[PR]

日別キーワード

第77位  田園都市 - 2019年01月10日


関連するイメージは見つかりませんでした



田園都市
田園都市(でんえんとし、Garden city)には、「豊かな自然環境に恵まれた都市」という一般的な意味と、1898年にイギリスのエベネザー・ハワードが提唱した新しい都市形態という、2つの意味がある。後者のハワードの提案は、その後の都市計画、とくに住宅地計画に対して大きな影響を与えることとなり、第二次世界大戦後のイギリスのニュータウン政策のみならず、日本をはじめとする世界各地における郊外型の都市開発などにも大きな影響を与えた。 ハワードと田園都市 産業革命が進行したイギリスでは、雇用の場である都市に人口が集中し、人々は自然から隔離され、遠距離通勤や高い家賃、失業、環境悪化に苦しんでいた。これを憂いたハワードは、「都市と農村の結婚」により、都市の社会・経済的利点と、農村の優れた生活環境を結合した第三の生活を生み出すことによる解決を目指し、1898年に「明日-真の改革にいたる平和な道(Tomorrow; A Peaceful Path to Real Reform)」を出版した(1902年にわずかに改訂され「明日の田園都市(Garden City of Tomorrow)」と改題)。 (Wikipedia:田園都市)

田園都市線
『東急田園都市線』より : 田園都市線(でんえんとしせん)は、東京都渋谷区の渋谷駅から神奈川県大和市の中央林間駅までを結ぶ東京急行電鉄(東急)が運営する鉄道路線である。正式略称はないが、東急や鉄道ファンや沿線住民などからは田都(でんと)と略称される。 路線図や駅ナンバリングで使用される路線カラーは緑色、路線記号はDT DT。 なお、渋谷駅から二子玉川駅まではかつて新玉川線(しんたまがわせん)という名称の別路線であったが、2000年以降は田園都市線の一部となっているため、この項目で記述する。 東京都心の繁華街の一大ターミナルである渋谷駅から郊外の住宅地域を経て中央林間駅を結ぶ通勤・通学路線であり、東横線と並ぶ東急の基軸路線である。 路線の名称は、東急が田園都市線とともにエベネザー・ハワードの提唱した田園都市構想を用いて建設を行った「多摩田園都市」に由来する。溝の口駅以西はこの「多摩田園都市」の中核をなす交通機関として建設された。多摩田園都市地域のニュータウンとしての発展とともに、同地域の最も主要な交通機関として機能している。 (Wikipedia:田園都市線)

田園都市 (企業)
田園都市株式会社(でんえんとしかぶしきがいしゃ)はかつて洗足田園都市にあった住宅地開発会社。宅地開発のみならず鉄道事業をふくむ諸般の設備整備も展開した。田園調布を開発したことでも名高い。現在の東京急行電鉄や東急不動産の母体企業である。 ここで記述する田園都市株式会社は、戦後に設立された東京都豊島区にある同名企業との関連性はない。 田園都市株式会社は理想的な住宅地「田園都市」開発を目的に1918年に実業家渋沢栄一らによって立ち上げられた会社で、現在の東京急行電鉄・東急不動産の始祖に当たる。1922年に目黒区、品川区にまたがる洗足田園都市、 翌年大田区、世田谷区にまたがる多摩川台地区(現在の田園調布、玉川田園調布)の分譲を開始し、またその地の足の便の確保のため子会社により鉄道事業を営んだ。1928年、分譲地の販売も終了し役割は終わったとし、その子会社であった目黒蒲田電鉄に吸収合併された。しかし、その開発手法は後に東京急行電鉄による多摩田園都市開発に応用されることになる。 沿革と歴史 1915年(大正4)年2月、東京市長や司法大臣などを歴任した尾崎行雄の秘書を務めた畑弥右衛門が、尾崎の紹介で渋沢栄一を訪問して荏原郡開発を提案し、渋沢は中野武営に相談する。 (Wikipedia:田園都市 (企業))

田園都市株式会社
『田園都市 (企業)』より : 田園都市株式会社(でんえんとしかぶしきがいしゃ)はかつて洗足田園都市にあった住宅地開発会社。宅地開発のみならず鉄道事業をふくむ諸般の設備整備も展開した。田園調布を開発したことでも名高い。現在の東京急行電鉄や東急不動産の母体企業である。 ここで記述する田園都市株式会社は、戦後に設立された東京都豊島区にある同名企業との関連性はない。 田園都市株式会社は理想的な住宅地「田園都市」開発を目的に1918年に実業家渋沢栄一らによって立ち上げられた会社で、現在の東京急行電鉄・東急不動産の始祖に当たる。1922年に目黒区、品川区にまたがる洗足田園都市、 翌年大田区、世田谷区にまたがる多摩川台地区(現在の田園調布、玉川田園調布)の分譲を開始し、またその地の足の便の確保のため子会社により鉄道事業を営んだ。1928年、分譲地の販売も終了し役割は終わったとし、その子会社であった目黒蒲田電鉄に吸収合併された。しかし、その開発手法は後に東京急行電鉄による多摩田園都市開発に応用されることになる。 沿革と歴史 1915年(大正4)年2月、東京市長や司法大臣などを歴任した尾崎行雄の秘書を務めた畑弥右衛門が、尾崎の紹介で渋沢栄一を訪問して荏原郡開発を提案し、渋沢は中野武営に相談する。 (Wikipedia:田園都市株式会社)

田園都市線混雑緩和方法
(Wikipedia:田園都市線混雑緩和方法)


田園都市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

田園都市 - アマゾン検索


「田園都市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す