[PR]

日別キーワード

第13位  笠岡市 - 2019年02月03日


関連するイメージは見つかりませんでした



笠岡市
笠岡市(かさおかし)は、岡山県の南西部に位置する市。瀬戸内海には笠岡諸島がある。 当市は人口約5万1千人、岡山県の南西部の瀬戸内海沿岸にある港町で、大小31の島々からなる笠岡諸島を含む井笠地方の中核都市でもある。笠岡湾干拓地と天然記念物カブトガニ繁殖地として有名で、生息地の保全などを通して保護に力を入れている。 旧備中国に含まれ、かつては源平合戦にも参加した陶山氏。また村上水軍の支配地で、現在のほとんどの市域は江戸時代初期は備後福山藩領、江戸時代中・後期は幕府代官所が置かれた幕府直轄地であった。現在は広島県福山市に隣接し、生活圏としては福山都市圏の一部である。 ここ数年間、笠岡市の人口減少は井笠地域において頭出している。 地理 笠岡市は丘陵地が多く平坦な土地が少ないため、平地を確保するために古くは江戸時代より備後福山藩によって吉浜地区など大規模な干拓が行われる。戦後、市の南東部(富岡湾干拓)や南西部(笠岡湾干拓)も行われ、特に笠岡湾干拓地は国営事業で笠岡諸島の一番本土寄りであった神島(こうのしま)までの笠岡湾を大規模に干拓し、1966年に始まり1989年に完成した。 (Wikipedia:笠岡市)


笠岡市 - 関連ブログ

データが取得できませんでした

笠岡市 - アマゾン検索


「笠岡市」に関連する商品は見つかりませんでした

アマゾンから探す