[PR]

日別キーワード

第2位  ウズベキスタン - 2019年01月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



ウズベキスタン
ウズベキスタン共和国 Oʻzbekiston RespublikasiЎзбекистон Республикаси 国の標語:Oʻzbekiston kelajagi buyuk davlat(ウズベク語:ウズベキスタン、偉大な未来を持つ国) 国歌:ウズベキスタン共和国国歌 ウズベキスタンの位置 ウズベキスタン共和国(ウズベキスタンきょうわこく、ウズベク語: Oʻzbekiston Respublikasi)、通称ウズベキスタンは、中央アジアに位置する旧ソビエト連邦の共和国。 (Wikipedia:ウズベキスタン)

ウズベキスタン共和国
『ウズベキスタン』より : ウズベキスタン共和国 Oʻzbekiston RespublikasiЎзбекистон Республикаси 国の標語:Oʻzbekiston kelajagi buyuk davlat(ウズベク語:ウズベキスタン、偉大な未来を持つ国) 国歌:ウズベキスタン共和国国歌 ウズベキスタンの位置 ウズベキスタン共和国(ウズベキスタンきょうわこく、ウズベク語: Oʻzbekiston Respublikasi)、通称ウズベキスタンは、中央アジアに位置する旧ソビエト連邦の共和国。 (Wikipedia:ウズベキスタン共和国)

ウズベキスタン共和国国歌
ウズベキスタン共和国国歌(ウズベキスタンきょうわこくこっか、O‘zbekiston Respublikasining Madhiyasi)は、ウズベキスタンの国歌。下記に歌詞と曲を掲載する。
:Serquyosh, hur o‘lkam, elga baxt, najot,
:Sen o‘zing do‘stlarga yo‘ldosh, mehribon, mehribon!
:Yashnagay to abad ilmu fan, ijod,
:Shuhrating porlasin toki bor jahon!
::Oltin bu vodiylar - jon O‘zbekiston,
::Ajdodlar mardona ruhi senga yor!
::Ulug‘ xalq qudrati jo‘sh urgan zamon,
::Olamni mahliyo aylagan diyor!
:Bag‘ri keng o‘zbekning o‘chmas iymoni,
:Erkin, yosh avlodlar senga zo‘r qanot, zo‘r qanot!
:Istiqlol mash’ali, tinchlik posboni,
:Haqsevar, ona yurt, mangu bo‘l obod!
::Oltin bu vodiylar - jon O‘zbekiston,
::Ajdodlar mardona ruhi senga yor!
::Ulug‘ xalq qudrati jo‘sh urgan zamon,
::Olamni mahliyo aylagan diyor!
:日の光に照らされた魅力あふれる私の国よ。人々に幸せと助けを
(Wikipedia:ウズベキスタン共和国国歌)

ウズベキスタンの国旗
ウズベキスタンの国旗、1991年11月8日に制定された。 上の空色の帯は、青天と純水の象徴である。この色は、かつてティムールも自軍の旗に選んでいる。白色は、平和と純粋さの象徴である。下の緑色は、天恵の自然の具現である。各色の間には、赤色の細い帯が走り、生命力を象徴している。 上部の空色の帯状には、晴天を象徴する三日月と12個の星が描かれている。三日月は、イスラムとウズベク人の伝統に基づいている。12個の星が選ばれたのは、12という数字が完全性の象徴だと考えられているからである。 歴史的な旗 関連項目 国旗の一覧 ウズベキスタンの国章 参考文献 外部リンク ==。 (Wikipedia:ウズベキスタンの国旗)

ウズベキスタン航空
ウズベキスタン航空 (ウズベク語 : O‘zbekiston havo yo‘llari、ロシア語 : Узбекские Авиалинии、英語 : Uzbekistan Airways) は、ウズベキスタンのタシュケントを本拠地としている航空会社である。 沿革 ソビエト連邦崩壊後、ウズベキスタンのイスラム・カリモフ大統領は国立航空会社の設立を命じ、1992年1月28日にウズベキスタン航空が設立された。当初、国内の空港及び交通インフラの整備を意図とし、その後国際線業界での競争力の向上を目指した。それはこの航空会社の初フライトがタシュケント〜ロンドン線とされたことからも特徴づけられた。 国内線は過去アエロフロートに所属していた航空機を使用し開始された。国際線優先政策により、1993年よりエアバス機をリース。現在国際線航路ではエアバス機とボーイング機を混在して使用している。 現在ではタシュケントから国内外50都市を結ぶサービスを提供しており、国際空港5カ所を含む11カ所の空港を所有。 (Wikipedia:ウズベキスタン航空)

ウズベキスタンの政党
ウズベキスタンの政党(ウズベキスタンのせいとう)では、ウズベキスタンの政党について述べる。 大統領の権限が強力なウズベキスタンでは、議会および政党の権力は脆弱であり、その活動は活発ではない。 1991年の独立後しばらくは、ビルリク、エルクなどの野党勢力が活動していたが、1992年ごろから反対派勢力に対する抑圧が強まり、指導者の逮捕、野党の活動禁止などの弾圧が行われた。現在は、旧ウズベキスタン共産党から改組されたウズベキスタン人民民主党を中心とする諸政党がイスラム・カリモフ大統領の支持勢力として議会を支配している。カリモフ大統領はウズベキスタンの独立以来、自己献身・国民民主党に所属していたが、2007年にウズベキスタン自由民主党に移った。 最高会議に議席を有する政党 2004年に実施された総選挙では以下の5政党のみが選挙参加資格を認められた[1]。 ウズベキスタン人民民主党 (O'zbekiston Xalq Demokratik Partiyasi) - 1991年11月15日にウズベキスタン共産党から再編。 (Wikipedia:ウズベキスタンの政党)

ウズベキスタンの首相
ウズベキスタンの首相(うずべきすたんのしゅしょう)では、ウズベク・ソビエト社会主義共和国(1924年 - 1991年)の人民委員会議議長及び閣僚会議議長と、ウズベキスタン独立後の首相について記す。 45px ウズベク・ソビエト社会主義共和国 人民委員会議議長 ファイズッラ・ホジャエフ(1925年2月17日 - 1937年6月17日) アブドゥッラー・カリモフ(1937年7月26日 - 1937年10月1日) スルタン・セギズバエフ(1937年10月2日 - 1938年7月) アブドゥジャバル・アブドゥラフマノフ(1938年7月23日 - 1946年3月15日) 閣僚会議議長 アブドゥジャバル・アブドゥラフマノフ(1946年3月15日 - 1950年8月21日) アブドゥラザク・マフリャノフ(1950年8月21日 - 1951年3月18日) ヌリトディン・ムヒトディノフ(1951年3月18日 - 1953年4月7日) ウスマン・ユスポフ(1953年4月7日 - 1954年12月18日) ヌリトディン・ムヒトディノフ(1954年12月18日 - 1955年12月22日) サビル・カマロフ(1955年12月22日 - 1957年12月30日) マンスル・ミルザフメドフ(1957年12月30日 - 1959年3月16日) アリフ・アリモフ(1959年3月16日 - 1961年9月27日) ラフマンクル・クルバノフ(1961年9月27日 - 1971年2月25日) ナルマハンマディ・フダイベルディエフ(1971年2月25日 - 1984年12月3日) ガイラト・カディロフ(1984年12月3日 - 1989年10月21日) ミラフマト・ミルカシモフ(1989年10月21日 - 1990年3月24日) シュクルッラ・ミルサイドフ(1990年3月24日 - 1990年11月1日) 45px ウズベキスタン共和国 1991年にウズベキスタンがソビエト連邦から独立すると、大統領を補佐する役職として副大統領が置かれたが、1992年1月8日に副大統領の役職が廃止され、代わって首相職が新設された。 (Wikipedia:ウズベキスタンの首相)


ウズベキスタン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ウズベキスタン - アマゾン検索


「ウズベキスタン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す