[PR]

日別キーワード

第45位  ロウバイ - 2019年01月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



ロウバイ
ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅〔カラウメ〕、Chimonanthus praecox)は、クスノキ目・ロウバイ科・ロウバイ属に属する広葉の落葉低木の一つである。早生種では12月頃に、晩生種でも2月にかけて半透明でにぶいツヤのある黄色く香り高い花がやや下を向いて咲く 。名前に梅がついているためバラ科サクラ属と誤解されやすいが、別属である。 唐の国から来たこともあり唐梅(カラウメ)とも呼ばれ、中国名も蝋梅であったことにちなむ。本草綱目によれば、半透明でにぶいツヤのある花びらがまるで蝋細工のようであり、且つ臘月(ろうげつ、旧暦12月)に咲くからこの名がついた。日本においてはロウバイは晩冬(小寒〔1月6日頃〕から立春の前日〔2月3日頃〕までの間)の季語とされている。 花やつぼみから抽出した蝋梅油(ろうばいゆ)を薬として使用する。 品種 ソシンロウバイ(素心蝋梅)、マンゲツロウバイ(満月蝋梅)、トウロウバイ(唐蝋梅)などの栽培品種がある。よく栽培されているのはソシンロウバイで花全体が黄色である。ロウバイの基本種は、花の中心部は暗紫色で、その周囲が黄色である。 (Wikipedia:ロウバイ)

ロウバイ科
名称 ロウバイ科
色 lightgreen
界 植物界 :w:Plantae Plantae
界 被子植物門 :w:Magnoliophyta Magnoliophyta以下の分類はクロンキスト体系による
綱 双子葉植物綱 :w:Magnoliopsida Magnoliopsida
亜綱 モクレン綱 :w:Magnoliidae Magnoliidae
目 クスノキ目 :w:Laurales Laurales
科 ロウバイ科 :w:Calycanthaceae Calycanthaceae
下位分類名 属
下位分類
ファイル:Calycanthus floridus - sweet shrub - desc-flower.jpg thumb クロバナロウバイ属の一種 ”Calycanthus floridus”
ロウバイ科(蝋梅科、Calycanthaceae)は、双子葉植物綱クスノキ目に属する植物の科である。東アジアとアメリカ合衆国に4属12種が分布する。落葉または常緑の低木または小高木で、葉は単葉で対生し、花は花弁とおしべが螺旋状に配列する。花に香りがある物が多い。
漢字で蝋梅と書くが、バラ科のウメとは無関係。
(Wikipedia:ロウバイ科)


ロウバイ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

ロウバイ - アマゾン検索


「ロウバイ」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す