[PR]

日別キーワード

第1位  湊川神社 - 2019年02月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



湊川神社
湊川神社(みなとがわじんじゃ)は、兵庫県神戸市中央区多聞通三丁目にある楠木正成を祭る神社。地元では親しみを込めて「楠公(なんこう)さん」と呼ばれている。建武中興十五社の一社で、旧社格は別格官幣社である。 楠木正成は、延元元年(1336年)5月25日、湊川の地で足利尊氏と戦い殉節した(湊川の戦い)。その墓は長らく荒廃していたが、元禄5年(1692年)になり徳川光圀が「嗚呼忠臣楠子之墓」の石碑を建立した。以来、水戸学者らによって楠木正成は理想の勤皇家として崇敬された。幕末には維新志士らによって祭祀されるようになり、彼らの熱烈な崇敬心は国家による楠社創建を求めるに至った。1867年(慶応3年)に尾張藩主徳川慶勝により楠社創立の建白がなされ、明治元年(1868年)、それを受けて明治天皇は大楠公の忠義を後世に伝えるため、神社を創建するよう命じ、明治2年(1869年)、墓所・殉節地を含む7,232坪(現在約7,680坪)を境内地と定め、明治5年(1872年)5月24日、湊川神社が創建された。 (Wikipedia:湊川神社)


湊川神社 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第2位  みとせのりこ - 2019年02月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



みとせのりこ
みとせ のりこ(12月3日 - )は、日本の女性歌手。血液型はAB型。主にPCゲームの主題歌を歌っている。 人物・概要 特に音楽教育を受けているわけではなかった(ただし、幼少期に聖歌隊に触れていたことはあった)が、1993年に井上俊彦が結成した『キルシェ(kirche)』に参加し音楽活動を開始する。翌1994年、キルシェの正式メンバーとなる。 キルシェは東京都内のライブハウスを中心に活動し、当初のZABADAKのコピーバンド から次第にオリジナル楽曲を増やしてゆき、みとせの透明感のある歌声と叙情的・幻想的な楽曲で人気を博した。 キルシェ以外にも、2003年にナルキとの音楽ユニット『ORITA』を結成したり、個人活動を行うなど活動の幅を広げている(個人での活動の例としてはテレビゲーム『クロノ・クロス』のエンディングテーマ「RADICAL DREAMERS 〜盗めない宝石〜」など)。 (Wikipedia:みとせのりこ)


みとせのりこ - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第3位  安来市 - 2019年02月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



安来市
安来市(やすぎし)は、島根県(旧出雲国東部)の市。出雲国風土記よりスサノオノミコトより安来と命名されたと伝えられている。旧能義郡(『出雲国風土記』:意宇郡)。 地理 安来市は島根県の東端に位置し、鳥取県と県境である。かつては神聖な地であったらしく、この地区の土地名を冠している神社名が全国に散見される例が他所よりも甚だ多い特徴を持つ。砥神(十神)、加茂(下鴨)、安来(八杉、安居)、伯太(博多)、広瀬、月山、能義(乃木)、磐船(岩舟)、意多伎(おだき=愛宕あたご)、伊勢、楯縫(風土記に残る郷の名称)宇賀(荘)、車山、飯生(稲荷)、比婆、久米、諏訪、吉佐、八幡、母里、桑名、社日などである。 隣接する自治体 島根県 仁多郡奥出雲町 松江市 雲南市 鳥取県 米子市 西伯郡南部町 日野郡日南町 弥生/古墳時代の間にかけて出雲に強力な王権が発生するが(古代出雲参照)、その中心地(東部出雲王朝)だったという説がある。 (Wikipedia:安来市)

安来市広域生活バス
安来市広域生活バス(やすぎしこういきせいかつバス)は、島根県安来市で運行するコミュニティバス。一部の路線は鳥取県米子市にも乗り入れているが、米子市内のみの利用はできない。通称はイエローバス。 自家用自動車(白ナンバー)による有償運送(いわゆる80条バス)路線で、運行はシダックスグループの大新東に委託している。 営業所(車庫)の所在地 安来バスターミナル 島根県安来市安来町1068番地1 広瀬バスターミナル 島根県安来市広瀬町広瀬1006番地 赤屋バスターミナル 島根県安来市伯太町赤屋117番地1なお、広瀬バスターミナルは、一畑電気鉄道広瀬線の廃線後、1960年7月15日に発足した一畑電気鉄道(バス)出雲広瀬駅(広瀬営業所)であったものである。 (Wikipedia:安来市広域生活バス)


安来市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第4位  隠岐の島町 - 2019年02月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



隠岐の島町
隠岐の島町(おきのしまちょう)は、島根県隠岐郡の町。約180の群島からなる島根・隠岐諸島の一つ。隠岐諸島の島後(どうご)全域を占める。 地理 山: 大満寺山(標高608m) 竹島 人口 2004年(平成16年)10月1日 - 西郷町・布施村・五箇村・都万村が合併して発足。 行政 町の行政機関 町長:松田和久 隠岐広域連合消防本部 (隠岐の島町・海士町・西ノ島町・知夫村) 県の行政機関 島根県警隠岐の島警察署 島根県隠岐支庁 国の行政機関 第八管区海上保安本部境海上保安部 西郷海上保安署 隠岐の島税務署 松江地方検察庁西郷支部 松江地方法務局西郷支局 立法 町議会 議長 髙宮陽一 副議長 安部和子隠岐の島町町議会の議席定数は、16議席である。 (Wikipedia:隠岐の島町)


隠岐の島町 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す


第5位  雲南市 - 2019年02月04日


関連するイメージは見つかりませんでした



雲南市
雲南市(うんなんし)は、島根県の東部に位置する市である。 2004年(平成16年)11月1日に、大原郡大東町、加茂町、木次町、飯石郡三刀屋町、掛合町、吉田村の6町村が新設合併して誕生した。 島根県で唯一海に面していない内陸の市である(中海を海とした場合)。中華人民共和国雲南省と同名であるが、当市名は令制国の出雲国南部に位置することに由来する。市の人口は、全国の市町村で第587位である。 地理 雲南市は、島根県の東部に位置し、松江市、出雲市等に隣接し、南部は広島県に接している。 総面積は553.4km2で島根県の総面積の8.3%を占め、その大半が林野である。 地形 市の南部は毛無山(1,062m)を頂点に中国山地に至り、北部は出雲平野に続いていることから、市の南北で標高差が大きい。市内には、斐伊川本流と支流の赤川・三刀屋川・久野川、その他の支流である阿用川、吉田川などが流れている。加茂町から大東町、木次町、三刀屋町にかけて、斐伊川と赤川、三刀屋川の合流地点を中心とした平野部が広がっているが、吉田町、掛合町では中国山地に至る広範な山間部を形成している。 (Wikipedia:雲南市)

雲南市民バス
雲南市民バス(うんなんしみんバス)は島根県雲南市で運行するコミュニティバス。 だんだんタクシーを除き、自家用自動車(白ナンバー)による有償運送路線で、運行は入札制により決まり、2008年4月1日から2011年3月31日までの期間は大新東かみしろ特別共同企業体、吉田ふるさと村、掛合タクシーの3事業者に委託している。 料金 以下の場合は大人200円、小学生、障害者等は100円、幼児は無料。 大東町・加茂町・木次町・三刀屋町相互間のみの場合。 掛合町・吉田町相互間のみの場合。 木次町・三刀屋町 - 掛合町・吉田町間は大人400円、小学生、障害者等は200円、幼児は無料。 大東町・加茂町 - 掛合町・吉田町間は大人600円、小学生、障害者等は300円、幼児は無料。 定期券(通勤・通学共通、だんだんタクシーを除く) 200円区間定期券:1箇月6,000円、3箇月17,100円、6箇月32,400円(小学生、障害者等は半額) 400円区間定期券:1箇月11,400円、3箇月32,400円、6箇月61,500円(小学生、障害者等は半額) 600円区間定期券:1箇月16,200円、3箇月46,100円、6箇月87,400円(小学生、障害者等は半額) 通学定期券で谷本ハイヤーの三刀屋出雲線に乗り継ぐ場合は上記の半額。 (Wikipedia:雲南市民バス)

雲南市立加茂中学校
雲南市立加茂中学校(うんなんしりつ かもちゅうがっこう)は、島根県雲南市加茂町神原にある公立中学校。 沿革 2004年(平成16年)11月1日 - 雲南市立加茂中学校に改称。 部活動 運動部野球部 ソフトボール部 バレー部 バスケット部 剣道部文化部吹奏楽部 美術部 科学部 関連項目 島根県中学校一覧 外部リンク 雲南市立加茂中学校。 (Wikipedia:雲南市立加茂中学校)


雲南市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

アマゾンから探す