[PR]

日別キーワード

第1位  錦織圭 - 2019年01月24日


関連するイメージは見つかりませんでした



錦織圭
錦織 圭(にしこり けい、1989年12月29日 - )は、島根県松江市出身の男子プロテニス選手。日清食品所属。乃木小学校、開星中学校、青森山田高等学校卒業。身長178cm、体重75kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。 ATP世界ランキング自己最高位はシングルス4位(アジア人男子歴代最高位)、ダブルス160位。アジア人男子初のシングルス世界ランキングトップ10入り。これまでにATPツアーシングルスで日本人最多の11度の優勝を挙げている。ダブルスでは準優勝を1度記録している。 男女通じて日本人初、アジア人男子選手初のグランドスラム4大大会シングルスファイナリスト。また、アジア人男子選手初のATPワールドツアー・ファイナル出場者。2014年マドリード・マスターズ、2016年マイアミ・マスターズ準優勝。日本人男子史上2人目のATPツアー優勝者。日本人男子史上唯一のATPツアーシングルス複数優勝者。 選手経歴 ジュニア時代 1989年12月29日、島根県松江市に生まれる。 (Wikipedia:錦織圭)


錦織圭 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  ファミリーマート - 2019年01月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



ファミリーマート
株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co., Ltd.)は、日本に本社を置くコンビニエンスストアフランチャイザーである。「ファミリーマート」の屋号を用い東アジア・東南アジアを中心にフランチャイズ展開している。略称は「ファミマ」で、コーポレートスローガンは「あなたと、コンビに、ファミリーマート」。 1973年、西友ストアー(現:西友)が、埼玉県狭山市内にCVSの実験店舗を開設。76年にはCVS事業をファミリーマートと命名しFCオーナーの募集を開始。78年には船橋市内にFC1号店が開業する。そして81年には、西友から独立し株式会社ファミリーマートが発足した。従業員約100名は、全員西友ストアー出身者であった。店舗僅少時から受発注システムの開発に力を入れ、80年には西武情報センター(現:セゾン情報システムズ)、富士通と共に構築にあたったオンラインシステムであるファミリーラインが稼働を開始している。 (Wikipedia:ファミリーマート)


ファミリーマート - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  立憲民主党 - 2019年01月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



立憲民主党
立憲民主党(りっけんみんしゅとう、露: Конституционная Демократическая партия)は、ロシアのリベラル政党。1917年の2月革命後に成立した臨時政府の中心となった。 しばしばカデットと略されるが、これはロシア語の頭文字KДからきている(なお、ロシア革命時の士官候補生もカデットと呼ばれる)。 立憲民主党は1905年の第一次ロシア革命に際してパーヴェル・ミリュコーフらにより設立された。メンバーにはゲオルギー・リヴォフ、ピョートル・ストルーヴェ、ウラディミール・ナボコフなどがいる。 議会を通じたロシアの近代化を目指していた彼らの目標は、ロシアに議会制民主主義・議院内閣制を定着させることであった。これに加え、土地の私有権、農産物の自由な生産、工業の発展を望んでいた。 第一次世界大戦の開戦時にはカデットは参戦に賛成したが、ロシアの退潮が分かるにつれ意見を後退させていった。2月革命後の臨時政府では5つの閣僚ポストをえて政権の中心となった。しかし臨時政府の権力基盤は安定しておらず、1917年7月にリヴォフ公は首相を辞任し、社会革命党のケレンスキーに後を譲った。 (Wikipedia:立憲民主党)


立憲民主党 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  LGBT - 2019年01月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



LGBT
『性的少数者』より : LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)または GLBT(ジー・エル・ビー・ティー)とは、女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、性同一性障害を含む性別越境者など(トランスジェンダー、Transgender)の人々を意味する頭字語である。LGBという頭文語は1980年代中期頃から使われ始め、Tを加えたGLBT(LGBT)という言葉は日本では、1990年代頃から使われ始めた。 それ以降、この言葉は当事者の間で一般的となり、更にセクシュアルマジョリティー(性的多数者)の間でも欧米諸国や日本などで広く受け入れられている。LGBTという言葉は性の多様性と性のアイデンティティからなる文化を強調するものであり、性的少数者と同一視されることも多いが、LGBTの方がより限定的かつ肯定的な概念である。 構成用語の意味 LGBTは四つの用語の頭文字から作られた言葉であり、それぞれの用語は、特定の集団のメンバーや、サブカルチャー的共同体に所属している人々を指すのに使用される。 (Wikipedia:LGBT)

LGBTI
『性的少数者』より : 性的少数者(せいてきしょうすうしゃ)とは、何らかの意味で「性」(「性別」も参照)のあり方が非典型的な人のこと。英語のSexual Minority(セクシュアル(セクシャル)・マイノリティ)の日本語訳である。性的少数派、性的マイノリティ、ジェンダー・マイノリティとも言う。一般的に同性愛者、両性愛者、トランスジェンダー(性同一性障害の当事者含む)などが含まれる。 最近の英語圏では、総称として、GSM(「ジェンダーと性的少数」)、GSRM(「ジェンダー、セクシュアリティ、そしてロマンチックマイノリティ」)、およびGSD(「ジェンダーとセクシュアリティの多様性」)が提案されている。 この言葉は、1960年代にLaws Ullerstam(sv)の著書に影響を受けて、少数民族(ethnic minority) の類語として生まれたとされている。 同性愛、両性愛、トランスジェンダーは、現象としてはかなり異なったものであるが、幾つかの理由から総じて論じる必要もあることから、性的少数者という概念が用いられる。 (Wikipedia:LGBTI)


LGBT - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ウクライナ - 2019年01月26日


関連するイメージは見つかりませんでした



ウクライナ
ウクライナ Україна 国の標語:Воля, злагода, добро (ウクライナ語: 自由、調和、善良) 国歌:ウクライナは滅びず ウクライナの位置 ウクライナ(ウクライナ語: Україна、[ukrɑˈjinɑ])は、東ヨーロッパの国。東にロシア連邦、西にハンガリーやポーランド、スロバキア、ルーマニア、モルドバ、北にベラルーシ、南に黒海を挟みトルコが位置している。 16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。 キエフ大公国が13世紀にモンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、諸侯はリトアニア大公国やポーランド王国に属していた。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサックの国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦を赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。 (Wikipedia:ウクライナ)

ウクライナ空軍
ウクライナ空軍(ウクライナくうぐん、ウクライナ語:Повітряні Сили України ポヴィートリャーニ・スィールィ・ウクライィーヌィ、略称ПС України ペーエース・ウクライィーヌィ)は、2005年に従来のウクライナ空軍(Військово-Повітряні Сили України)とウクライナ防空軍が統合されて生まれたウクライナの空軍組織である。司令部は、創設以来ヴィーンヌィツャの第24航空軍に置かれている。 構成 1991年8月24日にウクライナがソ連より独立し、翌1992年3月17日には空軍組織としてウクライナ空軍(Військово-Повітряні Сили України)が創設された。ウクライナにはソ連時代からの伝統として、2001年の時点では空軍の他にソ連の防空軍を継承した防空軍、ソ連の海軍航空隊を継承した海軍航空隊、ソ連の陸軍航空隊を継承した陸軍航空隊が存在していた。 (Wikipedia:ウクライナ空軍)

ウクライナ人の一覧
ウクライナ人の一覧(ウクライナじんのいちらん)は、世界中の著名なウクライナ人の一覧である。 ア行 ア イ ウ エ オ カ行 カ ゲオルギー・ガポン - ロシア正教会司祭 スタニスラフ・カシュタノフ - プロボクサー(元WBA世界スーパーミドル級暫定王者) ガ キ ク ナヂェージュダ・グラノーフスカヤ(ナデージュダ・グラノーウスィカ) 歌手 アンドレ・グラバール - フランスで活動した美術史家 ビタリ・クリチコ - プロボクサー(元WBC世界ヘビー級王者) ウラジミール・クリチコ - プロボクサー(現WBA・IBF・WBO世界ヘビー級スーパー王者) ビャチェスラフ・グラスコフ - プロボクサー アレクサンドル・グールヴィチ - ポルタヴァ出身の生物学者 ケ コ ヴァシーリ・ホーホリ(ヴァシーリイ・ゴーゴリ) - ウクライナ語の喜劇作家。 (Wikipedia:ウクライナ人の一覧)

ウクライナ人一覧
『ウクライナ人の一覧』より : ウクライナ人の一覧(ウクライナじんのいちらん)は、世界中の著名なウクライナ人の一覧である。 ア行 ア イ ウ エ オ カ行 カ ゲオルギー・ガポン - ロシア正教会司祭 スタニスラフ・カシュタノフ - プロボクサー(元WBA世界スーパーミドル級暫定王者) ガ キ ク ナヂェージュダ・グラノーフスカヤ(ナデージュダ・グラノーウスィカ) 歌手 アンドレ・グラバール - フランスで活動した美術史家 ビタリ・クリチコ - プロボクサー(元WBC世界ヘビー級王者) ウラジミール・クリチコ - プロボクサー(現WBA・IBF・WBO世界ヘビー級スーパー王者) ビャチェスラフ・グラスコフ - プロボクサー アレクサンドル・グールヴィチ - ポルタヴァ出身の生物学者 ケ コ ヴァシーリ・ホーホリ(ヴァシーリイ・ゴーゴリ) - ウクライナ語の喜劇作家。 (Wikipedia:ウクライナ人一覧)

ウクライナ国民共和国
ウクライナ人民共和国 Українська Народна Республіка 国歌: ウクライナは滅びずウクライナの位置ウクライナ人民共和国の領域(1922年) ウクライナ人民共和国(ウクライナじんみんきょうわこく、ウクライナ語: Українська Народна Республіка)は、1917年11月22日から1920年11月10日にかけてウクライナに存在した国家である。独立は1918年1月22日。なお、1918年4月29日から12月14日の間はウクライナ国を称した。 国名 正式名称は、ウクライナ語でУкраїнська Народна Республіка(ウクライィーンスィカ・ナロードナ・レスプーブリカ)、略称はУНР(ウーエーヌエール;UNR)である。当時国内でしばしば用いられたロシア語ではУкраинская Народная Республика(ウクライーンスカヤ・ナロードナヤ・リスプーブリカ)となり、略称はウクライナ語名と同じくУНР(ウーエーヌエール;UNR)となる。 (Wikipedia:ウクライナ国民共和国)

ウクライナ民族共和国
『ウクライナ国民共和国』より : ウクライナ人民共和国 Українська Народна Республіка 国歌: ウクライナは滅びずウクライナの位置ウクライナ人民共和国の領域(1922年) ウクライナ人民共和国(ウクライナじんみんきょうわこく、ウクライナ語: Українська Народна Республіка)は、1917年11月22日から1920年11月10日にかけてウクライナに存在した国家である。独立は1918年1月22日。なお、1918年4月29日から12月14日の間はウクライナ国を称した。 国名 正式名称は、ウクライナ語でУкраїнська Народна Республіка(ウクライィーンスィカ・ナロードナ・レスプーブリカ)、略称はУНР(ウーエーヌエール;UNR)である。当時国内でしばしば用いられたロシア語ではУкраинская Народная Республика(ウクライーンスカヤ・ナロードナヤ・リスプーブリカ)となり、略称はウクライナ語名と同じくУНР(ウーエーヌエール;UNR)となる。 (Wikipedia:ウクライナ民族共和国)

ウクライナ語の日本語表記
ウクライナ語の日本語表記は、ウクライナ語の日本語転写についての参考資料である。
本項目では、ウクライナ語を日本語の仮名に転写する際に一般的に考えられる方法を述べ、また、表記の揺れについて解説する。本項の目的は正確なウクライナ語の解説ではない。また、日本語表記に関する啓蒙・規範作りを目的とするものでもない。現在ウクライナ語と日本語の両方を用いる人たちの間で通用している日本語表記を整理して示すことにある。
1991年のウクライナの独立で、ウクライナ語は同国の唯一の公用語となった。そのため、公的文書に記載される言語はすべてソビエト連邦 ソ連時代のロシア語表記からウクライナ語表記に改められた。
日本語への転写において、この影響をもっとも強く受けたのは地名や人名に関する表記であった。原則としては、他の外国語の場合と同様、日本語への転写では国際音声記号(IPA)で定められている標準的な発音に沿って片仮名 カタカナで表記することが望ましかったが、ウクライナ語の日本での認知度がきわめて低かったこともあり、ウクライナ語としては疑問点の多いカタカナ転写が数多く誕生した。また、ウクライナ語名、ロシア語名、あるいはポーランド語名などが混在し、かえってわかりにくくなったということもあった。
(Wikipedia:ウクライナ語の日本語表記)

ウクライナ社会主義ソビエト共和国
ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 Українська Радянська Соціалістична РеспублікаУкраинская Советская Социалистическая Республика 国の標語: Пролетарі всіх країн, єднайтеся!(万国の労働者よ、団結せよ!)国歌: ウクライナ・ソビエト社会主義共和国国歌ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の位置1954年以降の領土 注1: 国家指導者の肩書は、1920年まではウクライナ共産党中央委員会書記、1920年から1921年までは中央委員会第一書記、1921年は中央委員会執行書記、1921年から1925年までは第一書記、1925年から1934年までは中央委員会書記長、それ以降は中央委員会第一書記。 (Wikipedia:ウクライナ社会主義ソビエト共和国)

ウクライナ・社会主義ソビエト共和国
『ウクライナ社会主義ソビエト共和国』より : ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 Українська Радянська Соціалістична РеспублікаУкраинская Советская Социалистическая Республика 国の標語: Пролетарі всіх країн, єднайтеся!(万国の労働者よ、団結せよ!)国歌: ウクライナ・ソビエト社会主義共和国国歌ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の位置1954年以降の領土 注1: 国家指導者の肩書は、1920年まではウクライナ共産党中央委員会書記、1920年から1921年までは中央委員会第一書記、1921年は中央委員会執行書記、1921年から1925年までは第一書記、1925年から1934年までは中央委員会書記長、それ以降は中央委員会第一書記。 (Wikipedia:ウクライナ・社会主義ソビエト共和国)

ウクライナ社会主義ソヴィエト共和国
『ウクライナ社会主義ソビエト共和国』より : ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 Українська Радянська Соціалістична РеспублікаУкраинская Советская Социалистическая Республика 国の標語: Пролетарі всіх країн, єднайтеся!(万国の労働者よ、団結せよ!)国歌: ウクライナ・ソビエト社会主義共和国国歌ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の位置1954年以降の領土 注1: 国家指導者の肩書は、1920年まではウクライナ共産党中央委員会書記、1920年から1921年までは中央委員会第一書記、1921年は中央委員会執行書記、1921年から1925年までは第一書記、1925年から1934年までは中央委員会書記長、それ以降は中央委員会第一書記。 (Wikipedia:ウクライナ社会主義ソヴィエト共和国)

ウクライナ・社会主義ソヴィエト共和国
『ウクライナ社会主義ソビエト共和国』より : ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 Українська Радянська Соціалістична РеспублікаУкраинская Советская Социалистическая Республика 国の標語: Пролетарі всіх країн, єднайтеся!(万国の労働者よ、団結せよ!)国歌: ウクライナ・ソビエト社会主義共和国国歌ウクライナ・ソビエト社会主義共和国の位置1954年以降の領土 注1: 国家指導者の肩書は、1920年まではウクライナ共産党中央委員会書記、1920年から1921年までは中央委員会第一書記、1921年は中央委員会執行書記、1921年から1925年までは第一書記、1925年から1934年までは中央委員会書記長、それ以降は中央委員会第一書記。 (Wikipedia:ウクライナ・社会主義ソヴィエト共和国)

ウクライナ海軍艦艇一覧
ウクライナ海軍艦艇一覧は、ウクライナ人民共和国海軍、ウクライナ国海軍並びにウクライナ海軍が過去保有した、または現在保有する、または将来保有する予定の、未完成・計画中止を含めた歴代艦艇一覧である。
なお、ロシア帝国時代やソビエト連邦 ソ連時代、および赤軍艦艇についてはソ連・ロシア海軍艦艇一覧を参照のこと。また、海軍の保有ではない海上警備艦艇についてはウクライナ海上警備隊艦艇一覧を参照のこと。
Wikipedia‐ノート:ウィキプロジェクト 船/記事名/船種表記/艦艇一覧表記の検討 凡例
国防予算:18億1,000万ドル(+7,000万ドル)
海軍人員:1万3,000名
艦船隻数:36隻(-2隻)
:潜水艦×1
:フリゲート×4
:コルベット×2
:ミサイル艇×2
:哨戒艇×3
:戦車揚陸艦×1
(Wikipedia:ウクライナ海軍艦艇一覧)

ウクライナ人
ウクライナ人(ウクライナ語: українці [ウクライィーンツィ])は、ウクライナの主要民族である。東欧の東スラヴ人に属し、主にウクライナ語を母語とするものが多い。 民族名 歴史上でウクライナ人は様々な民族名で知られている。9世紀から13世紀にかけてウクライナの地域がルーシと呼ばれたことから、中世前期以降この地域の住民はルーシ人(ルスィーヌィ)と呼称されるようになった。また、14世紀より正教の聖職者の書簡にではウクライナを「小ロシア」と呼ぶ風習があり、17世紀以降ウクライナが正教のロシア・ツァーリ国に併合されると、19世紀までウクライナ人は小ロシア人(マロロースィ)と呼ばれていた。その他に、15世紀から18世紀末にかけてウクライナの住民の多くがコサックであったことから、コサック(コザクィー)がウクライナ人のことを意味した時代があった。ウクライナという地名は12世紀後半から『ルーシ年代記』に見られるが、「ウクライナ人」という用語は16世紀まで普及していなかった。 (Wikipedia:ウクライナ人)

ウクライナ中央ラーダ
ウクライナ中央ラーダまたはウクライナ中央議会(ウクライナ語:Українська Центральна Рада [ウクライィーンスィカ・ツェントラーリナ・ラーダ])は、ウクライナ人民共和国の政治中枢機関である。略称はUTsR(УЦР [ウーツェーエール])。単に中央ラーダまたは中央議会(Центральна Рада)とも呼ばれる。翻訳すれば「中央議会」のようになるが、歴史・政治分野では「ラーダ」と書かれるのが一般的である。 成立 1917年2月に二月革命が発生すると、それまでロシア帝国領であったウクライナでも独立や自治を求めて各派が政権を立ち上げた。 ウクライナ中央ラーダは、1917年3月にウクライナの各勢力間の関係を調整する政治的中枢機関として設立された。また、3月17日から4月21日の間に行われた全ウクライナ国民大会(Всеукраїнський Національний Конґрес)や各地で次々と開催された職能大会でも、中央ラーダへの支持と各々の代表を中央ラーダに参加させる方針が決定されていった。 (Wikipedia:ウクライナ中央ラーダ)

ウクライナ中央議会
『ウクライナ中央ラーダ』より : ウクライナ中央ラーダまたはウクライナ中央議会(ウクライナ語:Українська Центральна Рада [ウクライィーンスィカ・ツェントラーリナ・ラーダ])は、ウクライナ人民共和国の政治中枢機関である。略称はUTsR(УЦР [ウーツェーエール])。単に中央ラーダまたは中央議会(Центральна Рада)とも呼ばれる。翻訳すれば「中央議会」のようになるが、歴史・政治分野では「ラーダ」と書かれるのが一般的である。 成立 1917年2月に二月革命が発生すると、それまでロシア帝国領であったウクライナでも独立や自治を求めて各派が政権を立ち上げた。 ウクライナ中央ラーダは、1917年3月にウクライナの各勢力間の関係を調整する政治的中枢機関として設立された。また、3月17日から4月21日の間に行われた全ウクライナ国民大会(Всеукраїнський Національний Конґрес)や各地で次々と開催された職能大会でも、中央ラーダへの支持と各々の代表を中央ラーダに参加させる方針が決定されていった。 (Wikipedia:ウクライナ中央議会)

ウクライナ中央評議会
『ウクライナ中央ラーダ』より : ウクライナ中央ラーダまたはウクライナ中央議会(ウクライナ語:Українська Центральна Рада [ウクライィーンスィカ・ツェントラーリナ・ラーダ])は、ウクライナ人民共和国の政治中枢機関である。略称はUTsR(УЦР [ウーツェーエール])。単に中央ラーダまたは中央議会(Центральна Рада)とも呼ばれる。翻訳すれば「中央議会」のようになるが、歴史・政治分野では「ラーダ」と書かれるのが一般的である。 成立 1917年2月に二月革命が発生すると、それまでロシア帝国領であったウクライナでも独立や自治を求めて各派が政権を立ち上げた。 ウクライナ中央ラーダは、1917年3月にウクライナの各勢力間の関係を調整する政治的中枢機関として設立された。また、3月17日から4月21日の間に行われた全ウクライナ国民大会(Всеукраїнський Національний Конґрес)や各地で次々と開催された職能大会でも、中央ラーダへの支持と各々の代表を中央ラーダに参加させる方針が決定されていった。 (Wikipedia:ウクライナ中央評議会)

ウクライナ語
ウクライナ語(Українська мова [ukraˈjinʲsʲka ˈmɔʋa])は、インド・ヨーロッパ語族のスラヴ語派の東スラヴ語群に属し、キリル文字を使用する言語である。ウクライナの公用語である。ウクライナ国外においても、諸外国に住むウクライナ人によって使用されている。本国での話者人口は3680万人。本国以外に、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、ポーランド、カナダやアメリカ合衆国などの南北アメリカ、オーストラリアなどにも話者がおり、それらを合計すれば約4500万人になる。スラヴ語派においてはロシア語、ポーランド語に次いで第3位の話者人口である。11月9日はウクライナ語の記念日となっている。 12世紀-13世紀:古ルーシ語 (古ルテニア語、古キエフ文語、古東スラヴ語とも、上古ウクライナ文語とも)。 14世紀‐18世紀:ルーシ語 (ルテニア語、コサック語、、古ベラルーシ語、西ルーシ文語、古ウクライナ文語とも)。 18世紀末‐19世紀半ば:小ロシア語(ルテニア語、コサック語、ウクライナ語とも) 19世紀後半以後:ウクライナ語。 (Wikipedia:ウクライナ語)

ウクライナの都市の一覧
ウクライナの都市の一覧 クリミア自治共和国 Autonomous Republic of Crimea (Автономна Республіка Крим, Avtonomna Respublika Krym) フェオドシヤ Feodosiia (Феодосія) ケルチ en:Kerch (Керч) シンフェロポリ、シムフェロポリ Simferopol' (Сімферополь) ヤルタ Yalta (Ялта) イェウパトーリヤ、エウパトリア Yevpatoriya (Євпаторія) チェルカースィ州 Cherkasy Oblast (Черкаська область, Cherkas’ka oblast’) チェルカースィ Cherkasy (Черкаси) スミーラ Smila (Сміла) ウーマニ Uman' (Умань) チェルニーヒウ州 Chernihiv Oblast (Чернігівська область, Chernihivs’ka oblast’) チェルニーヒウ Chernihiv (Чернігів) ニージン Nizhyn (Ніжин) プルィルークィ Pryluky (Прилуки) コゼレーツィ(Kozelets'、Козелець) ノーウホロド=シーヴェルシクィイ(Novhorod-Sivers'kyi、Новгород-Сіверський) チェルニウツィー州(北ブコヴィナ) Chernivtsi Oblast (Чернівецька область, Chernivets’ka oblast’) チェルニウツィー Chernivtsi (Чернівці) ドニプロペトロウシク州 Dnipropetrovsk Oblast (Дніпропетровська область, Dnipropetrovs’ka oblast’) ドニプロゼルジンシク Dniprodzerzhyns'k (Дніпродзержинськ) ドニプロペトロウシク Dnipropetrovs'k (Дніпропетровськ) クルィヴィーイ・リーフ Kryvyi Rih (Кривий Ріг) マールハネツィ Marhanets' (Марганець) ニーコポリ Nikopol' (Нікополь) ノヴォモスコーウシク Novomoskovs'k (Новомосковськ) パウロフラード Pavlohrad (Павлоград) ジョーウチ・ヴォーディ Zhovti Vody (Жовті Води) ドネツィク州 Donetsk Oblast (Донецька область, Donets’ka oblast’) バーフムト Bakhmut (Бахмут) ドネツィク Donets'k (Донецьк) ドルジュキーウカ Druzhkivka (Дружківка) ホールリウカ Horlivka (Горлівка), also Gorlovka. コスチャンティーニウカ Kostiantynivka (Костянтинівка) クラマトールシク Kramators'k (Краматорськ) クラスノアルミーシク Krasnoarmiis'k (Красноармійськ) マキイフカ Makiivka (Макіївка), also Makeevka. マリウポリ Mariupol' (Маріуполь) スロウヤーンシク Slov"ians'k (Слов'янськ) スニジュネー Snizhne (Сніжне) ヤスィヌヴァータ Yasynuvata (Ясинувата) イェナーキイェヴェ Yenakiieve (Єнакієве), also Yenakievo. イヴァーノ=フランキーウシク州 Ivano-Frankivsk Oblast (Івано-Франківська область, Ivano-Frankivs’ka oblast’) イヴァーノ=フランキーウシク(スタニスワヴフ、シュタニスラウ) Ivano-Frankivsk (Івано-Франківськ), Stanislau カールシュ Kalush (Калуш) コロムィーヤ Kolomyia (Коломия) ナドヴィールナ Nadvirna (Надвірна) ハルキウ州 Kharkiv Oblast (Харківська область, Kharkivs’ka oblast’) イジューム Izium (Ізюм) ハルキウ Kharkiv (Харків), also Kharkov. ヘルソン州 Kherson Oblast (Херсонська область, Khersons’ka oblast’) ヘルソン Kherson (Херсон) ノヴァー・カホーウカ Nova Kakhovka (Нова Каховка), site of Tavriis'ki Ihry yearly music festival フメリヌィーツィクィイ州 Khmelnytskyi Oblast (Хмельницька область, Khmel’nyts’ka oblast’) カームヤネツィ=ポジーリシクィイ Kamyanets'-Podil's'kyi (Кам'янець-Подільський) フメリヌィーツィクィイ Khmelnytskyi (Хмельницький) クーピリ Kupel キロヴォフラード州 Kirovohrad Oblast (Кіровоградська область, Kirovohrads’ka oblast’) キロヴォフラード(エリザヴェドグラート) Kirovohrad (Кіровоград) マラー・ヴィースカ Mala Vyska (Мала Виска) オレクサンドリーヤ Oleksandriya (Олександрія) スヴィトロヴォーツィク Svitlovods'k (Світловодськ) キーウ(キエフ) Kiev (Київ, Kyiv), municipality subordinate to central government (but also a center of the Kiev Oblast) and en:Kiev-Sviatoshyn district (ラヨン rayon). キエフ州 Kiev Oblast (Київська область, Kyivs’ka oblast’) ビーラ・ツェールクヴァ Bila Tserkva (Біла Церква) ブロヴァルィー Brovary (Бровари) チョルノーブィリ Chornobyl' (Чорно́биль) ファースチウ Fastiv (Фастів) リヴィウ州 Lviv Oblast (Львівська область, L’vivs’ka oblast’) ボルィスラーウ Boryslav (Борислав) ドロホーブィチ Drohobych (Дрогобич) リヴィウ Lviv (Львів) ストルィーイ Stryi (Стрий) ルハンシク州 Luhansk Oblast (Луганська область, Luhans’ka oblast’) アルチェーウシク Alchevs'k (Алчевськ) ブリャーンカ Brianka (Брянка) クラスノドーン Krasnodon (Краснодон) クラースヌィイ・ルーチ Krasnyi Luch (Красний Луч) ルハンシク Luhans'k (Луганськ) ルィスィチャーンシク Lysychans'k (Лисичанськ) シェヴェロドネツィク Sieverodonets'k (Сєверодонецьк) スタハーノウ Stakhanov (Стаханов), formerly Kadiivka (Кадіївка) スヴェルドローウシク Sverdlovs'k (Свердловськ) ムィコラーイウ州 Mykolaiv Oblast (Миколаївська область, Mykolaivs’ka oblast’) ムィコラーイウ Mykolaiv (Миколаїв) オデッサ州 Odessa Oblast (Одеська область, Odes’ka oblast’) ビールホロド=ドニストローウシクィイ Bilhorod-Dnistrovs'kyi (Білгород-Дністровський) イリチェーウシク Illichevs'k (Іллічeвськ) イズマイール Izmail (Ізмаїл) オデッサ Odessa (Одеса, Odesa) ヴィールコヴェ Vylkove (Вилкове) ポルタヴァ州 Poltava Oblast (Полтавська область, Poltavs’ka oblast’) クレメンチューク Kremenchuk (Кременчук) ルブヌィー Lubny (Лубни) ポルタヴァ Poltava (Полтава) リウネ州 Rivne Oblast (Рівненська область, Rivnens’ka oblast’) リーウネ Rivne (Рівне) セヴァストポリ Sevastopol' (Севастополь), en:municipality subordinate to central government ザポリージャ州 Zaporizhia Oblast (Запорізька область, Zaporiz’ka oblast’) ベルジャーンシク Berdians'k (Бердянськ) メリトーポリ Melitopol' (Мелітополь) ザポリージャ Zaporizhzhia (Запоріжжя) スムィ州 Sumy Oblast (Сумська область, Sums’ka oblast’) コノトープ Konotop (Конотоп) ロームヌィ Romny (Ромни) ショーストカ Shostka (Шостка) スムィ Sumy (Суми) テルノーピリ州 Ternopil Oblast (Тернопільська область, Ternopil’s’ka oblast’) テルノーピリ Ternopil' (Тернопіль) ヴィーンヌィツャ州 Vinnytsia Oblast (Вінницька область, Vinnyts’ka oblast’) ヴィーンヌィツャ Vinnytsia (Вінниця) ヴォルィーニ州 Volyn Oblast (Волинська область, Volyns’ka oblast’) チェルヴォノフラード Chervonohrad (Червоноград コーヴェリ Kovel' (Ковель) ルーツィク Luts'k (Луцьк) ノヴォヴォルィーンシク Novovolyns'k (Нововолинськ) ヴォロディームィル=ヴォルィーンシクィイ Volodymyr-Volyns'kyi (Володимир-Волинський) ザカルパッチャ州 Zakarpattia Oblast (Закарпатська область, Zakarpats’ka oblast’) ベーレホヴェ Berehove, Beregszász (Берегове) チョープ Chop, Csap (Чоп) ムカーチェヴェ Mukacheve, Munkács (Мукачеве) ウージュホロド en:Uzhhorod, Ungvár (Ужгород) ヴィノフラージウ en:Vynohradiv, Nagyszőlős (Виноградів) ジトームィル州 Zhytomyr Oblast (Житомирська область, Zhytomyrs’ka oblast’) ベルディーチウ Berdychiv (Бердичів) コーロステニ Korosten' (Коростень) ノヴォフラード・ヴォルィーンシクィイ Novohrad-Volyns'kyi (Новоград-Волинський) ジトームィル Zhytomyr (Житомир) 関連項目 ウクライナの地方行政区画 ロシアの都市の一覧 ベラルーシの都市の一覧 グベルニヤ(Guberniya) ユダヤ教徒居住区 Jewish Pale of Settlement シュテットル 外部リンク World Gazetteer: Ukraine - 統計情報。 (Wikipedia:ウクライナの都市の一覧)

ウクライナの都市
『ウクライナの都市の一覧』より : ウクライナの都市の一覧 クリミア自治共和国 Autonomous Republic of Crimea (Автономна Республіка Крим, Avtonomna Respublika Krym) フェオドシヤ Feodosiia (Феодосія) ケルチ en:Kerch (Керч) シンフェロポリ、シムフェロポリ Simferopol' (Сімферополь) ヤルタ Yalta (Ялта) イェウパトーリヤ、エウパトリア Yevpatoriya (Євпаторія) チェルカースィ州 Cherkasy Oblast (Черкаська область, Cherkas’ka oblast’) チェルカースィ Cherkasy (Черкаси) スミーラ Smila (Сміла) ウーマニ Uman' (Умань) チェルニーヒウ州 Chernihiv Oblast (Чернігівська область, Chernihivs’ka oblast’) チェルニーヒウ Chernihiv (Чернігів) ニージン Nizhyn (Ніжин) プルィルークィ Pryluky (Прилуки) コゼレーツィ(Kozelets'、Козелець) ノーウホロド=シーヴェルシクィイ(Novhorod-Sivers'kyi、Новгород-Сіверський) チェルニウツィー州(北ブコヴィナ) Chernivtsi Oblast (Чернівецька область, Chernivets’ka oblast’) チェルニウツィー Chernivtsi (Чернівці) ドニプロペトロウシク州 Dnipropetrovsk Oblast (Дніпропетровська область, Dnipropetrovs’ka oblast’) ドニプロゼルジンシク Dniprodzerzhyns'k (Дніпродзержинськ) ドニプロペトロウシク Dnipropetrovs'k (Дніпропетровськ) クルィヴィーイ・リーフ Kryvyi Rih (Кривий Ріг) マールハネツィ Marhanets' (Марганець) ニーコポリ Nikopol' (Нікополь) ノヴォモスコーウシク Novomoskovs'k (Новомосковськ) パウロフラード Pavlohrad (Павлоград) ジョーウチ・ヴォーディ Zhovti Vody (Жовті Води) ドネツィク州 Donetsk Oblast (Донецька область, Donets’ka oblast’) バーフムト Bakhmut (Бахмут) ドネツィク Donets'k (Донецьк) ドルジュキーウカ Druzhkivka (Дружківка) ホールリウカ Horlivka (Горлівка), also Gorlovka. コスチャンティーニウカ Kostiantynivka (Костянтинівка) クラマトールシク Kramators'k (Краматорськ) クラスノアルミーシク Krasnoarmiis'k (Красноармійськ) マキイフカ Makiivka (Макіївка), also Makeevka. マリウポリ Mariupol' (Маріуполь) スロウヤーンシク Slov"ians'k (Слов'янськ) スニジュネー Snizhne (Сніжне) ヤスィヌヴァータ Yasynuvata (Ясинувата) イェナーキイェヴェ Yenakiieve (Єнакієве), also Yenakievo. イヴァーノ=フランキーウシク州 Ivano-Frankivsk Oblast (Івано-Франківська область, Ivano-Frankivs’ka oblast’) イヴァーノ=フランキーウシク(スタニスワヴフ、シュタニスラウ) Ivano-Frankivsk (Івано-Франківськ), Stanislau カールシュ Kalush (Калуш) コロムィーヤ Kolomyia (Коломия) ナドヴィールナ Nadvirna (Надвірна) ハルキウ州 Kharkiv Oblast (Харківська область, Kharkivs’ka oblast’) イジューム Izium (Ізюм) ハルキウ Kharkiv (Харків), also Kharkov. ヘルソン州 Kherson Oblast (Херсонська область, Khersons’ka oblast’) ヘルソン Kherson (Херсон) ノヴァー・カホーウカ Nova Kakhovka (Нова Каховка), site of Tavriis'ki Ihry yearly music festival フメリヌィーツィクィイ州 Khmelnytskyi Oblast (Хмельницька область, Khmel’nyts’ka oblast’) カームヤネツィ=ポジーリシクィイ Kamyanets'-Podil's'kyi (Кам'янець-Подільський) フメリヌィーツィクィイ Khmelnytskyi (Хмельницький) クーピリ Kupel キロヴォフラード州 Kirovohrad Oblast (Кіровоградська область, Kirovohrads’ka oblast’) キロヴォフラード(エリザヴェドグラート) Kirovohrad (Кіровоград) マラー・ヴィースカ Mala Vyska (Мала Виска) オレクサンドリーヤ Oleksandriya (Олександрія) スヴィトロヴォーツィク Svitlovods'k (Світловодськ) キーウ(キエフ) Kiev (Київ, Kyiv), municipality subordinate to central government (but also a center of the Kiev Oblast) and en:Kiev-Sviatoshyn district (ラヨン rayon). キエフ州 Kiev Oblast (Київська область, Kyivs’ka oblast’) ビーラ・ツェールクヴァ Bila Tserkva (Біла Церква) ブロヴァルィー Brovary (Бровари) チョルノーブィリ Chornobyl' (Чорно́биль) ファースチウ Fastiv (Фастів) リヴィウ州 Lviv Oblast (Львівська область, L’vivs’ka oblast’) ボルィスラーウ Boryslav (Борислав) ドロホーブィチ Drohobych (Дрогобич) リヴィウ Lviv (Львів) ストルィーイ Stryi (Стрий) ルハンシク州 Luhansk Oblast (Луганська область, Luhans’ka oblast’) アルチェーウシク Alchevs'k (Алчевськ) ブリャーンカ Brianka (Брянка) クラスノドーン Krasnodon (Краснодон) クラースヌィイ・ルーチ Krasnyi Luch (Красний Луч) ルハンシク Luhans'k (Луганськ) ルィスィチャーンシク Lysychans'k (Лисичанськ) シェヴェロドネツィク Sieverodonets'k (Сєверодонецьк) スタハーノウ Stakhanov (Стаханов), formerly Kadiivka (Кадіївка) スヴェルドローウシク Sverdlovs'k (Свердловськ) ムィコラーイウ州 Mykolaiv Oblast (Миколаївська область, Mykolaivs’ka oblast’) ムィコラーイウ Mykolaiv (Миколаїв) オデッサ州 Odessa Oblast (Одеська область, Odes’ka oblast’) ビールホロド=ドニストローウシクィイ Bilhorod-Dnistrovs'kyi (Білгород-Дністровський) イリチェーウシク Illichevs'k (Іллічeвськ) イズマイール Izmail (Ізмаїл) オデッサ Odessa (Одеса, Odesa) ヴィールコヴェ Vylkove (Вилкове) ポルタヴァ州 Poltava Oblast (Полтавська область, Poltavs’ka oblast’) クレメンチューク Kremenchuk (Кременчук) ルブヌィー Lubny (Лубни) ポルタヴァ Poltava (Полтава) リウネ州 Rivne Oblast (Рівненська область, Rivnens’ka oblast’) リーウネ Rivne (Рівне) セヴァストポリ Sevastopol' (Севастополь), en:municipality subordinate to central government ザポリージャ州 Zaporizhia Oblast (Запорізька область, Zaporiz’ka oblast’) ベルジャーンシク Berdians'k (Бердянськ) メリトーポリ Melitopol' (Мелітополь) ザポリージャ Zaporizhzhia (Запоріжжя) スムィ州 Sumy Oblast (Сумська область, Sums’ka oblast’) コノトープ Konotop (Конотоп) ロームヌィ Romny (Ромни) ショーストカ Shostka (Шостка) スムィ Sumy (Суми) テルノーピリ州 Ternopil Oblast (Тернопільська область, Ternopil’s’ka oblast’) テルノーピリ Ternopil' (Тернопіль) ヴィーンヌィツャ州 Vinnytsia Oblast (Вінницька область, Vinnyts’ka oblast’) ヴィーンヌィツャ Vinnytsia (Вінниця) ヴォルィーニ州 Volyn Oblast (Волинська область, Volyns’ka oblast’) チェルヴォノフラード Chervonohrad (Червоноград コーヴェリ Kovel' (Ковель) ルーツィク Luts'k (Луцьк) ノヴォヴォルィーンシク Novovolyns'k (Нововолинськ) ヴォロディームィル=ヴォルィーンシクィイ Volodymyr-Volyns'kyi (Володимир-Волинський) ザカルパッチャ州 Zakarpattia Oblast (Закарпатська область, Zakarpats’ka oblast’) ベーレホヴェ Berehove, Beregszász (Берегове) チョープ Chop, Csap (Чоп) ムカーチェヴェ Mukacheve, Munkács (Мукачеве) ウージュホロド en:Uzhhorod, Ungvár (Ужгород) ヴィノフラージウ en:Vynohradiv, Nagyszőlős (Виноградів) ジトームィル州 Zhytomyr Oblast (Житомирська область, Zhytomyrs’ka oblast’) ベルディーチウ Berdychiv (Бердичів) コーロステニ Korosten' (Коростень) ノヴォフラード・ヴォルィーンシクィイ Novohrad-Volyns'kyi (Новоград-Волинський) ジトームィル Zhytomyr (Житомир) 関連項目 ウクライナの地方行政区画 ロシアの都市の一覧 ベラルーシの都市の一覧 グベルニヤ(Guberniya) ユダヤ教徒居住区 Jewish Pale of Settlement シュテットル 外部リンク World Gazetteer: Ukraine - 統計情報。 (Wikipedia:ウクライナの都市)

ウクライナ (ミサイル巡洋艦)
起工 colspan="2" 1984年8月29日 61コムナール記念工場
所属 colspan="2" Image:Naval_Ensign_of_the_Soviet_Union.svg 22x20px border ソ連海軍黒海艦隊Image:Naval_Ensign_of_Russia.svg 22x20px border ロシア海軍黒海艦隊
改称 colspan="2" 1985年3月23日
進水 colspan="2" 1990年8月11日
除籍 colspan="2" 1993年3月18日
改称 colspan="2" 1993年12月17日
所属 colspan="2" Image:Naval_Ensign_of_Ukraine_(dress).svg border 22x20px ウクライナ海軍
改称 colspan="2" 1998年2月17日
所属 colspan="2" Image:Naval_Ensign_of_Ukraine_(dress).svg border 22x20px ウクライナ海軍
艦種 colspan="2" ミサイル巡洋艦
艦型 colspan="2" スラヴァ級ミサイル巡洋艦 1164.1号計画「アトラーント」型(スラヴァ級)
工場番号 colspan="2" 2011
rowspan="2" 排水量
基準排水量 9500 t
満載排水量 11530 t
全長 colspan="2" 192 m
(Wikipedia:ウクライナ (ミサイル巡洋艦))


ウクライナ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す