[PR]

日別キーワード

第8位  井原市 - 2019年02月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



井原市
井原市(いばらし)は、岡山県南西部、広島県との県境に位置する市である。 「中国地方の子守唄」発祥の地として有名。また天文家の間では、2005年に合併した旧美星町が日本で初めて制定した条例である『光害防止条例』(1989年11月29日制定)を引き継いだ、「日本初の対光害専門条例を制定した市」としても知られている。 隣接する広島県福山市とは生活圏・経済圏が一体化しており、福山都市圏の一部を形成。市域は吉備高原にまで及ぶ。市域を大きく分けると、平成の大合併以前の市町域を基に井原・芳井・美星の3つの地域に分けられ、更に中学校区を基に井原地域(旧井原市)は、井原・木之子・高屋の3つの地域に分かれ、芳井地域と美星地域を合わせて、5つの地域で構成された市となっている。 井原地域(旧井原市)および芳井地域の住民は、隣接する福山と歴史的・伝統的結びつきが深い一方で、美星地域の住民は場所にもよるが、どちらかといえば倉敷志向であり、一体感の醸成が課題となっている。 (Wikipedia:井原市)

井原市駅
井原市駅(いばらいちえき)は、広島県広島市安佐北区白木町大字井原にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)芸備線の駅である。 1915年(大正4年)4月28日 - 芸備鉄道開業と同時に設置。 1937年(昭和12年)7月1日 - 芸備鉄道が国に買収され、国有鉄道の駅になる。 1986年(昭和61年)4月1日 - 無人駅にして乗車券の販売を自動化。 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅になる。 駅構造 広島方面に向かって左側に単式ホーム1面1線を持つ地上駅(停留所)である。かつて貨物の取り扱いをしていたため、構内は広い。また、ホームは以前島式1面2線として運用されていた跡がある。 駅舎は木造瓦葺で大きく、何度も建て増しされているため特異な形になっている。広島駅管理の無人駅であるが、自動券売機が設置されている(広島地区でのICOCA導入時に交換された機種であるが、ICOCAはサービスエリア外のため使用できない)。 (Wikipedia:井原市駅)


井原市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

井原市 - アマゾン検索


「井原市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す