[PR]

日別キーワード

第7位  宮城教育大学 - 2019年02月02日


関連するイメージは見つかりませんでした



宮城教育大学
宮城教育大学(みやぎきょういくだいがく、英語: Miyagi University of Education、公用語表記: 宮城教育大学)は、宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉149に本部を置く日本の国立大学である。1965年に設置された。大学の略称は宮教大(みやきょうだい)、宮教(みやきょう)。 仙台市都心部の西の青葉山にあり、東北大学の青葉山キャンパスと隣接している。 全国に11ある国立系の教員養成大学の一つであり、東北では唯一の国立系の教員養成大学である。 教員がおよそ120名、学生・院生あわせて1700名ほどが在籍している。 沿革 新制東北大学の教育学部は、旧制宮城師範学校・旧制宮城青年師範学校と旧制東北大学法文学部の教育学系とをもって新設された。宮城師範学校・宮城青年師範学校はこの新設教育学部の教員養成系統となった。ただし、宮城教育大学はこの教員養成系統(宮城師範学校・宮城青年師範学校部分)が分離独立した形で発足しており、分離時における教員の多数は旧制師範時代からの教員であり、分離以前においても教員養成課程は分校として置かれていたこともあって、こうした様々な事情から旧帝国大学の流れを汲むとは言えない。 (Wikipedia:宮城教育大学)

宮城教育大学附属小学校
宮城教育大学附属小学校(みやぎきょういくだいがくふぞくしょうがっこう)は、宮城県仙台市青葉区上杉六丁目にある宮城教育大学附属の国立小学校。一時期「付属小学校」と表記していた。 沿革 1874年(明治7年)4月 - (旧)官立宮城師範学校の附属小学校として設置。 1878年(明治11年)3月4日 - 宮城県師範学校に移管。宮城県師範学校は、以後、公立宮城師範学校、宮城県尋常師範学校、宮城県師範学校、宮城師範学校と改称・改組するも、附属小学校は存続。 1945年(昭和20年) 7月10日未明 - 仙台空襲 7月下旬 - 現在の宮城県加美郡宮崎に集団疎開。 8月15日 - 終戦 1949年(昭和24年)5月31日 - 宮城師範学校が東北大学に包括され、東北大学教育学部附属小学校となる。 1967年(昭和42年)4月1日 - 宮城教育大学に移管され、宮城教育大学附属小学校となる。 入学試験 同一敷地内南方には附属幼稚園があり、小学入学者の約半数が附属幼稚園出身である。 (Wikipedia:宮城教育大学附属小学校)

宮城教育大学の人物一覧
宮城教育大学の人物一覧は宮城教育大学に関係する人物の一覧記事。
岩間正男 - 政治家
荒木飛呂彦 - 漫画家
内藤淳一 - 作曲家・指揮者
長谷部真理子 - ニュースキャスター
宮城教育大学
日本の大学別人名一覧 みやききよういく
”この項目は、Wikipedia:ウィキプロジェクト 大学 ウィキプロジェクト 大学のWikipedia:ウィキプロジェクト 大学/人物一覧記事について/テンプレート テンプレートを使用しています。”
(Wikipedia:宮城教育大学の人物一覧)

宮城教育大学附属中学校
宮城教育大学附属中学校(みやぎきょういくだいがくふぞくちゅうがっこう)は、宮城県仙台市青葉区上杉六丁目にある、宮城教育大学附属の中学校。宮城教育大学には附属高等学校がないため、エスカレーター式で進学することは出来ない。 同一敷地に宮城教育大学附属小学校、同附属幼稚園があり、東北大学「明善寮」を挟んで北側には仙台市立上杉山中学校がある。また、道路を挟んで西隣には東北大学農学部、附属幼稚園及び小学校グラウンドの東隣には宮城県立視覚支援学校、宮城県視覚障害者情報センター(旧宮城県立点字図書館)があり、本校がある地域は複数の教育機関からなる文教地区である。 古くから2学期制を導入しており、かつては全国でも珍しい「秋休み」がある学校として注目された。しかし2002年より仙台市内の公立小中学校が全て2学期制に移行したため、「2学期制の学校」としての注目度は現在では無いに等しい。 制服はブレザーであり、男子はネクタイ、女子はリボンが指定されている。色はグレー(俗に「ゴマ」と呼ばれる)・金(俗に「金ネク」と呼ばれる)の2つから1つを選ぶ形式になり、入学式や卒業式などの学校行事の際には金が指定される。 (Wikipedia:宮城教育大学附属中学校)


宮城教育大学 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

宮城教育大学 - アマゾン検索


「宮城教育大学」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す