[PR]

日別キーワード

第11位  岡山大学 - 2019年02月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



岡山大学
岡山大学(おかやまだいがく、英語: Okayama University)は、岡山県岡山市北区津島中1丁目1番1号に本部を置く日本の国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は岡大(おかだい)。 文部科学省が全国の大学・研究機関から選定した、「研究大学強化促進事業選定機関」であり、かつ「スーパーグローバル大学事業」の実施校である。また大学病院は、文部科学省・厚生労働省の「革新的医療技術創出拠点」の実施機関であり、研究・教育・臨床の拠点事業を有するわが国9大学の一つである。 大学全体 12学部(マッチングプログラムコースを含む)・7研究科(連合研究科を除く)を有する日本の総合大学。前身校を含めると中国・四国地方で最初に設置された大学であり、戦前には中国帝国大学誘致運動が存在し、第52回帝国議会(1927年(昭和2年)3月11日)及び第59回帝国議会(1931年(昭和6年)3月7日)で「岡山市ニ総合中国帝国大学設置ニ関スル建議」が可決され政府閣議案件となったが、当時の建議は政府に意見を伝達するものであり実行可能性が第一義的な判断基準ではなかったこともあり、実現には至らなかった。 (Wikipedia:岡山大学)

岡山大学の人物一覧
岡山大学の人物一覧は岡山大学に関係する人物の一覧記事。 教員 現教員 人文科学 金関猛 - 岡山大学大学院社会文化科学研究科教授。ドイツ文学者。 姜克實 - 岡山大学大学院社会文化科学研究科教授。歴史学者(近代日本史)。 中尾知代 - 岡山大学大学院社会文化科学研究科准教授。比較文化学者。 社会科学 西垣鳴人 - 岡山大学大学院社会文化科学研究科教授。経済学者。 河原祐馬 - 岡山大学大学院社会文化科学研究科教授。政治学者。 井藤公量 - 岡山大学大学院法務研究科教授。弁護士。 釣雅雄 - 岡山大学大学院社会文化科学研究科准教授。経済学者。 自然科学 津田敏秀 - 岡山大学大学院環境生命科学研究科教授。医学者。 宮竹貴久 - 岡山大学大学院環境生命科学研究科教授。生物学者。 粟屋剛 - 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授。生命倫理学者。 菅原利夫 - 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授。歯学者。 山城隆 - 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授。歯学者。 山中寿朗 - 岡山大学大学院自然科学研究科准教授。 (Wikipedia:岡山大学の人物一覧)

岡山大学病院
名称=岡山大学病院
指定管理者=
正式名称=岡山大学病院
英語名称=
前身=岡山医科大学附属病院
標榜診療科=総合
許可病床数=961床
精神病床数=
結核病床数=
感染症病床数=
一般病床数=
療養病床数=
職員数=
病院機能評価=一般500床以上:Ver4.0
開設者=国立大学法人岡山大学
管理者=
地方公営企業法=
開設年月日=1870年6月
(Wikipedia:岡山大学病院)

岡山大学医学部・歯学部附属病院
岡山大学病院(おかやまだいがくびょういん)は、岡山県岡山市北区にある国立大学法人岡山大学の附属大学病院である。病床数は961床。2014年の患者数は、医科外来462,336名、歯科外来162,438名、医科入院244,513名、歯科入院6,709名である。 岡山市の中心部にあり、大学附属の特定機能病院として、倉敷市の川崎医科大学附属病院とともに岡山県の地域医療の中心的役割を果たしている。また、分院である岡山大学病院三朝医療センターを鳥取県東伯郡三朝町に有しており、複合温泉療法などを取り入れた地域医療にも注力している。 医科系では、幅広い診療を有しており、また、臓器移植法における指定を受けている為、幾度かの脳死移植が実施されている。 歯科系では、専門外来(口腔インプラント専門外来、顎関節症・口腔顔面痛み専門外来、審美歯科専門外来、特殊義歯専門外来)を有しており、医科との連携による医療を行っている。 病院は岡山大学医学部と歯学部の臨床学習の現場でもあり、研修医はもとより、学会より認定された、指導医・専門医が数多く在籍している。 (Wikipedia:岡山大学医学部・歯学部附属病院)

岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター
『岡山大学医学部・歯学部附属病院』より : 岡山大学病院三朝医療センター(おかやまだいがくびょういんみささいりょうセンター)は、鳥取県東伯郡三朝町にあった、国立大学法人岡山大学の附属大学病院だった。岡山県岡山市北区にある岡山大学病院の分院だった。 世界有数の放射能温泉である三朝温泉にあり、大学附属の病院として、複合温泉療法などを取り入れた地域医療にも注力していた。 隣接して岡山大学地球物質科学研究センターがある。 植木等が晩年、当院に入院し温泉療法を使っていたことがある。 沿革 1939年(昭和14年)7月28日 鳥取県三朝村の三朝温泉に「岡山医科大学三朝温泉療養所」を開設。 1943年(昭和18年)11月24日 「岡山医科大学放射能泉研究所」に改称。 1949年(昭和24年)5月 岡山医科大学・第六高等学校・岡山師範学校・岡山青年師範学校・岡山農業専門学校を包括して岡山大学が発足したことに伴い、診療部門が独立し「岡山大学医学部附属病院三朝分院」に改称。 (Wikipedia:岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター)

岡山大学資源生物科学研究所
岡山大学資源植物科学研究所(おかやまだいがくしげんしょくぶつかがくけんきゅうじょ、英称:Institute of Plant Science and Resources, Okayama University)は、岡山県倉敷市にある岡山大学所管の大学附置研究所であり、「植物遺伝資源・ストレス科学研究」の共同利用・共同研究拠点である。略称は「植物研(しょくぶつけん)」、「IPSR」。 1914年、大原孫三郎らによって設立された財団法人大原奨農会農業研究所が前身である。2009年に文部科学大臣から「植物遺伝資源・ストレス科学研究拠点」として指定を受け、2010年に「岡山大学資源植物科学研究所」に改組された。 資源生物が持つ多様な機能及びその制御、環境因子に対する資源生物の応答を様々なレベルで研究する「植物ストレス科学共同研究コア」、オオムギを中心とした遺伝資源の多様性評価・ゲノム情報解析を行う「大麦・野生植物資源研究センター」、近未来に予測される植物のストレス体制や世界的なストレス環境を研究する「次世代作物共同研究コア」から成り、高度に連携した研究体制を作り、総合的、統一的、国際的かつ学際的な基盤研究を行っている。 (Wikipedia:岡山大学資源生物科学研究所)

岡山大学地球物質科学研究センター
岡山大学地球物質科学研究センター(おかやまだいがくちきゅうぶっしつかがくけんきゅうセンター、英称:Institute for Study of the Earth”s Interior, Okayama University、略称:ISEI)とは、鳥取県東伯郡三朝町にある、岡山大学所管の全国共同利用型研究施設である。
岡山大学病院三朝医療センターに隣接している。
1949年5月 - 岡山大学設立。同大学に放射能泉研究所を附置。
1951年4月 - 放射能泉研究所を温泉研究所に改称。
1985年4月 - 温泉研究所を地球内部研究センター(全国共同利用施設)に改組・転換。
1995年4月 - 固体地球研究センターに改組。
2005年4月 - 地球物質科学研究センターに改組。
2007年4月 - 地球物質科学研究センターを母体として、岡山大学大学院自然科学研究科に地球物質科学専攻を設置。
(Wikipedia:岡山大学地球物質科学研究センター)

岡山大学教育学部附属小学校・中学校
岡山大学教育学部附属小学校・中学校(おかやまだいがくふぞくしょうがっこう・ちゅうがっこう, The Elementary and Junior High School Attached to the Faculty of Education, Okayama University)は、岡山県岡山市中区東山にある岡山大学教育学部附属の小学校・中学校併設校。略称はそれぞれ、「附小」、「附中」。 歴史 小学校は1876年(明治9年)に県立「岡山師範学校附属小学校」として、中学校は1947年(昭和22年)に官立(国立)「岡山師範学校男子部附属中学校」として開校した。2011年(平成23年)に小学校創立135周年(中学校創立64周年)を迎えた。校訓(学校教育目標) 小学校 「やさしく、かしこく、すなおに」 中学校 「自主自律 豊かな心で たくましく」校章 小学校 撫子の花弁の絵を背景に、「附小」の文字(縦書き)を置いている。 (Wikipedia:岡山大学教育学部附属小学校・中学校)

岡山大学教育学部附属中学校
『岡山大学教育学部附属小学校・中学校』より : 岡山大学教育学部附属小学校・中学校(おかやまだいがくふぞくしょうがっこう・ちゅうがっこう, The Elementary and Junior High School Attached to the Faculty of Education, Okayama University)は、岡山県岡山市中区東山にある岡山大学教育学部附属の小学校・中学校併設校。略称はそれぞれ、「附小」、「附中」。 歴史 小学校は1876年(明治9年)に県立「岡山師範学校附属小学校」として、中学校は1947年(昭和22年)に官立(国立)「岡山師範学校男子部附属中学校」として開校した。2011年(平成23年)に小学校創立135周年(中学校創立64周年)を迎えた。校訓(学校教育目標) 小学校 「やさしく、かしこく、すなおに」 中学校 「自主自律 豊かな心で たくましく」校章 小学校 撫子の花弁の絵を背景に、「附小」の文字(縦書き)を置いている。 (Wikipedia:岡山大学教育学部附属中学校)

岡山大学教育学部附属小学校
『岡山大学教育学部附属小学校・中学校』より : 岡山大学教育学部附属小学校・中学校(おかやまだいがくふぞくしょうがっこう・ちゅうがっこう, The Elementary and Junior High School Attached to the Faculty of Education, Okayama University)は、岡山県岡山市中区東山にある岡山大学教育学部附属の小学校・中学校併設校。略称はそれぞれ、「附小」、「附中」。 歴史 小学校は1876年(明治9年)に県立「岡山師範学校附属小学校」として、中学校は1947年(昭和22年)に官立(国立)「岡山師範学校男子部附属中学校」として開校した。2011年(平成23年)に小学校創立135周年(中学校創立64周年)を迎えた。校訓(学校教育目標) 小学校 「やさしく、かしこく、すなおに」 中学校 「自主自律 豊かな心で たくましく」校章 小学校 撫子の花弁の絵を背景に、「附小」の文字(縦書き)を置いている。 (Wikipedia:岡山大学教育学部附属小学校)

岡山大学医療技術短期大学部
岡山大学医療技術短期大学部(おかやまだいがくいりょうぎじゅつたんきだいがくぶ、英語: School of Health Sciences Okayama University)は、岡山県岡山市鹿田町2-5-1に本部を置いていた日本の国立大学である。1987年に設置された。大学の略称は岡大医短。学生募集は1998年度まで。1999年度より岡山大学医学部保健学科の設置により短期大学は学生募集を停止し、2002年3月31日正式廃止。 大学全体 岡山大学医療技術短期大学部は1987年、岡山大学医学部に併設された日本の国立短期大学。3 学科体制で、中国地方では最新の国立医療系短大となっていた。 教育および研究 岡山大学医療技術短期大学部は医療技術者養成に特化した短大となっており、大学病院での臨床実習が取りいれられていた。 学風および特色 岡山大学医療技術短期大学部は、1922年創立の岡山医科大学附属医院産婆看護婦養成科に始まり、とりわけ看護教育には伝統がある。 (Wikipedia:岡山大学医療技術短期大学部)

岡山大学附属学校
岡山大学(おかやまだいがく、英語: Okayama University)は、岡山県岡山市北区津島中1丁目1番1号に本部を置く日本の国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は岡大(おかだい)。 文部科学省が全国の大学・研究機関から選定した、「研究大学強化促進事業選定機関」であり、かつ「スーパーグローバル大学事業」の実施校である。また大学病院は、文部科学省・厚生労働省の「革新的医療技術創出拠点」の実施機関であり、研究・教育・臨床の拠点事業を有するわが国9大学の一つである。 大学全体 12学部(マッチングプログラムコースを含む)・7研究科(連合研究科を除く)を有する日本の総合大学。前身校を含めると中国・四国地方で最初に設置された大学であり、戦前には中国帝国大学誘致運動が存在し、第52回帝国議会(1927年(昭和2年)3月11日)及び第59回帝国議会(1931年(昭和6年)3月7日)で「岡山市ニ総合中国帝国大学設置ニ関スル建議」が可決され政府閣議案件となったが、当時の建議は政府に意見を伝達するものであり実行可能性が第一義的な判断基準ではなかったこともあり、実現には至らなかった。 (Wikipedia:岡山大学附属学校)

岡山大学法経短期大学部
岡山大学法経短期大学部(おかやまだいがくほうけいたんきだいがくぶ、英語: Junior College of Law and Economics of Okayama University)は、岡山県岡山市津島に本部を置いていた日本の国立大学である。1954年に設置された。大学の略称は岡大法短。学生募集は1964年度まで。1965年度より岡山大学法文学部夜間主コースの設置により短期大学は学生募集を停止し、1968年3月31日廃止。 大学全体 岡山大学法経短期大学部は1954年、岡山大学法文学部に併設された日本の国立短期大学。山陽地方では唯一の文系国立短大で、設置されていた学科は法経科第二部のみ。修業年限は夜間部3年制で、入学定員80名となっていた。 建学の精神(校訓・理念・学是) 岡山大学を参照。 教育および研究 設置されていた学科名から、勤労学生に対して主に法律・経済に関する専門教育が行われていた。 (Wikipedia:岡山大学法経短期大学部)

岡山大学教育学部附属幼稚園
岡山大学教育学部附属幼稚園(おかやまだいがくふぞくようちえん, The Kindergarten Attached to the Faculty of Education, Okayama University)は、岡山県岡山市中区東山にある岡山大学の教育学部が管轄する幼稚園。 正式名称は国立大学法人岡山大学教育学部附属幼稚園。 隣接して岡山大学教育学部附属小学校・中学校もある。 歴史 1884年(明治17年)に県立の「岡山師範学校附属幼稚園」として開園。2009年(平成21年)に創立125周年を迎えた。 沿革 1884年(明治17年)9月 - 県立「岡山師範学校附属幼稚園」が開園。 1885年(明治18年)3月 - 「岡山学校附属幼稚園」と改称。 1886年(明治19年)8月 - 「岡山県尋常師範学校附属幼稚園」と改称。 1898年(明治31年)4月 - 「岡山県師範学校附属幼稚園」と改称。 1911年(明治44年)4月 - 移管により、「岡山県女子師範学校附属幼稚園」となる。 (Wikipedia:岡山大学教育学部附属幼稚園)


岡山大学 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

岡山大学 - アマゾン検索


「岡山大学」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す