[PR]

日別キーワード

第1位  Google - 2019年01月14日


関連するイメージは見つかりませんでした



Google
Google Inc.(グーグル)は、検索エンジン、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、オンライン広告といったインターネット関連のサービスと製品を提供するアメリカ合衆国の多国籍企業である。収益の多くをアドワーズ(AdWords)と呼ばれるオンライン広告から得ている。 Googleは、スタンフォード大学の博士課程に在籍していたラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって創業された。現在でも2人合わせて16%の株式を保有している。1998年9月4日にGoogleは非公開の会社として設立され、2004年8月19日に最初の株式公開がされた。ミッション・ステートメントに「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」を掲げている。非公式なスローガン(従業員行動基準)には「邪悪になるな(Don't be evil.)」がある。2006年には、本社をカリフォルニア州のマウンテンビューに移した。移転後の本社はGoogleplex(グーグルプレックス)という愛称で呼ばれている。 (Wikipedia:Google)

Googlebot
『Google』より : REDIRECTグーグルボット。 (Wikipedia:Googlebot)

Google Earth
名称 Google Earth
ロゴ
スクリーンショット
説明文
開発元 Google Google Inc.
最新版 5.1.3533.1731
最新版発表日 2009年11月12日
最新評価版
最新評価版発表日
対応OS Microsoft Windows 2000 Windows 2000、Microsoft Windows XP XP、Microsoft Windows Vista Vista、Mac OS X、Linux
対応プラットフォーム
種別 :en:Virtual globe Virtual globe
ライセンス プロプライエタリ・ソフトウェア プロプライエタリ
Google Earth(グーグルアース)は、Google社が無料で配布しているバーチャル地球儀ソフトである。2005年6月28日から頒布が開始された。
世界中の衛星写真を、まるで地球儀を回しているかのように閲覧することができる。同様のソフトで、先行していたアメリカ航空宇宙局のNASA World Windとほぼ同様の動作をする。当初は、Windows 2000とWindows XPのみで動作したが、2006年1月10日にMac OS Xに対応したバージョンが公開された。Google Earth 4ベータ版(Ver.4.0.2080)より正式に日本語に対応している。
(Wikipedia:Google Earth)

Google earth
『Google Earth』より : Google Earth(グーグルアース)は、Googleが無料で配布しているバーチャル地球儀ソフト。2005年6月28日から配布が開始された。 動作 世界中の衛星写真を、まるで地球儀を回しているかのように閲覧することができる。同様のソフトで、先行していたアメリカ航空宇宙局の NASA World Wind とほぼ同様の動作をする。当初は、Windows 2000 と Windows XP のみで動作したが、2006年1月10日に Mac OS X に対応したバージョンが公開された。Google Earth 4 ベータ版 (Ver.4.0.2080) より正式に日本語に対応している。 2008年10月27日、iPhone や iPod touch などの iOS に対応した Google Earth for iPhone を公開した。2010年2月22日には同社が提供する Android OS のバージョン2.1以上に対応したバージョンを公開した。 設定や地域によるが、大抵の山がポリゴンになっており、画面を傾けると立体的な表示となる。 (Wikipedia:Google earth)

Google Mail
『Gmail』より : Gmail(ジーメール)は、Googleによるフリーメールサービスである。2004年4月1日より提供を開始している。商標権の問題からイギリスやドイツではGoogle Mailに名称が変更されている。 WebメールとPOP3・SMTP、IMAPに対応し、自動転送も可能である。2012年6月時点での利用者数は4億2500万人であり、世界最大のメールサービスである。競合サービスにはマイクロソフトのOutlook.comやYahoo!のYahoo!メールなどがある。 Orkutと同様にGoogle社員のアイデアが元となって生まれたサービスの一つで、現在ではGoogleの主要サービスの一つとなっている。 大容量 フリーメールでありながら、メールの保存容量はサービス当初は1GBで、当時としては大容量だった。2014年現在では、無料分のストレージが15GBに増加した。更に有料で追加するオプションがあり、月額2ドルの100GBから、上限30TBまでアップグレードできる。送受信可能なメールサイズは本文を含めて25MBであり、1日に受信可能なメールの総容量は2GBに設定されている。 (Wikipedia:Google Mail)

GoogleMail
『Gmail』より : Gmail(ジーメール)は、Googleによるフリーメールサービスである。2004年4月1日より提供を開始している。商標権の問題からイギリスやドイツではGoogle Mailに名称が変更されている。 WebメールとPOP3・SMTP、IMAPに対応し、自動転送も可能である。2012年6月時点での利用者数は4億2500万人であり、世界最大のメールサービスである。競合サービスにはマイクロソフトのOutlook.comやYahoo!のYahoo!メールなどがある。 Orkutと同様にGoogle社員のアイデアが元となって生まれたサービスの一つで、現在ではGoogleの主要サービスの一つとなっている。 大容量 フリーメールでありながら、メールの保存容量はサービス当初は1GBで、当時としては大容量だった。2014年現在では、無料分のストレージが15GBに増加した。更に有料で追加するオプションがあり、月額2ドルの100GBから、上限30TBまでアップグレードできる。送受信可能なメールサイズは本文を含めて25MBであり、1日に受信可能なメールの総容量は2GBに設定されている。 (Wikipedia:GoogleMail)

Google ドキュメント
ロゴ
スクリーンショット
説明文
開発元 Google
最新版
最新版発表日
最新評価版
最新評価版発表日
対応プラットフォーム 特に無し (ウェブアプリケーション)
種別 オフィススイート
ライセンス
Google ドキュメント(グーグル ドキュメント)、旧名 Google Docs & Spreadsheets(グーグル ドックス アンド スプレッドシーツ)は、Googleが無料提供する、World Wide Web WWW上で動くオフィスソフト。
縦書きには対応していない。また、保存した時点でフォーマットが失われるため取り出した文章も横書きのままである。
WYSIWYGによるウェブブラウザ ブラウザ上でのワープロ文書作成が可能。
ファイルはMicrosoft Word形式 (.doc)、Rich Text Format リッチテキスト (.rtf)、OpenDocument ODF (.odt)、Portable Document Format PDF (.pdf)、テキストファイル (.txt)、HyperText Markup Language HTML形式 (.html) で保存できる。
(Wikipedia:Google ドキュメント)

Google八分
『グーグル八分』より : グーグル八分(グーグルはちぶ)とは、グーグルの基準に該当するウェブサイトが、Googleのデータベースから除かれ、Google検索しても内容が表示されない状態になることを、村八分になぞらえて呼ぶ言葉である。Googleの検閲行為とも言われる。英語では「Censorship by Google」あるいは「Google Censorship」と呼ばれる。 グーグル八分とは、インターネットの検索エンジンサービス提供会社Googleが、提供する検索サービスの検索結果として表示されるはずのサイトの一覧から特定のサイトを取り除き、利用者が検索サービスを利用する際にそれらのサイトを表示しないようにすることである。 Googleは検索情報として提供される情報自体はGoogleが主体的に決定できるものであり、Googleが任意にそのようなことをする権限を持つとしている。 Googleによれば、「Google の方針として、検索結果に対する検閲は行われていません。しかしながら、各国の法律、条例、政策の求めに応じ、これを行うことがあります。 (Wikipedia:Google八分)

Google Writely
『Writely』より : Google ドキュメント(グーグル ドキュメント)、旧名 Google Docs & Spreadsheets(グーグル ドックス アンド スプレッドシーツ)は、Googleが無料提供する、ウェブブラウザ内で動くオフィスソフト。従来は記憶容量を提供するストレージサービスと一体だったが、ストレージはGoogle ドライブとして分離された。 文書(ワープロソフト)、スプレッドシート(表計算ソフト)、プレゼンテーション(プレゼンテーションソフトウェア)、図形編集の4つの機能が提供されている。ドキュメントはいずれもGoogleのサーバ上に保存されるが、他形式とのインポート・エクスポートも可能。他のユーザとのドキュメント共有をサポートしている。縦書きには対応していない。また、保存した時点でフォーマットが失われるため取り出した文章も横書きのままである。 文書 WYSIWYGによるブラウザ上でのワープロ文書作成が可能。 ファイルはMicrosoft Word形式 (.doc)、リッチテキスト (.rtf)、ODF (.odt)、PDF (.pdf)、テキストファイル (.txt)、HTML形式 (.html) で保存できる。 (Wikipedia:Google Writely)

GoogleToolbarNotifier.exe
Googleのサービス(グーグルのサービス)は、Googleが提供するウェブサービス、またはウェブアプリケーション、デスクトップアプリケーション、モバイルアプリケーションを総じたもの。 検索機能 検索のシステム Googleは、検索した文字列を含むウェブページの中で、適切と考えられるページを示すために、ページランクと呼ばれるアルゴリズムを用いている。 ページランクアルゴリズムは、ウェブページの価値の指標(ページランク)を、そのページにリンクしているページのページランクを加重した値に基づいて、再帰的に計算するものである。つまり、ページランクアルゴリズム自体がウェブページの内容の有用性を評価しなくても、人間の作ったリンクの関係を利用することにより、人間の考えるウェブページの有用性とよく関連したランクを付けることができるのである。このアルゴリズムにより、利用者が有用と感じる検索結果を提供でき、高シェアの検索エンジンとなっていった。 また、Googleは、検索結果として表示する順番を決めるのに、ページランクに加えて、およそ百程度といわれる公開されていない基準も用いている。 (Wikipedia:GoogleToolbarNotifier.exe)

Google Talk
Google トーク(グーグルトーク、Google Talk)は、Googleが2005年8月24日(日本語版は2006年5月16日)に公開したインスタントメッセンジャーであった。 XMPPプロトコルをベースにしており、PidginやiChat等のXMPP互換クライアントを利用して接続することも可能である。 インスタントメッセンジャーの中では比較的シンプルなデザインになっている。Google トーク ガジェットによってクライアントをインストールせずWebブラウザ上からも利用できるようになった。 英語版の最新版ではボイスチャット機能やファイル送信機能が追加されている。 Gmailと連携していてGmailの操作画面でGoogleトークのユーザーとメッセージのやり取りが出来る。 2013年5月にGoogle+ ハングアウトと入れ替わる形でサービス終了した。 機能 メッセージのやり取り以外の機能としては、Gmailの新着メールをタスクトレイで通知してくれるアラート機能がある。 (Wikipedia:Google Talk)

Google Trends
Google Trends(グーグルトレンド)は、ある単語がGoogleでどれだけ検索されているかというトレンドをグラフで見ることができるツール。公開は2006年5月10日。 Google Trendsでは、入力した単語の検索数をグラフで示してくれる。このときその単語に関連したニュースを見る事ができ、特に検索数が多いときに何があったのかが分かるようになっている。特定の国、期間に絞ったグラフを見ることもでき、また世界中の都市や国、言語毎にどこでの検索が最も多いのかのランキングも提供される。さらにコンマで区切ることにより複数の単語のグラフを比較することも可能である。 関連項目 Google 外部リンク Google トレンド(日本語版) Google トレンド(英語版)。 (Wikipedia:Google Trends)

Google ツールバー
Googleのサービス(グーグルのサービス)は、Googleが提供するウェブサービス、またはウェブアプリケーション、デスクトップアプリケーション、モバイルアプリケーションを総じたもの。 検索機能 検索のシステム Googleは、検索した文字列を含むウェブページの中で、適切と考えられるページを示すために、ページランクと呼ばれるアルゴリズムを用いている。 ページランクアルゴリズムは、ウェブページの価値の指標(ページランク)を、そのページにリンクしているページのページランクを加重した値に基づいて、再帰的に計算するものである。つまり、ページランクアルゴリズム自体がウェブページの内容の有用性を評価しなくても、人間の作ったリンクの関係を利用することにより、人間の考えるウェブページの有用性とよく関連したランクを付けることができるのである。このアルゴリズムにより、利用者が有用と感じる検索結果を提供でき、高シェアの検索エンジンとなっていった。 また、Googleは、検索結果として表示する順番を決めるのに、ページランクに加えて、およそ百程度といわれる公開されていない基準も用いている。 (Wikipedia:Google ツールバー)

Google Browser Sync
Google Browser Sync(グーグルブラウザーシンク)は、Googleが2006年6月8日に公開したFirefox用の拡張機能である。Firefox v.1.5以上2以下に対応。 Firefoxに保存されているブックマーク、Cookieなどを複数のパソコン間で同期する事が出来る。 利用するためにはGoogleアカウントと同期用のパスワードが必要。 最新版の1.3.20070523.0は、2008年6月17日にリリースされたFirefox 3には対応していない。非公式情報ではあるが、Firefox 3に対応したアップデートは行われず、また、2008年中にはFirefox 2以前に対するサポートも終了すると報じられている。 外部リンク Google Browser Sync 脚注 ==。 (Wikipedia:Google Browser Sync)

Google ツールバー
Googleのサービス(グーグルのサービス)は、Googleが提供するWorld Wide Web ウェブサービス、またはローカルアプリケーションソフトウェア アプリケーション。
Googleは、検索した文字列を含むウェブページの中で、適切と考えられるページを示すために、ページランクと呼ばれるアルゴリズムを用いている。
ページランクアルゴリズムは、ウェブページの価値の指標(ページランク)を、そのページにハイパーリンク リンクしているページのページランクを加重した値に基づいて、再帰的に計算するものである。つまり、ページランクアルゴリズム自体がウェブページの内容の有用性を評価しなくても、人間の作ったリンクの関係を利用することにより、人間の考えるウェブページの有用性とよく関連したランクを付けることができるのである。このアルゴリズムにより、利用者が有用と感じる検索結果を提供でき、高シェアの検索エンジンとなっていった。
(Wikipedia:Google ツールバー)

Google Toolbar
『Google ツールバー』より : Googleのサービス(グーグルのサービス)は、Googleが提供するウェブサービス、またはウェブアプリケーション、デスクトップアプリケーション、モバイルアプリケーションを総じたもの。 検索機能 検索のシステム Googleは、検索した文字列を含むウェブページの中で、適切と考えられるページを示すために、ページランクと呼ばれるアルゴリズムを用いている。 ページランクアルゴリズムは、ウェブページの価値の指標(ページランク)を、そのページにリンクしているページのページランクを加重した値に基づいて、再帰的に計算するものである。つまり、ページランクアルゴリズム自体がウェブページの内容の有用性を評価しなくても、人間の作ったリンクの関係を利用することにより、人間の考えるウェブページの有用性とよく関連したランクを付けることができるのである。このアルゴリズムにより、利用者が有用と感じる検索結果を提供でき、高シェアの検索エンジンとなっていった。 また、Googleは、検索結果として表示する順番を決めるのに、ページランクに加えて、およそ百程度といわれる公開されていない基準も用いている。 (Wikipedia:Google Toolbar)

Googleツールバー
『Google ツールバー』より : Googleのサービス(グーグルのサービス)は、Googleが提供するウェブサービス、またはウェブアプリケーション、デスクトップアプリケーション、モバイルアプリケーションを総じたもの。 検索機能 検索のシステム Googleは、検索した文字列を含むウェブページの中で、適切と考えられるページを示すために、ページランクと呼ばれるアルゴリズムを用いている。 ページランクアルゴリズムは、ウェブページの価値の指標(ページランク)を、そのページにリンクしているページのページランクを加重した値に基づいて、再帰的に計算するものである。つまり、ページランクアルゴリズム自体がウェブページの内容の有用性を評価しなくても、人間の作ったリンクの関係を利用することにより、人間の考えるウェブページの有用性とよく関連したランクを付けることができるのである。このアルゴリズムにより、利用者が有用と感じる検索結果を提供でき、高シェアの検索エンジンとなっていった。 また、Googleは、検索結果として表示する順番を決めるのに、ページランクに加えて、およそ百程度といわれる公開されていない基準も用いている。 (Wikipedia:Googleツールバー)

Google マップ
Google マップ(グーグル マップ、英: Google Maps)は、Googleがインターネットを通して提供している地図、ローカル(地域)検索サービス。広義で「GIS」という分野のソフト・サービスであり、その中のWebGISにあたる。 地図、航空写真、地形の3つの表示方式が用意され、各々で縮尺を調節し全世界を俯瞰することができる。航空写真はEarthモードと言われる3Dマップ表示され、視点の傾斜や回転ができる。対応地域であれば地形や建物、道路などを3D立体表示する事が可能。店舗や施設を検索するGoogle プレイスや、ルート検索機能などを備える。また道路上から撮影したパノラマ写真を閲覧できるストリートビューという機能を提供している。ウェブ版に加え、AndroidとiOS向けのモバイルアプリケーションが提供されている。 Google マップは初め、デンマーク人の兄弟Lars Rasmussen と Jens Rasmussenがシドニーに設立した企業 Where 2 Technologies によって開発された。 (Wikipedia:Google マップ)

Googleローカル
『Google マップ』より : Google マップ(グーグル マップ、英: Google Maps)は、Googleがインターネットを通して提供している地図、ローカル(地域)検索サービス。広義で「GIS」という分野のソフト・サービスであり、その中のWebGISにあたる。 地図、航空写真、地形の3つの表示方式が用意され、各々で縮尺を調節し全世界を俯瞰することができる。航空写真はEarthモードと言われる3Dマップ表示され、視点の傾斜や回転ができる。対応地域であれば地形や建物、道路などを3D立体表示する事が可能。店舗や施設を検索するGoogle プレイスや、ルート検索機能などを備える。また道路上から撮影したパノラマ写真を閲覧できるストリートビューという機能を提供している。ウェブ版に加え、AndroidとiOS向けのモバイルアプリケーションが提供されている。 Google マップは初め、デンマーク人の兄弟Lars Rasmussen と Jens Rasmussenがシドニーに設立した企業 Where 2 Technologies によって開発された。 (Wikipedia:Googleローカル)

Googleニュース
Google ニュース (Google News) は、Google Inc.が提供するニュースアグリゲーター。Googleのページランクに関連して、Googleの主任研究者である Krishna Bharat が2001年に開発したストーリーランクをベースとして始まった。人間はアグリゲーションのアルゴリズムを調節するだけで、掲載する記事の選択は全て自動的に行われる。2006年1月、Google News ベータ版が登場した。 技術的解説 2002年4月、ベータ版として紹介され、サービスは2006年1月23日にベータ版として公開された。アグリゲーションは(2008年6月31日現在)、19カ国語で40の地域について別々に行われており、さらに地域と言語の拡大が行われている。現在運用中の言語は、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポーランド語、ポルトガル語、中国語、日本語、韓国語、オランダ語、アラビア語、ヘブライ語、ノルウェー語、チェコ語、ハンガリー語、スウェーデン語、ギリシア語、ロシア語、ヒンディー語、テルグ語、タミル語、トルコ語、マラヤーラム語である。 (Wikipedia:Googleニュース)


Google - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  電子書籍 - 2019年01月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



電子書籍
電子書籍(でんししょせき)とは、紙とインクを利用した印刷物ではなく、電磁的に記録された情報のうち、従来の書籍(雑誌を含む)を置き換える目的で作成されたコンテンツをいう。そのため目次、ページ送り、奥付など書籍としての体裁を整えたものが多い。再生には電子機器のディスプレイのほか、スピーカーが必要な場合もある。電子書籍はソフトウェアであるコンテンツだけを指すが、ハードウェアである再生用の端末機器(電子ブックリーダー)も重要な要素である。電子ブック、デジタル書籍、デジタルブック、Eブック、オンライン書籍とも呼ばれる。 電子書籍のコンテンツの多くは、既に出版された印刷書籍の情報を、デジタルな文字情報や必要ならばさし絵をデジタル画像情報へ変換して電子ファイルにすることで、印刷、製本、流通の経費削減や省スペースを図ったものである。コンテンツは有料と無料のものがあり、その多くが無線/有線のネットワークからダウンロード完了後に読むことになる。紙の書籍では不可能な、ハイパーリンク・動画・音声・振動(バイブレーション)などを併用したコンテンツも存在する。 (Wikipedia:電子書籍)


電子書籍 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  稀勢の里 - 2019年01月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



稀勢の里
『稀勢の里寛』より : 稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか、1986年7月3日 - )は、茨城県牛久市出身(出生地は兵庫県芦屋市)で田子ノ浦部屋(入門時は鳴戸部屋)所属の現役大相撲力士。本名は萩原寛(はぎわら ゆたか)、愛称はハギ。身長187cm、体重178kg、趣味はスポーツ観戦、好きな食べ物はのっぺい汁、焼き鳥。龍ケ崎市立松葉小学校、同市立長山中学校卒。得意手は左四つ・寄り・突き・押し。最高位は東大関(2012年7月場所、2013年1月場所~2014年1月場所、同年5月場所、2015年1月場所~同年7月場所、2016年1月場所)、血液型はB型。締め込みの色はナス紺。 入門まで 小学校4年生から野球をやっていたが、相撲が好きで小学2年頃からよくテレビで観戦していた。中学2年時に龍ヶ崎市から牛久市へ転入。野球の能力も高く小学生時代は捕手を、中学1年からは投手を務め、中学3年の時には常総学院などの強豪校からの勧誘もあったが、「自分はでかいだけ。 (Wikipedia:稀勢の里)

稀勢の里寛
稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか、1986年7月3日 - )は、茨城県牛久市出身(出生地は兵庫県芦屋市)で田子ノ浦部屋(入門時は鳴戸部屋)所属の現役大相撲力士。本名は萩原寛(はぎわら ゆたか)、愛称はハギ。身長187cm、体重178kg、趣味はスポーツ観戦、好きな食べ物はのっぺい汁、焼き鳥。龍ケ崎市立松葉小学校、同市立長山中学校卒。得意手は左四つ・寄り・突き・押し。最高位は東大関(2012年7月場所、2013年1月場所~2014年1月場所、同年5月場所、2015年1月場所~同年7月場所、2016年1月場所)、血液型はB型。締め込みの色はナス紺。 入門まで 小学校4年生から野球をやっていたが、相撲が好きで小学2年頃からよくテレビで観戦していた。中学2年時に龍ヶ崎市から牛久市へ転入。野球の能力も高く小学生時代は捕手を、中学1年からは投手を務め、中学3年の時には常総学院などの強豪校からの勧誘もあったが、「自分はでかいだけ。 (Wikipedia:稀勢の里寛)


稀勢の里 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  F9 - 2019年01月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



F9
F9, F-9, f9 コンピュータのファンクションキーのひとつ。 フロンティア航空のIATA航空会社コード。 映像コンテンツ制作会社。F9 (映像コンテンツ制作会社)を参照。 航空機 ボーイング F-9 - アメリカ陸軍航空隊の写真偵察機。 グラマン F-9 - アメリカ海軍の戦闘機。 (Wikipedia:F9)

F90
『フォーミュラ計画』より : ガンダムF90(ガンダムエフきゅうじゅう:ガンダムフォーミュラナインティ、GUNDAM F90: GUNDAM FORMULA NINETY)は、「ガンダムシリーズ」の宇宙世紀系作品群に登場する架空の有人操縦式ロボット兵器。初出はプラモデル(ガンプラ)企画および漫画でメディアミックス展開されていた『機動戦士ガンダムF90』。 人型機動兵器「モビルスーツ」(MS)の1機種。地球連邦軍の試作型ガンダムタイプMSで、『機動戦士ガンダムF91』の主役機「ガンダムF91」の前身にあたる機体。『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』より過去の時代の作品に登場するMSは全高20メートル前後が標準サイズとなっているが、F90は15メートル程度にまで小型化されている。これは、『機動戦士ガンダムΖΖ』で触れられた「MSの恐竜的進化(多機能化による大型化)」による運用面の不備を改善するべく取られた措置で、軽量化や時代経過による技術革新によって大幅な性能向上を達成している。 (Wikipedia:F90)

F91
『フォーミュラ計画』より : F91 機動戦士ガンダムF91 - ガンダムシリーズのアニメ映画、およびその主役メカガンダムF91の名称 F91デュドランジュ - ルクセンブルクのサッカークラブ イギリス海軍の軍艦 HMS Brazen (F91) HMS Murray (F91) XF-91 - アメリカの試作戦闘機。 (Wikipedia:F91)

F97
『クロスボーン・ガンダム』より : クロスボーン・ガンダム(CROSSBONE GUNDAM)は、「ガンダムシリーズ」に登場する架空の兵器。有人操縦式の人型ロボット兵器「モビルスーツ」(MS)の一つ。初出は1994年の漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』。 主人公側の勢力である宇宙海賊「クロスボーン・バンガード」の所属機で、「ガンダムタイプ」に分類される機体。劇場用アニメ『機動戦士ガンダムF91』の主役機「ガンダムF91」とは同系列の試作機で、こちらは外宇宙活動に適応した頑強な機体構造と高い推進力を兼ね備えている。頭部の髑髏レリーフや骨十字のような背部推進器ユニットといった、中世の海賊を思わせる意匠を持つ。 『クロスボーン』劇中では、『F91』の主人公でもある「キンケドゥ・ナウ(シーブック・アノー)」が搭乗する白と黒の1号機「X1」、同じく『F91』にも登場する「ザビーネ・シャル」が搭乗する黒い2号機「X2」が登場し、物語の途中で主人公「トビア・アロナクス」が搭乗する白と青の3号機「X3」も登場する。 (Wikipedia:F97)

F903i
機種名 FOMA F903i
キャリア NTTドコモ
製造 富士通
発売年 2006年
発売日 11月14日
OS Symbian OS + MOAP(S)
CPU SuperH#SH-Mobile SH-Mobile G1
通信方式 FOMA (W-CDMA)
利用周波数帯 800MHz帯 800MHz、1.7GHz帯 1.7GHz、2GHz帯 2GHz
形状 折りたたみ型(スイング型)
長さ 102
厚さ 24
重量 131
連続通話時間 約160分間(音声通話)100分間(テレビ電話)
連続待受時間 約540時間(静止時)380時間(移動時)
充電時間 約130分間
データフォルダ
外部メモリ SDメモリーカード microSD (~2GB)
(Wikipedia:F903i)

F903iX HIGH-SPEED
機種名 FOMA F903iX HIGH-SPEED
キャリア NTTドコモ
製造 富士通
発売年 2007年
発売日 2月20日
OS Symbian OS + MOAP(S)
CPU SuperH#SH-Mobile SH-Mobile G1
通信方式 FOMA(W-CDMA・HSDPA)
利用周波数帯 800MHz帯 800MHz、2GHz帯 2GHz
形状 折りたたみ型(スイング型)
長さ 102
厚さ 24
重量 130
連続通話時間 約160分(音声電話時)約100分(テレビ電話時)
連続待受時間 静止時:約500時間移動時:約360時間
データフォルダ 1GB(内300MBを一部機能およびシステムが占有)
外部メモリ SDメモリーカード microSD(2GBまで:ドコモ発表)
日本語入力 ATOK&AI推測変換APOT
(Wikipedia:F903iX HIGH-SPEED)

F9F (航空機)
名称=F9F パンサー/クーガー
キャプション=F9F パンサー
用途=戦闘機
分類=艦上戦闘機、戦闘爆撃機
設計者=
製造者=グラマン社
運用者=
運用者 more=
初飛行年月日=1947年11月24日
生産数=
生産開始年月日=
運用開始年月日=1951年9月20日
退役年月日=1971年(アルゼンチン)
運用状況=退役
ユニットコスト=
F9Fとはアメリカ合衆国の航空機メーカーであるグラマン グラマン社が開発し、アメリカ海軍が使用したジェット機 ジェット艦上戦闘機である。直線翼のF9F-2、F9F-5と、後退翼を持つ改良型のF9F-6、F9F-7、F9F-8が存在する。
F9Fはグラマン社が開発し第二次世界大戦後、初めて海軍に採用されたジェット戦闘機で、愛称はパンサー(Panther)であった。機体はF4F (航空機) ワイルドキャット以来のグラマン社の製品らしく頑丈で実用性に重点を置き、円形断面の太く短い胴体に直線翼を組み合わせた手堅い設計となっていた。
(Wikipedia:F9F (航空機))

F901iC
FOMA F901iC(フォーマ・エフ きゅう まる いち アイ・シー)は、富士通によって開発された、NTTドコモの第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。 901iシリーズとしてSH901iCに次いで2番目に発売された。外部メモリーはminiSDカード(128MBまで:ドコモ発表。それ以上は自己責任)対応である。折りたたみ式を採用し、指紋認証センサーも引き続き採用している。また、別売りの接続ケーブルを買う事で充電しながらパソコンとの情報連携も出来る。カメラ性能は、アウトカメラはCCD有効画素数204万画素で、オートフォーカスに対応している。主にテレビ電話用のインカメラはCMOS有効画素数32万画素。 iアプリは「RIDGE RACER FOR F」、「スーパーパズルボブルF」、「スペースインベーダー3DサラウンドF」、「フリーセル」、「3Dサウンドシミュレーター」、「Gガイド番組表リモコン」、「電子マネー Edy」、「Dimo i 絵文字メール」がプリインストールされている。 (Wikipedia:F901iC)

F902iS
FOMA F902iS(フォーマ・エフ きゅう まる に アイ・エス)は、富士通によって開発された、NTTドコモの第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。 902iSシリーズとしてSH902iS、P902iS、D902iS、N902iSに次いで最後に発売された。 外観の特徴としてデジタルオーディオプレーヤー風の外観を採用。ユーザーによりiPod等をイメージする様なデザインになっている。背面にカメラ、モノクロ液晶、タッチセンサー式のボタンを採用している。カメラの突起部を除けば、F902iSは19.7mmと902iSシリーズ中最薄の端末である。 これまでの富士通製端末同様に指紋認証センサーを搭載しているが、初めて指紋認証センサーの位置が底面に移動した。そうする事で、これまで両手で指紋認証を行わないといけなかったのが、片手で認証できるようになり、端末を閉じたままで出来る様になった。これまでは、指紋認証センサーとパスワードの併用しか選ぶ事が出来なかったが、F902iSより新たに指紋のみの認証も選択出来る様になった。 (Wikipedia:F902iS)

F9F (戦闘機)
F9Fとはアメリカ合衆国の航空機メーカーであるグラマン グラマン社が開発し、アメリカ合衆国海軍 米海軍が使用したジェット機 ジェット戦闘機 艦上戦闘機である。直線翼のF9F-2、F9F-5と、後退翼を持つ改良型のF9F-6、F9F-7、F9F-8が存在する。
F9F-2,-5はグラマン社が第二次世界大戦後、初めて海軍に採用されたジェット戦闘機で、愛称はパンサー(Panther)であった。機体はF4Fワイルドキャット_(戦闘機) ワイルドキャット以来のグラマン社の製品らしく頑丈で実用性に重点を置き、円形断面の太く短い胴体に直線翼を組み合わせた手堅い設計となっていた。1948年から配備が開始され、朝鮮戦争に投入された。しかし、直線翼で構成された機体デザインは、ジェット戦闘機としては明らかに古い設計思想に基づいたものであり、空力的に性能において同世代のライバル機より遙かに劣っていた。結果、戦闘機としての運用には多大な損害が伴ったため、実質的には主に対地攻撃機の代用として運用される事となった。朝鮮戦争休戦後は、改良型のクーガーと交代する形で第一線を退き、練習機等の支援任務に使用されるようになった。
(Wikipedia:F9F (戦闘機))

F9F
『F9F (戦闘機)』より : F9Fとはアメリカ合衆国の航空機メーカーであるグラマン社が開発し、アメリカ海軍が使用したジェット艦上戦闘機である。直線翼のF9F-2、F9F-5と、後退翼を持つ改良型のF9F-6、F9F-7、F9F-8が存在する。 F9F パンサー F9Fはグラマン社が開発し第二次世界大戦後、初めて海軍に採用されたジェット戦闘機で、愛称はパンサー(Panther)であった。機体はワイルドキャット以来のグラマン社の製品らしく頑丈で実用性に重点を置き、円形断面の太く短い胴体に直線翼を組み合わせた手堅い設計となっていた。 グラマン社において、ジェット戦闘機の開発は1943年から開始されており、1946年4月には双発複座のG-75案がXF9F-1としてアメリカ海軍から発注されている。これは1946年12月に単発単座のG-79案に発展したため、XF9F-1はキャンセルとなり、G-79案をXF9F-2として開発が続行された。XF9F-2は3機が製作され、1947年11月21日に初飛行している。XF9F-2は量産化が決定され、F9F-2として1949年から配備が開始された。 (Wikipedia:F9F)

F901iS
FOMA F901iS(フォーマ・エフ きゅう まる いち アイ・エス)は、富士通によって開発された、NTTドコモの第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。 901iSシリーズとしてSH901iSに次ぎ、P901iS・D901iSと同時に発売された。外部メモリーはminiSDカード(128MBまで:ドコモ発表。それ以上は自己責任)対応である。折りたたみ式を採用し、指紋認証センサーも引き続き採用している。更に開閉ロック機能も付属している。また、別売りの接続ケーブルを買う事で充電しながらパソコンとの情報連携も出来る。カメラ性能は、メインカメラはCCD約204万画素。またオートフォーカスにも対応している。テレビ電話用のサブカメラはCMOS約32万画素。 この端末のボタンは黄緑色に光る。 iアプリは「RIDGE RACER FOR F」、「スーパーパズルボブルF」、「ZOO KEEPER F」、「フリーセル」、「お出かけ♪姫様」、「Gガイド番組表リモコン」、「電子マネー Edy」がプリインストールされている。 (Wikipedia:F901iS)

F902i
FOMA F902i(フォーマ・エフ きゅう まる に アイ)は、富士通によって開発された、NTTドコモの第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。 902iシリーズとしては一番早く、D902iと同時に発売された。外部メモリーはminiSDカード(1GBまで:ドコモ発表。それ以上は自己責任)対応である。折りたたみ式を採用し、指紋センサーも引き続き採用している。閉じると自動的にロックできる、開閉ロックも継承。待受画面以外では開閉ロックがかからないため、正常に作動したかどうかを確認できる、セキュリティランプという機能も搭載された。また、別売りの接続ケーブルを買う事で充電しながらパソコンとの情報連携も出来る。メインカメラは有効約200万画素のスーパーCCDハニカムで、約400万画素相当の画像出力に対応した。またオートフォーカスにも対応している。テレビ電話用のサブカメラはCMOS約32万画素。 アドバンストモードという、使いやすさの向上させるモードが新たに搭載された。アドバンストモードでは、画面の輝度が向上、メニューが使い勝手の良い9分割タイルアイコンに設定される。 (Wikipedia:F902i)

F900iT
FOMA F900iT(フォーマ・エフ きゅう まる まる アイ・ティ)は、富士通によって開発された、NTTドコモの第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。 「T」はTouch Panelの略(502itのtとは異なる)。 900iXシリーズとしてP900iVと同時に発売された。 最大の特徴として、タッチパネルを採用し、iモード等の操作もできる。回転2軸ヒンジ方式のため、画面を外にして閉じた状態での操作も可能。 また、もうひとつの特徴としてBluetoothにも対応。一般向けのドコモの携帯電話としては初のBluetooth搭載機である(以前にもBluetooth搭載のFOMA端末は存在したが、特殊な機種であり一般的ではなかった。またmovaにはBluetooth搭載機はない)。ちなみに、富士通のスマートフォンを除くFOMA端末でBluetoothが搭載された端末は、これ以降では、4年後のF-01Aまで作られていない。 外部メモリーはminiSDカード(128MBまで:ドコモ発表。それ以上は自己責任)対応である。指紋認証センサーもF900iに引き続き採用している。 (Wikipedia:F900iT)

F900i
FOMA F900i(フォーマ・エフ きゅう まる まる アイ)は、富士通によって開発された、NTTドコモの第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。 900iシリーズとして1番目に発売された。外部メモリーはminiSDカード(128MBまで、ドコモ発表)対応である。折りたたみ式で、指紋認証センサーがある。また、別売りの接続ケーブルがあれば充電しながらパソコンと情報連携できる。メインカメラの性能はCCD約128万画素。テレビ電話用のサブカメラはCMOS約11万画素。AACファイル再生機能がある。 あらかじめインストールされているiアプリは「人生ゲームF版」、「麻雀牌パズルF」、「ルーインエクスプローラー」、「フリーセル」、「Dimo i 絵文字メール」、「ちびわんふれんず2」、「マイリモコン」など。QVGA液晶。iアプリは500KB(ダウンロード100KB、スクラッチパッド400KB)。 2003年11月20日 - 技術基準適合証明 (TELEC) 通過 2003年12月18日 - D900i・SH900i・P900i・N900iと共にドコモが公式発表 2004年2月6日 - 発売開始電気通信端末機器審査協会 (JATE)は非通過。 (Wikipedia:F900i)

F900iC
FOMA F900iC(フォーマ・エフ きゅう まる まる アイ・シー)は、富士通によって開発された、NTTドコモの第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。 FOMAシリーズとして初めてiモードFeliCaに対応した。外部メモリーはminiSD(128MBまで:ドコモ発表。それ以上は自己責任)対応である。折りたたみ式を採用し、指紋認証センサーも引き続き採用している。指紋認証に連動してiモードFeliCaを利用できたり(モバイルSuicaには非対応)、遠隔操作で電話機をブロックする事も出来る。また、別売りの接続ケーブルを買う事で充電しながらパソコンとの情報連携も出来る。メインカメラの性能はCCD約128万画素。テレビ電話用のサブカメラはCMOS約11万画素。 iアプリは「電子マネー Edy」、「ルーインエクスプローラーplus」、「フリーセル」、「Dimo i 絵文字メール」、「マイリモコン」等のiアプリがプリインストールされている。 (Wikipedia:F900iC)

F9C (航空機)
F9Cはアメリカ合衆国のカーチスが開発した戦闘機。1930年代のアメリカ海軍向けの複葉戦闘機である。愛称はスパローホーク(Sparrowhawk)。アメリカ海軍の飛行船USS アクロン(ZRS-4)とアクロンと同型のUSS メイコン(ZRS-5)に搭載されるために使われた。なお、スパローホークとは猛禽類のハイタカのことである。 スパローホークは全長が6m、全幅が7mと小型であったため、大型飛行船に搭載するのに適していた。パイロットたちにトラピーズ("the flying trapeze" 空中ブランコの意)と呼ばれた係留装置によって、上翼の上に取り付けられたフックで吊るされて使用された。その特殊な運用方法のため、車輪などの降着装置を一切装備していない機体も存在した。通常は飛行船内に収納され、飛行する場合は、トラピーズを使って飛行船から離脱させた。フックはパイロットによって簡単にはずすことができた。アクロンの最大収容機数は計5機である。 1930年6月に小型艦上戦闘機XF9C-1として発注が行なわれた。 (Wikipedia:F9C (航空機))

F9C
『F9C (航空機)』より : F9Cはアメリカ合衆国のカーチスが開発した戦闘機。1930年代のアメリカ海軍向けの複葉戦闘機である。愛称はスパローホーク(Sparrowhawk)。アメリカ海軍の飛行船USS アクロン(ZRS-4)とアクロンと同型のUSS メイコン(ZRS-5)に搭載されるために使われた。なお、スパローホークとは猛禽類のハイタカのことである。 スパローホークは全長が6m、全幅が7mと小型であったため、大型飛行船に搭載するのに適していた。パイロットたちにトラピーズ("the flying trapeze" 空中ブランコの意)と呼ばれた係留装置によって、上翼の上に取り付けられたフックで吊るされて使用された。その特殊な運用方法のため、車輪などの降着装置を一切装備していない機体も存在した。通常は飛行船内に収納され、飛行する場合は、トラピーズを使って飛行船から離脱させた。フックはパイロットによって簡単にはずすことができた。アクロンの最大収容機数は計5機である。 1930年6月に小型艦上戦闘機XF9C-1として発注が行なわれた。 (Wikipedia:F9C)

F903iX
『』より : (Wikipedia:F903iX)


F9 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ふるさと納税 - 2019年01月16日


関連するイメージは見つかりませんでした



ふるさと納税
ふるさと納税(ふるさとのうぜいおここい)とは、日本の個人住民税の制度の一つで、日本国内の任意の地方自治体(都道府県、市町村および特別区。以下同じ)に寄付することにより、寄付した額のほぼ全額が税額控除されるものである(ただし一定の制限や限度がある)。「ふるさと寄附金」とも呼ばれる。 ふるさと納税の法源は地方税法第37条の2にある。これは2008年4月30日に公布された「地方税法等の一部を改正する法律」(平成20年法律第21号)による。第37条の3中「前2条」を「前3条」に改め、同条を第37条の4とし、第37条の2中「前条」を「前2条」に改め、同条を第37条の3とし、第37条の次に次の1条を加える、と定め、従前の地方税法に「(寄附金税額控除)」、第37条の2を挿入した。第37条の2はその後平成23年法律第83号により改正され現在に至っている。 ふるさと納税は、個人住民税の寄附金税制が拡充されたものである。地方自治体に対する寄附金のうち、2,000円を超える部分(所得税は2009年分まで寄附金の5,000円を超える部分、個人住民税は2010年分まで寄附金の5,000円を超える部分)について、個人住民税所得割の概ね2割(2015年までは1割)を上限とする金額が、所得税と合わせて控除される。 (Wikipedia:ふるさと納税)


ふるさと納税 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す