[PR]

日別キーワード

第36位  バリトン - 2019年01月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



バリトン
バリトン(英: baritoneバリトーン、仏: barytonバリトン、独: Baritonバーリトン、伊: baritonoバリートノ)は、男声のバスとテノールの中間の声域およびそれを受け持つ歌手。男声を音域で二分する場合はバスの側に分類される。 典型的なバリトンの音域は概ねG2~G4、合唱ではA2~F4くらいである。音域によってハイ・バリトン、バス・バリトンなどに細分化することもある。後者はバスよりほんの少し高い声域をもつ歌手をいう場合もある。音色は華やかな、色気のある声が特徴。 オペラの領域では、音色を含めて総合的にリリック・バリトン、カヴァリエ・バリトン、キャラクター・バリトン、ヘルデン・バリトンなどに細分化することもある。 記譜はヘ音記号が用いられることが多いが、バスより高いため上の加線がよく見られる。 楽器のバリトン バリトンという言葉は器楽にも用いられ、音域が異なる同種の楽器グループでの区分を行う。例えばサクソフォーン属においてバリトン・サクソフォーンなどと呼ばれる。 (Wikipedia:バリトン)

バリトンサクソフォーン
『サクソフォーン』より : サクソフォーンまたはサクソフォンは、金属製の木管楽器の一種である。サックスと略称で呼ばれることが多い。 1840年代にベルギーの管楽器製作者アドルフ・サックスによって考案された。1846年に特許を取得している。saxophoneの名は彼にちなむ。元々吹奏楽団における木管楽器と金管楽器の橋渡しを目的に開発された。構造上、木管楽器に分類されるが、真鍮を主とした金属で作られており、木管楽器の運動性能の高さ、金管楽器のダイナミックレンジの広さを兼ね備えている。新しい楽器の恩恵として、洗練された運指、発音の容易さは他の吹奏楽器に類がない。 クラシック音楽からポップス、ロック、ジャズに至るまで、様々な分野の音楽で用いられる。特に吹奏楽やビッグバンドには欠かせない存在である。管弦楽では使用されることは少ないが、曲によっては使用される場合もある。ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4本のサクソフォーンで演奏されるサクソフォーン四重奏は、クラシカルサクソフォーンの代表的な合奏形態のひとつである。 (Wikipedia:バリトンサクソフォーン)

バリトン・ギター
楽器名 バリトン・ギター
その他の名称
英語名 Baritone guitar
ドイツ語名 Oktavbaritongitarre
フランス語名 Guitare baritone
イタリア語名 Chitarra baritono
中国語名 男中音吉他
分類 弦楽器、ギター
音域 実音通り記譜画像:Accord guitare.jpgその他変則調律あり
関連楽器
演奏者
製作者
関連項目
バリトンギター (Baritone guitar) とは、通常のギターの亜種であり、通常のギターより長いスケール(ナットからブリッジまでの長さ)と通常のギターより低い音域がその特徴である。
フェンダー (楽器メーカー) フェンダーのフェンダー・ベースVI ベースVIが代表的なモデルであるという説もあるが、フェンダー社はフェンダー・ベースVIをベースとして発売していることから、バリトン・ギターではなくベースとして分類すべきであるという意見もある。
(Wikipedia:バリトン・ギター)

バリトンオーボエ
バリトンオーボエ(baritone oboe)は、オーボエの同属楽器。バスオーボエ(bass oboe)とも呼ばれる。この楽器を改良した楽器にヘッケルフォーン(Heckelphone)があり、相互に(特にバリトンオーボエのパートをヘッケルフォーンで)代用も出来るが、楽器の外見、リードやボーカルの形状、細かい部分での運指など相違点も多い。バリトンオーボエはコーラングレのリードと楽器を拡大したような形状であるが、対してヘッケルフォーンはファゴットと同じく楓の木で作られ、ファゴットと同系のリードを用いることが多い。そのため専門のリード製作技術と、普段使用するオーボエ属とは若干異なる演奏技術が求められる。 バリトンオーボエは、オーボエのほぼ倍の長さを持ち、オーボエよりも1オクターブ低い音の出る楽器である。ただし、オーボエの最低音変ロ(B♭)音に相当する音(その1オクターブ下の音)を持たない機種がほとんどである。ヘッケルフォーンの中には、さらに半音低いイ(A)まで発音できるものもある。近年では、ヘッケル社とは別の管楽器メーカーから、ヘッケルフォーン状のタイプのバリトンオーボエが発表されており、そちらは追加キーによって更に低いヘ(F)までの発音が可能になっている。 (Wikipedia:バリトンオーボエ)

バリトン伊藤
バリトン伊藤(ばりとんいとう、本名:伊藤浩秋(いとうひろあき))は、秋田県本荘市(現・由利本荘市)出身のローカルタレント。本名でも活動している。主に秋田県内のテレビ、ラジオ番組への出演やイベントの司会を行い、秋田弁での喋りで人気を得る。秋田弁を買われて映画「釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?」にもゲスト出演した。
秋田放送ラジオ「フルーツサタデー」 毎週土曜日13:00~14:00
エフエム秋田 FM秋田「スクールヤーニーズ!」 毎週水曜日 18:00~18:55
テレビコマーシャル CM・NTTフレッツ(東日本電信電話 NTT東日本秋田支店)
秋田朝日放送「ぷぁぷぁ金星」毎月第1・2金曜深夜24:15~24:45
秋田放送ラジオ「ラヂオ快晴土曜日」シリーズのキャスター、「ラヂオ快晴原じるし」中継車
(Wikipedia:バリトン伊藤)

バリトンサックス
『』より : (Wikipedia:バリトンサックス)


バリトン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

バリトン - アマゾン検索


「バリトン」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す