[PR]

日別キーワード

第16位  いすゞ - 2019年01月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



いすゞ
『いすゞ自動車』より : いすゞ自動車株式会社(いすずじどうしゃ、英語:Isuzu Motors Limited)は、主にトラック・バスの商用車を製造する日本の自動車メーカーである。かつてはゼネラルモーターズの関連会社だったが、2006年4月に資本関係を解消した。 日本国内の自動車メーカーの中で最も古い歴史を持つ企業のひとつであり、自動車・船舶・産業用ディーゼルエンジン技術を得意とする。 「いすず」ではなく、「いすゞ」が正式名称である。これは、書家・永坂石埭の書風である。中国語圏は、「五十铃」という漢字で表記する。「いすゞ」の文字を五十鈴川の12のさざなみで囲んだ初代社章デザインは、日本最初の図案屋と言われている「銀座・島丹誠道」の島欣一。 「いすゞ」の名は伊勢神宮(三重県伊勢市)の境内に沿って流れ、神宮における潔斎の場ともなる五十鈴川に由来する。元は商工省標準形式自動車として、前身となったメーカー各社と当時の鉄道省によって1933年(昭和8年)に共同開発された大型自動車(のちのいすゞ・TX・BX系各車の原型)に、1934年(昭和9年)に付けられた名前である。 (Wikipedia:いすゞ)

いすゞ・ジェミニ
ジェミニ(Gemini、GEMINI)は、1974年から2000年までいすゞ自動車で製造(3代目まで)・販売されていた乗用車である。1993年からはOEM供給による販売となっていた。 1974年の初代「PF型」は、提携先のゼネラルモーターズ (GM) の「グローバルカー(世界戦略車)構想」に基づき、オペル・カデット(GM「Tカー」)をベースに開発された。この当時、世界各国でカデットをベースに開発された姉妹車たちが生産されていた。 2代目「JT0型」と3代目「JT1型」は、GMの「Rカー」としてOEM生産(相手先ブランド供給)を視野に入れ自主開発されたモデル。特に2代目は、いすゞの乗用車史上最大の販売台数を記録した。 しかし、3代目へのモデルチェンジでは一転して販売台数が低迷した。以後のいすゞ全体の業績悪化と販売不振により、4代目以降は自社開発を断念、ホンダのOEM供給を受けたが、いすゞの乗用車部門撤退に伴い5代目で販売を打ち切った。 (Wikipedia:いすゞ・ジェミニ)

いすゞ・ビッグホーン
ビッグホーン(BIGHORN )は、かつていすゞ自動車が製造、販売していたスポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)である。 1981年(昭和56年)より販売開始。型式の「UBS」はビッグホーンの社内コードで、小型ボンネットトラックを指す。 日本における乗用車のコンポーネントを流用したSUVの草分けだが、当初は装備も貧弱なうえ、貨物登録のみで商品力が弱く、国内マーケットには理解されないまま販売が伸び悩んだ。またフロントマスクがあまりにもレンジローバー(1970年発売)の意匠と似ており、自動車評論家に「プアマンス・レンジローバー」と批判されたこともあった。このビッグホーンの登場の後にトヨタ・ハイラックスサーフ、三菱・パジェロ、日産・テラノの躍進によりSUV(当時はRVと呼ばれた)ブームが起こったが、ビッグホーンは先駆でありながら常にこれらの後塵を拝する存在に甘んじた。 (Wikipedia:いすゞ・ビッグホーン)

いすゞ・エルガJ
『日野・レインボー』より : レインボー(Rainbow)は、かつて日野自動車から発売されていたバスの名称である。キャブオーバーの小型は1966年に、リアエンジンの中型は1980年に製造を開始し、国内初のスケルトン(マルチチューブラーフレーム)構造を取り入れた中型バスとして、路線、観光用途に1980 - 90年代にかけて広く販売された。もとは中型のほか小型も包括していたが、モデルチェンジによる名称変更が相次ぎ、現在は中型路線系(いすゞ・エルガミオ(ジェイ・バス宇都宮事業所で製造)のOEM供給→統合モデル車・日野レインボーⅡ)のみのラインナップとなっている。 車体製造は日野車体工業金沢工場が担当していたが、2002年より同社小松工場、2004年10月にジェイ・バスへの統合で、その後は、同社小松事業所が製造を担当した。名称のレインボーは、日野の社内公募によって決定した。 9mワンステップ路線車(RJ系)・および7mノンステップ路線車(HR系)は2004年に生産中止、9mノンステップ路線車(HR系)は2007年10月1日に、いすゞ・エルガミオの統合車種(当初はOEM車種)であるレインボー II へ移行し、最後まで製造された10.5mノンステップ路線車(HR系)も、2010年をもって製造を中止した。 (Wikipedia:いすゞ・エルガJ)

いすゞ歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜
番組名=いすゞ歌うヘッドライト~コックピットのあなたへ~
ジャンル=音楽番組・トーク番組
放送=生放送
放送時間=火曜日 - 土曜日3時~5時(第1回~1998年10月3日)火曜日 - 土曜日4時~5時(1998年10月6日~最終回)
パーソナリティ=#番組パーソナリティ出身の主な歌手(順不同) 当該項参照
放送局=TBSラジオ&コミュニケーションズ 東京放送
ネットワーク=#ネット局 ネット局参照
放送期間=1974年9月3日~2001年9月29日
放送回数=
スポンサー=いすゞ自動車
いすゞ歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜(いすずうたうヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜)は、TBSラジオ&コミュニケーションズ TBSラジオがかつて制作・放送していたラジオ番組。
1968年から放送開始した『日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲』(文化放送)の成功に対抗し、1974年から2001年にかけてTBSラジオ&コミュニケーションズ TBSラジオなどJapan Radio Network JRN系列の各放送局で放送していた音楽番組(ちなみに、元々当番組スポンサー 冠スポンサーのいすゞ自動車の母体「ヂーゼル自動車工業」の日野市 日野製造所が分離独立して、日野自動車が設立された)。対象リスナーは『走れ!歌謡曲』同様、深夜から早朝にかけて働くタクシーや長距離トラックの運転手で、CMは主にいすゞ自動車のトラックに関するもの(大型トラックのいすゞ・810 810やいすゞ・ギガ ギガ、中型トラックのいすゞ・フォワード フォワード、小型トラックのいすゞ・エルフ エルフ)だったが、いすゞ・ビッグホーン ビッグホーンなどのレクリエーショナル・ビークル RVのCMも流れていた。なお、いすゞ自動車で生産しているバスシリーズに関してのCMは流れなかった。
(Wikipedia:いすゞ歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜)

いすゞ自動車
いすゞ自動車株式会社(いすずじどうしゃ、英語:Isuzu Motors Limited)は、主にトラック・バスの商用車を製造する日本の自動車メーカーである。かつてはゼネラルモーターズの関連会社だったが、2006年4月に資本関係を解消した。 日本国内の自動車メーカーの中で最も古い歴史を持つ企業のひとつであり、自動車・船舶・産業用ディーゼルエンジン技術を得意とする。 「いすず」ではなく、「いすゞ」が正式名称である。これは、書家・永坂石埭の書風である。中国語圏は、「五十铃」という漢字で表記する。「いすゞ」の文字を五十鈴川の12のさざなみで囲んだ初代社章デザインは、日本最初の図案屋と言われている「銀座・島丹誠道」の島欣一。 「いすゞ」の名は伊勢神宮(三重県伊勢市)の境内に沿って流れ、神宮における潔斎の場ともなる五十鈴川に由来する。元は商工省標準形式自動車として、前身となったメーカー各社と当時の鉄道省によって1933年(昭和8年)に共同開発された大型自動車(のちのいすゞ・TX・BX系各車の原型)に、1934年(昭和9年)に付けられた名前である。 (Wikipedia:いすゞ自動車)

いすゞ・ピアッツァ
ピアッツァ(Piazza )は、1981年よりいすゞ自動車が発売していたクーペ型の乗用車である。 1981年に絶版となった乗用車・117クーペの後継モデルであり、1991年には2代目モデルに移行した。1993年、いすゞ自動車はSUVを除く乗用車の開発・生産から撤退し、ピアッツァも消滅した。 初代 JR120/130型(1981年-1991年) 形式名:JR130(NA車)、JR120(ターボ車)1979年、117クーペの後継モデルを計画したいすゞ自動車は、イタリアのデザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロ にそのデザインを依頼した。翌1979年3月、ジウジアーロは「1980年代のボディライン」としてデザインカー「アッソ・デ・フィオーリ」(Asso di fiori、イタリア語でクラブのエース)をジュネーヴショーに出展、そのデザインカーの寸法を拡大、細部にリファインを加えて商品化されたクーペがピアッツァであった。 (Wikipedia:いすゞ・ピアッツァ)

いすゞ歌うヘッドライト~コックピットのあなたへ~
いすゞ歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜(いすずうたうヘッドライト 〜コックピットのあなたへ〜)は、TBSラジオがかつて制作・放送していたラジオ番組。 1968年から放送開始した『日野ダイナミックスコープ 走れ!歌謡曲』(文化放送)の成功に対抗し、1974年から2001年にかけてTBSラジオなどJRN系列の各放送局で放送していた音楽番組。ちなみに、日野自動車は、当番組の冠スポンサーであるいすゞ自動車の母体「ヂーゼル自動車工業」の日野製造所が分離・独立して設立された会社である。 対象リスナーは『走れ!歌謡曲』同様、深夜から早朝にかけて働くタクシーや長距離トラックの運転手で、CMは いすゞ自動車のトラックに関するものだった。大型トラックの810やギガ、中型トラックのフォワード、小型トラックのエルフのCMが中心だったが、ビッグホーンなどのRVのCMも流れることがあった。なお、いすゞ自動車で生産しているバスシリーズに関してのCMは流れなかった。 1989年4月からは日替わりで演歌歌手がパーソナリティを担当し、その多くが人気歌手に成長していった。 (Wikipedia:いすゞ歌うヘッドライト~コックピットのあなたへ~)

いすゞ歌うヘッドライト
『いすゞ歌うヘッドライト~コックピットのあなたへ~』より : いすゞ歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜(いすずうたうヘッドライト 〜コックピットのあなたへ〜)は、TBSラジオがかつて制作・放送していたラジオ番組。 1968年から放送開始した『日野ダイナミックスコープ 走れ!歌謡曲』(文化放送)の成功に対抗し、1974年から2001年にかけてTBSラジオなどJRN系列の各放送局で放送していた音楽番組。ちなみに、日野自動車は、当番組の冠スポンサーであるいすゞ自動車の母体「ヂーゼル自動車工業」の日野製造所が分離・独立して設立された会社である。 対象リスナーは『走れ!歌謡曲』同様、深夜から早朝にかけて働くタクシーや長距離トラックの運転手で、CMは いすゞ自動車のトラックに関するものだった。大型トラックの810やギガ、中型トラックのフォワード、小型トラックのエルフのCMが中心だったが、ビッグホーンなどのRVのCMも流れることがあった。なお、いすゞ自動車で生産しているバスシリーズに関してのCMは流れなかった。 1989年4月からは日替わりで演歌歌手がパーソナリティを担当し、その多くが人気歌手に成長していった。 (Wikipedia:いすゞ歌うヘッドライト)

いすゞ歌うヘッドライト~コクピットのあなたへ~
『いすゞ歌うヘッドライト~コックピットのあなたへ~』より : いすゞ歌うヘッドライト〜コックピットのあなたへ〜(いすずうたうヘッドライト 〜コックピットのあなたへ〜)は、TBSラジオがかつて制作・放送していたラジオ番組。 1968年から放送開始した『日野ダイナミックスコープ 走れ!歌謡曲』(文化放送)の成功に対抗し、1974年から2001年にかけてTBSラジオなどJRN系列の各放送局で放送していた音楽番組。ちなみに、日野自動車は、当番組の冠スポンサーであるいすゞ自動車の母体「ヂーゼル自動車工業」の日野製造所が分離・独立して設立された会社である。 対象リスナーは『走れ!歌謡曲』同様、深夜から早朝にかけて働くタクシーや長距離トラックの運転手で、CMは いすゞ自動車のトラックに関するものだった。大型トラックの810やギガ、中型トラックのフォワード、小型トラックのエルフのCMが中心だったが、ビッグホーンなどのRVのCMも流れることがあった。なお、いすゞ自動車で生産しているバスシリーズに関してのCMは流れなかった。 1989年4月からは日替わりで演歌歌手がパーソナリティを担当し、その多くが人気歌手に成長していった。 (Wikipedia:いすゞ歌うヘッドライト~コクピットのあなたへ~)

いすゞ・ビークロス
ビークロス(VehiCROSS )は、1997年からいすゞ自動車によって販売されていたSUVである。 1993年に乗用車生産から撤退したいすゞ自動車にとって当時唯一のスペシャルティカーであると同時に、スペシャルティカーとSUVという異なるジャンルを融合させたクロスオーバーカーの先駆けである。 型式・車名の由来 形式名はE-UGS25DW。車名の由来はVehicle(乗り物)とVision(未来像)とCross(交差)を合わせた造語であり、オンロードとオフロード、日常と非日常のクロスオーバーを表現している。 サイモン・コックスのデザインによるラウンドしたフォルムやスペアタイヤ内蔵バックドア、黒色PPで造形された車体下部など、極めて個性的なフォルムは大いに注目を浴びた。車体は3ドア車のみで、設定グレードも1つのみであった。いすゞのRVとしては珍しく、ディーゼルエンジン車が存在しないのも大きな特徴であった。 1993年、いすゞはコンセプトカー「ヴィークロス」(ビークロスではない)を第30回東京モーターショーに参考出品させ、その前衛的なスタイリングが広く衆目を集めた。 (Wikipedia:いすゞ・ビークロス)

いすゞ・アスカ
アスカ(ASKA )は、1983年よりいすゞ自動車から販売された中型セダンである。 フローリアンの後継車として発売された。1990年からは、いち早く他社からのOEM供給車に切り替わったが、同様にOEM供給車に切り替わっていったジェミニの廃止後も2002年まで販売が継続され、結果的には、いすゞが最後まで販売したセダンとなる。 車体は4ドアノッチバックセダンのみ。初代は、姉妹車のような3ドアハッチバック、5ドアハッチバックも設計されたが、生産・販売には至らなかった。先代のフローリアンに設定されていたライトバンやOEM元に設定されているステーションワゴンなどは設定されていない。 初代にはタクシーや教習車仕様も設定されていた。ピアッツァと同様にヤナセ向けにグレード「NERO」の導入が計画されたが、諸事情により実現しなかった。 初代 JJ110/120/510型(1983年-1989年) 1983年4月、発売。 (Wikipedia:いすゞ・アスカ)

いすゞ・ベレット
ベレット(BELLETT )は、日本のいすゞ自動車が、1963年から製造した小型乗用車である。 技術者主導で設計製作が行われ、当時としては数々の新機軸を盛り込んだ、1960年代の日本車を代表する車種の1つ。外観スタイルは卵の殻をモチーフにデザインされた、丸みの強いコンパクトなものとなっている。1tを切る軽い車体重量を生かしてモータースポーツでも活躍し、スカイライン台頭以前はサーキットを席巻した。 車名の由来は同社の上級モデルであるベレルの小型版を意味する造語。 手堅く平凡な設計のベレルと異なり、当時の様々な新機軸が取り入れられており、個性の強い小型乗用車となっている。ことスポーツモデルにおいては日本初のディスクブレーキを採用している。また、四輪独立懸架による路面追従性の良さと鋭いハンドリングとを兼ね備えていたこともあり、当時の日本車では破格の運動性能を持っており、「和製アルファロメオ」との異名もとった。 (Wikipedia:いすゞ・ベレット)

いすゞ・キュービック
キュービックはかつていすゞ自動車が製造、販売していた大型路線バス型の自動車。大型車のキュービックLVと、9m大型車のキュービックLTからなる。1984年(昭和59年)に昭和58年排出ガス規制に対応し、CJM/CQM系をフルモデルチェンジして登場した。 幾度かの改良を経て、2000年(平成12年)5月にエルガへフルモデルチェンジする形で生産終了。 標準車体 いすゞバス架装指定メーカーの川重車体工業(後のアイ・ケイ・コーチ)が開発したキュービックボディは特徴的な外観を有す。 前面は特徴的な1枚窓で、左右には独特の三角固定窓を持ち運転席からの視野拡大を実現している。ワイパーはオーバーラップ式が標準であるが、降雪地域を主として国鉄バスや札幌市交通局では平行連動式を導入している。車体はスケルトン構造を採用しているが、外版の接合にリベットを使用している箇所も多い。当時のカタログには、「リベットレス化を可能とするスケルトン構造と剛性に優れたモノコック構造の長所を生かした骨組み構造を採用」との記述がある。 (Wikipedia:いすゞ・キュービック)

いすゞ・フローリアン
フローリアン(FLORIAN)は、いすゞ自動車が1967年から1982年まで生産・販売した中型乗用車である。 フローリアンは既存モデルの大衆車であるベレットのやや上級の中型車として企画されたもので、競合モデルにコロナやブルーバードを想定した、ミドルクラスのファミリーカーである。 営業力の弱さと個性的なデザインがユーザー受けしなかったこと、更に開発費の不足からモデルチェンジの機会を逸し、根本的な改良のないまま15年間の長期にわたって生産されたことから、商業的には不成功なモデルであった。 形式名は1,600cc車がPA20、1,800cc車がPA30、ディーゼルモデルはPAD30で、バンはそれぞれの数字の後にVがつく。当初の開発コードから、ショー発表時に117サルーンとされたことからもわかるように、117クーペとは姉妹車の関係にあたり、両車はシャシを共有する。また、本車のスタイリングは、イタリアのカロッツェリア・ギアに依頼されている。 車体は4ドアセダンと5ドアライトバンの2種類。発表当時は、当時の他車種と比較すれば背が高いロングキャビン型の設計で、流麗なラインを持つ居住性に優れたセダンとして、一定の評価を受けている。 (Wikipedia:いすゞ・フローリアン)

いすゞ・ジャーニーQ
いすゞ・ジャーニーQ(Journey Q)はかつていすゞ自動車が製造業 製造・販売していた、マイクロバスいすゞ・ジャーニー ジャーニーシリーズのうち、フロントエンジン仕様の中・小型バスで、主に北村製作所で架装された。本稿ではこれを主軸に述べる。(なお、29人以上乗りのリヤエンジンバスについてはいすゞ・ジャーニーKを参照)
1968年にTY型中型トラックをベースにしたキャブオーバーバスとして登場。29人乗り。架装はいすゞバス製造 川崎重工業。自家用での導入がほとんどであった。このモデルは後にリヤエンジン中型バスBK32型いすゞ・ジャーニーK ジャーニーKへと進化する
1976年、エンジン出力増強の上DBR370になる。登場後まもなく、かなり角張った独特のスタイルにモデルチェンジされた。このスタイルはかなりインパクトが強かったようで、中型バスのいすゞ・ジャーニーK#CCM/CDM系 CCM/CDM系にも同様のスタイルの車体が採用された。丸みを帯びていた大型バスと比較すると、同じ北村製車体とは思えないような車体であった。K-代まではこの形式で製造された。
(Wikipedia:いすゞ・ジャーニーQ)

いすゞ・117クーペ
117クーペ(117Coupe )は、いすゞ自動車が生産していた乗用車である。 流麗なデザインを備えた4座クーペであり、1970年代の日本車を代表する傑作の一つに数えられる。1968年に発売されて以来、長期にわたり生産され、長くいすゞのフラグシップを務めた。 型式は1,600cc車がPA90、1,800cc車がPA95、2,000cc車がPA96となる。これらの電子制御エンジン車がPA90E、PA95EおよびPA96Eであり、ディーゼルエンジン搭載車がPAD96となっている。車名の由来は開発コード番号で、117サルーンのコードネームで開発されていたフローリアンのクーペ版としての位置づけである。そのためシャーシ、ドライブトレーンをフローリアンと共有する。 コンセプト、デザイン、パッケージ、スタイリングはカロッツェリア・ギアに委託され、当時のチーフデザイナーであったジョルジェット・ジウジアーロが担当した。その後ジウジアーロはギアを退社して独立、イタルデザインを立ち上げたが関係は続き、量産指導はイタルデザインの初仕事となった。 (Wikipedia:いすゞ・117クーペ)

いすゞ・BU
いすゞ・BU系は、いすゞ自動車が1962~1980年にかけて製造・販売していた大型バスである。 BU誕生まで 戦後のいすゞ・BX型、BXD型ボンネットバス・キャブオーバー型バスから収容力の大きいバスとしてBA型中型バスが開発されていたが、高度経済成長期にはより人員の収容力を誇るいすゞ初の大型BC型バスが開発されていた。 観光・高速系 国鉄向け試作車(1962年) 1962年、高速道路時代の到来に合わせ、DH100型ターボ付きエンジン(230ps)を搭載したBU20PA型が作られ、国鉄に納入された。BU20PA型は高速路線バスとして運用するための試作車で、日野車体工業の前身である帝国車体工業製の車体が架装された。翌年発売となるBU10、20試作車を基本としたものであった。 川崎丸型(オバQ) 1963年BU20Pを基本として、DH100H型ターボ付きエンジン、高速仕様のファイナルギア、エアブレーキ、渦電流式リターダを装備した高速仕様車BU30Pも設定された。 (Wikipedia:いすゞ・BU)

いすゞ・ウィザード
ウィザード(WIZARD)はかつていすゞ自動車が生産、販売していた5ドアSUV。同社の「ビッグホーン」と比べ、本来のSUVの文法に沿った、ピックアップトラックの雰囲気を残したスタイルを特徴とする。 いすゞが日本国内で販売した乗用車系の独立車種(非OEM)としては最後に投入された車となった。 1995年(平成7年)、初代が「ミュー」の5ドアバージョン、「ミュー・ウィザード」として登場。1998年(平成10年)に実施されたフルモデルチェンジの際に、それまでのミューのサブシリーズから「ウィザード」として独立した。 北米では「ロデオ」の車名で、タイでは初代モデルのみが「カメオ」「ベガ」の車名でそれぞれ販売が行われた。ヨーロッパのオペル/ボクスホールやオーストラリアのホールデンでは「フロンテラ」の5ドア車として販売が行われた。また、北米では本田技研工業にもOEM供給が行われてホンダ・パスポートとして販売されていた。 日本では2002年のいすゞ自動車のSUV事業撤退に伴い販売終了。海外でも2004年に製造を終了した。 初代 UCS69GW型(1990年 - 1998年) 1990年(平成2年)、北米にてTFを3ドアSUV化した「アミーゴ」の5ドアバージョンである「ロデオ」が1991年モデルとして発売開始された。 (Wikipedia:いすゞ・ウィザード)

いすゞ・ミュー
ミュー(Mu )はかつていすゞ自動車が生産していた2/3ドアSUV。ショートホイールベースで、Bピラー以降が開放型となった車体が特徴。名称は「ミステリアス」と「ユーティリティ」をあわせた造語で、「謎につつまれた不思議な機能をもった車」という意味である。 派生車種に5ドア版の「ミューウイザード」があったが、1998年のモデルチェンジで独立車種「ウィザード」となった。 ファスター/ロデオピックアップやビッグホーンのコンポーネントを利用して開発されたスペシャリティーモデル。登場時は「3ナンバーのガソリン車で荷物も詰めない2人乗り、さらにMTのみ」と、その名の通り「実用性は謎」であった。しかし、チョロQを実車にしたようなファニーなスタイルは非常にインパクトが強く、若者の心を鷲掴みにした。 1989年に初代が登場、1998年にフルモデルチェンジが実施された。1989年から1998年にわたって生産された初期型の方が生産台数が圧倒的に多い。 一方、初代「ミューウイザード」は日本国内のクロスカントリー車の市場拡大に伴い、「ビッグホーン」とは異なる層を狙って投入された。 (Wikipedia:いすゞ・ミュー)


いすゞ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

いすゞ - アマゾン検索


「いすゞ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す