[PR]

日別キーワード

第25位  オスロ - 2019年01月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



オスロ
オスロ Oslo kommune 測地系: 北緯59度56分 東経10度45分オスロの位置 オスロ(ノルウェー語: Oslo ノルウェー語発音: [²uʃlu] (13px 聞く)、旧称クリスチャニア、クリスティアーニアChristianiaもしくはKristiania)は、ノルウェー王国の首都にして最大の都市である。王宮、行政、立法、司法などの機関が集まる。オスロ市はオスロ県と同じ範囲である。世界でも物価の高い都市のひとつであり、北欧有数の世界都市でもある。 オスロ都市圏、大オスロとオスロ市 オスロ市の人口は568,809人(2008年7月) で、ノルウェーの人口の11.8%を占める。オスロ市の人口は現在も毎年約1万人ずつ増え続けており、この増加ペースはヨーロッパでもかなり速い。オスロ都市圏は郊外に拡大しつつあり、近隣のアーケシュフース県の都市(バールム、アスケー、ソルム、オッペゴールなど)とは市街地でつながっている。 (Wikipedia:オスロ)

オスロオリンピック
オスロオリンピックは、1952年2月14日から2月25日まで、ノルウェーのオスロで行われた冬季オリンピック。 大会開催までの経緯 オスロオリンピックは1947年6月1日にスウェーデン・ストックホルムで開催された第40回IOC総会でコルティーナ・ダンペッツォ、レークプラシッドを破り開催が決定された。 大戦中、ノルウェーはナチスドイツの占領下にあったため、連合軍からの空襲及びドイツ軍撤退時の焦土作戦により大きな被害を受けたノルウェーの戦後復興の大きな足がかりとなること期待しての五輪招致だった。開催決定後はドイツチームの参加の是非が議論され、大規模なドイツ参加反対運動も起こったが、結局西ドイツの参加が許可された。同時に日本の参加も許可され、五輪への復帰となった。 競技会場 ビスレット・スタディオン(開会式、スピードスケート、フィギュアスケート、バンディ) ホルメンコーレンジャンプ競技場(スキージャンプ、ノルディック複合、クロスカントリー) Jordal Amfi(アイスホッケー) Korketrekkeren(ボブスレー) Norefjell(滑降、大回転) Rødkleiva(回転) 実施競技と日程 公式な開会式は2月15日に催されたが、前日の14日に小規模な2つの式典が行われた。 (Wikipedia:オスロオリンピック)

オスロオリンピック (1952年)
『オスロオリンピック』より : 参加国・地域
参加人数
実施種目
4競技22種目
開会式
1952年2月14日
閉会式
1952年2月25日
開会宣言
Princess Ragnhild
選手宣誓
Torbjørn Falkanger
聖火ランナー
Eigil Nansen
オスロオリンピック(VI Olympic Winter Games)は、1952年2月14日から2月25日まで、ノルウェーのオスロで行われた冬季オリンピックである。
(Wikipedia:オスロオリンピック (1952年))

オスロ五輪
『オスロオリンピック』より : オスロオリンピックは、1952年2月14日から2月25日まで、ノルウェーのオスロで行われた冬季オリンピック。 大会開催までの経緯 オスロオリンピックは1947年6月1日にスウェーデン・ストックホルムで開催された第40回IOC総会でコルティーナ・ダンペッツォ、レークプラシッドを破り開催が決定された。 大戦中、ノルウェーはナチスドイツの占領下にあったため、連合軍からの空襲及びドイツ軍撤退時の焦土作戦により大きな被害を受けたノルウェーの戦後復興の大きな足がかりとなること期待しての五輪招致だった。開催決定後はドイツチームの参加の是非が議論され、大規模なドイツ参加反対運動も起こったが、結局西ドイツの参加が許可された。同時に日本の参加も許可され、五輪への復帰となった。 競技会場 ビスレット・スタディオン(開会式、スピードスケート、フィギュアスケート、バンディ) ホルメンコーレンジャンプ競技場(スキージャンプ、ノルディック複合、クロスカントリー) Jordal Amfi(アイスホッケー) Korketrekkeren(ボブスレー) Norefjell(滑降、大回転) Rødkleiva(回転) 実施競技と日程 公式な開会式は2月15日に催されたが、前日の14日に小規模な2つの式典が行われた。 (Wikipedia:オスロ五輪)

オスロ空港
オスロ空港(ノルウェー語: Oslo lufthavn, Gardermoen、英: Oslo/Gardermoen Airport)は、ノルウェー王国の首都、オスロの47キロ北方にある国際空港である。正式名称はガーデモエン空港(Gardermoen Airport)である。ノルウェー・エアシャトルの本拠地である。 施設 敷地面積は13平方キロメートル。アトランタ方式に基づき、2本の平行滑走路と、一直線に並んだ2つのコンコースを持つターミナルを備える。地熱を利用した地域熱供給システムがある。 滑走路 平行滑走路は2本で、西側のものの方(01L/19R)が長い。ともにILSカテゴリーIIIaを備え、発着容量は毎時80機である。夜間(23時から6時)の離着陸は規制されているものの、北側上空を利用した離着陸は許可される。 ターミナル 旅客ターミナルは延長819メートル、建築面積148,000平方メートルである。Gudmund StokkeらAviaplanチームによる設計。 (Wikipedia:オスロ空港)

オスロ国際空港
『オスロ空港』より : オスロ空港(ノルウェー語: Oslo lufthavn, Gardermoen、英: Oslo/Gardermoen Airport)は、ノルウェー王国の首都、オスロの47キロ北方にある国際空港である。正式名称はガーデモエン空港(Gardermoen Airport)である。ノルウェー・エアシャトルの本拠地である。 施設 敷地面積は13平方キロメートル。アトランタ方式に基づき、2本の平行滑走路と、一直線に並んだ2つのコンコースを持つターミナルを備える。地熱を利用した地域熱供給システムがある。 滑走路 平行滑走路は2本で、西側のものの方(01L/19R)が長い。ともにILSカテゴリーIIIaを備え、発着容量は毎時80機である。夜間(23時から6時)の離着陸は規制されているものの、北側上空を利用した離着陸は許可される。 ターミナル 旅客ターミナルは延長819メートル、建築面積148,000平方メートルである。Gudmund StokkeらAviaplanチームによる設計。 (Wikipedia:オスロ国際空港)

オスロエス1世
オスロエス1世(Osroes I、? - 129年、在位:109年 - 129年)は、アルサケス朝パルティア)の王。パルティアの東部はヴォロガセス3世の支配下にあり、オスロエス1世が支配したのはバビロニアを中心とする西部であった。 ヴォノネス2世の息子であり、ヴォロガセス2世とパコルス2世の弟であった。パコルス2世の死亡直前に東部領土でヴォロガセス3世が王位を宣言して支配を確立しており、オスロエス1世はそれへの対抗上自身の勢力の拡大を図った。 その対象となったのがアルメニア王国であった。110年、彼はアルメニア王位に自分の甥のアクシダレスを付け、113年にアクシダレスが死去すると、続いて兄弟のパルサマシリスをアルメニア王とした。これらの処置によってアルメニアへの統制を強めたことはヴォロガセス1世とローマ皇帝ネロとの間で成立した講和(アルサケス家の人物をアルメニア王とし、その上でアルメニア王はローマに臣従する。 (Wikipedia:オスロエス1世)

オスロフィヨルドの戦い
オスロフィヨルドの戦いでは第二次世界大戦中の1940年4月9日のノルウェーオスロフィヨルドで起こった戦闘を扱う。
1940年4月、ドイツ軍はノルウェー侵攻作戦を開始し、ノルウェー各地に向けて侵攻部隊が出撃した。そのうちの一つオスロ攻略部隊は重巡洋艦ブリュッヒャー (重巡洋艦) ブリュッヒャー(旗艦)、ポケット戦艦ドイッチュラント (装甲艦) リュッツォウ、軽巡洋艦エムデン (軽巡洋艦・3代) エムデン、水雷艇アルバトロス (水雷艇) アルバトロス、コンドル (水雷艇) コンドル、メーヴェ (水雷艇) メーヴェ及び複数の小型艦艇で、指揮官はオスカー・クメッツ少将であった。部隊は4月8日にキール (都市) キールを出撃してオスロへ向かった。
オスロフィヨルドの入り口でドイツ艦隊は要塞島ラウエイとボレルネから探照灯の照射と砲撃を受けた。また、
(Wikipedia:オスロフィヨルドの戦い)

オスロ合意
オスロ合意(オスロごうい、英語: Oslo Accords、アラビア語: اتفاقية أوسلو‎、ヘブライ語: הסכמי אוסלו‎)は、1993年にイスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)の間で同意された一連の協定。正式には暫定自治政府原則の宣言(ざんていじちせいふげんそくのせんげん、英語: Declaration of Principles on Interim Self-Government Arrangements)と呼称する。 主に以下の二点が合意内容とされている。 イスラエルを国家として、PLOをパレスチナの自治政府として相互に承認する。 イスラエルが占領した地域から暫定的に撤退し5年にわたって自治政府による自治を認める。その5年の間に今後の詳細を協議する。オスロ合意および後の協定で明文化されたイスラエルとアラブ国家の関係正常化の期待は未だ解決されていない。 2006年7月の、イスラエルによるガザ地区・レバノンへの侵攻により、事実上崩壊したとアラブ連盟では見做されている。 (Wikipedia:オスロ合意)

オスロ協定
『オスロ合意』より : オスロ合意(オスロごうい、英語: Oslo Accords、アラビア語: اتفاقية أوسلو‎、ヘブライ語: הסכמי אוסלו‎)は、1993年にイスラエルとパレスチナ解放機構(PLO)の間で同意された一連の協定。正式には暫定自治政府原則の宣言(ざんていじちせいふげんそくのせんげん、英語: Declaration of Principles on Interim Self-Government Arrangements)と呼称する。 主に以下の二点が合意内容とされている。 イスラエルを国家として、PLOをパレスチナの自治政府として相互に承認する。 イスラエルが占領した地域から暫定的に撤退し5年にわたって自治政府による自治を認める。その5年の間に今後の詳細を協議する。オスロ合意および後の協定で明文化されたイスラエルとアラブ国家の関係正常化の期待は未だ解決されていない。 2006年7月の、イスラエルによるガザ地区・レバノンへの侵攻により、事実上崩壊したとアラブ連盟では見做されている。 (Wikipedia:オスロ協定)

オスロ・フィルハーモニー管弦楽団
オスロ・フィルハーモニー管弦楽団(- かんげんがくだん ; ノルウェー語 Oslo-Filharmonien ; 英語 Oslo Philharmonic Orchestra)は、ノルウェーのオスロを拠点とするオーケストラである。 起源は1879年にエドヴァルド・グリーグらが設立したクリスチャニア音楽協会に遡る。国立劇場でも公演を始めた。1919年、Filharmonisk Selskabs Orkesterとして再建。1979年に現在の名称に変更された。1996年、ノルウェー議会の法令により独立した財団法人化した。 歴代音楽監督 イェオリ・シュネーヴォイクト (1919年 - 1921年) ヨハン・ハルヴォルセン (1919年 - 1920年) イグナーツ・ノイマルク (1919年 - 1921年) ジョセ・アイゼンシュッツ (1921年 - 1927年) イサイ・ドブローウェン (1927年 - 1931年) オド・グレネ=ヘッゲ (1931年 - 1933年) オーラヴ・シェラン (1933年 - 1945年) オド・グレネ=ヘッゲ (1945年 - 1962年) ヘルベルト・ブロムシュテット (1962年 - 1968年) エイヴィン・フィエルスタード (1962年 - 1969年) ミルティアデス・カリーディス (1969年 - 1975年) オッコ・カム (1975年 - 1979年) マリス・ヤンソンス (1979年 - 2002年) アンドレ・プレヴィン (2002年 - 2006年) ユッカ=ペッカ・サラステ (2006年 - ) ヴァシリー・ペトレンコ(2013年-) 外部リンク 公式サイト。 (Wikipedia:オスロ・フィルハーモニー管弦楽団)

オスロ大学
オスロ大学(Universitetet i Oslo)は、ノルウェーのオスロにある大学。 1811年、フレデリク6世の名前を取ってフレデリク王立大学(Det Kongelige Frederiks Universitet)として設立された。1939年に現在の校名に改名された。現在、3万人の学生をかかえる、ノルウェーでも最大規模の大学となっている。 大学のアウラ講堂(Aula)にはムンクの壁画があり、1989年まではノーベル平和賞の授与式が行われていた(現在はアウラ講堂が手狭であり老朽化していることから、授与式は市庁舎で行われている)。 2008年春から2010年秋にかけてウガンダのマケレレ大学やノルウェー国内にあるベルゲン大学と東アフリカ司書・情報科学学校(EASLIS)とともに、南スーダンにあるジュバ大学の蔵書検索の電子化などを推進する「ジュバ大学図書館自動化プロジェクト」に協力した。 (Wikipedia:オスロ大学)

オスロ・スペクトラム
オスロ・スペクトラム(Oslo Spektrum)はノルウェー・オスロにある多目的アリーナ。開場は1990年。
ノーベル平和賞コンサートや、メロディー・グランプリ決勝、ノルウェー・ミュージック・アウォーズも行われ、またディズニー・オン・アイスなどのスポーツイベントや見本市、1996年のユーロビジョン・ソング・コンテスト1996 ユーロビジョン・ソング・コンテストを開催した。
title=ユーロビジョン・ソング・コンテスト ユーロビジョン会場
before=The O2 (ダブリン) ポイント劇場
ダブリン
after=ポイント劇場
ダブリン
years=ユーロビジョン・ソング・コンテスト1996 1996
ノルウェーの屋内競技施設
ノルウェーのバスケットボール競技施設
オスロ
Oslo Spektrum
es:Specktrum
fi:Oslo Spektrum
(Wikipedia:オスロ・スペクトラム)

オスロエス2世
オスロエス2世(Osroes II、在位:190年頃)は、アルサケス朝パルティアの王。ヴォロガセス4世の治世末期にメディア地方で反乱を起こし王位を主張した。オスロエス2世についてはコインから得られる情報以外何も知られていないが、ヴォロガセス5世によって倒されたと考えられている。 (Wikipedia:オスロエス2世)


オスロ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

オスロ - アマゾン検索


「オスロ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す