[PR]

日別キーワード

第67位  深谷市 - 2019年01月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



深谷市
深谷市(ふかやし)は、埼玉県北部にある人口約14万3千人の市。人口は入間市に次ぐ県内14位。 1456年(康正2年)に上杉房顕が櫛引台地の北端部付近に深谷城を築き、その周辺に城下町が形成されたのが深谷市の中心市街地の始まりである。 江戸時代には中山道の宿場(深谷宿)が置かれ、最盛期には旅籠が約80軒並ぶなど宿場町としても発展した。 岡部には安倍(あんべ)家の旧岡部藩岡部陣屋があり、遺構として長屋門、西島町に地方(じかた)通用門が残っている。 また、県下有数の農業地帯で、深谷ねぎは日本一の出荷量を誇る。 第一国立銀行の創立に携わり近代日本経済の基礎を築いた渋沢栄一の生誕地、国鉄に働きかけて深谷駅に急行列車を停車させた運輸大臣の荒舩清十郎でも知られている。 地理 深谷市は、埼玉県北部の利根川と荒川に挟まれた地域に位置している。市の北部には、利根川や小山川によって妻沼低地(沖積低地、海抜約30 - 40メートル)が形成され、中部から南部にかけては荒川によって形成された洪積台地の櫛引台地(荒川の左岸、海抜約50 - 100メートル)や江南台地(荒川の右岸、海抜約50 - 80メートル)が広がる。 (Wikipedia:深谷市)


深谷市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

深谷市 - アマゾン検索


「深谷市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す