[PR]

日別キーワード

第20位  アジアカップ - 2019年01月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



アジアカップ
『AFCアジアカップ』より : アジアカップ AFCアジアカップ - アジアサッカー連盟が主催する男子サッカーの国際大会。 AFC女子アジアカップ アイスホッケー・アジアカップ アジアカップ・バレーボール選手権 FIBAアジアカップ - FIBAアジアが主催する男子バスケットボールの国際大会。旧FIBAアジアスタンコビッチカップ。 アジアカップ (卓球) アジアフィギュア杯 ASTCアジアカップトライアスロン ホッケー・アジアカップ ACCアジアカップ - ワンデイクリケットの国際大会。 アジアカップ (野球)。 (Wikipedia:アジアカップ)

アジアカップ2004
AFCアジアカップ2004は、第13回AFCアジアカップで、開催国は中華人民共和国(以下、中国)であった。アテネオリンピックの直前となる2004年7月17日から同年8月7日にかけて、中国の4都市(北京、重慶、成都、済南)を開催地として試合が行われた。日本がレバノン大会に続いて2連覇を果たし、2005年に開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ・ドイツ大会への出場資格が与えられた。最優秀選手には日本の中村俊輔が選ばれた。 大会総括 各国のレベル均等化 本大会では、中東諸国をはじめとするサッカー新興諸国のレベル向上が顕著に見られた。バーレーンやヨルダンはその典型例で、両者は前回大会には出場すらできなかったにもかかわらず、それぞれベスト4、ベスト8の好成績を挙げている。ヨルダンは準々決勝で日本と死闘を演じ、PK戦では日本をあと一歩のところまで追いつめた。 そんな中で、日本代表はベテランの域に達した中田英寿を腰痛による招集辞退で欠きながらも、決勝トーナメントでは苦戦の連続を制し、二大会連続の優勝を飾った。 (Wikipedia:アジアカップ2004)

アジアカップサッカー
『AFCアジアカップ』より : AFCアジアカップ(英: AFC Asian Cup)は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会である。1956年に第1回大会が香港で行われ、以降4年ごとに開催されている。また、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップへの出場権が与えられる。 当大会はアジア地域の大陸選手権大会として1956年に創設された。世界に6大会ある各大陸連盟選手権では、1916年に始まった南米選手権(コパ・アメリカ)に次いで2番目に古い。1988年大会から、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップ(創設当初はキング・ファハド・カップ)への出場権が与えられている。また、かつてはアフロアジア選手権やAFC/OFCチャレンジカップへの出場権も与えられていた。 2006年1月1日にオーストラリアサッカー連盟がOFCを脱退し、AFCに加盟した。オーストラリア代表は、2006年2月より当大会の予選に参加した。 賞金 第15回カタール大会まではアジアカップに賞金は無かった。 (Wikipedia:アジアカップサッカー)

アジアカップ1968
AFCアジアカップ1968は、第4回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1968年5月10日から同年5月19日にかけて行われ、イランが優勝を決めた。それに先がけ、予選が1967年3月22日から開催された。 出場国 イランの旗 イラン(開催国) 初出場 イスラエルの旗 イスラエル(前回優勝国のため予選免除) 4大会連続4度目予選は、14の国と地域が参加。3組に分かれ1位の国が通過した ビルマの旗 ビルマ 初出場 香港の旗 香港 2大会連続3度目 中華民国の旗 台湾 2大会ぶり2度目 予選 1組 全試合ビルマで開催 1967年11月12日 1967年11月13日 1967年11月15日 1967年11月16日 1967年11月18日 1967年11月19日 = 最終結果 = ビルマが本大会進出 2組 全試合香港で開催 1967年3月22日 1967年3月24日 1967年3月26日 1967年3月29日 1967年3月31日 1967年4月2日 = 最終結果 = 香港が本大会進出 3組 全試合香港で開催 1967年7月27日 1967年8月1日 1967年8月3日 1967年8月5日 1967年8月7日 = 最終結果 = 台湾が本大会に進出 本大会 1968年5月10日 1968年5月12日 1968年5月14日 1968年5月16日 1968年5月17日 1968年5月19日 最終結果 最終結果 関連項目 AFCアジアカップ アジアサッカー連盟。 (Wikipedia:アジアカップ1968)

アジアカップ2000
AFCアジアカップ2000は、2000年10月12日から同年10月29日にかけて、レバノンで開催された第12回のAFCアジアカップである。 開催国のレバノンおよび前回UAE大会で優勝したサウジアラビアに、予選を勝ち抜いた10チームを加えた合計12チームで争われた。当時AFCに所属していた中でこの大会(予選を含む)に参加しなかった国はアフガニスタンのみで、アジアカップ史上最多の44の国・地域が参加した。 開催地はレバノンの首都ベイルートおよびトリポリ、サイダの3ヶ所であった。特に東アジア諸国から見るとレバノンは内戦の地というイメージが強かったが、競技場はよく整備され、大会期間中に大きな治安上の問題もなかった。 総括 日本が地元開催の1992年大会以来2度目の優勝を果たし、”中東の笛”などアウェイ色の濃い中東開催のアジアカップで、東アジア勢として初めて制することとなった。 日本は、本大会直前まで開催されベスト8という成績を残したシドニーオリンピックに出場したメンバーと、1998 FIFAワールドカップに出場したメンバーを融合させたチームでこの大会に臨んだ。 (Wikipedia:アジアカップ2000)

アジアカップ2007
AFCアジアカップ2007は、2007年に行われた第14回目のAFCアジアカップである。タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシアの4カ国の共同開催となり、アジアカップ史上初めて複数国の共同開催となった。2007年7月7日から7月29日まで開催され、イラクが初優勝を飾った。 大会開催の経緯と概要 本大会は4カ国共催となった。このいきさつには、候補国が単独で大会を開催できるほどの経済的余力がなかったことと、候補国同士の誘致合戦が激しくなりすぎてしまった背景がある。本大会では、4カ国それぞれがグループリーグ6試合と、決勝トーナメント1~3試合を主催できるように、試合が配分された。 本大会からFIFAワールドカップの翌年に開催される事となったため、その調整として前回大会から3年後の2007年に開催された。この変更の背景には、従来の開催時期では夏季オリンピックやUEFA欧州選手権と開催年が重なるため注目度が低くなりがちだった事等が挙げられる。 (Wikipedia:アジアカップ2007)

アジアカップ1960
AFCアジアカップ1960は、第2回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1960年10月14日から同年10月23日にかけて行われ、韓国が優勝を決めた。それに先がけ、予選が前年の1959年12月1日から開催された。 会場 本大会出場国 韓国の旗 韓国(開催国のため予選免除) 2大会連続2度目 イスラエルの旗 イスラエル(西部ゾーン1位) 2大会連続2度目 ベトナムの旗 南ベトナム(中部ゾーン1位) 2大会連続2度目 中華民国の旗 台湾(東部ゾーン1位) 初出場 予選 西部ゾーン 全試合インドコーチマハラジャカレッジ・スタジアムで開催 = 結果 = イスラエルが本大会に進出 中部ゾーン 全試合シンガポールのジャランバザールスタジアムで開催。 (Wikipedia:アジアカップ1960)

アジアカップ1996
AFCアジアカップ1996は、第11回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は1996年12月4日から同年12月21日にかけてアラブ首長国連邦(UAE)で行われ、サウジアラビアが2大会ぶり3度目の優勝を果たした。 予選 33の国と地域が参加。10の組に分かれて開催され、各組1位が本大会の出場権を得た。 AFCアジアカップ1996 (予選) 出場国 アラブ首長国連邦の旗 UAE(開催国) 5大会連続5度目 日本の旗 日本(前回優勝国) 3大会連続3度目 中華人民共和国の旗 中国 6大会連続6度目 インドネシアの旗 インドネシア 初出場 イランの旗 イラン 8大会連続8度目 イラクの旗 イラク 5大会ぶり3度目 韓国の旗 韓国 2大会ぶり8度目 クウェートの旗 クウェート 2大会ぶり6度目 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 4大会連続4度目 シリアの旗 シリア 2大会ぶり4度目 タイ王国の旗 タイ 2大会連続3度目 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン 初出場 本大会 1次ラウンド 各組上位2カ国決勝トーナメント進出。 (Wikipedia:アジアカップ1996)

アジアカップ1988
AFCアジアカップ1988は、第9回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1988年12月2日から同年12月18日にかけて行われ、サウジアラビアが優勝を決めた。 予選 20か国がエントリー、4つのグループに分かれ、上位2か国が本大会への出場権を得る。 AFCアジアカップ1988 (予選) 出場国 カタールの旗 カタール(開催国) 3大会連続3度目 サウジアラビアの旗 サウジアラビア(前回優勝国) 2大会連続2度目他に予選を勝ち抜いた8か国を加え、計10か国が参加した。 バーレーンの旗 バーレーン 初出場 中華人民共和国の旗 中国 4大会連続4度目 イランの旗 イラン 6大会連続6度目 日本の旗 日本 初出場 クウェートの旗 クウェート 5大会連続5度目 大韓民国の旗 韓国 3大会連続7度目 シリアの旗 シリア 3大会連続3度目 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 3大会連続3度目 会場 本大会 時刻はすべてカタール時間(UTC+3) 1次ラウンド = 1組 = = 2組 = 準決勝 3位決定戦 決勝 最終結果 外部リンク Details at RSSSF。 (Wikipedia:アジアカップ1988)

アジアカップ1980
AFCアジアカップ1980は、第7回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1980年9月15日から同年9月30日にかけて行われ、クウェートが優勝を決めた。 出場国 クウェートの旗 クウェート (開催国) 3大会連続3度目 イランの旗 イラン (前回優勝国) 4大会連続4度目他に予選を勝ち抜いた8ヶ国を加え、計10ヶ国が参加した。 バングラデシュの旗 バングラデシュ 初出場 中華人民共和国の旗 中国 2大会連続2度目 マレーシアの旗 マレーシア 2大会連続2度目 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 初出場 カタールの旗 カタール 初出場 韓国の旗 韓国 2大会ぶり5度目 シリアの旗 シリア 初出場 アラブ首長国連邦の旗 UAE 初出場 本大会 1次ラウンド 1組 1980年9月15日 1980年9月16日 1980年9月17日 1980年9月18日 1980年9月19日 1980年9月20日 1980年9月21日 1980年9月22日 1980年9月24日 1980年9月25日 2組 1980年9月15日 1980年9月16日 1980年9月17日 1980年9月18日 1980年9月19日 1980年9月20日 1980年9月21日 1980年9月22日 1980年9月24日 1980年9月25日 準決勝 1980年9月28日 1980年9月28日 3位決定戦 1980年9月30日 決勝 1980年9月30日 最終結果 関連項目 AFCアジアカップ1980 (予選) 外部リンク Details at RSSSF。 (Wikipedia:アジアカップ1980)

アジアカップ1984
AFCアジアカップ1984は、第8回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1984年12月1日から同年12月15日にかけて行われ、サウジアラビアが優勝を決めた。 予選 20か国が参加し4グループに分かれてリーグ戦を行い上位2か国が本大会への出場権を得た。 AFCアジアカップ1984 (予選) 出場国 シンガポールの旗 シンガポール(開催国) 初出場 クウェートの旗 クウェート(前回優勝国) 4大会連続4度目他に予選を勝ち抜いた8か国を加え、計10か国が参加した。 中華人民共和国の旗 中国 3大会連続3度目 インドの旗 インド  初出場 イランの旗 イラン 5大会連続5度目 カタールの旗 カタール 2大会連続2度目 大韓民国の旗 韓国 2大会連続6度目 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 初出場 シリアの旗 シリア 2大会連続2度目 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 2大会連続2度目 会場 本大会 時刻はすべてシンガポール時間 (UTC+8) 1次ラウンド = 1組 = = 2組 = = 準決勝 = = 3位決定戦 = = 決勝 = 最終結果 外部リンク Details at RSSSF。 (Wikipedia:アジアカップ1984)

アジアカップ1992
AFCアジアカップ1992は、1992年10月28日から11月7日まで日本の広島県で開催された第10回目のAFCアジアカップである。この大会の開催国である日本が初優勝に輝いた。最優秀選手には日本の三浦知良が選ばれた。 予選 20ヶ国が参加し、6つのグループに分かれ、各組1位が本大会への出場権を掴んだ。 AFCアジアカップ1992 (予選) 試合会場 2年後の1994年アジア競技大会の運営リハーサル大会を兼ねて、実際に試合が行われるスタジアムを使用した。 広島広域公園(広島市安佐南区) 広島広域公園陸上競技場(ビッグアーチ) 広島広域公園第一球技場 広島スタジアム(広島市西区) 広島県立びんご運動公園陸上競技場(尾道市) 出場国 日本の旗 日本(開催国) 2大会連続2度目 サウジアラビアの旗 サウジアラビア(前回優勝国) 3大会連続3度目 アラブ首長国連邦の旗 UAE 4大会連続4度目 イランの旗 イラン 7大会連続7度目 カタールの旗 カタール 4大会連続4度目 タイ王国の旗 タイ 5大会ぶり2度目 中華人民共和国の旗 中国 5大会連続5度目 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 3大会ぶり2度目 グループリーグ A組 B組 決勝トーナメント 準決勝 3位決定戦 = 決勝 = 最終結果 得点ランキング 3得点サウジアラビアの旗 ファハド・アル=ビシ2得点日本の旗 中山雅史 サウジアラビアの旗 ユセフ・アル=ツナヤン サウジアラビアの旗 サイード・オワイラン 中華人民共和国の旗 彭偉國 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金光民 関連項目 AFCアジアカップ アジアサッカー連盟。 (Wikipedia:アジアカップ1992)

アジアカップ1956
AFCアジアカップ1956は、第1回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。アジアカップは、アジアサッカー連盟主催の大会で、4年毎開催される。サッカーアジアカップの本大会は、1956年9月1日から同年9月15日にかけて行われ、韓国が優勝を決めた。 会場 本大会出場国 25x20px 香港(開催国のため予選免除) イスラエルの旗 イスラエル(予選1組1位) 韓国の旗 韓国(予選2組1位) ベトナムの旗 南ベトナム(予選3組1位) 予選 1組 アフガニスタンの旗 アフガニスタンとパキスタンの旗 パキスタンが棄権のため、イスラエルの旗 イスラエルが本大会進出。 (Wikipedia:アジアカップ1956)

アジアカップ1972
AFCアジアカップ1972は、第5回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1972年5月7日から同年5月19日にかけて行われ、イランが優勝を決めた。 予選 13の国と地域が参加、東西2組に分かれてリーグ戦を行い、上位2ヶ国が本大会への出場権を得た。 AFCアジアカップ1972 (予選) 出場国 タイ王国の旗 タイ (開催国) 初出場 25x20px イラン (前回優勝国のため予選免除) 2大会連続2度目他に予選を勝ち抜いた4ヶ国を加え、計6ヶ国が参加した。 25x20px クメール共和国 初出場 クウェートの旗 クウェート 初出場 韓国の旗 韓国 2大会ぶり4度目 イラクの旗 イラク 初出場 本大会 予選ラウンド 1972年5月7日 1972年5月8日 1次ラウンド 1組 1972年5月9日 1972年5月11日 1972年5月13日 最終結果 2組 1972年5月10日 1972年5月12日 1972年5月14日 最終結果 準決勝 1972年5月16日 1972年5月17日 3位決定戦 1972年5月19日 決勝 1972年5月19日 最終結果 外部リンク RSSSFによる記録。 (Wikipedia:アジアカップ1972)

アジアカップ1976
AFCアジアカップ1976は、第6回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1976年6月3日から同年6月13日にかけて行われ、イランが優勝を決めた。 出場国 予選についてはAFCアジアカップ1976 (予選)を参照。 25x20px イラン (開催国) 3大会連続3度目 中華人民共和国の旗 中国 初出場 マレーシアの旗 マレーシア 初出場 クウェートの旗 クウェート 2大会連続2度目 イラクの旗 イラク 2大会連続2度目 南イエメンの旗 南イエメン 初出場※北朝鮮・サウジアラビア・タイも予選を勝ち抜いて本大会出場権を獲得していたが、出場を辞退した。 本大会 1次ラウンド 1組 1976年6月3日 1976年6月5日 1976年6月7日 最終結果 2組 1976年6月3日 1976年6月5日 1976年6月7日 最終結果 準決勝 1976年6月10日 3位決定戦 1976年6月12日 決勝 1976年6月13日 最終結果 外部リンク Details at RSSSF。 (Wikipedia:アジアカップ1976)

アジアカップウィナーズ選手権
『アジアカップウィナーズカップ』より : アジアカップウィナーズカップ(英: Asian Cup Winners Cup)は、かつてアジアサッカー連盟(AFC)の主催により行われていた、クラブチームによるサッカーの国際大会である。 創設は1990-91年度。大会にはAFCに加盟する各国・地域の主要カップ戦優勝チームが出場できた。ヨーロッパにおけるUEFAカップウィナーズカップに相当する。この大会は2002-03年度にアジアクラブ選手権、アジアスーパーカップとの大会統合によりAFCチャンピオンズリーグへ発展解消された。 なお、日本のチームの出場権についてはアジアの大会における日本のサッカークラブを参照。 結果 ※注 統計 クラブ別成績 注:優勝年度及び準優勝年度は、優勝が決定した年を並べている。例えば、1990-91年度王者は1991年としている。 クラブ所在国別成績 関連項目 カップウィナーズカップ 外部リンク RSSSFによる記録。 (Wikipedia:アジアカップウィナーズ選手権)

アジアカップウィナーズカップ
アジアカップウィナーズカップ(英: Asian Cup Winners Cup)は、かつてアジアサッカー連盟(AFC)の主催により行われていた、クラブチームによるサッカーの国際大会である。 創設は1990-91年度。大会にはAFCに加盟する各国・地域の主要カップ戦優勝チームが出場できた。ヨーロッパにおけるUEFAカップウィナーズカップに相当する。この大会は2002-03年度にアジアクラブ選手権、アジアスーパーカップとの大会統合によりAFCチャンピオンズリーグへ発展解消された。 なお、日本のチームの出場権についてはアジアの大会における日本のサッカークラブを参照。 結果 ※注 統計 クラブ別成績 注:優勝年度及び準優勝年度は、優勝が決定した年を並べている。例えば、1990-91年度王者は1991年としている。 クラブ所在国別成績 関連項目 カップウィナーズカップ 外部リンク RSSSFによる記録。 (Wikipedia:アジアカップウィナーズカップ)

アジアカップウイナーズカップ
『アジアカップウィナーズカップ』より : アジアカップウィナーズカップ(英: Asian Cup Winners Cup)は、かつてアジアサッカー連盟(AFC)の主催により行われていた、クラブチームによるサッカーの国際大会である。 創設は1990-91年度。大会にはAFCに加盟する各国・地域の主要カップ戦優勝チームが出場できた。ヨーロッパにおけるUEFAカップウィナーズカップに相当する。この大会は2002-03年度にアジアクラブ選手権、アジアスーパーカップとの大会統合によりAFCチャンピオンズリーグへ発展解消された。 なお、日本のチームの出場権についてはアジアの大会における日本のサッカークラブを参照。 結果 ※注 統計 クラブ別成績 注:優勝年度及び準優勝年度は、優勝が決定した年を並べている。例えば、1990-91年度王者は1991年としている。 クラブ所在国別成績 関連項目 カップウィナーズカップ 外部リンク RSSSFによる記録。 (Wikipedia:アジアカップウイナーズカップ)

アジアカップ1964
AFCアジアカップ1964は、第3回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1964年5月26日から同年6月3日にかけて行われ、イスラエルが優勝を決めた。 会場 予選 開催国イスラエルと、前回大会優勝国韓国以外に7つの国と地域が参加。2組に分かれ各組上位1位が本大会出場権を得た。 出場国 イスラエルの旗 イスラエル 3大会連続3度目 インドの旗 インド 初出場 韓国の旗 韓国 3大会連続3度目 香港の旗 香港 2大会ぶり2度目 本大会 最終成績 最終結果 ==。 (Wikipedia:アジアカップ1964)

アジアカップ (曖昧さ回避)
アジアカップ
AFCアジアカップ - アジアサッカー連盟が主催する男子サッカーの国際大会。
AFC女子選手権 AFC女子アジアカップ
アジアシリーズ (プロ野球)
アジアカップ (卓球)
アジアカップ (フィギュアスケート)
(Wikipedia:アジアカップ (曖昧さ回避))


アジアカップ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アジアカップ - アマゾン検索


「アジアカップ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す