[PR]

日別キーワード

第37位  一口馬主 - 2019年01月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



一口馬主
一口馬主(ひとくちうまぬし、ひとくちばぬし)とは、日本において、競走馬に対し小口に分割された持分を通じて出資をする者のことである。匿名組合契約が利用されており、金融商品取引法(かつては商品ファンド法)によって規制を受ける。「クラブ馬主」「一口クラブ」ともいう。 馬主登録されていない者が競走馬に投資することで間接的に馬主となるシステムである。 日本全国で約5万人ほどが参加している。 一口馬主のクラブは、愛馬会法人とクラブ法人(馬主)の2つの法人によって成り立っている。クラブ法人と愛馬会法人は金融庁と農林水産省による商品投資販売業者の許可番号を持っているが、前者は馬主資格を有しない。一口馬主になりたい者は愛馬会法人の会員となって同法人に出資(匿名組合契約)し、愛馬会は出資金を用いて取得した競走馬をクラブ法人に現物出資する。クラブ法人は、現物出資された競走馬をレースに出走させ、獲得した賞金を愛馬会法人に配当する。愛馬会法人は、さらに配当を会員に分配する。出資は愛馬会法人が事前に取得した競走馬ごとに行われ、会員は自らが出資した競走馬の獲得した賞金に応じて損益分配を受ける。 (Wikipedia:一口馬主)


一口馬主 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

一口馬主 - アマゾン検索


「一口馬主」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す