[PR]

日別キーワード

第1位  日経平均株価 - 2019年01月31日


関連するイメージは見つかりませんでした



日経平均株価
日経平均株価(にっけいへいきんかぶか、英: Nikkei Stock Average)は、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つ。単に日経平均や日経225(にっけいにひゃくにじゅうご、にっけいにーにーご)とも呼ばれる。英語圏の報道機関ではNikkei 225と表記される場合もある。1960年4月の株価の基準値を1000とした。 ダウ式平均株価であり、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち225銘柄を対象にしている。日本経済新聞社が知的財産権を保有、銘柄を制定、15秒毎(2010年以降)に算出し公表する。 日本の株価指標としては東証株価指数 (TOPIX) と並んで普及している。最も知名度の高い株式指標であるため、純粋に民間が作成している経済指標でありながら、日本国政府の経済統計としても使われている。 日経平均株価は、東証第一部上場銘柄のうち取引が活発で流動性の高い225銘柄を選定し、ダウ平均株価の株価平均型方式を基にした計算方法で修正平均を算出する。 (Wikipedia:日経平均株価)

日経平均株価先物
『日経225先物取引』より : 日経225先物取引(にっけい225さきものとりひき、Nikkei 225 Futures)とは、日経平均株価を原資産とする株価指数先物取引であり、大阪取引所等に上場されている。TOPIX先物取引、日経225オプション取引と並んで、日本を代表する株価指数を原資産とするデリバティブ取引である。日経平均先物取引(にっけいへいきんさきものとりひき)、もしくは単に日経225先物、日経平均先物ともいう。 あらかじめ定められた期日(満期日)に特定の資産(原資産。ここでは日経平均株価)を、あらかじめ決められた価格で売買する契約。 原資産が日経平均株価(株価指数)という実体のないものであるため、決済はすべて差金決済となる。 先物の「買い方」(=取引を買いで開始した人)は、満期日の原資産(厳密には「SQ値」、後述)が約定(やくじょう)価格を上回れば利益を得、下回れば損失となる。「売り方」(=取引を売りで開始した人)は、逆に、満期日の原資産が約定価格を下回れば利益を得、上回れば損失となる。 (Wikipedia:日経平均株価先物)


日経平均株価 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  Gmail - 2019年02月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



Gmail
Gmail(ジーメール)は、Googleによるフリーメールサービスである。2004年4月1日より提供を開始している。商標権の問題からイギリスやドイツではGoogle Mailに名称が変更されている。 WebメールとPOP3・SMTP、IMAPに対応し、自動転送も可能である。2012年6月時点での利用者数は4億2500万人であり、世界最大のメールサービスである。競合サービスにはマイクロソフトのOutlook.comやYahoo!のYahoo!メールなどがある。 Orkutと同様にGoogle社員のアイデアが元となって生まれたサービスの一つで、現在ではGoogleの主要サービスの一つとなっている。 大容量 フリーメールでありながら、メールの保存容量はサービス当初は1GBで、当時としては大容量だった。2014年現在では、無料分のストレージが15GBに増加した。更に有料で追加するオプションがあり、月額2ドルの100GBから、上限30TBまでアップグレードできる。送受信可能なメールサイズは本文を含めて25MBであり、1日に受信可能なメールの総容量は2GBに設定されている。 (Wikipedia:Gmail)


Gmail - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  NASDAQ - 2019年02月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



NASDAQ
NASDAQ(ナスダック、National Association of Securities Dealers Automated Quotations)は、1971年に全米証券業協会(NASD)の主催で開設されたアメリカ合衆国にある世界最大の新興企業(ベンチャー)向け株式市場である。 情報技術の普及・浸透により誕生した取引の一形態である。取引所とは異なり、距離の離れたマーケット事業者がコンピュータネットワークを使用して売買気配値を提示する。 近年はインターネット・情報技術関連企業がこぞって市場に参入するようになった。2000年にはインターネット・バブルにより、当市場にて算出される株価指数「ナスダック総合指数」が一時5000ポイントを超えた。2014年、ナスダック総合指数は2000年のインターネットバブル時の4000ポイント台まで回復した。 ニューヨーク市マンハッタンのタイムズスクエアの一角には上場企業の株価を100台以上の大型テレビで表示するナスダックマーケットサイトがあり、テレビメディアがここから最新の動向を伝え、巨大テレビを利用して株価を表示したりする。 (Wikipedia:NASDAQ)


NASDAQ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  NY原油 - 2019年02月02日


関連するイメージは見つかりませんでした




NY原油 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  ライブドア - 2019年02月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



ライブドア
ライブドア(livedoor)は、韓国のインターネットサービス会社であるネイバーの子会社、LINE(旧:NHN Japan)が運営するポータルサイトである。かつては株式会社ライブドア(livedoor Co.,Ltd.)として、インターネット、メディア、金融に関する事業を行っていた日本の企業であった。 ブランドそのものは1999年に前刀禎明らが株式会社ライブドア(英: livedoor, Inc.)として設立し、広告収入の形態をとることによりインターネット接続サービスを無料で提供するサービスに遡る。その後、ビジネスモデルの崩壊と経営悪化により、2002年に堀江貴文が率いる株式会社オン・ザ・エッヂ(英: Livin' on the EDGE Co., Ltd.)にサービスを譲渡し、前刀のライブドアは後に解散した。堀江の会社はエッジ株式会社(英: EDGE Co.,ltd.)への社名変更を経て2004年に株式会社ライブドア(英: livedoor Co.,Ltd.)に社名変更した。 (Wikipedia:ライブドア)

ライブドア事件
ライブドア事件(ライブドアじけん)とはライブドア(現LDH)および当時子会社のライブドアマーケティング(現メディアイノベーション)の事業行為を巡る事件。 ライブドアの2004年9月期年度の決算報告として提出された有価証券報告書に虚偽の内容を掲載したとする疑いが持たれるなど証券取引法等に違反したとされる2つの罪で、法人としてのライブドアとライブドアマーケティングおよび同社の当時の取締役らが起訴された事件である。 事件の特徴として、従来の粉飾決算事件は企業が経営破綻してから捜査されたのに対し、ライブドア事件は破綻していない会社が捜査された点が挙げられる。またライブドアの約50億円の粉飾額は金額だけをみると過去の粉飾事件と比べて少ない方であったが、判決において成長仮装型と評される通り、前年比で見ると経常利益が-120%で赤字転落のところを+300%の大幅黒字増としており、過去の粉飾事件と比較しても大きな粉飾となる。 (Wikipedia:ライブドア事件)

ライブドア・ショック
ライブドア・ショックは、2006年1月16日、証券取引法違反容疑で、東京地検特捜部がライブドア(現:LDH)本社などに強制捜査を行い、これを受け翌1月17日から始まった「株式市場の暴落」のこと。 なお、この用語は一般的に、ライブドア関連銘柄の暴落だけを指すのではなく、「株式市場全体の急落」を指すことが多い。一部の報道機関では、ライブドアが起こした一連の事件すべてを「ライブドア・ショック」と呼んでいるが、ここでは「株式市場全体の急落」を取り上げるものとする。 経緯 事件前の背景 2005年7月以降、日経平均は7月の1万2000円台から1万6000円台にまで回復するなど、日本経済の復活を象徴するかのような、株価上昇が注目されていた。株式市場は新規の個人投資家を大量に引き入れ活況を呈しており、通常、株式情報を大々的に扱うことのないスポーツ新聞に「バブル再来か?」の見出しが踊り、TV番組では株を買ったことのない芸能人が「株でいくら儲けられるか?」などの特集が組まれるなど、1980年代後半のいわゆるバブル景気時代を彷彿させる状態であった。 (Wikipedia:ライブドア・ショック)

ライブドア送金指示メール騒動
堀江メール問題(ほりえメールもんだい)とは、2006年の日本の第164回通常国会において民主党の衆院議員である永田寿康によるライブドア事件および堀江貴文にまつわる質問から端を発した政治騒動。証拠とされたメールが捏造であったことから永田は議員辞職し民主党執行部は総退陣に追い込まれた。他に永田メール問題、永田メール事件、ガセメール問題、偽メール問題、ライブドア送金メール騒動など様々な名称で呼ばれた。 事件の経緯 2006年(平成18年)2月16日の衆議院予算委員会で民主党の永田寿康議員が、「(ライブドア事件に絡み)証券取引法違反で起訴されたライブドア元社長の堀江貴文被告が、2005年8月26日付の社内電子メールで、自らの衆院選出馬に関して、武部勤自民党幹事長の次男に対し、選挙コンサルタント費用として3000万円の振込みを指示した」などと指摘。 (Wikipedia:ライブドア送金指示メール騒動)

ライブドア送金指示メール問題
『ライブドア送金指示メール騒動』より : 堀江メール問題(ほりえメールもんだい)とは、2006年の日本の第164回通常国会において民主党の衆院議員である永田寿康によるライブドア事件および堀江貴文にまつわる質問から端を発した政治騒動。証拠とされたメールが捏造であったことから永田は議員辞職し民主党執行部は総退陣に追い込まれた。他に永田メール問題、永田メール事件、ガセメール問題、偽メール問題、ライブドア送金メール騒動など様々な名称で呼ばれた。 事件の経緯 2006年(平成18年)2月16日の衆議院予算委員会で民主党の永田寿康議員が、「(ライブドア事件に絡み)証券取引法違反で起訴されたライブドア元社長の堀江貴文被告が、2005年8月26日付の社内電子メールで、自らの衆院選出馬に関して、武部勤自民党幹事長の次男に対し、選挙コンサルタント費用として3000万円の振込みを指示した」などと指摘。 (Wikipedia:ライブドア送金指示メール問題)

ライブドアマーケティング
『メディアイノベーション』より : 株式会社メディアイノベーションは、東京都渋谷区に本社を持つ会社。現在は自社で事業を営んでおらず、事業子会社もすべて売却済みだが、かつてはインターネット広告代理店を営んでいた。 2007年2月1日付けで株主移動に伴い、ライブドアの持分法適用関連会社から外れた。旧社名は、株式会社ライブドアマーケティング。 沿革 1998年11月16日 - ニュージーランド人のジョナサン・ヘンドリックセンがバリュークリックジャパン株式会社を設立する(ライブドアによる買収後ヘンドリックセンは同社を去っている)。 1999年8月 - 米ValueClick, LLCの子会社になる。 2000年5月30日 - マザーズに株式を上場。 2004年3月26日 - 株式会社ライブドアがTOBにより株式の84.77%を取得し、連結子会社化。 2004年11月1日 - 株式会社イーエックスマーケティングと合併。 2005年6月1日 - 商号を株式会社ライブドアマーケティングに変更。 2005年10月21日 - カタログ通販大手の株式会社セシールと資本・業務提携の契約を締結することを決議したと発表(同年11月22日に株式の過半数を取得し連結子会社化) 2006年1月23日 - 関連会社・マネーライフの企業買収を巡り嘘の情報を開示したなどとして、証券取引法違反(偽計取引、風説の流布)容疑で、社長岡本文人、取締役堀江貴文、取締役宮内亮治を逮捕。 (Wikipedia:ライブドアマーケティング)

ライブドアベースボール
ライブドアベースボールは、2004年にライブドア(後のLDH)が、同社の完全子会社として設立したプロ野球の球団運営会社である。商号は、株式会社ライブドアベースボール(livedoor Baseball.,ltd.)。楽天野球団と共に2005年からの日本プロフェッショナル野球組織(日本野球機構)へ加盟の申請を行っていた。 ライブドア、近鉄球団買収に関する動き 2004年6月13日に発覚した大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブの球団合併問題を受けて、6月30日に東京証券取引所において堀江貴文ライブドア社長が記者会見を開き、近鉄球団買収に向けて交渉中である事を発表した。しかし、近鉄球団の親会社である近畿日本鉄道の山口昌紀社長は「オリックスとの合併を進めており、買収の申し出は断った」とした。堀江は記者会見で「巨人の渡邊オーナーに会いたい」と述べたが、これに対し渡邊は「終わった話、会う必要も無い」と切り捨てた。堀江はその後7月4日に大阪ドームを訪れ、近鉄の試合を観戦するなどの動きを見せたが、事態は進展しなかった。 (Wikipedia:ライブドアベースボール)

ライブドアオート
『カーチス (中古車販売)』より : 株式会社カーチスホールディングス(CARCHS Holdings Co.,Ltd.)は、「カーチス」(CARCHS)の名称で中古自動車の買取、販売事業を営む企業グループの持株会社。自動車買取においては、中核子会社である株式会社カーチスが8年連続お客様満足度No.1を受賞している。 1987年12月に、株式会社エイジーエイとして、東京都葛飾区にて会社設立。その後、株式会社オートガーデンアソシエーション、株式会社ジャックを経て、ジャック・ホールディングス株式会社と商号を変更した後、2005年9月に、ライブドアが51%の株式を取得。これにより同社の傘下となり、2006年元日に株式会社ライブドアオートへ商号を変更したが、その2週間後にライブドア事件が表面化した。 2006年8月1日に、ライブドア色を一新すべく、商号を株式会社カーチスに、店舗名を新ブランドの「カーチス」に移行させた。その後、2006年12月から株式会社ソリッドアコースティックス(SA社)による株式公開買い付け(TOB)が行われ、ライブドアがTOBに応じて保有株式(発行済株式数の51%)を売却したことから、2007年1月10日付で名実ともにライブドアグループから離脱し、ソリッドアコースティックス(SA社)傘下となり、2007年4月1日に、商号を株式会社ソリッドグループホールディングス(SGHD社)へ変更した。 (Wikipedia:ライブドアオート)

ライブドアワイヤレス
『Livedoor Wireless』より : livedoor Wireless(ライブドアワイヤレス)は、ライブドアが2005年12月に開始した公衆無線LANサービスの名称。 プロトコルとしてはIEEE 802.11b/gを使用する。 経緯 2005年6月にD-cubicという名称で事業を発表(のちに現在の名称に変更)。既存の公衆無線インターネットが、「ホットスポット」という言葉で表されるように、飲食店や駅などを中心とする「点」の展開であったのに対して、電柱などにアクセスポイントを設置することにより、当面都心部限定ながらも広範囲をカバーする「面」の展開を行うと発表し、月額525円という低料金もあって話題となった。また、2005年12月にはトリプレットゲートとも提携し、Wireless Gate加入者も利用可能である。 アクセスポイントの設置工事と並行して、7月から新宿や元々ライブドアがあった六本木を皮切りに無料試験サービスを開始。当初の予定では、9月末までにJR山手線の内側に2200個のアクセスポイントを設置し、10月から有償サービスを開始するとしていたが、郵政解散に伴う衆議院議員総選挙が9月に行われ、選挙運動期間中は屋外での作業に制約があったことから工事が予定より遅れたと発表。 (Wikipedia:ライブドアワイヤレス)

ライブドア証券
かざか証券株式会社(英称:Kazaka Securities Co., Ltd.)は、かつて存在した日本の証券会社。2014年3月1日に内藤証券に吸収合併された。 沿革 1935年(昭和10年)8月 - 田丸屋田村新吉商店創設、東京株式取引所 株式取引員 1944年(昭和19年)3月 - 株式会社に組織変更し、田丸屋證券株式会社を設立 1949年(昭和24年)5月 - 東京証券取引所正会員となる 1949年(昭和24年)6月 - 商号を偕成証券株式会社に変更する 1965年(昭和40年)8月 - 大興證券株式会社と合併 1968年(昭和43年)4月 - 証券取引法の改正に伴い、第1号から第4号の免許取得 1987年(昭和62年)4月 - 大阪証券取引所正会員となる 1987年(昭和62年)7月 - 第三者割当増資、新資本金31億9000万円、総合証券会社となる。 (Wikipedia:ライブドア証券)

ライブドアPJ
PJニュース(ピージェイニュース)は市民ジャーナリズムの一つ。PJはパブリックジャーナリスト(Public Journalist)の略である。 2005年2月に創刊。市民主体型メディアのPJニュースは中立性を掲げる報道だけではなく、個人の良心または主観に従った言論を重視した、独立した個人によるジャーナリズムを目指している。市民記者ないしはフリーライターが記事を提供する。編集長は小田光康(2008年8月現在)である。事務面は、2009年12月までメディア・エージェンシー有限責任事業組合が担当、2011年1月まで株式会社ライブドアが担当していたが、2011年1月末をもってPJニュースがライブドアニュースへの配信を停止したため、運営は株式会社PJニュースが行っていた。2011年4月4日に組織形態が変更されて任意団体となり、株式会社PJニュースは清算されボランティアベースに移行した。その後、2012年7月頃からサイトにアクセスできなくなっている。 一般の新聞社は、誤報等の記事内容や取材における損害などについて新聞社が責任を負うが、PJNewsではニュース発表に伴う責任のすべてを市民記者個人に負わせている(PJニュース「規約」)。 (Wikipedia:ライブドアPJ)

ライブドア (1999-2002)
株式会社ライブドア(livedoor, Inc.)は、かつて無料でISPサービスを提供していた日本の企業。 インターネットの接続無料という画期的なスタイルから、順調に会員数を増やし、TVCMではヒロミ、神田うの、泉谷しげる、柏原崇、鈴木紗理奈等を起用した。 目標であった会員数100万人を大きく上回ったものの、黒字化へは結びつかず、またブロードバンド定額化の波に対応出来なかった事も要因となり、2002年に民事再生法を申請した。 無料ISP事業、ISPブランド名及びサービスをオン・ザ・エッヂへ譲渡した(その後オン・ザ・エッヂはエッジを経てライブドアへ商号を変更)。オン・ザ・エッヂへの事業譲渡後、ライブドアは「株式会社ヴ・ナロード」へ商号を変更、2003年7月に民事再生手続が終結した。しばらく休眠状態で登記上は存在していたが、その後正式に解散した。 無料プロバイダ 一般的なISP事業においては、事業運営に必要なコストを会員からの月会費および接続料によって賄っているが、ライブドアの行った無料サービスでは、当初は「常時バナー広告が表示される専用のウェブブラウザを使ってもらうことで、民放のように広告料によって賄おう」というビジネスモデルを採用していた。 (Wikipedia:ライブドア (1999-2002))

ライブドアビジネスソリューションズ
ソネット・メディア・ネットワークス株式会社(英称:So-net Media Networks Co.,Ltd.)とは、ソネットエンタテインメント株式会社が所有するインターネット広告会社である。 消費者金融のウェブ子会社やライブドアの広告配信事業を出自とし、旧社名はウェッブキャッシング・ドットコム株式会社、株式会社MIである。 沿革 2000年3月 - 消費者金融の株式会社ニッシン(現・NISグループ)の100%子会社として、ウェッブキャッシング・ドットコム株式会社を設立。 2002年11月 - 株式会社アイ・シー・エフ(後の株式会社オーベン)が完全子会社化。 2004年3月 - 株式会社ライブドア(旧・株式会社エッジ)が完全子会社化。 2005年9月 - 株式会社ライブドアマーケティング(のちにメディアイノベーションに社名変更)が子会社化。 2006年1月 - ライブドア事件が発生。 ライブドアマーケティングの粉飾決算は事件の主要な嫌疑の1つになった。 2007年1月 - グループ会社の株式会社トラインと株式会社ライブドアビジネスソリューションズを吸収合併。 (Wikipedia:ライブドアビジネスソリューションズ)

ライブドア (1999-2002)
株式会社ライブドア(livedoor, Inc.)は、かつて無料でISPサービスを提供していた日本の企業。 インターネットの接続無料という画期的なスタイルから、順調に会員数を増やし、TVCMではヒロミ、神田うの、泉谷しげる、柏原崇、鈴木紗理奈等を起用した。 目標であった会員数100万人を大きく上回ったものの、黒字化へは結びつかず、またブロードバンド定額化の波に対応出来なかった事も要因となり、2002年に民事再生法を申請した。 無料ISP事業、ISPブランド名及びサービスをオン・ザ・エッヂへ譲渡した(その後オン・ザ・エッヂはエッジを経てライブドアへ商号を変更)。オン・ザ・エッヂへの事業譲渡後、ライブドアは「株式会社ヴ・ナロード」へ商号を変更、2003年7月に民事再生手続が終結した。しばらく休眠状態で登記上は存在していたが、その後正式に解散した。 無料プロバイダ 一般的なISP事業においては、事業運営に必要なコストを会員からの月会費および接続料によって賄っているが、ライブドアの行った無料サービスでは、当初は「常時バナー広告が表示される専用のウェブブラウザを使ってもらうことで、民放のように広告料によって賄おう」というビジネスモデルを採用していた。 (Wikipedia:ライブドア (1999-2002))

ライブドアテレコム
『MIコミュニケーションズ』より : 株式会社MIコミュニケーションズ(英称:MICommunications Co., Ltd.)は、東京都渋谷区に本社を置く、株式会社フレックスホールディングス傘下の人材派遣会社。旧社名は、株式会社イーエックス・コミュニケーションズ→株式会社ライブドアコミュニケーションズ。当初はライブドアグループ(当時:エッジグループ)におけるコールセンター部門として設立された。 沿革 2003年3月 - エッジ株式会社(後のライブドア(2代目)→現LDH)の子会社であるイーエックス・マーケティングによる100%出資で株式会社イーエックス・コミュニケーションズとして設立。 2005年4月1日 - 親会社イーエックス・マーケティングが同じライブドア子会社のバリュークリックへ合併。親会社と共にライブドアブランド統合の為、当社名を株式会社ライブドアコミュニケーションズに変更、親会社は株式会社ライブドアマーケティングに社名変更。 2006年7月18日 - 親会社ライブドアマーケティングがメディアイノベーションと社名変更に伴い、社名を株式会社MIコミュニケーションズに変更。 (Wikipedia:ライブドアテレコム)

ライブドアコミュニケーションズ
『MIコミュニケーションズ』より : 株式会社MIコミュニケーションズ(英称:MICommunications Co., Ltd.)は、東京都渋谷区に本社を置く、株式会社フレックスホールディングス傘下の人材派遣会社。旧社名は、株式会社イーエックス・コミュニケーションズ→株式会社ライブドアコミュニケーションズ。当初はライブドアグループ(当時:エッジグループ)におけるコールセンター部門として設立された。 沿革 2003年3月 - エッジ株式会社(後のライブドア(2代目)→現LDH)の子会社であるイーエックス・マーケティングによる100%出資で株式会社イーエックス・コミュニケーションズとして設立。 2005年4月1日 - 親会社イーエックス・マーケティングが同じライブドア子会社のバリュークリックへ合併。親会社と共にライブドアブランド統合の為、当社名を株式会社ライブドアコミュニケーションズに変更、親会社は株式会社ライブドアマーケティングに社名変更。 2006年7月18日 - 親会社ライブドアマーケティングがメディアイノベーションと社名変更に伴い、社名を株式会社MIコミュニケーションズに変更。 (Wikipedia:ライブドアコミュニケーションズ)

ライブドアパブリッシング
株式会社ライブドアパブリッシング(らいぶどあぱぶりっしんぐ、英文社名:livedoor Publishing Co.,Ltd.)は、東京都港区に本社を置くライブドアグループの出版会社である。 ライブドアと出版業界準大手の幻冬舎ルネッサンスとの合弁会社として、2005年2月に設立された。ライブドアが運営するブログサービス「livedoor Blog」の記事の書籍化が主幹事業となっているが、他にライブドア元社長堀江貴文の著書をはじめ各種一般書の発行も行っている。 ライブドア事件時には書籍の刊行を見合わせたが、2007年9月より出版業務を再開した。(出版再始動宣言)。再開第一弾は、魔法のiらんど発のケータイ小説『命の輝き』(未来 著)である。 沿革 2005年2月1日 - 会社設立 2007年7月30日 - 本社を六本木ヒルズ森タワーから赤坂ツインタワーに移転 2007年12月20日 - 代表取締役社長に益村雄二が就任 刊行書籍 『僕は死なない』(堀江貴文 著) 『堀江式英単語学習帳 ホリタン』(堀江貴文 著) 『さきっちょ&はあちゅう 恋の悪あが記SuperEdition』(中川早紀・伊藤春香 著) 『はるさんマイラブ~離婚したので犬を飼うことにした』(神田 謙 著) 『くるくるスイーツ!~あなたもきっと「お取り寄せ」したくなる!』(青山治恵・山下 誠 著) 『ダメよ ダメダメ ダメ教員! 山陰より愛をこめて』(井山幸大 著) 『あなたの診察、録音しました。 (Wikipedia:ライブドアパブリッシング)

ライブドアニュース
livedoor ニュース(ライブドアニュース)とは、韓国のIT企業ネイバーの日本法人、LINE株式会社が運営するニュースサイトのことである。ポータルサイトの「livedoor」などで提供されており、かつては株式会社ライブドアが運営していた。 livedoorニュースは新聞社、通信社、雑誌など「多くの情報提供元から配信される記事・写真を、まとめて閲覧できるサービス」である。過去にはパブリック・ジャーナリスト(市民記者)の記事も掲載していたが、現在は約400の配信元(2012年4月)からニュース提供を受け、「BLOGOS」などのブログメディアで独自にコンテンツを収集し、記事広告を製作して掲載している。ポータルサイトのトップページやlivedoorニュースに掲載するニュースは、一日に3000本を越えると言う。この他に、RSSやメールマガジンの「ドア日新聞」「ドアスポ」「ドアマガ」でも見出しを配信している。ウェブサイトにはニュースのアクセスランキングや「ネットリサーチ」と呼ばれるアンケート作成機能があり、記事によっては読者がコメントを書ける場合もある。 (Wikipedia:ライブドアニュース)

ライブドアブログ
livedoor Blog(ライブドアブログ)は、韓国のIT企業ネイバーの子会社、LINEが運営するブログサービス。かつてはライブドアが運営していたサービスで、2014年6月現在はLINEがライブドアブランドで運営している。 livedoor Blogは、日本でTOP3~TOP5に入るブログサービスである。数百万のブログが開設されており、数千万の閲覧者が居る。広告モデルと有料モデルを併用し、コンテンツの自由度が高くアダルトカテゴリも存在する。ロングテールの個人ブログだけでなく大規模なブログメディアを重視しており、ポータルサイトの集客にも役立てている。企業と「ブロガーアライアンス」を組み、システムやマーケティングのインフラを外販している。 執筆者と閲覧者 livedoor Blogの執筆者は、一ヶ月に約16万人(2011年3月)ほど居るようである。芸能人や政治家が執筆するブログもあり、「有名人ポータル」で数百のブログを紹介している。現在は寺島拓篤、日笠陽子、眞鍋かをり、倉木麻衣、住吉美紀、SA (バンド)、苫米地英人などの人気が高いようである。 (Wikipedia:ライブドアブログ)

ライブドアキーワード
『Livedoor キーワード』より : livedoor キーワード(ライブドア-)は、株式会社ライブドアが2006年3月20日に開始したデータベースサービス。 似顔絵選手権を開催し、広く似顔絵を集めていた。 現在は日本語版ウィキペディアに含まれるフリー百科事典の情報及びその関連情報を引用して提供するサービス「livedoor ニュースキーワード」となっている。NHN Japan株式会社が運営。 機能 ブログ記事解析 日本の主要なブログ記事内で利用されているキーワードを解析し、どの言葉が現在流行しているか表示する。表示方法にはタグクラウドとよばれる仕組みを利用し、流行している言葉ほど文字が大きく表示される。流行解析も導入しており、「韓国俳優の20%はヨン様でできている」などを表示する。流行解析は廃止され、キーワード解析も休止中。 廃止された機能 キーワード解説 キーワードの解説はwikiの発想を取り入れ、利用者自身によって行われる。編集するにはlivedoor IDが必要である。途中よりプレミアムユーザー制度を導入し、不正な編集の有無をプレミアムユーザー自身が監視している。 (Wikipedia:ライブドアキーワード)


ライブドア - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す