[PR]

日別キーワード

第1位  アジアカップ - 2019年01月29日


関連するイメージは見つかりませんでした



アジアカップ
『AFCアジアカップ』より : アジアカップ AFCアジアカップ - アジアサッカー連盟が主催する男子サッカーの国際大会。 AFC女子アジアカップ アイスホッケー・アジアカップ アジアカップ・バレーボール選手権 FIBAアジアカップ - FIBAアジアが主催する男子バスケットボールの国際大会。旧FIBAアジアスタンコビッチカップ。 アジアカップ (卓球) アジアフィギュア杯 ASTCアジアカップトライアスロン ホッケー・アジアカップ ACCアジアカップ - ワンデイクリケットの国際大会。 アジアカップ (野球)。 (Wikipedia:アジアカップ)

アジアカップ2004
AFCアジアカップ2004は、第13回AFCアジアカップで、開催国は中華人民共和国(以下、中国)であった。アテネオリンピックの直前となる2004年7月17日から同年8月7日にかけて、中国の4都市(北京、重慶、成都、済南)を開催地として試合が行われた。日本がレバノン大会に続いて2連覇を果たし、2005年に開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ・ドイツ大会への出場資格が与えられた。最優秀選手には日本の中村俊輔が選ばれた。 大会総括 各国のレベル均等化 本大会では、中東諸国をはじめとするサッカー新興諸国のレベル向上が顕著に見られた。バーレーンやヨルダンはその典型例で、両者は前回大会には出場すらできなかったにもかかわらず、それぞれベスト4、ベスト8の好成績を挙げている。ヨルダンは準々決勝で日本と死闘を演じ、PK戦では日本をあと一歩のところまで追いつめた。 そんな中で、日本代表はベテランの域に達した中田英寿を腰痛による招集辞退で欠きながらも、決勝トーナメントでは苦戦の連続を制し、二大会連続の優勝を飾った。 (Wikipedia:アジアカップ2004)

アジアカップサッカー
『AFCアジアカップ』より : AFCアジアカップ(英: AFC Asian Cup)は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、ナショナルチームによるサッカーの大陸選手権大会である。1956年に第1回大会が香港で行われ、以降4年ごとに開催されている。また、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップへの出場権が与えられる。 当大会はアジア地域の大陸選手権大会として1956年に創設された。世界に6大会ある各大陸連盟選手権では、1916年に始まった南米選手権(コパ・アメリカ)に次いで2番目に古い。1988年大会から、優勝国にはFIFAコンフェデレーションズカップ(創設当初はキング・ファハド・カップ)への出場権が与えられている。また、かつてはアフロアジア選手権やAFC/OFCチャレンジカップへの出場権も与えられていた。 2006年1月1日にオーストラリアサッカー連盟がOFCを脱退し、AFCに加盟した。オーストラリア代表は、2006年2月より当大会の予選に参加した。 賞金 第15回カタール大会まではアジアカップに賞金は無かった。 (Wikipedia:アジアカップサッカー)

アジアカップ1968
AFCアジアカップ1968は、第4回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1968年5月10日から同年5月19日にかけて行われ、イランが優勝を決めた。それに先がけ、予選が1967年3月22日から開催された。 出場国 イランの旗 イラン(開催国) 初出場 イスラエルの旗 イスラエル(前回優勝国のため予選免除) 4大会連続4度目予選は、14の国と地域が参加。3組に分かれ1位の国が通過した ビルマの旗 ビルマ 初出場 香港の旗 香港 2大会連続3度目 中華民国の旗 台湾 2大会ぶり2度目 予選 1組 全試合ビルマで開催 1967年11月12日 1967年11月13日 1967年11月15日 1967年11月16日 1967年11月18日 1967年11月19日 = 最終結果 = ビルマが本大会進出 2組 全試合香港で開催 1967年3月22日 1967年3月24日 1967年3月26日 1967年3月29日 1967年3月31日 1967年4月2日 = 最終結果 = 香港が本大会進出 3組 全試合香港で開催 1967年7月27日 1967年8月1日 1967年8月3日 1967年8月5日 1967年8月7日 = 最終結果 = 台湾が本大会に進出 本大会 1968年5月10日 1968年5月12日 1968年5月14日 1968年5月16日 1968年5月17日 1968年5月19日 最終結果 最終結果 関連項目 AFCアジアカップ アジアサッカー連盟。 (Wikipedia:アジアカップ1968)

アジアカップ2000
AFCアジアカップ2000は、2000年10月12日から同年10月29日にかけて、レバノンで開催された第12回のAFCアジアカップである。 開催国のレバノンおよび前回UAE大会で優勝したサウジアラビアに、予選を勝ち抜いた10チームを加えた合計12チームで争われた。当時AFCに所属していた中でこの大会(予選を含む)に参加しなかった国はアフガニスタンのみで、アジアカップ史上最多の44の国・地域が参加した。 開催地はレバノンの首都ベイルートおよびトリポリ、サイダの3ヶ所であった。特に東アジア諸国から見るとレバノンは内戦の地というイメージが強かったが、競技場はよく整備され、大会期間中に大きな治安上の問題もなかった。 総括 日本が地元開催の1992年大会以来2度目の優勝を果たし、”中東の笛”などアウェイ色の濃い中東開催のアジアカップで、東アジア勢として初めて制することとなった。 日本は、本大会直前まで開催されベスト8という成績を残したシドニーオリンピックに出場したメンバーと、1998 FIFAワールドカップに出場したメンバーを融合させたチームでこの大会に臨んだ。 (Wikipedia:アジアカップ2000)

アジアカップ2007
AFCアジアカップ2007は、2007年に行われた第14回目のAFCアジアカップである。タイ、マレーシア、ベトナム、インドネシアの4カ国の共同開催となり、アジアカップ史上初めて複数国の共同開催となった。2007年7月7日から7月29日まで開催され、イラクが初優勝を飾った。 大会開催の経緯と概要 本大会は4カ国共催となった。このいきさつには、候補国が単独で大会を開催できるほどの経済的余力がなかったことと、候補国同士の誘致合戦が激しくなりすぎてしまった背景がある。本大会では、4カ国それぞれがグループリーグ6試合と、決勝トーナメント1~3試合を主催できるように、試合が配分された。 本大会からFIFAワールドカップの翌年に開催される事となったため、その調整として前回大会から3年後の2007年に開催された。この変更の背景には、従来の開催時期では夏季オリンピックやUEFA欧州選手権と開催年が重なるため注目度が低くなりがちだった事等が挙げられる。 (Wikipedia:アジアカップ2007)

アジアカップ1960
AFCアジアカップ1960は、第2回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1960年10月14日から同年10月23日にかけて行われ、韓国が優勝を決めた。それに先がけ、予選が前年の1959年12月1日から開催された。 会場 本大会出場国 韓国の旗 韓国(開催国のため予選免除) 2大会連続2度目 イスラエルの旗 イスラエル(西部ゾーン1位) 2大会連続2度目 ベトナムの旗 南ベトナム(中部ゾーン1位) 2大会連続2度目 中華民国の旗 台湾(東部ゾーン1位) 初出場 予選 西部ゾーン 全試合インドコーチマハラジャカレッジ・スタジアムで開催 = 結果 = イスラエルが本大会に進出 中部ゾーン 全試合シンガポールのジャランバザールスタジアムで開催。 (Wikipedia:アジアカップ1960)

アジアカップ1996
AFCアジアカップ1996は、第11回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は1996年12月4日から同年12月21日にかけてアラブ首長国連邦(UAE)で行われ、サウジアラビアが2大会ぶり3度目の優勝を果たした。 予選 33の国と地域が参加。10の組に分かれて開催され、各組1位が本大会の出場権を得た。 AFCアジアカップ1996 (予選) 出場国 アラブ首長国連邦の旗 UAE(開催国) 5大会連続5度目 日本の旗 日本(前回優勝国) 3大会連続3度目 中華人民共和国の旗 中国 6大会連続6度目 インドネシアの旗 インドネシア 初出場 イランの旗 イラン 8大会連続8度目 イラクの旗 イラク 5大会ぶり3度目 韓国の旗 韓国 2大会ぶり8度目 クウェートの旗 クウェート 2大会ぶり6度目 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 4大会連続4度目 シリアの旗 シリア 2大会ぶり4度目 タイ王国の旗 タイ 2大会連続3度目 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン 初出場 本大会 1次ラウンド 各組上位2カ国決勝トーナメント進出。 (Wikipedia:アジアカップ1996)

アジアカップ1988
AFCアジアカップ1988は、第9回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1988年12月2日から同年12月18日にかけて行われ、サウジアラビアが優勝を決めた。 予選 20か国がエントリー、4つのグループに分かれ、上位2か国が本大会への出場権を得る。 AFCアジアカップ1988 (予選) 出場国 カタールの旗 カタール(開催国) 3大会連続3度目 サウジアラビアの旗 サウジアラビア(前回優勝国) 2大会連続2度目他に予選を勝ち抜いた8か国を加え、計10か国が参加した。 バーレーンの旗 バーレーン 初出場 中華人民共和国の旗 中国 4大会連続4度目 イランの旗 イラン 6大会連続6度目 日本の旗 日本 初出場 クウェートの旗 クウェート 5大会連続5度目 大韓民国の旗 韓国 3大会連続7度目 シリアの旗 シリア 3大会連続3度目 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 3大会連続3度目 会場 本大会 時刻はすべてカタール時間(UTC+3) 1次ラウンド = 1組 = = 2組 = 準決勝 3位決定戦 決勝 最終結果 外部リンク Details at RSSSF。 (Wikipedia:アジアカップ1988)

アジアカップ1980
AFCアジアカップ1980は、第7回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1980年9月15日から同年9月30日にかけて行われ、クウェートが優勝を決めた。 出場国 クウェートの旗 クウェート (開催国) 3大会連続3度目 イランの旗 イラン (前回優勝国) 4大会連続4度目他に予選を勝ち抜いた8ヶ国を加え、計10ヶ国が参加した。 バングラデシュの旗 バングラデシュ 初出場 中華人民共和国の旗 中国 2大会連続2度目 マレーシアの旗 マレーシア 2大会連続2度目 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 初出場 カタールの旗 カタール 初出場 韓国の旗 韓国 2大会ぶり5度目 シリアの旗 シリア 初出場 アラブ首長国連邦の旗 UAE 初出場 本大会 1次ラウンド 1組 1980年9月15日 1980年9月16日 1980年9月17日 1980年9月18日 1980年9月19日 1980年9月20日 1980年9月21日 1980年9月22日 1980年9月24日 1980年9月25日 2組 1980年9月15日 1980年9月16日 1980年9月17日 1980年9月18日 1980年9月19日 1980年9月20日 1980年9月21日 1980年9月22日 1980年9月24日 1980年9月25日 準決勝 1980年9月28日 1980年9月28日 3位決定戦 1980年9月30日 決勝 1980年9月30日 最終結果 関連項目 AFCアジアカップ1980 (予選) 外部リンク Details at RSSSF。 (Wikipedia:アジアカップ1980)

アジアカップ1984
AFCアジアカップ1984は、第8回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1984年12月1日から同年12月15日にかけて行われ、サウジアラビアが優勝を決めた。 予選 20か国が参加し4グループに分かれてリーグ戦を行い上位2か国が本大会への出場権を得た。 AFCアジアカップ1984 (予選) 出場国 シンガポールの旗 シンガポール(開催国) 初出場 クウェートの旗 クウェート(前回優勝国) 4大会連続4度目他に予選を勝ち抜いた8か国を加え、計10か国が参加した。 中華人民共和国の旗 中国 3大会連続3度目 インドの旗 インド  初出場 イランの旗 イラン 5大会連続5度目 カタールの旗 カタール 2大会連続2度目 大韓民国の旗 韓国 2大会連続6度目 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 初出場 シリアの旗 シリア 2大会連続2度目 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 2大会連続2度目 会場 本大会 時刻はすべてシンガポール時間 (UTC+8) 1次ラウンド = 1組 = = 2組 = = 準決勝 = = 3位決定戦 = = 決勝 = 最終結果 外部リンク Details at RSSSF。 (Wikipedia:アジアカップ1984)

アジアカップ1992
AFCアジアカップ1992は、1992年10月28日から11月7日まで日本の広島県で開催された第10回目のAFCアジアカップである。この大会の開催国である日本が初優勝に輝いた。最優秀選手には日本の三浦知良が選ばれた。 予選 20ヶ国が参加し、6つのグループに分かれ、各組1位が本大会への出場権を掴んだ。 AFCアジアカップ1992 (予選) 試合会場 2年後の1994年アジア競技大会の運営リハーサル大会を兼ねて、実際に試合が行われるスタジアムを使用した。 広島広域公園(広島市安佐南区) 広島広域公園陸上競技場(ビッグアーチ) 広島広域公園第一球技場 広島スタジアム(広島市西区) 広島県立びんご運動公園陸上競技場(尾道市) 出場国 日本の旗 日本(開催国) 2大会連続2度目 サウジアラビアの旗 サウジアラビア(前回優勝国) 3大会連続3度目 アラブ首長国連邦の旗 UAE 4大会連続4度目 イランの旗 イラン 7大会連続7度目 カタールの旗 カタール 4大会連続4度目 タイ王国の旗 タイ 5大会ぶり2度目 中華人民共和国の旗 中国 5大会連続5度目 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 3大会ぶり2度目 グループリーグ A組 B組 決勝トーナメント 準決勝 3位決定戦 = 決勝 = 最終結果 得点ランキング 3得点サウジアラビアの旗 ファハド・アル=ビシ2得点日本の旗 中山雅史 サウジアラビアの旗 ユセフ・アル=ツナヤン サウジアラビアの旗 サイード・オワイラン 中華人民共和国の旗 彭偉國 朝鮮民主主義人民共和国の旗 金光民 関連項目 AFCアジアカップ アジアサッカー連盟。 (Wikipedia:アジアカップ1992)

アジアカップ1956
AFCアジアカップ1956は、第1回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。アジアカップは、アジアサッカー連盟主催の大会で、4年毎開催される。サッカーアジアカップの本大会は、1956年9月1日から同年9月15日にかけて行われ、韓国が優勝を決めた。 会場 本大会出場国 25x20px 香港(開催国のため予選免除) イスラエルの旗 イスラエル(予選1組1位) 韓国の旗 韓国(予選2組1位) ベトナムの旗 南ベトナム(予選3組1位) 予選 1組 アフガニスタンの旗 アフガニスタンとパキスタンの旗 パキスタンが棄権のため、イスラエルの旗 イスラエルが本大会進出。 (Wikipedia:アジアカップ1956)

アジアカップ1972
AFCアジアカップ1972は、第5回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1972年5月7日から同年5月19日にかけて行われ、イランが優勝を決めた。 予選 13の国と地域が参加、東西2組に分かれてリーグ戦を行い、上位2ヶ国が本大会への出場権を得た。 AFCアジアカップ1972 (予選) 出場国 タイ王国の旗 タイ (開催国) 初出場 25x20px イラン (前回優勝国のため予選免除) 2大会連続2度目他に予選を勝ち抜いた4ヶ国を加え、計6ヶ国が参加した。 25x20px クメール共和国 初出場 クウェートの旗 クウェート 初出場 韓国の旗 韓国 2大会ぶり4度目 イラクの旗 イラク 初出場 本大会 予選ラウンド 1972年5月7日 1972年5月8日 1次ラウンド 1組 1972年5月9日 1972年5月11日 1972年5月13日 最終結果 2組 1972年5月10日 1972年5月12日 1972年5月14日 最終結果 準決勝 1972年5月16日 1972年5月17日 3位決定戦 1972年5月19日 決勝 1972年5月19日 最終結果 外部リンク RSSSFによる記録。 (Wikipedia:アジアカップ1972)

アジアカップ1976
AFCアジアカップ1976は、第6回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1976年6月3日から同年6月13日にかけて行われ、イランが優勝を決めた。 出場国 予選についてはAFCアジアカップ1976 (予選)を参照。 25x20px イラン (開催国) 3大会連続3度目 中華人民共和国の旗 中国 初出場 マレーシアの旗 マレーシア 初出場 クウェートの旗 クウェート 2大会連続2度目 イラクの旗 イラク 2大会連続2度目 南イエメンの旗 南イエメン 初出場※北朝鮮・サウジアラビア・タイも予選を勝ち抜いて本大会出場権を獲得していたが、出場を辞退した。 本大会 1次ラウンド 1組 1976年6月3日 1976年6月5日 1976年6月7日 最終結果 2組 1976年6月3日 1976年6月5日 1976年6月7日 最終結果 準決勝 1976年6月10日 3位決定戦 1976年6月12日 決勝 1976年6月13日 最終結果 外部リンク Details at RSSSF。 (Wikipedia:アジアカップ1976)

アジアカップウィナーズ選手権
『アジアカップウィナーズカップ』より : アジアカップウィナーズカップ(英: Asian Cup Winners Cup)は、かつてアジアサッカー連盟(AFC)の主催により行われていた、クラブチームによるサッカーの国際大会である。 創設は1990-91年度。大会にはAFCに加盟する各国・地域の主要カップ戦優勝チームが出場できた。ヨーロッパにおけるUEFAカップウィナーズカップに相当する。この大会は2002-03年度にアジアクラブ選手権、アジアスーパーカップとの大会統合によりAFCチャンピオンズリーグへ発展解消された。 なお、日本のチームの出場権についてはアジアの大会における日本のサッカークラブを参照。 結果 ※注 統計 クラブ別成績 注:優勝年度及び準優勝年度は、優勝が決定した年を並べている。例えば、1990-91年度王者は1991年としている。 クラブ所在国別成績 関連項目 カップウィナーズカップ 外部リンク RSSSFによる記録。 (Wikipedia:アジアカップウィナーズ選手権)

アジアカップウィナーズカップ
アジアカップウィナーズカップ(英: Asian Cup Winners Cup)は、かつてアジアサッカー連盟(AFC)の主催により行われていた、クラブチームによるサッカーの国際大会である。 創設は1990-91年度。大会にはAFCに加盟する各国・地域の主要カップ戦優勝チームが出場できた。ヨーロッパにおけるUEFAカップウィナーズカップに相当する。この大会は2002-03年度にアジアクラブ選手権、アジアスーパーカップとの大会統合によりAFCチャンピオンズリーグへ発展解消された。 なお、日本のチームの出場権についてはアジアの大会における日本のサッカークラブを参照。 結果 ※注 統計 クラブ別成績 注:優勝年度及び準優勝年度は、優勝が決定した年を並べている。例えば、1990-91年度王者は1991年としている。 クラブ所在国別成績 関連項目 カップウィナーズカップ 外部リンク RSSSFによる記録。 (Wikipedia:アジアカップウィナーズカップ)

アジアカップウイナーズカップ
『アジアカップウィナーズカップ』より : アジアカップウィナーズカップ(英: Asian Cup Winners Cup)は、かつてアジアサッカー連盟(AFC)の主催により行われていた、クラブチームによるサッカーの国際大会である。 創設は1990-91年度。大会にはAFCに加盟する各国・地域の主要カップ戦優勝チームが出場できた。ヨーロッパにおけるUEFAカップウィナーズカップに相当する。この大会は2002-03年度にアジアクラブ選手権、アジアスーパーカップとの大会統合によりAFCチャンピオンズリーグへ発展解消された。 なお、日本のチームの出場権についてはアジアの大会における日本のサッカークラブを参照。 結果 ※注 統計 クラブ別成績 注:優勝年度及び準優勝年度は、優勝が決定した年を並べている。例えば、1990-91年度王者は1991年としている。 クラブ所在国別成績 関連項目 カップウィナーズカップ 外部リンク RSSSFによる記録。 (Wikipedia:アジアカップウイナーズカップ)

アジアカップ1964
AFCアジアカップ1964は、第3回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1964年5月26日から同年6月3日にかけて行われ、イスラエルが優勝を決めた。 会場 予選 開催国イスラエルと、前回大会優勝国韓国以外に7つの国と地域が参加。2組に分かれ各組上位1位が本大会出場権を得た。 出場国 イスラエルの旗 イスラエル 3大会連続3度目 インドの旗 インド 初出場 韓国の旗 韓国 3大会連続3度目 香港の旗 香港 2大会ぶり2度目 本大会 最終成績 最終結果 ==。 (Wikipedia:アジアカップ1964)

アジアカップ (曖昧さ回避)
アジアカップ
AFCアジアカップ - アジアサッカー連盟が主催する男子サッカーの国際大会。
AFC女子選手権 AFC女子アジアカップ
アジアシリーズ (プロ野球)
アジアカップ (卓球)
アジアカップ (フィギュアスケート)
(Wikipedia:アジアカップ (曖昧さ回避))


アジアカップ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  RSS - 2019年01月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



RSS
RSSは、ニュースやブログなど各種のウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための幾つかの文書フォーマットの総称である。 RDF site summary(RSS 0.9、RSS 1.0) rich Site summary(RSS 0.91) really simple syndication(RSS 2.0)上記の様に「RSS」という語には、名称の異なる複数の規格が存在しており、それぞれ記述方法や用途が異なるために、多少の混乱が見られる。 ブログでの更新情報の配信として用いられている場合が大半を占めているが、ニュース配信サイトでは最新ニュースを、放送局では番組情報を、その他各種企業においてプレスリリースや新製品情報、サポート情報を、RSSを使ったヘッドライン情報として配信する事例も増えている。また、音声データファイルを公開するための方法であるポッドキャスティングにも使われている。 また、RSSに対応しているウェブサイトではRSSに対応していることを明確にするために下記のような表示が使われていることが多い。 (Wikipedia:RSS)

RSSリーダー
フィードリーダー(feed reader)、またはフィード・アグリゲーター(feed aggregator)は、ブログやポッドキャスト、ニュースサイトなどが配信するフィードを取得・購読するためのアプリケーションソフトウェアの総称。フィードのファイルフォーマットとしてRSSが先行していたことから、現在でも「RSSリーダー」と呼ばれることが多い。英語圏では「news reader」や、単に「aggregator」と呼ばれることもある。 機能 ウェブ上にある様々なフィード(RSSまたはAtom)を取得し、フィードの管理を行うのが、フィードリーダーの役目である。 フィード管理 利用するフィードの管理を行う。タイトル、取得間隔、データの保存する / しないなどを管理する。 未読・既読管理 取得した情報をユーザーが読んだ(開いた)か、まだ読んでない(開いてない)かを管理する。これにより、既に取得したデータを排除することが出来る。 OPMLによるフィードのインポート、エクスポート フィードを一括して処理するため、OPMLという規格を利用して、インポート、エクスポートを行うのが主流である。 (Wikipedia:RSSリーダー)

RSS Reader
『RSSリーダー』より : フィードリーダー(feed reader)、またはフィード・アグリゲーター(feed aggregator)は、ブログやポッドキャスト、ニュースサイトなどが配信するフィードを取得・購読するためのアプリケーションソフトウェアの総称。フィードのファイルフォーマットとしてRSSが先行していたことから、現在でも「RSSリーダー」と呼ばれることが多い。英語圏では「news reader」や、単に「aggregator」と呼ばれることもある。 機能 ウェブ上にある様々なフィード(RSSまたはAtom)を取得し、フィードの管理を行うのが、フィードリーダーの役目である。 フィード管理 利用するフィードの管理を行う。タイトル、取得間隔、データの保存する / しないなどを管理する。 未読・既読管理 取得した情報をユーザーが読んだ(開いた)か、まだ読んでない(開いてない)かを管理する。これにより、既に取得したデータを排除することが出来る。 OPMLによるフィードのインポート、エクスポート フィードを一括して処理するため、OPMLという規格を利用して、インポート、エクスポートを行うのが主流である。 (Wikipedia:RSS Reader)

RSS Aggregator
『RSSリーダー』より : フィードリーダー(feed reader)、またはフィード・アグリゲーター(feed aggregator)は、ブログやポッドキャスト、ニュースサイトなどが配信するフィードを取得・購読するためのアプリケーションソフトウェアの総称。フィードのファイルフォーマットとしてRSSが先行していたことから、現在でも「RSSリーダー」と呼ばれることが多い。英語圏では「news reader」や、単に「aggregator」と呼ばれることもある。 機能 ウェブ上にある様々なフィード(RSSまたはAtom)を取得し、フィードの管理を行うのが、フィードリーダーの役目である。 フィード管理 利用するフィードの管理を行う。タイトル、取得間隔、データの保存する / しないなどを管理する。 未読・既読管理 取得した情報をユーザーが読んだ(開いた)か、まだ読んでない(開いてない)かを管理する。これにより、既に取得したデータを排除することが出来る。 OPMLによるフィードのインポート、エクスポート フィードを一括して処理するため、OPMLという規格を利用して、インポート、エクスポートを行うのが主流である。 (Wikipedia:RSS Aggregator)

RSSアグリゲータ
『RSSリーダー』より : フィードリーダー(feed reader)、またはフィード・アグリゲーター(feed aggregator)は、ブログやポッドキャスト、ニュースサイトなどが配信するフィードを取得・購読するためのアプリケーションソフトウェアの総称。フィードのファイルフォーマットとしてRSSが先行していたことから、現在でも「RSSリーダー」と呼ばれることが多い。英語圏では「news reader」や、単に「aggregator」と呼ばれることもある。 機能 ウェブ上にある様々なフィード(RSSまたはAtom)を取得し、フィードの管理を行うのが、フィードリーダーの役目である。 フィード管理 利用するフィードの管理を行う。タイトル、取得間隔、データの保存する / しないなどを管理する。 未読・既読管理 取得した情報をユーザーが読んだ(開いた)か、まだ読んでない(開いてない)かを管理する。これにより、既に取得したデータを排除することが出来る。 OPMLによるフィードのインポート、エクスポート フィードを一括して処理するため、OPMLという規格を利用して、インポート、エクスポートを行うのが主流である。 (Wikipedia:RSSアグリゲータ)

RSSリーダ
『RSSリーダー』より : フィードリーダー(feed reader)、またはフィード・アグリゲーター(feed aggregator)は、ブログやポッドキャスト、ニュースサイトなどが配信するフィードを取得・購読するためのアプリケーションソフトウェアの総称。フィードのファイルフォーマットとしてRSSが先行していたことから、現在でも「RSSリーダー」と呼ばれることが多い。英語圏では「news reader」や、単に「aggregator」と呼ばれることもある。 機能 ウェブ上にある様々なフィード(RSSまたはAtom)を取得し、フィードの管理を行うのが、フィードリーダーの役目である。 フィード管理 利用するフィードの管理を行う。タイトル、取得間隔、データの保存する / しないなどを管理する。 未読・既読管理 取得した情報をユーザーが読んだ(開いた)か、まだ読んでない(開いてない)かを管理する。これにより、既に取得したデータを排除することが出来る。 OPMLによるフィードのインポート、エクスポート フィードを一括して処理するため、OPMLという規格を利用して、インポート、エクスポートを行うのが主流である。 (Wikipedia:RSSリーダ)

RSS (曖昧さ回避)
RSS -- ブログなど各種のウェブサイトの更新情報を配信するフィードの一種。
Resident Set Size -- 物理メモリの消費量
Random Shutdown Syndrome -- MacBookの電源の不具合による「突発的シャットダウン症候群」。MacBook#電源の停止を参照。
Reduced Space Symbology -- 一次元バーコードの一種
Rotating Service Structure -- 回転式整備構造物。スペースシャトルの発射に用いられる
recombination signal sequences --
residual sum of squares -- 残差平方和(回帰モデル)
Repetitive Strain Syndrom -- 反復性緊張症候群
Russell-Silver syndrome -- ラッセル・シルバー症候群
Royal Statistical Society -- 王立統計学会(イギリスの統計学会)
Roland Sound Space -- ローランドが開発した仮想立体音響システム
Regional Security System -- 西インド諸島の軍事協定
(Wikipedia:RSS (曖昧さ回避))


RSS - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  はてな記法 - 2019年01月31日


関連するイメージは見つかりませんでした




はてな記法 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  アベノミクス - 2019年01月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



アベノミクス
アベノミクス(英語: Abenomics)とは、自由民主党の政治家・安倍晋三が第2次安倍内閣において掲げた一連の経済政策に対して与えられた通称である。少数ながら表記揺れに「アベノミックス」「安倍ノミクス」がある。「安倍」と「エコノミクス/エコノミックス(英: economics)」を合わせた造語(混成語)。英語・フランス語・ドイツ語ではAbenomics、ロシア語ではАбэномика(アベノミカ)と表記される。なお、国際的にはAbeconomics(アベコノミクス)と呼ばれることも多い。 「近いうち解散」と呼ばれた2012年(平成24年)11月の衆議院解散頃から朝日新聞が使用したことをきっかけに多用され始めた言葉であるが、「アベノミクス」「三本の矢」という呼称自体は2006年(平成18年)時点で第1次安倍内閣自由民主党幹事長の中川秀直が使用した例が確認されている。 (Wikipedia:アベノミクス)


アベノミクス - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  カンボジア - 2019年01月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



カンボジア
カンボジア王国 ព្រះរាជាណាចក្រកម្ពុជា 国の標語:ファイル:CambodiaMotto.svg(クメール語:国民、信仰、国王) 国歌:素晴らしき王国 カンボジアの位置 カンボジア王国(カンボジアおうこく、クメール語: ព្រះរាជាណាចក្រកម្ពុជា)、通称カンボジアは、東南アジアのインドシナ半島南部に位置する立憲君主制国家。ASEAN加盟国、通貨はリエル、人口1,513万人、首都はプノンペン。1970年にカンボジア王国が倒れてから勃発したカンボジア内戦を経て、1993年に誕生した。 南はタイランド湾に面し、西はタイ、北はラオス、東はベトナムと国境を接する。国民の90%以上が、クメール語(カンボジア語)を話し、仏教(上座部仏教)を奉ずるクメール人(カンボジア人)である。 国名 正式名称は、クメール語でព្រះរាជាណាចក្រកម្ពុជា(発音:プレアリアチアナーチャッカンプチア、ラテン文字表記:Preăh Réachéanachâkr Kâmpŭchea)。 (Wikipedia:カンボジア)

カンボジア王国
『カンボジア』より : カンボジア王国 ព្រះរាជាណាចក្រកម្ពុជា 国の標語:ファイル:CambodiaMotto.svg(クメール語:国民、信仰、国王) 国歌:素晴らしき王国 カンボジアの位置 カンボジア王国(カンボジアおうこく、クメール語: ព្រះរាជាណាចក្រកម្ពុជា)、通称カンボジアは、東南アジアのインドシナ半島南部に位置する立憲君主制国家。ASEAN加盟国、通貨はリエル、人口1,513万人、首都はプノンペン。1970年にカンボジア王国が倒れてから勃発したカンボジア内戦を経て、1993年に誕生した。 南はタイランド湾に面し、西はタイ、北はラオス、東はベトナムと国境を接する。国民の90%以上が、クメール語(カンボジア語)を話し、仏教(上座部仏教)を奉ずるクメール人(カンボジア人)である。 国名 正式名称は、クメール語でព្រះរាជាណាចក្រកម្ពុជា(発音:プレアリアチアナーチャッカンプチア、ラテン文字表記:Preăh Réachéanachâkr Kâmpŭchea)。 (Wikipedia:カンボジア王国)

カンボジアの歴史
カンボジアの歴史(カンボジアのれきし)について述べる。 有史以前 古代 扶南王国 中国の書物によると、1世紀ごろ、ほぼ現在のカンボジア南部からベトナム南部のメコン・デルタ地帯に跨る地域に扶南(フナン)という王国があった。1942年フランス人考古学者ルイ・マルレによって、ベトナム南部アンザン省バテ山とその付近の港市跡オケオから、装身具や交易品多数が発掘された。当地の後背地では後期新石器時代から人々が居住していた。プレ・オケオ文化の土器や遺跡がアンザン省ゴーカイトゥン遺跡やロンアン省付近の遺跡から発見されており、そこから西方に拓かれていたカンボジア平原まで人々が居住し、往来があった。 3世紀までは未開の地であったが、インドと中国の中間地点にある水路の要衝に位置していたため外国文化が流入し、商業国家として繁栄した。稲作が発達していた。 真臘王国 6世紀には、カンボジア国家の起源とみなされている国、すなわち中国史料にいう北方クメール人による真臘(しんろう、チェンラ)が勃興した。 (Wikipedia:カンボジアの歴史)

カンボジア史
『カンボジアの歴史』より : カンボジアの歴史(カンボジアのれきし)について述べる。 有史以前 古代 扶南王国 中国の書物によると、1世紀ごろ、ほぼ現在のカンボジア南部からベトナム南部のメコン・デルタ地帯に跨る地域に扶南(フナン)という王国があった。1942年フランス人考古学者ルイ・マルレによって、ベトナム南部アンザン省バテ山とその付近の港市跡オケオから、装身具や交易品多数が発掘された。当地の後背地では後期新石器時代から人々が居住していた。プレ・オケオ文化の土器や遺跡がアンザン省ゴーカイトゥン遺跡やロンアン省付近の遺跡から発見されており、そこから西方に拓かれていたカンボジア平原まで人々が居住し、往来があった。 3世紀までは未開の地であったが、インドと中国の中間地点にある水路の要衝に位置していたため外国文化が流入し、商業国家として繁栄した。稲作が発達していた。 真臘王国 6世紀には、カンボジア国家の起源とみなされている国、すなわち中国史料にいう北方クメール人による真臘(しんろう、チェンラ)が勃興した。 (Wikipedia:カンボジア史)

カンボジア内戦
カンボジア内戦(カンボジアないせん)は、東南アジアのカンボジアで、1970年にカンボジア王国が倒れてから、1993年にカンボジア国民議会選挙で民主政権が誕生するまでの内戦状態をいう。 シハヌーク統治時代 カンボジアは1949年にフランス領インドシナからの独立を認められ、ノロドム・シハヌーク国王によって統治されていたが(カンボジア王国の王制社会主義・サンクム体制)、王政に対抗する国内派閥の抗争があり、国内には不安定要素を抱えていた。1965年2月にアメリカが北ベトナムの空爆に踏み切ると、シハヌークは対米断交に踏み切った。カンボジア領域内には北ベトナム軍および南ベトナム解放民族戦線の補給基地が存在し、カンポン・チャム港はベトコンへの補給揚陸港として使用されていた。また、南ベトナム軍とアメリカ軍はカンボジア領内をしばしば領空飛行し爆撃を行った。国内は不安定だったものの、この当時クメール・ルージュはまだ弱小勢力であり、食糧生産は豊富で当時のカンボジアは食料輸出国だった。 (Wikipedia:カンボジア内戦)

カンボジア紛争
『カンボジア内戦』より : カンボジア内戦(カンボジアないせん)は、東南アジアのカンボジアで、1970年にカンボジア王国が倒れてから、1993年にカンボジア国民議会選挙で民主政権が誕生するまでの内戦状態をいう。 シハヌーク統治時代 カンボジアは1949年にフランス領インドシナからの独立を認められ、ノロドム・シハヌーク国王によって統治されていたが(カンボジア王国の王制社会主義・サンクム体制)、王政に対抗する国内派閥の抗争があり、国内には不安定要素を抱えていた。1965年2月にアメリカが北ベトナムの空爆に踏み切ると、シハヌークは対米断交に踏み切った。カンボジア領域内には北ベトナム軍および南ベトナム解放民族戦線の補給基地が存在し、カンポン・チャム港はベトコンへの補給揚陸港として使用されていた。また、南ベトナム軍とアメリカ軍はカンボジア領内をしばしば領空飛行し爆撃を行った。国内は不安定だったものの、この当時クメール・ルージュはまだ弱小勢力であり、食糧生産は豊富で当時のカンボジアは食料輸出国だった。 (Wikipedia:カンボジア紛争)

カンボジア共産党
『クメール・ルージュ』より : クメール・ルージュ(フランス語: Khmer Rouge、クメール語: ខ្មែរក្រហម、中国語:紅色高棉)は、かつて存在したカンボジアの政治勢力、及び武装組織。民主カンプチアにおけるカンプチア共産党とサロット・サル(ポル・ポト)による独裁体制を支え、民主カンプチア崩壊後はカンプチア人民共和国やカンボジア王国への抵抗を行った勢力の総称として用いられる。 「クメール・ルージュ」(赤色のクメール)という俗称はロン・ノル政権前のノロドム・シハヌーク時代、反サンクムの武闘左翼勢力をさしてシハヌークがつけた呼称である。その後、内戦時代を経てカンプチア共産党を初めとする諸政党を粛清したサロット・サル(ポル・ポト)が率いる政治勢力と同義語となった。他勢力との類似や混同を混乱を避けるためにポル・ポト派とも呼ばれる。 1953年、ノロドム・シハヌーク国王のもとでカンボジアが独立すると、極左武装勢力クメール・ルージュは反シハヌーク闘争を開始した。 (Wikipedia:カンボジア共産党)

カンボジア君主・国家元首一覧
カンボジア君主・国家元首一覧(カンボジアくんしゅ・こっかげんしゅいちらん) カンボジアの歴代君主・国家元首の一覧。 クメール王朝 (以下は不明なものを含んでいます。修正を要します。) 802年 - 834年: ジャヤーヴァルマン2世(チェイヴァルマン2世) 834年 - 877年: ジャヤーヴァルマン3世(チェイヴァルマン3世) 877年 - 889年: インドラヴァルマン1世 889年 - 910年頃: ヤショーヴァルマン1世(ヨーサオヴァルマン1世) 910年 - 922年頃: ハルシャーヴァルマン1世 922年頃 - 928年: イシャーナヴァルマン2世 928年 - 942年: ジャヤーヴァルマン4世(チェイヴァルマン4世) 942年頃 - 944年: ハルシャーヴァルマン2世 944年 - 968年: ラージェンドラヴァルマン 969年 - 1000年頃: ジャヤーヴァルマン5世(チェイヴァルマン5世) 1001年 - 1002年: ウダヤーディチャヴァルマン1世 1002年 - 1010年頃: ジャヤヴィラヴァルマン 1011年 - 1050年: スーリヤヴァルマン1世 1050年 - 1066年: ウダヤーディチャヴァルマン2世 1066年 - 1080年: ハルシャーヴァルマン3世 1080年 - 1113年: ジャヤーヴァルマン6世(チェイヴァルマン6世) 1113年 - 1150年頃: スーリヤヴァルマン2世 1150年頃 - 1160年: ダーラニンドラヴァルマン2世(統治の痕跡がないという説あり) 1150年頃 - 1166年: ヤショーヴァルマン2世(ヨーサオヴァルマン2世) 1165年頃 - 1177年:トリブヴァナーディティアヴァルマン(王位簒奪者) 1181年 - 1219年頃?: ジャヤーヴァルマン7世(チェイヴァルマン7世) 1220年頃 - 1243年: インドラヴァルマン2世 1243年 - 1295年: ジャヤーヴァルマン8世(チェイヴァルマン8世) 1295年 - 1308年: インドラヴァルマン3世(シュウリンドラヴァルマン) 1308年 - 1327年: インドラジャヤーヴァルマン 1327年 - 1353年頃: ジャヤーヴァルマバラメーシュヴァラ (ヴァルマンの称号を廃止) 1371年 - ?: Hou-eul-na(不明) 1404年: Samtac Pra Phaya(英語版は称号のみで誰を指すのか不明、甘瓜王?) 1405年: Samtac Chao Phaya Phing-ya(不明) 1405年 - 1409年: 涅槃王 1409年 - 1416年: スレイ・ロムポン 1416年 - 1425年: スレイ・ソリヨヴォン 1425年 - 1429年: バロムリヤミヤ 1429年 - 1431年: トマーサオク 1432年 - 1462年: ポニャー・ヤット (アンコール放棄) カンボジア王国 1434年 - 国王 ポニャー・ヤット(1432年 - 1462年) ニヤリヤイ・リヤミヤトゥバティー( - 1467年) 以下の3王による国内分裂(1467年 - 1474年)、アユタヤ王国の介入でトゥモーが勝利。 (Wikipedia:カンボジア君主・国家元首一覧)

カンボジアの国王
『カンボジア君主・国家元首一覧』より : カンボジア君主・国家元首一覧(カンボジアくんしゅ・こっかげんしゅいちらん) カンボジアの歴代君主・国家元首の一覧。 クメール王朝 (以下は不明なものを含んでいます。修正を要します。) 802年 - 834年: ジャヤーヴァルマン2世(チェイヴァルマン2世) 834年 - 877年: ジャヤーヴァルマン3世(チェイヴァルマン3世) 877年 - 889年: インドラヴァルマン1世 889年 - 910年頃: ヤショーヴァルマン1世(ヨーサオヴァルマン1世) 910年 - 922年頃: ハルシャーヴァルマン1世 922年頃 - 928年: イシャーナヴァルマン2世 928年 - 942年: ジャヤーヴァルマン4世(チェイヴァルマン4世) 942年頃 - 944年: ハルシャーヴァルマン2世 944年 - 968年: ラージェンドラヴァルマン 969年 - 1000年頃: ジャヤーヴァルマン5世(チェイヴァルマン5世) 1001年 - 1002年: ウダヤーディチャヴァルマン1世 1002年 - 1010年頃: ジャヤヴィラヴァルマン 1011年 - 1050年: スーリヤヴァルマン1世 1050年 - 1066年: ウダヤーディチャヴァルマン2世 1066年 - 1080年: ハルシャーヴァルマン3世 1080年 - 1113年: ジャヤーヴァルマン6世(チェイヴァルマン6世) 1113年 - 1150年頃: スーリヤヴァルマン2世 1150年頃 - 1160年: ダーラニンドラヴァルマン2世(統治の痕跡がないという説あり) 1150年頃 - 1166年: ヤショーヴァルマン2世(ヨーサオヴァルマン2世) 1165年頃 - 1177年:トリブヴァナーディティアヴァルマン(王位簒奪者) 1181年 - 1219年頃?: ジャヤーヴァルマン7世(チェイヴァルマン7世) 1220年頃 - 1243年: インドラヴァルマン2世 1243年 - 1295年: ジャヤーヴァルマン8世(チェイヴァルマン8世) 1295年 - 1308年: インドラヴァルマン3世(シュウリンドラヴァルマン) 1308年 - 1327年: インドラジャヤーヴァルマン 1327年 - 1353年頃: ジャヤーヴァルマバラメーシュヴァラ (ヴァルマンの称号を廃止) 1371年 - ?: Hou-eul-na(不明) 1404年: Samtac Pra Phaya(英語版は称号のみで誰を指すのか不明、甘瓜王?) 1405年: Samtac Chao Phaya Phing-ya(不明) 1405年 - 1409年: 涅槃王 1409年 - 1416年: スレイ・ロムポン 1416年 - 1425年: スレイ・ソリヨヴォン 1425年 - 1429年: バロムリヤミヤ 1429年 - 1431年: トマーサオク 1432年 - 1462年: ポニャー・ヤット (アンコール放棄) カンボジア王国 1434年 - 国王 ポニャー・ヤット(1432年 - 1462年) ニヤリヤイ・リヤミヤトゥバティー( - 1467年) 以下の3王による国内分裂(1467年 - 1474年)、アユタヤ王国の介入でトゥモーが勝利。 (Wikipedia:カンボジアの国王)

カンボジア君主一覧
『カンボジア君主・国家元首一覧』より : カンボジア君主・国家元首一覧(カンボジアくんしゅ・こっかげんしゅいちらん) カンボジアの歴代君主・国家元首の一覧。 クメール王朝 (以下は不明なものを含んでいます。修正を要します。) 802年 - 834年: ジャヤーヴァルマン2世(チェイヴァルマン2世) 834年 - 877年: ジャヤーヴァルマン3世(チェイヴァルマン3世) 877年 - 889年: インドラヴァルマン1世 889年 - 910年頃: ヤショーヴァルマン1世(ヨーサオヴァルマン1世) 910年 - 922年頃: ハルシャーヴァルマン1世 922年頃 - 928年: イシャーナヴァルマン2世 928年 - 942年: ジャヤーヴァルマン4世(チェイヴァルマン4世) 942年頃 - 944年: ハルシャーヴァルマン2世 944年 - 968年: ラージェンドラヴァルマン 969年 - 1000年頃: ジャヤーヴァルマン5世(チェイヴァルマン5世) 1001年 - 1002年: ウダヤーディチャヴァルマン1世 1002年 - 1010年頃: ジャヤヴィラヴァルマン 1011年 - 1050年: スーリヤヴァルマン1世 1050年 - 1066年: ウダヤーディチャヴァルマン2世 1066年 - 1080年: ハルシャーヴァルマン3世 1080年 - 1113年: ジャヤーヴァルマン6世(チェイヴァルマン6世) 1113年 - 1150年頃: スーリヤヴァルマン2世 1150年頃 - 1160年: ダーラニンドラヴァルマン2世(統治の痕跡がないという説あり) 1150年頃 - 1166年: ヤショーヴァルマン2世(ヨーサオヴァルマン2世) 1165年頃 - 1177年:トリブヴァナーディティアヴァルマン(王位簒奪者) 1181年 - 1219年頃?: ジャヤーヴァルマン7世(チェイヴァルマン7世) 1220年頃 - 1243年: インドラヴァルマン2世 1243年 - 1295年: ジャヤーヴァルマン8世(チェイヴァルマン8世) 1295年 - 1308年: インドラヴァルマン3世(シュウリンドラヴァルマン) 1308年 - 1327年: インドラジャヤーヴァルマン 1327年 - 1353年頃: ジャヤーヴァルマバラメーシュヴァラ (ヴァルマンの称号を廃止) 1371年 - ?: Hou-eul-na(不明) 1404年: Samtac Pra Phaya(英語版は称号のみで誰を指すのか不明、甘瓜王?) 1405年: Samtac Chao Phaya Phing-ya(不明) 1405年 - 1409年: 涅槃王 1409年 - 1416年: スレイ・ロムポン 1416年 - 1425年: スレイ・ソリヨヴォン 1425年 - 1429年: バロムリヤミヤ 1429年 - 1431年: トマーサオク 1432年 - 1462年: ポニャー・ヤット (アンコール放棄) カンボジア王国 1434年 - 国王 ポニャー・ヤット(1432年 - 1462年) ニヤリヤイ・リヤミヤトゥバティー( - 1467年) 以下の3王による国内分裂(1467年 - 1474年)、アユタヤ王国の介入でトゥモーが勝利。 (Wikipedia:カンボジア君主一覧)

カンボジア語
『クメール語』より : クメール語(クメールごភាសាខ្មែរ)は、オーストロアジア語族のモン・クメール語派に属する言語。カンボジア語とも呼ばれる。カンボジアでは、全人口の約9割を占めるクメール人(約1400万人)が話し、カンボジアの国語および公用語となっている。さらに、隣国タイ、ベトナム、ラオスのカンボジアとの国境に近い地域にも母語とする人々(約200万人)が住む。また、アメリカ、フランス、カナダ、オーストラリアなどの第三国に、(約23万人)の話者が定住している。 ISO 639による言語コードは ISO 639-1: km、ISO 639-2: khm。 音韻 声調、アクセントの存在しない言語である。 しかし、最近のプノンペン地方の方言には声調が見られる。 母音 短母音 [i],[ɯ],[u],[e],[ə],[o],[ɛ],[a],[ɔ] 長母音 [iː],[ɯː],[uː],[eː],[əː],[oː],[ɛː],[aː],[ɔː] 二重母音 [iˑa],[ɯˑa],[uˑo],[ae],[aə],[ɔə],[ao] 一部の母音には、喉の力を緩めて発音する弛喉母音が存在する。 (Wikipedia:カンボジア語)

カンボジアの地方行政
カンボジアの地方行政(かんぼじあのちほうぎょうせい)
本稿では、カンボジア王国の地方行政システムについて概観する。
カンボジアの地方行政区画には、(1)州 (khet,province) -郡 (sork,district) -町 (khum,commune) という系列と、(2)特別市 (krong,municipality) -区 (khan,district/section) -地区 (sankhat,commune/quater) という系列との、2系列がある。州と特別市とは同格である(州と特別市とを合わせて、以下「州等」という)。なお、町や地区の下に村 (village) という組織があるが、これは憲法上の設置根拠を有する組織ではなく、いわば町内会のような存在にすぎない(ただ、カンボジア王国内では、地元の長老等が担っている村長職を政党による任命職にすべきとの主張もある)。
(Wikipedia:カンボジアの地方行政)

カンボジアの鉄道
カンボジアの鉄道(カンボジアのてつどう)では、カンボジアにおける鉄道について記す。 カンボジア鉄道は、590.9km全区間が非電化単線で、軌間は1,000mmである。 2009年現在、北線および南線の2つの路線が存在し、ともに公共事業・運輸省管轄下のカンボジア王立鉄道(カンボジア国鉄、フランス語: Chemins de fer Royaux du Cambodge (CFRC)、英語: Royal Railways of Cambodia (RRC))によって運営されている。2002年時点での年間の旅客および貨物の輸送量は、それぞれ11万人/2,000万人キロ、55万7,000トン/1億6,000万トンキロとなっている。しかしその後さらに輸送量が減少している。 カンボジア内戦の影響で施設などが荒廃しており、全線で最高速度35km/h程度で運行されている。書類上は蒸気機関車が1両、ディーゼル機関車が19両、客車が20両、貨車が210両在籍しており、貨車を代替客車として用いている列車が多いという。 (Wikipedia:カンボジアの鉄道)

カンボジア鉄道
『カンボジアの鉄道』より : カンボジアの鉄道(カンボジアのてつどう)では、カンボジアにおける鉄道について記す。 カンボジア鉄道は、590.9km全区間が非電化単線で、軌間は1,000mmである。 2009年現在、北線および南線の2つの路線が存在し、ともに公共事業・運輸省管轄下のカンボジア王立鉄道(カンボジア国鉄、フランス語: Chemins de fer Royaux du Cambodge (CFRC)、英語: Royal Railways of Cambodia (RRC))によって運営されている。2002年時点での年間の旅客および貨物の輸送量は、それぞれ11万人/2,000万人キロ、55万7,000トン/1億6,000万トンキロとなっている。しかしその後さらに輸送量が減少している。 カンボジア内戦の影響で施設などが荒廃しており、全線で最高速度35km/h程度で運行されている。書類上は蒸気機関車が1両、ディーゼル機関車が19両、客車が20両、貨車が210両在籍しており、貨車を代替客車として用いている列車が多いという。 (Wikipedia:カンボジア鉄道)

カンボジア・ベトナム戦争
カンボジア・ベトナム戦争(カンボジア・ベトナムせんそう、柬越戦争)は、冷戦の地政学的状況下で戦われたベトナム社会主義共和国と民主カンプチアの間の武力衝突である。戦争は1975年から1977年にかけて、ベトナムとカンボジアの陸海国境に沿った限定的な衝突に始まり、時には師団規模の軍事編成での衝突に発展した。1978年12月25日、ベトナムはカンボジアへの全面的な侵攻に踏み切り、クメール・ルージュ(カンボジア共産党)を政権から駆逐し、カンボジア国土の大半を占領した。 ベトナム戦争中、ベトナム共産党とクメール・ルージュは、両国内の親米政権に対抗するため連合を形作っていた。しかし、ベトナムとの共闘を誇示していたにもかかわらず、クメール・ルージュ指導部は、ベトナム共産党がこの地域における優勢な軍事力でインドシナ連邦を形成しようと策動していることを恐れていた。優勢な状態にあるベトナムの計画を阻止するため、1975年にロン・ノル政権が降伏したとき、クメール・ルージュ指導部は、ベトナムで訓練を受けた同志を粛清し始めた。 (Wikipedia:カンボジア・ベトナム戦争)

カンボジアの地方行政区画
カンボジアは、20の州と4つの特別市から構成されている。
バンテイメンチェイ州
バタンバン州
コンポンチャム州
コンポンチュナン州
コンポンスプー州
コンポントム州
カンポット州
カンダル州
ココン州
ケップ特別市
クラチエ州
モンドルキリ州
ウドンメンチェイ州
パイリン特別市
プノンペン プノンペン特別市
シアヌークビル特別市
プレアビフア州
(Wikipedia:カンボジアの地方行政区画)

カンボジアの国旗
カンボジアの国旗は、上から青・赤・青が用いられた旗の中央に白いアンコール・ワットを配置した旗である。 現行の国旗は、1993年の王政復古の際に制定されたもので、青は王権を、赤は国家を、白は仏教徒を表している。 現行の国旗の基本的なデザインは、1850年頃から存在している。1948年にフランスの保護国からカンボジア王国が独立すると、全体を1:2:1の比率で横に三分割した、現行の国旗と同じデザインの国旗が制定され、クメール共和国(ロン・ノル政権)が登場する1970年10月9日まで用いられた。民主カンボジア(ポル・ポト政権)やそれを打倒したカンプチア人民共和国も、赤地に黄色のアンコール・ワットというデザインをともに用いた。 アンコール・ワットのデザイン アンコール・ワットは、どの時期にも共通して描かれている。そのデザインは、内戦前と現在のカンボジア王国では、五段の上に白い三本の塔を描いている。クメール共和国 (1970-1975) では同じ形のアンコール・ワットが少しスマートに見える。 (Wikipedia:カンボジアの国旗)

カンボジア人民党
カンボジア人民党(カンボジアじんみんとう、クメール語:Kanakpak Pracheachon Kâmpuchéa, KPK、英語:Cambodian People's Party, CPP)は、カンボジアの政党。2006年現在、上院、下院双方の過半数を占める与党である。2015年現在、党名誉議長はヘン・サムリン、議長がフン・セン、副議長がサル・ケン、サイ・チュムである。 公式党史においては、1951年9月にインドシナ共産党から分かれたクメール人民革命党の結党をもって、党の創立とされている。しかし、1960年9月の第2回党大会以降、ポル・ポト、イエン・サリらのパリ留学組が台頭し、後にカンプチア共産党(クメール・ルージュ)となる。 1975年の「民主カンプチア」(クメール・ルージュ政権)の樹立後は、その極端な共産主義政策により、多くの離反者を招き、彼らはベトナムに逃れた。 ベトナムとの間の国境紛争が激化していた1978年12月2日、ベトナム軍占領下のカンボジア東部(ベトナム国内説もあり)で、ヘン・サムリン、フン・センら元クメール・ルージュ下級幹部と、ペン・ソバンらのベトナム長期亡命者が合同し、カンプチア救国民族統一戦線を結成して反乱を起こした。 (Wikipedia:カンボジア人民党)

カンボジア関係記事の一覧
カンボジア関係記事の一覧(カンボジアかんけいきじのいちらん)では、カンボジアに関する記事を載せる。 あ行 アオラル山 アンコール遺跡 アンコール・ワット アンコール・トム イエン・サリ 王国 (国歌) か行 カンボジア カンボジア王国 カンボジア王国軍 カンボジア君主一覧 カンボジア・シナワトラ カンボジア人民党 カンボジア大学 カンボジア内戦 カンボジアの国旗 カンボジアの国章 カンボジアの首相 カンボジアの政党一覧 カンボジアの世界遺産 カンボジアの地方行政 カンボジアの地方行政区画 カンボジア特別法廷 カンボジアの歴史 カンボジア陸軍 カンボジア料理 クメール共和国 クメール語 クメール人 クメール・ルージュ クリス・ディム 元老院 (カンボジア) 国際連合カンボジア暫定統治機構 国民議会 (カンボジア) さ行 サッカーカンボジア代表 サム・ランシー党 自衛隊カンボジア派遣 ソット・ポーリン ソムロームチュー ソン・セン た行 タ・モク ダンレク山地 チュット・ソヴァン・パンニャー テロリズム 東南アジア トンレサップ な行 ヌー・ハーイ ノロドム・シハヌーク は行 パル・ヴァンナリーレアク ピミアナカス ピン・ペアト ヒンドゥー教 プノンペン プラダル・セレイ プレアヴィヒア寺院 フンシンペック フン・セン ヘン・サムリン ベンメリア ボッカタオ ポル・ポト ま行 マイ・ソン・ソティアリー 水祭り メコン川 ら行 リエル ロ・セレイソティア ロン・ノル 英数字 PKO 1993年カンボジア国民議会選挙 1998年カンボジア国民議会選挙 2003年カンボジア国民議会選挙 2008年カンボジア国民議会選挙 2013年カンボジア国民議会選挙。 (Wikipedia:カンボジア関係記事の一覧)

カンボジア・シナワトラ
カンボジア・シナワトラは、カンボジアの大手電気通信事業者。タイの首相タクシン・チナワット率いるシン・コーポレーション・グループ系列の会社サテルの完全子会社。Bot方式で事業権を獲得し、携帯電話、固定電話、インターネットサービスプロバイダを行う。 en:Thaicom (company)#Subsidiaries。 (Wikipedia:カンボジア・シナワトラ)


カンボジア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す