[PR]

日別キーワード

第40位  京王電鉄 - 2019年01月11日


関連するイメージは見つかりませんでした



京王電鉄
京王電鉄株式会社(けいおうでんてつ、英称: Keio Corporation)は、東京都南西部から神奈川県北部に鉄道路線を有する鉄道事業者で、大手私鉄の一つである。 東証第1部上場企業であり、京王グループの中核企業である。 京王という名称の由来は、東京と八王子を結ぶ鉄道であることから。また、旧京王電気軌道と旧帝都電鉄(共に後述)の路線で発足した経緯から、1998年6月30日まで京王帝都電鉄(けいおうていとでんてつ、略称:京王帝都・京帝、英称:Keio Teito Electric Railway、英略称: KTR)という社名であった。パスネットの符丁はKO。 現在の京王電鉄は、元々資本の異なる旧京王電気軌道(京王線の営業をしていた会社)と旧帝都電鉄(井の頭線の営業をしていた会社)が、第二次世界大戦時の戦時統制を経て発足したため、それぞれ個別に記述する。 (Wikipedia:京王電鉄)

京王電鉄京王線
『京王線』より : 京王線(けいおうせん)は京王電鉄の鉄道路線である。概ね4つの定義があり、同社はいずれの定義も使用する。 新宿駅 - 京王八王子駅間の京王電鉄の鉄道路線。 正式な「京王線」。線増扱いの「京王新線」を含む。 1から「京王新線」を除く路線。 例:「京王線新宿駅」 京王電鉄が経営する鉄道路線のうち、井の頭線を除く各線(軌間1372mm)。 1の新宿駅 - 京王八王子駅間に、相模原線・競馬場線・動物園線、そして高尾線を加えたもの。 京王電鉄が経営する鉄道路線(京王電鉄線)。3に井の頭線(軌間1067mm、旧・帝都電鉄)を含めた同社鉄道全線。本項では2について詳述する。 京王線(けいおうせん)は、東京都新宿区の新宿駅と八王子市の京王八王子駅間を結ぶ京王電鉄の鉄道路線である。駅ナンバリングで使われる路線記号はKO。KO 新宿と八王子を結ぶ。国道20号(甲州街道)や首都高速4号新宿線・中央自動車道・JR中央本線と並行している。府中以東は国道20号にほぼ沿っており、聖蹟桜ヶ丘以西では川崎街道・北野街道に沿いながら浅川をさかのぼっている。 (Wikipedia:京王電鉄京王線)

京王電鉄相模原線
『京王相模原線』より : 相模原線(さがみはらせん)は、東京都調布市の調布駅から神奈川県相模原市緑区の橋本駅までを結ぶ、京王電鉄の鉄道路線である。駅ナンバリングで使われる路線記号はKO。KO 京王電鉄の路線では唯一、神奈川県内も沿線とする路線である。多摩ニュータウンへのアクセス路線の一つでもある。 路線データ 路線距離:22.6km 軌間:1372mm 複線区間:全線 電化区間:全線(直流1500V) 保安装置:京王ATC、速度制御式 最高速度:110km/h 沿線概況 調布 - 京王よみうりランド 調布駅を出るとすぐに左に急カーブを切り、南向きに変わる。品川通りを過ぎると地下から一気に高架に駆け上がり、京王多摩川駅となる。この先で多摩川を渡り、川崎市に入る。南武線を跨ぐところに京王稲田堤駅がある。駅構内で大きく右カーブし、西に向きを変える。多摩丘陵の麓に沿うように進み、稲城市に入って京王よみうりランド駅となる。 京王よみうりランド - 京王多摩センター そのまま西進し多摩丘陵に差し掛かるところで稲城駅にとなり、駅構内で大きく左にカーブして南西に向きを変える。 (Wikipedia:京王電鉄相模原線)

京王電鉄バス多摩営業所
京王電鉄バス多摩営業所(けいおうでんてつバスたまえいぎょうしょ)は、京王電鉄バスの営業所の一つ。
管轄地域は東京都多摩市全域、八王子市東部、稲城市西部のほか、一部路線は日野市へも乗り入れる。聖蹟桜ヶ丘駅・永山駅・多摩センター駅・稲城駅を基点とし、主に多摩ニュータウン内の輸送を担っている。営業所所在地は東京都多摩市南野1丁目1番1号、多摩ニュータウン地域の南端にあたる。
営業所を示す記号は「J」で、別称は京王多摩車庫(別位置に神奈川中央交通多摩営業所 神奈中多摩車庫があり、また京王多摩車庫前停留所は神奈川中央交通の管理のため)。本項では、併設する京王バス南・多摩営業所についても扱う。
車両整備工場が併設されており、京王電鉄バスグループの全車両の整備を行なっている。
(Wikipedia:京王電鉄バス多摩営業所)

京王電鉄バス
京王電鉄バス株式会社(けいおうでんてつバス、英称:Keio Dentetsu Bus Co.,Ltd.)は、2002年2月1日に設立(京王バスとしては1997年から)され、同年8月1日に京王電鉄自動車事業部の事業一切を継承して営業を開始した京王グループの中核バス会社である。 京王バス東、京王バス南、京王バス中央、京王バス小金井の4つの子会社を持ち、これらを加えた5社から京王電鉄バスグループを形成している(本稿では各子会社についても扱う)。本社は5社とも東京都府中市晴見町2-22、京王府中晴見町ビルに所在する。ただし、登記上の本店は東京都多摩市関戸一丁目9番地1の京王電鉄本社にある。 一般路線バスの営業エリアは、東京都多摩地域を中心とし、子会社各社への管理委託路線も含めると京王電鉄沿線のほぼ全域に及ぶ。そのほとんどが東京都内完結路線であるが、京王バス南には神奈川県相模原市に乗り入れる路線もある。また、新宿駅西口をターミナルに山梨県、長野県、岐阜県、愛知県への中央高速バス、長野市への関越道経由の高速バス、静岡県への東名高速経由の高速バス、大阪府、兵庫県、宮城県への長距離高速バス、東京スカイツリー・土気駅方面への高速バスを運行。 (Wikipedia:京王電鉄バス)

京王電鉄バス桜ヶ丘営業所
京王電鉄バス桜ヶ丘営業所(けいおうでんてつバスさくらがおかえいぎょうしょ)は、東京都日野市落川4番地の898にある京王電鉄バスの営業所。日野市、多摩市を主な営業エリアとし、八王子市、府中市 (東京都) 府中市、国立市、立川市へも乗り入れる。また日野市より委託を受け、日野市ミニバスを運行している。営業所を示す記号は「S」。
1964年5月16日 - 京王帝都電鉄京王バス中央・府中営業所 府中営業所桜ヶ丘支所開設。
1983年7月 - 桜ヶ丘営業所多摩車庫開設。
1984年4月2日 - 営業所を多摩車庫に移転、京王電鉄バス多摩営業所 多摩営業所桜ヶ丘支所となる。
2003年頃 - 京王電鉄バス桜ヶ丘営業所となる。
2007年8月5日 - 当営業所においてPASMOを導入。
桜08:聖蹟桜ヶ丘駅〜中河原駅〜稲荷神社〜四谷六丁目〜都営泉二丁目
(Wikipedia:京王電鉄バス桜ヶ丘営業所)

京王電鉄井の頭線
『京王井の頭線』より : 井の頭線(いのかしらせん)は、東京都渋谷区の渋谷駅と武蔵野市の吉祥寺駅を結ぶ京王電鉄の鉄道路線である。駅ナンバリングで使われる路線記号はIN。IN 渋谷と吉祥寺という繁華街同士を、途中小田急小田原線・京王線と接続しながら短絡する、一日数十万人が利用する路線である。全線が武蔵野台地上を走り、渋谷から吉祥寺までほぼ上り片勾配である。踏切は多いが、主要な道路とは敷設時から立体交差になっており、環状八号線と交差する高井戸駅は1972年に高架駅となっている。駅間距離が非常に短く、隣の駅までが1キロメートル未満であることがほとんどで隣の駅がホームの端から見える駅も少なくない。 また、関東の私鉄の中で最初に冷房率100%を達成した路線でもある。 軌間に1372mmのいわゆる馬車軌間を採用する他の京王線の路線とは異なり、井の頭線では1067mmの狭軌を採用している。これは元々、井の頭線が小田急電鉄系の帝都電鉄の路線として開業したためである。 トンネルは渋谷駅隣の神泉駅の前後に1つずつあり、吉祥寺寄りのトンネルには駅のホームが延びている。 (Wikipedia:京王電鉄井の頭線)

京王電鉄井ノ頭線
『京王井の頭線』より : 井の頭線(いのかしらせん)は、東京都渋谷区の渋谷駅と武蔵野市の吉祥寺駅を結ぶ京王電鉄の鉄道路線である。駅ナンバリングで使われる路線記号はIN。IN 渋谷と吉祥寺という繁華街同士を、途中小田急小田原線・京王線と接続しながら短絡する、一日数十万人が利用する路線である。全線が武蔵野台地上を走り、渋谷から吉祥寺までほぼ上り片勾配である。踏切は多いが、主要な道路とは敷設時から立体交差になっており、環状八号線と交差する高井戸駅は1972年に高架駅となっている。駅間距離が非常に短く、隣の駅までが1キロメートル未満であることがほとんどで隣の駅がホームの端から見える駅も少なくない。 また、関東の私鉄の中で最初に冷房率100%を達成した路線でもある。 軌間に1372mmのいわゆる馬車軌間を採用する他の京王線の路線とは異なり、井の頭線では1067mmの狭軌を採用している。これは元々、井の頭線が小田急電鉄系の帝都電鉄の路線として開業したためである。 トンネルは渋谷駅隣の神泉駅の前後に1つずつあり、吉祥寺寄りのトンネルには駅のホームが延びている。 (Wikipedia:京王電鉄井ノ頭線)

京王電鉄高尾線
『京王高尾線』より : 高尾線(たかおせん)は、東京都八王子市の北野駅と同市の高尾山口駅を結ぶ、京王電鉄の鉄道路線である。駅ナンバリングで使われる路線記号はKO。KO 路線データ 路線距離:8.6km 軌間:1372mm 駅数:7駅(起終点駅含む) 複線区間:北野駅 - 高尾駅間 単線区間:高尾駅 - 高尾山口駅間 電化区間:全線(直流1500V) 保安装置:京王ATC、速度制御式 最高速度:105km/h 沿線概況 全線が東京都八王子市内を走行する。 北野 - めじろ台 高架2面4線の北野駅を発車するとすぐに国道16号八王子バイパスと交差し、京王線を右に分けて直進する。さらにJR横浜線と交差すると築堤上を走る。その先で国道16号(東京環状)と交差して京王片倉駅へ。切通しに入るあたりで高尾線唯一の踏切を通過し、さらに切通しを行くと山田駅。同駅を発車すると御陵線の廃線跡を右に分けて切り通しを走る。集合住宅が両側に見えてくると、間もなく現在は2面2線のめじろ台駅に到着する。 (Wikipedia:京王電鉄高尾線)

京王電鉄バス八王子営業所
京王電鉄バス八王子営業所(けいおうでんてつバスはちおうじえいぎょうしょ)は、東京都八王子市長沼町1304番地の3にある京王電鉄バスの営業所。八王子市のJR中央本線 中央線以南・横浜線以西の地区、長房・城山手地区及び日野市・町田市の一部を管轄している。営業所記号はC。管轄下に#八王子駅・西八王子駅・めじろ台駅〜寺田方面 寺田方面の路線を担当する寺田車庫がある。
1948年 - 京王帝都電鉄設立(東京急行電鉄(いわゆる「大東急」)より分社。現・京王電鉄)により、中野営業所(現・京王バス東・中野営業所)・国分寺営業所とともに設置。
1977年 - 高尾車庫を開設。
1981年11月4日 - 寺田車庫を開設(高尾車庫を閉鎖)
1992年 - 南大沢支所(現・京王バス南・南大沢営業所)を設置。
(Wikipedia:京王電鉄バス八王子営業所)

京王電鉄新線
『京王新線』より : 京王新線(けいおうしんせん)は、京王電鉄京王線の複々線区間の増設別線である新線新宿駅 - 笹塚駅間 (3.6km) の通称である。駅ナンバリングで使われる路線記号はKO。KO 京王線の輸送力増強のための線増として1978年10月30日に開業し、1980年3月16日から都営地下鉄新宿線と相互直通運転を開始した。これは、都営新宿線との直通運転の際、大ターミナル駅とされていた新宿駅の改修が難しかったためとされている。 ほぼ、京王線と並行して国道20号(甲州街道)下、京王線より深い所を走り、笹塚駅の新宿寄りの一部区間を除き、地下路線となっている。現在の京王電鉄の車両は、都営新宿線乗り入れに対応していない車両でも新線の車両限界で設計されているため、新線新宿駅まで入線できる。京王線笹塚以西への始発と最終列車は新線新宿発着である。また、東京競馬場での開催時には府中競馬正門前駅から新線新宿行きの急行も運転されるが、新線内は各駅に停車する。 新線新宿駅は、国道20号の地下5階、京王線などの駅よりも西寄りの位置にホームがある。 (Wikipedia:京王電鉄新線)

京王電鉄動物園線
『京王動物園線』より : 動物園線(どうぶつえんせん)は、高幡不動駅から多摩動物公園駅までを結ぶ京王電鉄の鉄道路線。全線が東京都日野市内を走行する。駅ナンバリングで使われる路線記号はKO。KO 路線データ 路線距離:2.0km 軌間:1372mm 駅数:2駅(起終点駅含む。途中駅なし) 複線区間:なし(全線単線) 電化区間:全線(直流1500V) 保安装置:京王ATC、速度制御式 運転 動物園線は東京都立多摩動物公園への来場客のために建設され、その後は多摩動物公園駅の南側に設置された明星大学日野キャンパスや中央大学多摩キャンパスへの通学輸送を担い、特に中央大学多摩キャンパスへの大学機能移転が進んだ1970年代後半には大幅に利用者が増えた。 (Wikipedia:京王電鉄動物園線)

京王電鉄の車両検修施設
京王電鉄の車両検修施設(けいおうでんてつのしゃりょうけんしゅうしせつ)は、京王電鉄の車両基地について記述したものである。 京王電鉄の鉄道部門の各路線、すなわち京王線・京王新線・相模原線・高尾線・動物園線・競馬場線と井の頭線の車両基地は以下の通りである。 現在稼動する車両基地 2008年(平成20年)現在、稼動している車両基地は次の通り。 = 京王線・京王新線・相模原線・高尾線・動物園線・競馬場線 = == 検車区 若葉台検車区(相模原線若葉台駅) 若葉台検車区桜上水派出所(京王線桜上水駅)…電留線のみで検車機能はない。 高幡不動検車区(京王線・動物園線高幡不動駅) == 工場 若葉台工場(相模原線若葉台駅) = 井の頭線 = == 検車区 富士見ヶ丘検車区(井の頭線富士見ヶ丘駅) == 工場 ※2008年(平成20年)現在、井の頭線の工場は稼動していない。 (Wikipedia:京王電鉄の車両検修施設)

京王電鉄競馬場線
『京王競馬場線』より : 競馬場線(けいばじょうせん)は、東府中駅と府中競馬正門前駅を結ぶ京王電鉄の鉄道路線。全線が東京都府中市内を走行する。駅ナンバリングで使われる路線記号はKO。KO 路線名のとおり、東京競馬場へのアクセスを目的として敷設された路線である。終電は平日は府中競馬正門前駅22:02発、土休日は同駅21:58発で京王の路線では最も早い。 路線データ 路線距離 : 0.9km 軌間 : 1372mm 複線区間 : 全線 電化区間 : 全線(直流1500V) 保安装置 : 京王ATC、速度制御式 最高速度 : 70km/h 1955年(昭和30年)4月29日 - 東府中 - 府中競馬正門前間 (0.9km) 開業。 1963年(昭和38年)8月4日 - 架線電圧を1500Vに昇圧。 1999年(平成11年)7月28日 - 平日の線内折り返し列車のワンマン運転を開始。 2011年(平成23年)10月2日 - ATCの使用を開始。 運転 通常は東府中駅 - 府中競馬正門前駅間を往復する列車が1時間あたり平日朝ラッシュ時4 - 5本、日中・夜間3本で運行される。 (Wikipedia:京王電鉄競馬場線)


京王電鉄 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

京王電鉄 - アマゾン検索


「京王電鉄」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す