていた。 クロスボーン・バンガードの襲撃に対し、避難中に敵との徹底抗戦を訴えるロイ・ユングの呼び掛けに応じて、友人のサム・エルグ、ジョージ・アズマと共に戦闘に参加する。 (Wikipedia:機動戦士ガンダムF91の登場人物)

機動戦士ガンダムSEED DESTINYの登場人物
機動戦士ガンダムSEED DESTINYの登場人物(きどうせんしガンダムシード デスティニーのとうじょうじんぶつ)では、アニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する架空の人物を列挙する。 前作『機動戦士ガンダムSEED』から引き続き登場している人物は、『機動戦士ガンダムSEEDの登場人物』及び各人物の項を参照。 プラント / ザフト ミネルバクルー = シン・アスカ = 声 - 鈴村健一 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の主人公。ザフトの新造戦艦ミネルバのMSパイロット。 目次へ移動する = ルナマリア・ホーク = 声 - 坂本真綾 ザフトの新造戦艦ミネルバのMSパイロット。 目次へ移動する = レイ・ザ・バレル = 声 - 関俊彦 ザフトの新造戦艦ミネルバのMSパイロット。 目次へ移動する = タリア・グラディス = 声 - 小山茉美 ザフトの新造戦艦ミネルバの艦長。 (Wikipedia:機動戦士ガンダムSEED DESTINYの登場人物)

機動戦士ガンダムの登場人物 地球連邦軍
機動戦士ガンダムの登場人物 地球連邦軍(きどうせんしガンダムのとうじょうじんぶつ ちきゅうれんぽうぐん)は、テレビアニメ及びアニメーション映画『機動戦士ガンダム』に登場する架空の人物のうち、地球連邦軍に所属している人物を列挙する。 民間人に関しては機動戦士ガンダムの登場人物 民間人を、ジオン公国軍に所属している人物は機動戦士ガンダムの登場人物 ジオン公国軍 (あ行-さ行)と、機動戦士ガンダムの登場人物 ジオン公国軍 (た行-わ行)を、ザビ家の人間に関してはザビ家を、特に説明が必要な人物は各人の項目を参照。 個別記事のある人物 アムロ・レイ カイ・シデン カツ・ハウィン スレッガー・ロウ セイラ・マス テム・レイ ハヤト・コバヤシ ハロ ブライト・ノア フラウ・ボゥ マチルダ・アジャン ミライ・ヤシマ リュウ・ホセイ レビル 以上の人物に関しては各人の項目を参照。 (Wikipedia:機動戦士ガンダムの登場人物 地球連邦軍)

機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑の登場人物
機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑の登場人物(きどうせんしガンダム せんりゃくせんじゅつだいずかんのとうじょうじんぶつ)は、バンダイ発行の本 書籍『機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑』に登場する、架空の人物を列挙する。
特に説明が必要な人物は各人の項目を参照。なお、一部のゲーム作品では、本作のキャラクターと『モビルスーツバリエーション』(MSV) のキャラクターを誤認している場合があるため、それらのキャラクターについてはモビルスーツバリエーションの登場人物を参照。
また、コンピューターゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望』シリーズなどで声優 声の出演が行われている場合には、それも記述している。
以下の人物の詳細は各項目を参照。
(Wikipedia:機動戦士ガンダム 戦略戦術大図鑑の登場人物)


機動戦士ガンダム - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す