[PR]

日別キーワード

第1位  全豪オープン - 2019年01月27日


関連するイメージは見つかりませんでした



全豪オープン
全豪オープンテニス(英語:Australian Open)は、毎年1月後半にオーストラリアのメルボルンで開催される4大国際大会の一つである。主催および運営はテニス・オーストラリアが行う。 会場のメルボルン・パークには開閉式の屋根付き競技場であるロッド・レーバー・アリーナを中心に、マーガレット・コート・アリーナを含む26面ものコートが整備されている。2000年にはサブアリーナとしてボーダフォン・アリーナ(現在のハイセンス・アリーナ)が建設され、2015年にはマーガレット・コート・アリーナに開閉式屋根を設置する改修工事が完了し、3つの開閉式の屋根付きスタジアムを設けることになった。会場に開閉式の屋根を設置した大会は全豪オープンが最初である。 本大会は熱中症対策として「エクストリーム・ヒート・ポリシー」(英語:EHP, Extreme Heat Policy)と呼ばれる独自ルールが導入されており、外気温が35度を上回るか、湿球黒球温度が28度を上回った際に、主審が試合開始時間を遅らす事が出来る。 (Wikipedia:全豪オープン)

全豪オープンテニス男子ダブルス優勝者一覧
全豪オープン男子ダブルス優勝者一覧(ぜんごう-だんし-ゆうしょうしゃいちらん)は、全豪オープン男子ダブルスにおける優勝者の一覧である。 参考文献 “Our Open - 100 years of Australia's Grand Slam” (我らのオープン-オーストラリア・グランドスラムの100年史) News Custom Publishing, Victoria, Australia (2004) ISBN 1-876176-60-1 Bruce Matthews, “Game, Set and Glory: A History of the Australian Tennis Championships” (ゲーム・セット・栄冠-オーストラリア・テニス選手権の歴史) The Five Mile Press, Victoria, Australia (1985) ISBN 0-86788-078-3。 (Wikipedia:全豪オープンテニス男子ダブルス優勝者一覧)

全豪オープンテニス女子ダブルス優勝者一覧
全豪オープン女子ダブルス優勝者一覧(ぜんごう-じょし-ゆうしょうしゃいちらん)は、全豪オープン女子ダブルスにおける優勝者の一覧である。 参考文献 “Our Open - 100 years of Australia's Grand Slam” (我らのオープン-オーストラリア・グランドスラムの100年史) News Custom Publishing, Victoria, Australia (2004) ISBN 1-876176-60-1 Bruce Matthews, “Game, Set and Glory: A History of the Australian Tennis Championships” (ゲーム・セット・栄冠-オーストラリア・テニス選手権の歴史) The Five Mile Press, Victoria, Australia (1985) ISBN 0-86788-078-3。 (Wikipedia:全豪オープンテニス女子ダブルス優勝者一覧)

全豪オープンテニス混合ダブルス優勝者一覧
全豪オープン混合ダブルス優勝者一覧(ぜんごう-こんごう-ゆうしょうしゃいちらん)は、全豪オープン混合ダブルスにおける優勝者の一覧と決勝記録である。 参考文献 “Our Open - 100 years of Australia's Grand Slam” (我らのオープン-オーストラリア・グランドスラムの100年史) News Custom Publishing, Victoria, Australia (2004) ISBN 1-876176-60-1 Bruce Matthews, “Game, Set and Glory: A History of the Australian Tennis Championships” (ゲーム・セット・栄冠-オーストラリア・テニス選手権の歴史) The Five Mile Press, Victoria, Australia (1985) ISBN 0-86788-078-3。 (Wikipedia:全豪オープンテニス混合ダブルス優勝者一覧)

全豪オープンテニス男子シングルス優勝者一覧
全豪オープン男子シングルス優勝者一覧(ぜんごう-だんし-ゆうしょうしゃいちらん)は、全豪オープン男子シングルスにおける優勝者の一覧である。 オープン化以前はロイ・エマーソンの6回、オープン化後はノバク・ジョコビッチの5回優勝が最多である。(2015年全豪オープン終了現在) 参考文献 “Our Open - 100 years of Australia's Grand Slam” (我らのオープン-オーストラリア・グランドスラムの100年史) News Custom Publishing, Victoria, Australia (2004) ISBN 1-876176-60-1 Bruce Matthews, “Game, Set and Glory: A History of the Australian Tennis Championships” (ゲーム・セット・栄冠-オーストラリア・テニス選手権の歴史) The Five Mile Press, Victoria, Australia (1985) ISBN 0-86788-078-3。 (Wikipedia:全豪オープンテニス男子シングルス優勝者一覧)

全豪オープンテニス女子シングルス優勝者一覧
全豪オープン女子シングルス優勝者一覧(ぜんごう-じょし-ゆうしょうしゃいちらん)は、全豪オープン女子シングルスにおける優勝者の一覧である。 マーガレット・スミス・コートの11回優勝が最多である。 参考文献 “Our Open - 100 years of Australia's Grand Slam” (我らのオープン-オーストラリア・グランドスラムの100年史) News Custom Publishing, Victoria, Australia (2004) ISBN 1-876176-60-1 Bruce Matthews, “Game, Set and Glory: A History of the Australian Tennis Championships” (ゲーム・セット・栄冠-オーストラリア・テニス選手権の歴史) The Five Mile Press, Victoria, Australia (1985) ISBN 0-86788-078-3。 (Wikipedia:全豪オープンテニス女子シングルス優勝者一覧)

全豪オープンテニス
『全豪オープン』より : 全豪オープンテニス(英語:Australian Open)は、毎年1月後半にオーストラリアのメルボルンで開催される4大国際大会の一つである。主催および運営はテニス・オーストラリアが行う。 会場のメルボルン・パークには開閉式の屋根付き競技場であるロッド・レーバー・アリーナを中心に、マーガレット・コート・アリーナを含む26面ものコートが整備されている。2000年にはサブアリーナとしてボーダフォン・アリーナ(現在のハイセンス・アリーナ)が建設され、2015年にはマーガレット・コート・アリーナに開閉式屋根を設置する改修工事が完了し、3つの開閉式の屋根付きスタジアムを設けることになった。会場に開閉式の屋根を設置した大会は全豪オープンが最初である。 本大会は熱中症対策として「エクストリーム・ヒート・ポリシー」(英語:EHP, Extreme Heat Policy)と呼ばれる独自ルールが導入されており、外気温が35度を上回るか、湿球黒球温度が28度を上回った際に、主審が試合開始時間を遅らす事が出来る。 (Wikipedia:全豪オープンテニス)


全豪オープン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  「蟹」 - 2019年01月29日


関連するイメージは見つかりませんでした




「蟹」 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  ペトラ・クビトバ - 2019年01月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



ペトラ・クビトバ
ペトラ・クビトバ(Petra Kvitová, チェコ語発音: [ˈpɛtra ˈkvɪtovaː] , 1990年3月8日 - )は、チェコ・ビロベク出身の女子プロテニス選手。これまでにWTAツアーでシングルス11勝を挙げている(ダブルス優勝はない)。身長182cm、体重70kg、左利き。バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス2位、ダブルス196位。 ウィンブルドン選手権優勝2回。2011年WTAツアー選手権優勝。マドリード・オープン優勝2回。 プロ転向-2008年 クビトバは3歳から父親の手ほどきでテニスを始め、2006年にプロ転向。2008年全仏オープンで4大大会に初出場。1回戦で森上亜希子を 6-4, 6-2 で破り、3回戦では第12シードのアグネシュ・サバイ(ハンガリー)に 7-6, 4-6, 6-3 で勝利して4回戦まで進出している。8月の北京五輪ではルーシー・サファロバと組んでダブルスに出場。1回戦でオーストラリア代表のサマンサ・ストーサー&レネ・スタブス組に 1-6, 0-6 で完敗している。 (Wikipedia:ペトラ・クビトバ)


ペトラ・クビトバ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  iPhone - 2019年01月29日


関連するイメージは見つかりませんでした




iPhone - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  スイセン - 2019年01月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



スイセン
スイセン属(スイセンぞく、学名: Narcissus)は、ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科)の属のひとつ。この属にはニホンズイセンやラッパスイセンなど色や形の異なる種や品種が多くあるが、この属に含まれるものを総称してスイセンと呼んでいる。 狭義には、学名 Narcissus tazetta や、その変種であるニホンズイセン(Narcissus tazetta var. chinensis)をスイセンということも多い。しかし、本記事では特に明記しない限り「スイセン」をスイセン属の総称の意味で用いる。 形態・生態 多年草で、冬から春にかけて白や黄の花を咲かせるものが多い。草丈は、品種・環境によるが、15 - 50cm程度である。 茎は、黒い外皮に包まれた鱗茎の内部にある。そのため切断しない限り人の目に触れることはない。葉身は、若干厚みがあり扁平で細長く、つや消しのような表面をしている。 葉の間からつぼみをつけた花茎が伸び、伸びきるとつぼみが横向きになり、成熟するとつぼみを覆っていた包を破って花が開く。 (Wikipedia:スイセン)

スイセン属
『スイセン』より : スイセン属(スイセンぞく、学名: Narcissus)は、ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科)の属のひとつ。この属にはニホンズイセンやラッパスイセンなど色や形の異なる種や品種が多くあるが、この属に含まれるものを総称してスイセンと呼んでいる。 狭義には、学名 Narcissus tazetta や、その変種であるニホンズイセン(Narcissus tazetta var. chinensis)をスイセンということも多い。しかし、本記事では特に明記しない限り「スイセン」をスイセン属の総称の意味で用いる。 形態・生態 多年草で、冬から春にかけて白や黄の花を咲かせるものが多い。草丈は、品種・環境によるが、15 - 50cm程度である。 茎は、黒い外皮に包まれた鱗茎の内部にある。そのため切断しない限り人の目に触れることはない。葉身は、若干厚みがあり扁平で細長く、つや消しのような表面をしている。 葉の間からつぼみをつけた花茎が伸び、伸びきるとつぼみが横向きになり、成熟するとつぼみを覆っていた包を破って花が開く。 (Wikipedia:スイセン属)

スイセンアヤメ
『スパラクシス属』より : スパラクシス属 (Sparaxis) とはアヤメ科の属の1つ。スパラキシス属ともいう。和名はスイセンアヤメ属。 南アフリカが分布の中心である。 主な種 Goldblatt (1992) は13種を認める。 S. tricolor 南アフリカ原産の小球根草。花期は4 - 5月頃で鑑賞用に栽培される。 脚注 参考文献 Goldblatt P (1992). “Phylogenetic Analysis of the South African Genus Sparaxis (Including Synnotia) (Iridaceae-Ixioideae), with Two New Species and a Review of the Genus”. Annals of the Missouri Botanical Garden (Missouri Botanical Garden Press) 79 (1): 143-159. http://www.jstor.org/stable/2399815. 外部リンク ==。 (Wikipedia:スイセンアヤメ)

スイセンアヤメ属
『スパラクシス属』より : スパラクシス属 (Sparaxis) とはアヤメ科の属の1つ。スパラキシス属ともいう。和名はスイセンアヤメ属。 南アフリカが分布の中心である。 主な種 Goldblatt (1992) は13種を認める。 S. tricolor 南アフリカ原産の小球根草。花期は4 - 5月頃で鑑賞用に栽培される。 脚注 参考文献 Goldblatt P (1992). “Phylogenetic Analysis of the South African Genus Sparaxis (Including Synnotia) (Iridaceae-Ixioideae), with Two New Species and a Review of the Genus”. Annals of the Missouri Botanical Garden (Missouri Botanical Garden Press) 79 (1): 143-159. http://www.jstor.org/stable/2399815. 外部リンク ==。 (Wikipedia:スイセンアヤメ属)


スイセン - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す