[PR]

日別キーワード

第1位  アジアカップ - 2019年01月25日


関連するイメージは見つかりませんでした



アジアカップ
『AFCアジアカップ』より : アジアカップ AFCアジアカップ - アジアサッカー連盟が主催する男子サッカーの国際大会。 AFC女子アジアカップ アイスホッケー・アジアカップ アジアカップ・バレーボール選手権 FIBAアジアカップ - FIBAアジアが主催する男子バスケットボールの国際大会。旧FIBAアジアスタンコビッチカップ。 アジアカップ (卓球) アジアフィギュア杯 ASTCアジアカップトライアスロン ホッケー・アジアカップ ACCアジアカップ - ワンデイクリケットの国際大会。 アジアカップ (野球)。 (Wikipedia:アジアカップ)

アジアカップ2004
AFCアジアカップ2004は、第13回AFCアジアカップで、開催国は中華人民共和国(以下、中国)であった。アテネオリンピックの直前となる2004年7月17日から同年8月7日にかけて、中国の4都市(北京、重慶、成都、済南)を開催地として試合が行われた。日本がレバノン大会に続いて2連覇を果たし、2005年に開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ・ドイツ大会への出場資格が与えられた。最優秀選手には日本の中村俊輔が選ばれた。 大会総括 各国のレベル均等化 本大会では、中東諸国をはじめとするサッカー新興諸国のレベル向上が顕著に見られた。バーレーンやヨルダンはその典型例で、両者は前回大会には出場すらできなかったにもかかわらず、それぞれベスト4、ベスト8の好成績を挙げている。ヨルダンは準々決勝で日本と死闘を演じ、PK戦では日本をあと一歩のところまで追いつめた。 そんな中で、日本代表はベテランの域に達した中田英寿を腰痛による招集辞退で欠きながらも、決勝トーナメントでは苦戦の連続を制し、二大会連続の優勝を飾った。 (Wikipedia:アジアカップ2004)

アジアカップサッカー
『AFCアジアカップ』より : AFCアジアカップ(英: AFC Asian Cup)は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会である。1956年に第1回大会が香港で行われ、以降4年ごとに開催されている。また、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップへの出場権が与えられる。 当大会はアジア地域の大陸選手権大会として1956年に創設された。世界に6大会ある各大陸連盟選手権では、1916年に始まった南米選手権(コパ・アメリカ)に次いで2番目に古い。1988年大会から、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップ(創設当初はキング・ファハド・カップ)への出場権が与えられている。また、かつてはアフロアジア選手権やAFC/OFCチャレンジカップへの出場権も与えられていた。 2006年1月1日にオーストラリアサッカー連盟がOFCを脱退し、AFCに加盟した。オーストラリア代表は、2006年2月より当大会の予選に参加した。 賞金 第15回カタール大会まではアジアカップに賞金は無かった。 (Wikipedia:アジアカップサッカー)

アジアカップ1968
AFCアジアカップ1968は、第4回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1968年5月10日から同年5月19日にかけて行われ、イランが優勝を決めた。それに先がけ、予選が1967年3月22日から開催された。 出場国 イランの旗 イラン(開催国) 初出場 イスラエルの旗 イスラエル(前回優勝国のため予選免除) 4大会連続4度目予選は、14の国と地域が参加。3組に分かれ1位の国が通過した ビルマの旗 ビルマ 初出場 香港の旗 香港 2大会連続3度目 中華民国の旗 台湾 2大会ぶり2度目 予選 1組 全試合ビルマで開催 1967年11月12日 1967年11月13日 1967年11月15日 1967年11月16日 1967年11月18日 1967年11月19日 = 最終結果 = ビルマが本大会進出 2組 全試合香港で開催 1967年3月22日 1967年3月24日 1967年3月26日 1967年3月29日 1967年3月31日 1967年4月2日 = 最終結果 = 香港が本大会進出 3組 全試合香港で開催 1967年7月27日 1967年8月1日 1967年8月3日 1967年8月5日 1967年8月7日 = 最終結果 = 台湾が本大会に進出 本大会 1968年5月10日 1968年5月12日 1968年5月14日 1968年5月16日 1968年5月17日 1968年5月19日 最終結果 最終結果 関連項目 AFCアジアカップ アジアサッカー連盟。 (Wikipedia:アジアカップ1968)

アジアカップ2000
AFCアジアカップ2000は、2000年10月12日から同年10月29日にかけて、レバノンで開催された第12回のAFCアジアカップである。 開催国のレバノンおよび前回UAE大会で優勝したサウジアラビアに、予選を勝ち抜いた10チームを加えた合計12チームで争われた。当時AFCに所属していた中でこの大会(予選を含む)に参加しなかった国はアフガニスタンのみで、アジアカップ史上最多の44の国・地域が参加した。 開催地はレバノンの首都ベイルートおよびトリポリ、サイダの3ヶ所であった。特に東アジア諸国から見るとレバノンは内戦の地というイメージが強かったが、競技場はよく整備され、大会期間中に大きな治安上の問題もなかった。 総括 日本が地元開催の1992年大会以来2度目の優勝を果たし、”中東の笛”などアウェイ色の濃い中東開催のアジアカップで、東アジア勢として初めて制することとなった。 日本は、本大会直前まで開催されベスト8という成績を残したシドニーオリンピックに出場したメンバーと、1998 FIFAワールドカップに出場したメンバーを融合させたチームでこの大会に臨んだ。 (Wikipedia:アジアカップ2000)

アジアカップ2007
AFCアジアカップ2007は、2007年に行われた第14回目のAFCアジアカップである。タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシアの4カ国の共同開催となり、アジアカップ史上初めて複数国の共同開催となった。2007年7月7日から7月29日まで開催され、イラクが初優勝を飾った。 大会開催の経緯と概要 本大会は4カ国共催となった。このいきさつには、候補国が単独で大会を開催できるほどの経済的余力がなかったことと、候補国同士の誘致合戦が激しくなりすぎてしまった背景がある。本大会では、4カ国それぞれがグループリーグ6試合と、決勝トーナメント1~3試合を主催できるように、試合が配分された。 本大会からFIFAワールドカップの翌年に開催される事となったため、その調整として前回大会から3年後の2007年に開催された。この変更の背景には、従来の開催時期では夏季オリンピックやUEFA欧州選手権と開催年が重なるため注目度が低くなりがちだった事等が挙げられる。 (Wikipedia:アジアカップ2007)

アジアカップ1960
AFCアジアカップ1960は、第2回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1960年10月14日から同年10月23日にかけて行われ、韓国が優勝を決めた。それに先がけ、予選が前年の1959年12月1日から開催された。 会場 本大会出場国 韓国の旗 韓国(開催国のため予選免除) 2大会連続2度目 イスラエルの旗 イスラエル(西部ゾーン1位) 2大会連続2度目 ベトナムの旗 南ベトナム(中部ゾーン1位) 2大会連続2度目 中華民国の旗 台湾(東部ゾーン1位) 初出場 予選 西部ゾーン 全試合インドコーチマハラジャカレッジ・スタジアムで開催 = 結果 = イスラエルが本大会に進出 中部ゾーン 全試合シンガポールのジャランバザールスタジアムで開催。 (Wikipedia:アジアカップ1960)

アジアカップ1996
AFCアジアカップ1996は、第11回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は1996年12月4日から同年12月21日にかけてアラブ首長国連邦(UAE)で行われ、サウジアラビアが2大会ぶり3度目の優勝を果たした。 予選 33の国と地域が参加。10の組に分かれて開催され、各組1位が本大会の出場権を得た。 AFCアジアカップ1996 (予選) 出場国 アラブ首長国連邦の旗 UAE(開催国) 5大会連続5度目 日本の旗 日本(前回優勝国) 3大会連続3度目 中華人民共和国の旗 中国 6大会連続6度目 インドネシアの旗 インドネシア 初出場 イランの旗 イラン 8大会連続8度目 イラクの旗 イラク 5大会ぶり3度目 韓国の旗 韓国 2大会ぶり8度目 クウェートの旗 クウェート 2大会ぶり6度目 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 4大会連続4度目 シリアの旗 シリア 2大会ぶり4度目 タイ王国の旗 タイ 2大会連続3度目 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン 初出場 本大会 1次ラウンド 各組上位2カ国決勝トーナメント進出。 (Wikipedia:アジアカップ1996)

アジアカップ1988
AFCアジアカップ1988は、第9回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1988年12月2日から同年12月18日にかけて行われ、サウジアラビアが優勝を決めた。 予選 20か国がエントリー、4つのグループに分かれ、上位2か国が本大会への出場権を得る。 AFCアジアカップ1988 (予選) 出場国 カタールの旗 カタール(開催国) 3大会連続3度目 サウジアラビアの旗 サウジアラビア(前回優勝国) 2大会連続2度目他に予選を勝ち抜いた8か国を加え、計10か国が参加した。 バーレーンの旗 バーレーン 初出場 中華人民共和国の旗 中国 4大会連続4度目 イランの旗 イラン 6大会連続6度目 日本の旗 日本 初出場 クウェートの旗 クウェート 5大会連続5度目 大韓民国の旗 韓国 3大会連続7度目 シリアの旗 シリア 3大会連続3度目 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 3大会連続3度目 会場 本大会 時刻はすべてカタール時間(UTC+3) 1次ラウンド = 1組 = = 2組 = 準決勝 3位決定戦 決勝 最終結果 外部リンク Details at RSSSF。 (Wikipedia:アジアカップ1988)

アジアカップ1980
AFCアジアカップ1980は、第7回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1980年9月15日から同年9月30日にかけて行われ、クウェートが優勝を決めた。 出場国 クウェートの旗 クウェート (開催国) 3大会連続3度目 イランの旗 イラン (前回優勝国) 4大会連続4度目他に予選を勝ち抜いた8ヶ国を加え、計10ヶ国が参加した。 バングラデシュの旗 バングラデシュ 初出場 中華人民共和国の旗 中国 2大会連続2度目 マレーシアの旗 マレーシア 2大会連続2度目 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 初出場 カタールの旗 カタール 初出場 韓国の旗 韓国 2大会ぶり5度目 シリアの旗 シリア 初出場 アラブ首長国連邦の旗 UAE 初出場 本大会 1次ラウンド 1組 1980年9月15日 1980年9月16日 1980年9月17日 1980年9月18日 1980年9月19日 1980年9月20日 1980年9月21日 1980年9月22日 1980年9月24日 1980年9月25日 2組 1980年9月15日 1980年9月16日 1980年9月17日 1980年9月18日 1980年9月19日 1980年9月20日 1980年9月21日 1980年9月22日 1980年9月24日 1980年9月25日 準決勝 1980年9月28日 1980年9月28日 3位決定戦 1980年9月30日 決勝 1980年9月30日 最終結果 関連項目 AFCアジアカップ1980 (予選) 外部リンク Details at RSSSF。 (Wikipedia:アジアカップ1980)

アジアカップ1984
AFCアジアカップ1984は、第8回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1984年12月1日から同年12月15日にかけて行われ、サウジアラビアが優勝を決めた。 予選 20か国が参加し4グループに分かれてリーグ戦を行い上位2か国が本大会への出場権を得た。 AFCアジアカップ1984 (予選) 出場国 シンガポールの旗 シンガポール(開催国) 初出場 クウェートの旗 クウェート(前回優勝国) 4大会連続4度目他に予選を勝ち抜いた8か国を加え、計10か国が参加した。 中華人民共和国の旗 中国 3大会連続3度目 インドの旗 インド  初出場 イランの旗 イラン 5大会連続5度目 カタールの旗 カタール 2大会連続2度目 大韓民国の旗 韓国 2大会連続6度目 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 初出場 シリアの旗 シリア 2大会連続2度目 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 2大会連続2度目 会場 本大会 時刻はすべてシンガポール時間 (UTC+8) 1次ラウンド = 1組 = = 2組 = = 準決勝 = = 3位決定戦 = = 決勝 = 最終結果 外部リンク Details at RSSSF。 (Wikipedia:アジアカップ1984)

アジアカップ1992
AFCアジアカップ1992は、1992年10月28日から11月7日まで日本の広島県で開催された第10回目のAFCアジアカップである。この大会の開催国である日本が初優勝に輝いた。最優秀選手には日本の三浦知良が選ばれた。 予選 20ヶ国が参加し、6つのグループに分かれ、各組1位が本大会への出場権を掴んだ。 AFCアジアカップ1992 (予選) 試合会場 2年後の1994年アジア競技大会の運営リハーサル大会を兼ねて、実際に試合が行われるスタジアムを使用した。 広島広域公園(広島市安佐南区) 広島広域公園陸上競技場(ビッグアーチ) 広島広域公園第一球技場 広島スタジアム(広島市西区) 広島県立びんご運動公園陸上競技場(尾道市) 出場国 日本の旗 日本(開催国) 2大会連続2度目 サウジアラビアの旗 サウジアラビア(前回優勝国) 3大会連続3度目 アラブ首長国連邦の旗 UAE 4大会連続4度目 イランの旗 イラン 7大会連続7度目 カタールの旗 カタール 4大会連続4度目 タイ王国の旗 タイ 5大会ぶり2度目 中華人民共和国の旗 中国 5大会連続5度目 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 3大会ぶり2度目 グループリーグ A組 B組 決勝トーナメント 準決勝 3位決定戦 = 決勝 = 最終結果 得点ランキング 3得点サウジアラビアの旗 ファハド・アル=ビシ2得点日本の旗 中山雅史 サウジアラビアの旗 ユセフ・アル=ツナヤン サウジアラビアの旗 サイード・オワイラン 中華人民共和国の旗 彭偉國 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金光民 関連項目 AFCアジアカップ アジアサッカー連盟。 (Wikipedia:アジアカップ1992)

アジアカップ1956
AFCアジアカップ1956は、第1回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。アジアカップは、アジアサッカー連盟主催の大会で、4年毎開催される。サッカーアジアカップの本大会は、1956年9月1日から同年9月15日にかけて行われ、韓国が優勝を決めた。 会場 本大会出場国 25x20px 香港(開催国のため予選免除) イスラエルの旗 イスラエル(予選1組1位) 韓国の旗 韓国(予選2組1位) ベトナムの旗 南ベトナム(予選3組1位) 予選 1組 アフガニスタンの旗 アフガニスタンとパキスタンの旗 パキスタンが棄権のため、イスラエルの旗 イスラエルが本大会進出。 (Wikipedia:アジアカップ1956)

アジアカップ1972
AFCアジアカップ1972は、第5回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1972年5月7日から同年5月19日にかけて行われ、イランが優勝を決めた。 予選 13の国と地域が参加、東西2組に分かれてリーグ戦を行い、上位2ヶ国が本大会への出場権を得た。 AFCアジアカップ1972 (予選) 出場国 タイ王国の旗 タイ (開催国) 初出場 25x20px イラン (前回優勝国のため予選免除) 2大会連続2度目他に予選を勝ち抜いた4ヶ国を加え、計6ヶ国が参加した。 25x20px クメール共和国 初出場 クウェートの旗 クウェート 初出場 韓国の旗 韓国 2大会ぶり4度目 イラクの旗 イラク 初出場 本大会 予選ラウンド 1972年5月7日 1972年5月8日 1次ラウンド 1組 1972年5月9日 1972年5月11日 1972年5月13日 最終結果 2組 1972年5月10日 1972年5月12日 1972年5月14日 最終結果 準決勝 1972年5月16日 1972年5月17日 3位決定戦 1972年5月19日 決勝 1972年5月19日 最終結果 外部リンク RSSSFによる記録。 (Wikipedia:アジアカップ1972)

アジアカップ1976
AFCアジアカップ1976は、第6回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1976年6月3日から同年6月13日にかけて行われ、イランが優勝を決めた。 出場国 予選についてはAFCアジアカップ1976 (予選)を参照。 25x20px イラン (開催国) 3大会連続3度目 中華人民共和国の旗 中国 初出場 マレーシアの旗 マレーシア 初出場 クウェートの旗 クウェート 2大会連続2度目 イラクの旗 イラク 2大会連続2度目 南イエメンの旗 南イエメン 初出場※北朝鮮・サウジアラビア・タイも予選を勝ち抜いて本大会出場権を獲得していたが、出場を辞退した。 本大会 1次ラウンド 1組 1976年6月3日 1976年6月5日 1976年6月7日 最終結果 2組 1976年6月3日 1976年6月5日 1976年6月7日 最終結果 準決勝 1976年6月10日 3位決定戦 1976年6月12日 決勝 1976年6月13日 最終結果 外部リンク Details at RSSSF。 (Wikipedia:アジアカップ1976)

アジアカップウィナーズ選手権
『アジアカップウィナーズカップ』より : アジアカップウィナーズカップ(英: Asian Cup Winners Cup)は、かつてアジアサッカー連盟(AFC)の主催により行われていた、クラブチームによるサッカーの国際大会である。 創設は1990-91年度。大会にはAFCに加盟する各国・地域の主要カップ戦優勝チームが出場できた。ヨーロッパにおけるUEFAカップウィナーズカップに相当する。この大会は2002-03年度にアジアクラブ選手権、アジアスーパーカップとの大会統合によりAFCチャンピオンズリーグへ発展解消された。 なお、日本のチームの出場権についてはアジアの大会における日本のサッカークラブを参照。 結果 ※注 統計 クラブ別成績 注:優勝年度及び準優勝年度は、優勝が決定した年を並べている。例えば、1990-91年度王者は1991年としている。 クラブ所在国別成績 関連項目 カップウィナーズカップ 外部リンク RSSSFによる記録。 (Wikipedia:アジアカップウィナーズ選手権)

アジアカップウィナーズカップ
アジアカップウィナーズカップ(英: Asian Cup Winners Cup)は、かつてアジアサッカー連盟(AFC)の主催により行われていた、クラブチームによるサッカーの国際大会である。 創設は1990-91年度。大会にはAFCに加盟する各国・地域の主要カップ戦優勝チームが出場できた。ヨーロッパにおけるUEFAカップウィナーズカップに相当する。この大会は2002-03年度にアジアクラブ選手権、アジアスーパーカップとの大会統合によりAFCチャンピオンズリーグへ発展解消された。 なお、日本のチームの出場権についてはアジアの大会における日本のサッカークラブを参照。 結果 ※注 統計 クラブ別成績 注:優勝年度及び準優勝年度は、優勝が決定した年を並べている。例えば、1990-91年度王者は1991年としている。 クラブ所在国別成績 関連項目 カップウィナーズカップ 外部リンク RSSSFによる記録。 (Wikipedia:アジアカップウィナーズカップ)

アジアカップウイナーズカップ
『アジアカップウィナーズカップ』より : アジアカップウィナーズカップ(英: Asian Cup Winners Cup)は、かつてアジアサッカー連盟(AFC)の主催により行われていた、クラブチームによるサッカーの国際大会である。 創設は1990-91年度。大会にはAFCに加盟する各国・地域の主要カップ戦優勝チームが出場できた。ヨーロッパにおけるUEFAカップウィナーズカップに相当する。この大会は2002-03年度にアジアクラブ選手権、アジアスーパーカップとの大会統合によりAFCチャンピオンズリーグへ発展解消された。 なお、日本のチームの出場権についてはアジアの大会における日本のサッカークラブを参照。 結果 ※注 統計 クラブ別成績 注:優勝年度及び準優勝年度は、優勝が決定した年を並べている。例えば、1990-91年度王者は1991年としている。 クラブ所在国別成績 関連項目 カップウィナーズカップ 外部リンク RSSSFによる記録。 (Wikipedia:アジアカップウイナーズカップ)

アジアカップ1964
AFCアジアカップ1964は、第3回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1964年5月26日から同年6月3日にかけて行われ、イスラエルが優勝を決めた。 会場 予選 開催国イスラエルと、前回大会優勝国韓国以外に7つの国と地域が参加。2組に分かれ各組上位1位が本大会出場権を得た。 出場国 イスラエルの旗 イスラエル 3大会連続3度目 インドの旗 インド 初出場 韓国の旗 韓国 3大会連続3度目 香港の旗 香港 2大会ぶり2度目 本大会 最終成績 最終結果 ==。 (Wikipedia:アジアカップ1964)

アジアカップ (曖昧さ回避)
アジアカップ
AFCアジアカップ - アジアサッカー連盟が主催する男子サッカーの国際大会。
AFC女子選手権 AFC女子アジアカップ
アジアシリーズ (プロ野球)
アジアカップ (卓球)
アジアカップ (フィギュアスケート)
(Wikipedia:アジアカップ (曖昧さ回避))


アジアカップ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  BanG Dream! - 2019年01月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



BanG Dream!
BanG_Dream!(バンドリ)は月刊ブシロードで連載されている同名の漫画作品及びイラスト連載をもとにしたメディアミックスプロジェクトである。本項ではプロジェクトの一環として活動をしている声優ユニット「Poppin' Party」についても扱う。 漫画「BanG_Dream!(バンドリ) [星の鼓動 (スタービート)]」を月刊ブシロードで連載、原作をナカムラコウ、漫画を石田彩が担当している。この原作を主軸に、同誌でのイラスト連載、また電撃G's magazineでもイラストストーリーの連載が行われている。イラストの担当はひと和。各キャラクターを担当する声優が実際にバンドを組み精力的にライブを行っている。 ブシロードが企画し、グループのブシロードミュージックが大きく関わる(音楽・イベント制作、マネージメント)形で、声優ユニットでの活動も柱のひとつとしてメディアミックス展開が行われるのは、Project MILKY HOLMESに続くものとなっている。 (Wikipedia:BanG Dream!)


BanG Dream! - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  オフィシャル - 2019年01月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



オフィシャルサイト
『』より : ホームページ (home page, homepage) とは、本来はウェブブラウザを起動した時や、多くのウェブブラウザに存在するホームボタンを押した時に表示されるウェブページなどの画面(ページ)である。また、SNSなどにログインすることで表示される各ユーザー専用のページのことでもある。また、後述のように本来の意味から誤って派生した用法もある。 ホームページの用法には現在でも揺れが見られるが、おおよそ以下のように分類できる。 ウェブブラウザの用語で、起動時やホームボタンを押すと表示されるように設定されたウェブページなどの画面。詳しくは後述。 インターネットの用語で、ウェブサイトの表紙にあたるフロントページのこと。またはFacebookやTwitterなど、ユーザー毎に表示が異なるウェブサイトのページ。 ウェブページの意。トップページ以外を含むウェブページ一般を指す言葉と誤った認識から発生したもの。 ウェブサイトの意(ワールド・ワイド・ウェブサイト)。ブログやSNSと区別して用いられる場合もある。 WWW、あるいはインターネットのシステムそのものととらえた誤った認識によるもの。 (Wikipedia:オフィシャルサイト)


オフィシャル - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  ヤマハ - 2019年01月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



ヤマハ
ヤマハ株式会社(英: Yamaha Corporation)は、楽器・半導体・スポーツ用品・自動車部品製造発売を手がける日本のメーカーであり、日経平均株価の構成銘柄の一つ。 1969年にはピアノ生産台数で世界一となり、販売額ベースでは世界シェア1位の32%を占めるほか、ハーモニカやリコーダー、ピアニカといった学校教材用楽器からエレクトリックギターやドラム、ヴァイオリン、チェロ、トランペット、サクソフォーンなど100種類以上もの多岐に渡る楽器を生産するなど、世界最大の総合楽器メーカーであり業界の盟主でもある。大手二輪メーカーであるヤマハ発動機は二輪製造部門が独立して設立されたものである。 会社概要 明治時代の創業以来の事業であるピアノ製造をはじめとする伝統的な楽器事業は国内トップブランドでピアノ生産量では世界シェア1位。楽器は機械的な面での質の良さから、海外においても非常に知名度のあるブランドとなっている。 1897年(明治30年)に日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足し、ヤマハ・YAMAHAのブランド名で展開し、創業90周年に当たる1987年(昭和62年)に社名をヤマハに改称した。 (Wikipedia:ヤマハ)

ヤマハ・MUシリーズ
ファイル:Yamaha mu2000.jpg thumb 300px YAMAHA MU2000 MUシリーズ(ミュー・シリーズ)とはヤマハのデスクトップミュージック DTM用音源モジュールの型番・商品名。
同社が従来発売してきたデスクトップミュージック DTM音源ヤマハ・TGシリーズ TG100、ヤマハ・TGシリーズ TG300の後継機種として位置づけられている。1994年にDTM音源として新たにXGフォーマットを発表し、従来と一線を画すこと、そしてTG300の上位にプロ用のヤマハ・TGシリーズ TG500があって型番が詰まっていることなどの理由から新たにシリーズを立ち上げたと考えられる。型番の呼び方だが、MU80、MU5発売当初は「MU」を「ミュー」と呼び、「ミュー・エイティー」、「ミュー・ファイブ」とメーカー側は呼んでいたが、「エムユー」という呼び方が次第に一般的になり、MU100が発売された頃になると「エムユー・ヒャク」という呼び方が定着することとなる。「MU」の由来はギリシャ神話の女神「ムーサ MUSE」と英語の「MUSIC」の両方からとったと言われる。
(Wikipedia:ヤマハ・MUシリーズ)

ヤマハ・EOSシリーズ
EOS(イオス)とはヤマハのシンセサイザーの型番、製品名。1988年に初代機「YS200」が発表されて以降、2007年まで発売が行われた。名称の「EOS」はEntertainment Operating Systemの略称と言われている。
イメージキャラクターとして小室哲哉を据えた初心者向けのシンセサイザーであり、YS200〜B500およびBXの音色作成を浅倉大介が担当した(BXのイメージキャラクターも担当)。製品のコンセプトとしては「女の子も使えるシンセサイザー」だったと言われ、マニア向けでなく小室や浅倉を起用することで女性にも門戸を広げる狙いがあったという。ヤマハ主催の「EOS CONTEST」が毎年開催され、審査委員長として小室哲哉や、浅倉大介が参加していた。
B500からB2000までの音色はTM NETWORK(TMN)、そして小室ファミリー 小室プロデュースのアーティストで使われている音色をシミュレートしたものを内蔵している。しかし、94年以降小室自身がヤマハ製よりローランド製のシンセサイザーを多用するようになったことによるメーカー間の音色の違いや、また、同じヤマハ製のシンセサイザーであっても、初心者向けに価格を抑えるためダウンサイジングされたことによる音色の違いがあり、小室が演奏した音をそのまま出音することは出来ない(浅倉監修のBXに関しても同様のことが言える)。実際のTMNのライブではMIDI接続のリモートキーボードとしてのみ使用し、特に「RHYTHM RED TMN TOUR」や「Tour TMN EXPO」ではローランド・ローランド・JDシリーズ JD-800やS-550、:en:Ensoniq ENSONIQ・VFX-SD、ヤマハ・ヤマハ・TGシリーズ TG-77、シンクラヴィアなどのリモート用にすぎず、EOSの音色はライブやレコーディングで一切発音されていない。
(Wikipedia:ヤマハ・EOSシリーズ)

ヤマハ発動機
ヤマハ発動機株式会社(ヤマハはつどうき、Yamaha Motor Co., Ltd.)は、日本楽器製造(現在のヤマハ)の二輪部門が独立して誕生した、主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。二輪の売上規模は世界第2位であり、船外機やウォータービークルの販売台数は世界首位。 ヤマハ発動機サッカー部は、サッカーJリーグのジュビロ磐田の母体である。 会社概要 飛行機プロペラなどの軍需生産のための製造設備の平和利用を目的とし、日本楽器製造(現ヤマハ)社内でのオートバイ生産を開始、1955年(昭和30年)7月1日に日本楽器製造から分離されるかたちで、オートバイ製造販売業としてスタートした。この関係でヤマハと同様の「YAMAHA」ロゴや、円の中に音叉が3つ組み合わさったマークを使っているが、どちらも細部に違いがある。(次節に解説)ヤマハ発動機における2014年12月の売上高構成比は連結ベースで、北米が18.7%、欧州が12.4%、アジアが43.1%、日本が10.7%、その他が15.1%である。 (Wikipedia:ヤマハ発動機)

ヤマハ・TMAX
ヤマハ・TMAX(ティーマックス)とは、ヤマハ発動機が製造販売するオートバイの車種である。一般的な車体種別ではスクーターの一種であるが、同社ではオンロードスポーツタイプの一つとして取り扱っている。
欧州など向けの海外仕様は2000年秋頃より2001年式として発売開始、日本仕様は2001年8月より発売開始している。
TMAXは、同社のヤマハ・マジェスティ マジェスティが欧州などでも人気を博したのを受けて、高速走行時や長距離走破時で余裕のある、より排気量が大きいスクータータイプのオートバイとして開発が始められた。その際、それまでの一般的スクーターと同様の手法で排気量だけを拡大したようなものではなく、二人乗り時の快適性などスクーター的な使い勝手を残しながらスポーツ走行も余裕を持ってこなせるような車種を目指したのが、他社の大排気量スクーターとの大きな違いとなる。
(Wikipedia:ヤマハ・TMAX)

ヤマハ・DT
ヤマハ・DT(ディーティー)とは、ヤマハ発動機が製造販売しているデュアルパーパスタイプのオートバイである。シリーズ車種として数車種が生産されているが、現在日本国内での販売は行われていない。
DTの名の由来は、ヤマハの公式発表では、D、Dualpurposeデュアルパーパス(この場合はON/OFFロードではなく砂漠とガレ場の意味)、T、Trailトレール小道、が名前の由来となっている。
1975年、DT360をベースにボアを拡大して397ccに。YZのデザインのタンクに変更され、ラジアルフィンのヘッド、マグネシウムのケースカバー、片ハブ式の前輪ブレーキ、キック連動デコンプを装備して登場。
1973年、ヤマハ・RT RT360の後継車として、前輪に21インチホイール、アップフェンダー、センターアップマフラーなどでデザインを一新して登場。エンジンはRT360ベースで351cc空冷2スト単気筒で30馬力を発生。
(Wikipedia:ヤマハ・DT)

ヤマハ・DXシリーズ
DXシリーズ(ディーエックス・シリーズ)はヤマハのFM音源を採用したシンセサイザーの型番・商品名。
デスクトップ・シンセサイザーと名付けられたDX200を除いて、キーボードタイプである。DXシリーズの音源モジュール モジュールはヤマハ・TXシリーズ TXシリーズである。
ファイル:YamahaDX72.jpg thumb 350px YAMAHA DX7
FM音源の特徴である非整数次倍音を活用することにより、きらびやかな音色や金属的な音色、打楽器系の音色など旧来のアナログシンセサイザー アナログ音源が苦手とした音色を出せることが特徴であり魅力でもあった。さらにフルデジタル構成の利点として、作成した音色データの保存、再現が簡単に可能。いち早くMIDI端子を装備し容易に他のデジタル楽器と組み合わせることが可能とアナログシンセサイザーからは革命的な進化を遂げ、1980年代中頃の音楽シーンをリードした。特にきらびやかで新鮮なエレピのサウンドは、ローズ・ピアノを完全に駆逐してしまった。
(Wikipedia:ヤマハ・DXシリーズ)

ヤマハ・MOTIFシリーズ
MOTIF(モチーフ)とはヤマハのシンセサイザーの型番・商品名である。
2001年8月に発売されたプロ用シンセサイザーである。従来、線が細いと言われてきたヤマハのPCM音源 PCMシンセサイザーだったが、MOTIFでは16ビット換算84MBのWAVE ROMを搭載し、分厚い音が出せるようになった。
その後、2003年1月にはその音源モジュール版のMOTIF-RACK、同年8月にヤマハ、デジタルシンセサイザー発売20周年記念モデルとしてMOTIF ES、2004年12月にはそのESのモジュール版、MOTIF-RACK ESが発売された。
2005年にはMOTIF ESの廉価版としてMO6 / MO8が発売され、初心者にも垣根を広げている。2007年にはフラッグシップモデルとしてMOTIF XS、初心者用にMM6が発売された。
2001年に発売されたMOTIFシリーズの初代機。独特の音を出せるハイブリッドシンセシスを搭載したヤマハ・EXシリーズ EX5の後継機として発売された。
(Wikipedia:ヤマハ・MOTIFシリーズ)

ヤマハ株式会社
『ヤマハ』より : ヤマハ株式会社(英: Yamaha Corporation)は、楽器・半導体・スポーツ用品・自動車部品製造発売を手がける日本のメーカーであり、日経平均株価の構成銘柄の一つ。 1969年にはピアノ生産台数で世界一となり、販売額ベースでは世界シェア1位の32%を占めるほか、ハーモニカやリコーダー、ピアニカといった学校教材用楽器からエレクトリックギターやドラム、ヴァイオリン、チェロ、トランペット、サクソフォーンなど100種類以上もの多岐に渡る楽器を生産するなど、世界最大の総合楽器メーカーであり業界の盟主でもある。大手二輪メーカーであるヤマハ発動機は二輪製造部門が独立して設立されたものである。 会社概要 明治時代の創業以来の事業であるピアノ製造をはじめとする伝統的な楽器事業は国内トップブランドでピアノ生産量では世界シェア1位。楽器は機械的な面での質の良さから、海外においても非常に知名度のあるブランドとなっている。 1897年(明治30年)に日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足し、ヤマハ・YAMAHAのブランド名で展開し、創業90周年に当たる1987年(昭和62年)に社名をヤマハに改称した。 (Wikipedia:ヤマハ株式会社)

ヤマハ・SR
SR(エスアール)は、ヤマハ発動機が製造・販売している単気筒エンジンを搭載するオートバイのシリーズ車種。 販売当初から大きな変更なく受け継がれるスタイルに全ての年代で人気がある車種。 オートバイの原型とされるスタイル。美しいデザインにファンが多い。 本稿では、同様の単気筒エンジンを搭載するSRXシリーズ、またV型2気筒エンジンを搭載するSRVシリーズについても解説を行う。 モデル一覧 SR400 SR400は1978年に発売された。 XT500のエンジンをベースに、ショートストローク化して日本の運転免許区分に対応した400ccのエンジンを搭載。足回りなどは数回にわたって変更されたが、2008年まで基本設計とデザインを変更せずに販売し続けたロングセラー車種であった。一度は生産終了となったが、排ガス規制に対応した設計変更を加えて2009年末に再び生産が開始された。現在もカフェレーサーやダートトラッカー風のカスタムなどのベース車として用いられている。 モーターマガジン社のバイク雑誌『月刊オートバイ』誌において、1978年10月号に掲載された第一回人気投票ではニューモデルにもかかわらず第10位。 (Wikipedia:ヤマハ・SR)

ヤマハ・QYシリーズ
QYシリーズ(キューワイ・シリーズ)とは、1990年にヤマハから発売されたQY10をはじめとするミュージックシーケンサー シーケンサー専用機(ハードシーケンサー)の型番・商品名である。
「QY」の名称の由来は「Q」が「Sequencer」の「Q」、「Y」は前身であるヤマハのミュージックシーケンサー シーケンサーシリーズが「ヤマハ・QXシリーズ QX」だったことから(「X」の次だから「Y」。「YAMAHA」の頭文字というのは俗説。またヤマハ・QXシリーズ QXシリーズ発売当時のシンセサイザーがヤマハ・DXシリーズ DXシリーズであり、ヤマハ・SYシリーズ SYシリーズに移行したため、それに合わせてXからYにしたという説もある)。
同シリーズには通常含まれないが、派生モデルとして作成された経緯を持っているため、便宜上QR10も合わせて紹介する。
(Wikipedia:ヤマハ・QYシリーズ)

ヤマハ・VL/VPシリーズ
(Wikipedia:ヤマハ・VL/VPシリーズ)

ヤマハ・KXシリーズ
KXシリーズ(ケーエックス・シリーズ)はヤマハのキーボード_(楽器) マスターキーボードの型番・商品名。
このシリーズは本体に音源を内蔵せず、MIDI信号を発するための鍵盤とスイッチのみが装備される。従って本体のみでは楽器として発音させることはできない。外部に接続するMIDI対応音源モジュールから発音させる仕組みになっている。
: 1983年発売。標準鍵盤で44鍵を備えるショルダーキーボード。イニシャルタッチ(鍵盤押下時の強さ検知)・アフタータッチ付。発売時の定価は200,000円。赤と白のカラーバリエーションがある。ステージ上で使用するには重量に問題があり、向谷実がカシオペア (バンド) カシオペアのツアーで使用したり、小室哲哉がTM NETWORK結成当初のテレビ出演で使用する程度に留まった。
(Wikipedia:ヤマハ・KXシリーズ)

ヤマハ・EXシリーズ
EXシリーズ(イーエックス・シリーズ)とはヤマハから発売されたシンセサイザーの型番・商品名。
1998年2月発売。イメージキャラクターは坂本龍一。
PCM音源、バーチャルアナログ音源 AN音源、物理モデル音源 VL音源、FDSP音源というハイブリッド音源を搭載している。(EX7のみVL音源非搭載)
ユーザーが好きな波形を取り込めるサンプラー サンプリング機能も加えられている。
FDSP音源はPCM音源を物理モデルで変調できるというハイブリッド音源。鍵盤ごとに、異なるエフェクトをかけることができる。
ミュージックシーケンサー シーケンサーを内蔵したミュージックワークステーション ワークステーション型シンセサイザー。シーケンサーの記録音数は約3万音。
キーボードモデルは鍵盤の左側にホイールを3つ装備し、リボンコントローラも搭載。
(Wikipedia:ヤマハ・EXシリーズ)

ヤマハ・YZ
ヤマハ・YZ(ワイゼット)とは、ヤマハ発動機が製造販売していた2ストローク機関 2ストロークのモトクロス競技用オートバイであり、シリーズ車種として排気量別に数車種が生産されている。
YZ490は1981年~1988年にかけて発売されていたモトクロス競技用車両である。
モトクロス世界選手権やAMAモトクロスの500ccクラスを対象としたモデルであるが未舗装路で扱うには相当のテクニックを必要とし世界的にも販売台数が見込めないためにエンジンは最終型まで空冷のまま大幅な改良は加えられないままだった。
そのため年度によって変更箇所の大小はあるものの毎年モデルチェンジを重ねたが既にエンジンを水冷化していたYZ250(後述)との部品の共用率は低かった。
前後サスペンションユニットとフロントブレーキは同年式のYZ250からの流用としたがリアブレーキは最終型までドラムのままだった。
(Wikipedia:ヤマハ・YZ)

ヤマハ・GTS1000/A
ヤマハ・GTS1000/A(ジーティーエスせん/エー)は、ヤマハ発動機が1993年に発売した輸出市場向け4ストローク1003ccの大型自動二輪車である。 。 (Wikipedia:ヤマハ・GTS1000/A)

ヤマハ・GTS1000
『ヤマハ・GTS1000/A』より : ヤマハ・GTS1000/A(ジーティーエスせん/エー)は、ヤマハ発動機が1993年に発売した輸出市場向け4ストローク1003ccの大型自動二輪車である。 。 (Wikipedia:ヤマハ・GTS1000)

ヤマハ・VMAX
ヤマハ・VMAX(ブイマックス)とは、1985年にヤマハ発動機から日本国外へ輸出が開始されたオートバイ(大型自動二輪車)の1つ。日本国内でも販売されている。
排気量別 大型
車名=
車名補=
1枚目画像の説明=
1枚目画像名=YAMAHA_Vmax.jpg
2枚目画像の説明=
2枚目画像名=
3枚目画像の説明=
3枚目画像名=
メーカー ヤマハ発動機
ブランド YAMAHA
親会社=
製造国 日本
設計統括=
デザイナー=
製造期間 1985年-2007年
型式=
(Wikipedia:ヤマハ・VMAX)

ヤマハ・ジョグ
ジョグ(JOG)とは、1983年3月にヤマハ発動機より発売された、主に若者層を対象としたスクータータイプのオートバイである。 1989年発売の第3世代モデル(CY50型)は、新採用のメットイン機能とともに、イギリスの人気美形バンドブロスが出演したコマーシャルでおなじみとなった。日本メーカーが最も長く継続生産しているスクーターシリーズとして、2010年代の現在も数車種が生産されている。 2ストローク型JOGシリーズの原動機は大きく3世代に分けられる。その世代分けは、初代と2代目の通称「縦型」、3代目と4代目の通称「横型」(3KJエンジンとも呼ばれる)、5代目以降は通称「排ガス規制」となる。3世代目以降からはメットインとなり収納力が増えた。3世代目エンジンは基本的に横型をベースにしているため、ミッションのパーツをはじめ、ほぼすべてのパーツに互換性がある。これはJOGシリーズの原動機がヤマハの同クラスのスクーターにほぼそのまま流用されているためで、JOG Aprio(ジョグアプリオ)やJOG Poche(ジョグポシェ)などの派生車種だけでなく、縦型ではチャンプやエクセルやBW'S・GEAR、また横型ではビーノ、また原付2種用であるJOG90系エンジン(3WF)や、グランドアクシス系エンジン(B109E)でも同様に大部分のパーツに互換を持っている。 (Wikipedia:ヤマハ・ジョグ)

ヤマハ・BJ
『ヤマハ・ジョグ』より : ジョグ(JOG)とは、1983年3月にヤマハ発動機より発売された、主に若者層を対象としたスクータータイプのオートバイである。 1989年発売の第3世代モデル(CY50型)は、新採用のメットイン機能とともに、イギリスの人気美形バンドブロスが出演したコマーシャルでおなじみとなった。日本メーカーが最も長く継続生産しているスクーターシリーズとして、2010年代の現在も数車種が生産されている。 2ストローク型JOGシリーズの原動機は大きく3世代に分けられる。その世代分けは、初代と2代目の通称「縦型」、3代目と4代目の通称「横型」(3KJエンジンとも呼ばれる)、5代目以降は通称「排ガス規制」となる。3世代目以降からはメットインとなり収納力が増えた。3世代目エンジンは基本的に横型をベースにしているため、ミッションのパーツをはじめ、ほぼすべてのパーツに互換性がある。これはJOGシリーズの原動機がヤマハの同クラスのスクーターにほぼそのまま流用されているためで、JOG Aprio(ジョグアプリオ)やJOG Poche(ジョグポシェ)などの派生車種だけでなく、縦型ではチャンプやエクセルやBW'S・GEAR、また横型ではビーノ、また原付2種用であるJOG90系エンジン(3WF)や、グランドアクシス系エンジン(B109E)でも同様に大部分のパーツに互換を持っている。 (Wikipedia:ヤマハ・BJ)


ヤマハ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  空海 - 2019年01月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



空海
空海(くうかい、宝亀5年(774年) - 承和2年3月21日(835年4月22日))は、平安時代初期の僧。弘法大師(こうぼうだいし)の諡号(921年、醍醐天皇による)で知られる真言宗の開祖である。俗名(幼名)は佐伯 眞魚(さえき の まお)。日本天台宗の開祖最澄(伝教大師)と共に、日本仏教の大勢が、今日称される奈良仏教から平安仏教へと、転換していく流れの劈頭に位置し、中国より真言密教をもたらした。能書家としても知られ、嵯峨天皇・橘逸勢と共に三筆のひとりに数えられている。 生涯 佐伯真魚 宝亀5年(774年)、讃岐国多度郡屏風浦(現:香川県善通寺市)で生まれた。父は郡司・佐伯直田公(さえきのあたいたぎみ)、母は阿刀大足の娘(あるいは妹)、幼名は真魚。真言宗の伝承では空海の誕生日を6月15日とするが、これは中国密教の大成者である不空三蔵の入滅の日であり、空海が不空の生まれ変わりとする伝承によるもので、正確な誕生日は不明である。 (Wikipedia:空海)


空海 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す