[PR]

日別キーワード

第5位  雲南市 - 2019年02月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



雲南市
雲南市(うんなんし)は、島根県の東部に位置する市である。 2004年(平成16年)11月1日に、大原郡大東町、加茂町、木次町、飯石郡三刀屋町、掛合町、吉田村の6町村が新設合併して誕生した。 島根県で唯一海に面していない内陸の市である(中海を海とした場合)。中華人民共和国雲南省と同名であるが、当市名は令制国の出雲国南部に位置することに由来する。市の人口は、全国の市町村で第587位である。 地理 雲南市は、島根県の東部に位置し、松江市、出雲市等に隣接し、南部は広島県に接している。 総面積は553.4km2で島根県の総面積の8.3%を占め、その大半が林野である。 地形 市の南部は毛無山(1,062m)を頂点に中国山地に至り、北部は出雲平野に続いていることから、市の南北で標高差が大きい。市内には、斐伊川本流と支流の赤川・三刀屋川・久野川、その他の支流である阿用川、吉田川などが流れている。加茂町から大東町、木次町、三刀屋町にかけて、斐伊川と赤川、三刀屋川の合流地点を中心とした平野部が広がっているが、吉田町、掛合町では中国山地に至る広範な山間部を形成している。 (Wikipedia:雲南市)

雲南市民バス
雲南市民バス(うんなんしみんバス)は島根県雲南市で運行するコミュニティバス。 だんだんタクシーを除き、自家用自動車(白ナンバー)による有償運送路線で、運行は入札制により決まり、2008年4月1日から2011年3月31日までの期間は大新東かみしろ特別共同企業体、吉田ふるさと村、掛合タクシーの3事業者に委託している。 料金 以下の場合は大人200円、小学生、障害者等は100円、幼児は無料。 大東町・加茂町・木次町・三刀屋町相互間のみの場合。 掛合町・吉田町相互間のみの場合。 木次町・三刀屋町 - 掛合町・吉田町間は大人400円、小学生、障害者等は200円、幼児は無料。 大東町・加茂町 - 掛合町・吉田町間は大人600円、小学生、障害者等は300円、幼児は無料。 定期券(通勤・通学共通、だんだんタクシーを除く) 200円区間定期券:1箇月6,000円、3箇月17,100円、6箇月32,400円(小学生、障害者等は半額) 400円区間定期券:1箇月11,400円、3箇月32,400円、6箇月61,500円(小学生、障害者等は半額) 600円区間定期券:1箇月16,200円、3箇月46,100円、6箇月87,400円(小学生、障害者等は半額) 通学定期券で谷本ハイヤーの三刀屋出雲線に乗り継ぐ場合は上記の半額。 (Wikipedia:雲南市民バス)

雲南市立加茂中学校
雲南市立加茂中学校(うんなんしりつ かもちゅうがっこう)は、島根県雲南市加茂町神原にある公立中学校。 沿革 2004年(平成16年)11月1日 - 雲南市立加茂中学校に改称。 部活動 運動部野球部 ソフトボール部 バレー部 バスケット部 剣道部文化部吹奏楽部 美術部 科学部 関連項目 島根県中学校一覧 外部リンク 雲南市立加茂中学校。 (Wikipedia:雲南市立加茂中学校)


雲南市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

雲南市 - アマゾン検索


「雲南市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す